閉ざされた村の伝説

下多島村もそうですが、日本にも周囲から隔離された村の話があります。地図にも載っていないという類のものです。なんとなく好奇心が刺激されますね。
都市伝説の一種のようなものなのですが、ルーツがあったりします。要するに、過去に存在した村が、なくなってからも伝説のように語り継がれています。
日本では数年前に大掛かりな市町村合併が進みましたが、その結果数多くの村が合併されました。そういった背景も、存在しない村の伝説を生んだことにつながっているかもしれませんね。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

急速に市町村合併を進めた結果、変な状態の都市が増えました。たまにバラエティ番組なんかでも取り上げられていますね。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

閉鎖的な村はよくアニメでも出てきます。周囲から閉ざされた村というだけで、ホラー感が強まりますし、設定の無理な感じを肯定することが可能です。
たとえば携帯がつながらない。周囲から一切捜査が入らない、といった点を普通は不審に感じます。アニメにそういう突っ込みを入れるのもどうかと思いますが、閉ざされた村という設定にすることによって、そういった突っ込みを回避することができます。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

世間で認知されていない村に迷い込む話です。
わりと最近の作品では人気アニメでしょう。やはり謎の村というだけで、一気にミステリー感が高まる感じがしました。

下多島村とは?上多島村とは?場所は違うのか

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

日本の秘境の場所の伝説は一時流行りました。地図にない土地です。なんとなく好奇心をくすぐります。
下多島村とはそのうちの一つです。

下多島村とは地図にない伝説の閉ざされた場所です。上多島村も下多島村とセットで語られるのですが、場所は下多島村と上多島村は近隣と言われています。
そのため、どちらか一方の場所を特定すればどちらの場所も特定できることになります。とちらかというと下多島村の方が伝説の場所として名前が挙がることが多いので、以下の文章では下多島村の場所の特定という趣旨で記載します。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

場所特定しますたm9(`・ω・´)
という感じで特定したがる人が多いです。
グーグルマップはわりと最強ですし、ネットがあるので誰もまったく知らない場所というのはあまりないでしょう。
何県でもネットの力で特定されます。
夢のない話ですが。

下多島村とはもともとは下田島村だった?

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

漢字の意味違いで歴史を探る、そういったことが好きな人いますよね。たしかに好奇心が刺激されます。
ちなみに太平洋と大西洋の違いはネットで検索すると由来が出てきます。それほど面白い話ではありませんが。

下多島村とは何県にも存在しませんが、下田島村という土地がどこかに存在したという情報があります。下多島村とはどこなのかという話題はありますが、特定情報に関しては以上に情報が少ないです。
現状で下多島村がどこかに関する情報は二通りくらいしかないので、下多島村とはどこなのか問題はそこでいったん妥協しておく必要があります。具体的にどこなのかという話は後述します。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

下多島村とはどこかな、何県かな。
下田島村と関係性とは。もともとは下田島村だったのか。

下多島村はどこ?何県?下田島村は宮城にあった場所

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

下田島村は宮城県の土地。下多島村は下田島村であったという説が非常に有力です。以降の文章では下田島村という表記で真相に迫っていきます。

下多島村という土地は何県のどこにもありませんが、下田島村は過去に宮城県にあった場所です。
下田島村は自殺が多かったといううわさもあり、その影響で伝説の場所のようになっています。実際下田島村で自殺が多かったのかどうかは謎ですが、そのように語り継がれています。
また下田島村は非常に閉鎖的な土地で、他の何県の人間も下田島村には入れません。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

下田島村が何県のどこか問題だけでなく、他にも伝説などの問題は好奇心を刺激します。好きな人は大好きですよね。私も好きです。下田島村もなぜそのような伝説ができたのか、ということを追求していきます。
現代人は未知のものに触れる機会が少なくなり、つまらない日々になります。
そんなとき、好奇心を刺激してくれるのはこういった謎かもしれません。
フリーメイソンもいっとき流行りました。

下多島村は香川県という意見もあるが、やはり宮城説が有力

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

香川県にも下多島村に近い名前のところがあるので、香川県が下多島村ではないかという意見もあります。
しかし、宮城県の下田島村説にはかないません。

下田島村がどこかという議論がありますが、もろもろの意見をまとめると下田島村がある宮城説が非常に有力です。何県にも部落などがあったりしますが、宮城県の下田島村はそれなりに部落差別があったと言われています。
その結果、追い込まれた下田島村の住民が自殺をした可能性があります。下田島村は自殺で有名で、首を吊るようの電柱があったと言われます。
もちろんもともと首を吊るように作られた電柱という意味ではありませんが、首を吊る電柱になってしまっている電柱があったそうです。そうはいっても日本は自殺大国なので、下田島村に限った話ではありませんが。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

首吊りの電柱です。宮城県の下田島村には昔は首吊りでおなじみの電柱があったということです。
下田島村に関して現状の情報としては、自殺が多かったということと、部落差別があったということくらいです。

下多島村は自殺が多い場所として有名

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

最近は東京での自殺が目立ちます。過労などから命を投げる人が多いのでしょう。
意外にも自殺理由の一番大きい理由は健康問題だそうです。高齢の人が病気を苦に自殺するということです。二位は金銭的な理由です。

私は金銭的な理由が自殺理由でもっとも多いと思っていたので、意外に思いました。
しかし、冷静に考えると、健康問題には精神病も含まれているかもしれません。そうであるならば、うつ病も含まれ、過労からうつ病になり、自殺した場合も健康問題が自殺理由ということになります。
これなら金銭的理由による自殺よりも、健康問題が大きいですね。むしろ金銭的理由でうつ病になり、それで自殺したら健康問題が理由の自殺とカウントされていそうです。
最終的には精神を病んで自殺しているケースが多いのは当然と言えば当然ですね。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

自殺理由の第一位は首吊りだそうです。電車への飛び込みなどは社会的な影響が大きいため、ニュースになることが多いですが、実際はひっそりと首をつって亡くなっている人が多いということです。

道具もほとんど必要ないですし、首が締まってもそれほど苦痛というわけではありません。格闘技の絞め技で締め落とすものがありますが、それも苦痛は少ないと言います。
そう考えると、首吊りは効率的な自殺方法のようですね。ただ、勢いが強いと首の骨が折れるケースもあるようです。これがきついかどうかはわかりませんが、人間は死ぬ習慣に大量のエンドルフィンを分泌するため、気持ちいいと言われます。

下田島村は上述の通り首吊りの電柱があり、そこで毎年多くの人が亡くなっていたようです。
日本は自殺大国なので、宮城県に限った話ではありません。むしろ最近は東京での自殺が目立ちます。
ただそういう理由もあって、下田島村が伝説の場所のようになっているということです。

下多島村の場所情報の核心はない

下田島村は実在した年から派生している伝説ですが、はっきりしたことが解明されているわけではありません。
半分現実、半分都市伝説的なものになります。都市伝説はくだらないと言うとくだらないですが、話半分でも好奇心をもって見てみると、わくわくするものです。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

都市伝説とは想像するだけでわくわくするものです。はなっからそんなものはないと決めつけると一気につまらなくなります。
そんなものはないことはある程度わかった上で、あれこれ想像して楽しんでいるわけです。世の中にはミステリー作品は数多く存在します。
しかし、フィクションと、ノンフィクションの可能性のあるものはまた別の好奇心があります。
フィクションはあくまでもフィクションなので、そういう楽しみ方になります。

下多島村と上多島村の場所を特定してみた!【場所/何県/どこ】のサムネイル画像

都市伝説はノンフィクションの可能性を残した刺激があります。
日々つまらないと感じている人には非常に有効です。

まとめ

下多島村は謎が多いですが、宮城県という説が現状ではもっとも有力です。仮に伝説の村のルーツが解明したところで特に面白くもないと思うかもしれませんが、謎解きくらいの感覚で、好奇心をもって見ると案外面白いです。

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ