パチンコで勝てない理由とは?人や時期の仕組みで勝てないときがある!?

パチンコにいつ行っても勝てない。勝てない理由があるのか。うちに来てる人が多いと勝てない?時期によっては勝てない理由がある?様々な話を聞くパチンコですが何か仕組みがあるのでしょうか。実は人の多さや時期によってお店の営業のが違うんです。その仕組みを探っていきます。

パチンコで勝てない理由とは?人や時期の仕組みで勝てないときがある!?のイメージ

目次

  1. 勝てないようになっている?パチンコとは?
  2. 仕組みに納得できない!演出・確率に対する疑問
  3. 仕組みは理解できたけど。勝てないその理由とは【客編】
  4. 見てない人も多い!?パチンコの仕組みと勝てない理由【遊技台編】
  5. 時期や人によって変わる?パチンコで勝てない原因
  6. 時期は大きな要因。イベントの時期は特に要注意?
  7. オープニングに関連する時期は要注意?必ず人が増える
  8. 今後はもっと勝てなくなる?遊技人口の減少との関係
  9. 依存の人の増加。パチンコがやめられないことも影響が
  10. カジノ法案による影響?さらにパチンコ遊技人口が減る時期へ突入?
  11. 勝てなくなる時期?新基準によるパチンコ規制と人の減少
  12. 基準の変更。一部の悪徳パチンコ店からの影響
  13. 新基準の詳細。どんな内容?
  14. 1円パチンコなら勝てる?勝てない時期に拍車がかかる
  15. 経営面からの考察。勝ちの難しい時期へ
  16. 負けないためにはしっかりお店の動向を把握して

勝てないようになっている?パチンコとは?

出典: https://jp.pinterest.com

パチンコを遊戯されない方も遊戯される方も仕組みを理解しなければ勝てる方法があるかもわかりません。まずは、パチンコがどういうものか、仕組みはどうなっているのかを見ていきます。

勝てない理由は仕組みにある?パチンコの確率

出典: http://patinkomake.seesaa.net

パチンコには様々な大当たり確立のものがあります。現行のもので約1/100、1/200、1/300といった確立に分けられます。この確率で、入賞口に入った瞬間に抽選され、大当たりかどうかが決まるのです。1/100は一般的に甘デジと言われ当たりやすく、1/300の確率はミドルと呼ばれているようです。新基準の台以前では1/400の確率もあり、最も当たりにくい確率です。しかし、当たりにくい台は確率変動(確変)時の確率がよく、連続して当たりやすいなどの特徴があるようです。

勝てない仕組みは本当はない?確率の勘違いが原因?

出典: http://y-pachinko.com

確立については先述した通りですが、確率には特徴があります。パチンコでいう確率は絶対確率という種類になります。パチンコ用語では完全確立とも言います。こちらが、勝てないと思い込んでしまう勘違い大きな部分です。

絶対確率って?それが勝てない理由?

出典: https://www.dynam.jp

あくまでも勘違いなので、勝てない理由・原因ではありません。しかし、これを勘違いしたままではいくらお金を使っても、自分の台選びが変わることはないと思います。それでは、絶対確率のは何なのでしょうか。
絶対確率とは、一切の条件による影響をうけず、完全に独立であることを表しています。すなわち、パチンコにおいて前回までの回転が、次の抽選に影響を与えることがないということです。今打っているパチンコが100回転していても、500回転していても次の抽選には関係ないのです。1回転ごとに独立した抽選であるため次の抽選にも影響せず、1/100の機種であれば1回転ごとに1/100の確率で抽選しているのです。

仕組みに納得できない!演出・確率に対する疑問

出典: http://sanpapachi.com

仕組みや確率についてお伝えしましたが、それでも納得できない点は多々あると思います。その不可解な点が勘違いを起こしている理由でもあります。演出上での疑問などを分析していきます。

先読み演出。どういう仕組み?

出典: http://pachinko-kinnikuman.pwgm.net

パチンコには保留が存在します。機種によって演出の違いはありますが、4個から8個の保留を液晶上にカウントしてくれています。保留は残りの回転する回数を示していて、入賞口に入ると増えていきます。この保留と大当たりのタイミングで勘違いしている方もいます。3つ目の保留まで繰り返し激しい演出があり4つ目で大当たりという、先読み演出があります。この演出が勘違いを生む原因にもなっているようです。
先読み演出は、1つ目の保留で4つ目に大当たりが来ると決まっているのではなく、4つ目の保留で大当たりしているから1~3つ目の保留の演出が激しいだけなのです。大当たりまでの演出が激しくなると、ついついその演出があったから当たったのだと勘違いする人もいるのですが、4つ目の保留がカウントされた瞬間に抽選がされ当たっているため、それ以前の演出が激しめのものに合わせているようなイメージです。

大当たり確率はうそ?表示してある数字の意味

出典: http://y-pachinko.com

先ほどの絶対確率の話を聞くと、それでは店内で表示してある確率は嘘ではないかと思われる方もいますが、嘘ではありません。表示されている確率は正しく計算されています。
1/300の確率の場合で例えると、毎回転299/300で外れることになります。1回転から300回転目まで、毎回299/300が続くので、299/300を300回かけます。
計算結果は、0.367です。300回転しても当たらない確率が0.367なので、300回転して少なくとも1回当たる確率は100%-36.7%=63.3%になります。表示されている63%の数字は嘘ではないのです。

現金を使っているからこそ、勝てない理由に納得がいかない?

出典: https://www.bengo4.com

パチンコは現金を使い、球を借りて遊戯します。回転数や確率と頭でわかっているつもりでも、忘れがちなのが金額に対する回転数です。稀に、いくら使っているからそろそろあたっても良いと言われる方もいますが、現金の使用金額は確率とは最も関係ありません。千円で当たる方もいますし、10万円使っても当たらないことはあります。

仕組みは理解できたけど。勝てないその理由とは【客編】

出典: http://gold05.com

パチンコの確率・仕組みはある程度理解はできました。しかし、それでも勝てない人は多いのですが、理由はなぜなのでしょうか。勝てないときにこんな風に立ち回っていませんか?勝てないときにやってしまっている主な理由を解明していきます。

【勝てない理由①】何台も移動してる人になっていませんか?

出典: http://gigazine.net

移動が悪いわけではありません。先ほども言ったように、パチンコは完全確立なので前回の抽選が影響していることはありません。しかし、移動する理由に大きな落とし穴があります。
沢山回っているからその台に移動していませんか?これは勝てないときの代表的な立ち回りです。前回の人がどれだけ回していても、抽選は関係なく今から回していく確率があくまでも表示の確率です。

【勝てない理由②】パチンコの回転数は全部自分で回した?人が回してない?

出典: https://pachist.jp

理由①とも共通していますが、座った台の回転数が多い場合、もうそろそろ当たってもいいのではと思ったことはないですか?完全確立なので前回の回転数はもちろん影響しません。また、もう一つ陥りがちなのが、自分で回した気になっていることです。今回し始めたばかりなのに、それまでの回転数も回した気になりまだ当たらないのかと思う気持ちはずれています。回転数に頼ったハイエナは意味がないですし、合計の回転数のうち自分で回したのは何回転か、一度冷静にならなければなりません。

【勝てない理由③】オカルト情報に泳がされていませんか?

出典: http://psumma.jp

確率でパチンコの仕組みについてはかなりわかってきたと思います。しかし、実際打ってみると「何回転めが熱い」や「一度でも画面に戻した方が当たりやすい」といったオカルトがあります。実際に運よく当たるケースもありますが、それはちょうどよく大当たりを引けただけにすぎません。過信しすぎてしまうと勝てるものも勝てないことがあります。

【勝てない理由④】台の調子が悪い?設定が悪い?

出典: http://winfriede.com

「いきなり当たらなくなったから台の調子が悪い」や「設定が悪い台」という話もよく耳にしますが、台の調子が悪くなることはありません。また、スロットのようにパチンコには設定も存在しません。負ける時に思わず言ってしまう方も多いようですが、本当に調子や設定があると思い込んでいる人は、注意しなければなりません。また、過去のデータを元に台選びも意味はありません。波が来ているなんてことはないので、勝てる理由にはなりません。またボタン演出なども、あくまで演出上のことなので色や動きで台の調子がいいと信じ続け負けるということになりかねません。勝てないときは、データや台の調子などではなく、自分の運が悪いだけなのです。

【勝てない理由⑤】リーチ目の仕組み。実は勘違いしてる人も?

出典: http://weblan3.com

リーチ目がそろったから当たる。これはあり得ません。パチンコにはリーチ目は存在しません。ですので、その出目から強制的にあたりを引くことは不可能です。パチンコの内側の仕組みはあくまで確率です。勝てないときに限って、リーチ目だと存在しない出目を見て浮かれていませんか?

見てない人も多い!?パチンコの仕組みと勝てない理由【遊技台編】

出典: http://www.daito.co.jp

勝てないときの立ち回りに問題があるのは解明できましたが、原因はそこだけではありません。実は見落としがちな、でも実は大事なパチンコの仕組みが負ける理由となっているのです。

【仕組み①】釘の重要性、見るべき理由とは

出典: https://www.monotaro.com

パチンコの盤面には釘が何本も存在します。この釘には重要な意味があり、球の道筋を変えているのです。釘は、同じ機種であれば数が変わることはありませんが、釘の傾きは数ミリ単位で違います。この違いが、球の入賞のしやすさ、つまり回転数に関係します。
釘の傾きによっては、より回転しにくいものもあれば、多く回転するものもあります。千円あたり30回転する台と、5回転の台では勝ちにくくなってしまいますよね。パチンコの仕組みには釘も重要な要素となります。

【仕組み②】仕組みは理解。でも、遊技台の知識不足

出典: http://shinomae.xsrv.jp

勝てないとき、台を離れる前にその機種の情報をしっかり把握したうえでやめれているでしょうか。機種によっては、モードが変わっていることがあります。潜伏確変なのか、通常なのか、機種によって状態がありますので、確認せずに台を離れていては大当たりを逃すことになってしまいます。

【仕組み③】遠隔操作?遊技台の仕組みとパチンコに勝てない理由

出典: http://www.muto-elec.co.jp

遠隔操作を勝てないときの理由にする方もいますが、遠隔操作はまず正常な店ではありえません。遠隔操作とは、遊技台に触れなくても大当たりの確率を変えれたり大当たりを消してしまう操作のことを言います。しかし、この時代に遠隔操作をするような店はまずないでしょう。
その理由としては釘だけで、十分回転数を減らし当たりにくくすることができるためです。また、遠隔操作は違法行為です。風営法に基づき営業しているお店にとって、リスクもありコストもかかるにもかかわらず違法行為を行うメリットがありません。
勝てないときに、ついつい理由をつけたくなってしまいますが勝てない原因には全く関係ないのです。

【仕組み④】交換球数との兼ね合い

出典: http://melvil6300.blog.fc2.com

勝てないときに、なかなか目がいかないのが交換球数についてです。交換球数が等価であれば問題ありませんが、交換率が悪い場合に出玉を使わず、現金で遊技をしていては損をしています。2017年現在で、等価の店は非常に少なくなっています。現金ではなく出玉でうまく遊戯しなければ負ける可能性も高くなってしまうようです。

時期や人によって変わる?パチンコで勝てない原因

出典: http://www.kiccho.co.jp

パチンコ店にも繁忙期があります。実は、勝てないときはその繁忙期といった時期とも密接に関係があり、負ける原因の一つになっている可能性もあるのです。

時期で変わる!?パチンコ点の経営の状況

出典: http://www.theperthexpress.com.au

勝てない原因には、時期によってパチンコ店の経営の仕方が変わることも関係があります。農業が多い地域では、比較的作業の進む時期に人はパチンコ店に行かなくなります。行かなくなるので、パチンコ店としては集客したいために少し甘めに釘を調整したりします。また、逆に人が来る時期であれば、パチンコ店としては何もしなくてもお客さんが来てくれるので、甘い釘にしなくても打ってくれます。
ですので、時期によって客の人数が変わるため、それに合わせた経営になり負けやすい原因になります。

人の動きでも変わる?転勤や引っ越し時期出人の動きも活発に

出典: http://trendy.nikkeibp.co.jp

転勤や新生活で引っ越しなどの人の動きによっても経営は変わります。こちらも時期同様、人の数に変化が著しく生じるので、釘にも影響が出ます。そのためパチンコの勝敗にも、大きく影響するようです。

時期は大きな要因。イベントの時期は特に要注意?

出典: http://www.asahimachi.com

年末年始や大型連休も大きな要因となります。しっかり釘を見て打たなければ、勝てる確率はぐっと下がるようです。その理由は、大型連休や年末年始は、何もしなくても店にとっては集客できる大きなチャンスです。そのほかの時期に比べ大きなタイミングとなるため、打つ台選びに大きく影響します。また、客数も多いため移動も難しくなり、負ける原因にもなるようです。

オープニングに関連する時期は要注意?必ず人が増える

出典: http://yuberu-777.com

グランドオープンや○周年などのオープニングにかかわるイベントの時期も勝敗を分ける原因になります。この時期は、1年の中で最も客数が増えるといっても過言ではありません。さらに、一人当たりの遊戯時間も長くなる傾向もあるようです。ゆっくり釘を見るタイミングもなければ、移動すらできない状況で打ち込んでしまい、負けてしまうことになりかねません。

今後はもっと勝てなくなる?遊技人口の減少との関係

出典: http://protectjapan.pinksaphia.com

パチンコ遊技人口は年々減少しています。2017年現在も前年に比べ、さらに遊技人口は減ってしまったようです。その遊技人口の減る中で、パチンコ店は、新規顧客の獲得はもちろんですが、一人当たりの遊技時間を延ばしたいとも考えているようです。つまり、多数の客が来店してくれていたときと同党の利益を現在の客数から取りたいとも考えているようです。
一人当たりが投じる金額を徐々に増やさなければ、パチンコ店にしても身代を導入できないといった問題があるからです。
ですので、よりお店の経営も踏まえた立ち回りをしていかないと、負けの金額も回数もどんどん増える原因になりかねません。

依存の人の増加。パチンコがやめられないことも影響が

出典: https://matome.naver.jp

ギャンブル依存症の人も年々増えているようです。これにより遊技台の基準も、射幸性の少ないものへと変わる必要があると判断され、新しく出玉やスペックに関する基準が作られました。依存の人をどれだけなく少なくできるかという解決策は、以前から作られており、依存度の高いギャンブルという認識が強いため、お店にギャンブルではなく遊戯であるとアピールするポスターも掲示していたりと対策は講じられてきました。しかし、依存する人は、生活保護費用を使って遊戯する問題も取り上げられたほどです。そのため、依存の対策として新たに基準を決め、その基準の検定を通った台しか店に並ぶことができなくなりました。つまり、依存度が低く出玉も少なく、当たりにくいような台がお店に増えているということです。勝つ動きをしても、台そのものが勝ちにくいスペックになりつつあるようです。

カジノ法案による影響?さらにパチンコ遊技人口が減る時期へ突入?

出典: http://blog.esuteru.com

2017年の新基準が設けられる理由には、依存患者が増えたことだけではありません。大きな理由として、カジノ法案の影響があります。パチンコは遊技ではありますが、依存する人が多いほど射幸性が高く、グレーなギャンブルとして扱われています。警察などの検査する側の立場の人が、グレーと言い切るほどです。カジノの場合はギャンブルで、パチンコとは別のものです。グレーなものを縮小させ、ギャンブルと分け確立したいためにも新基準を設け、依存自体をなくし、まっとうなものにするあるいは完全になくしたいという考えのようです。2017年から2020年の東京オリンピックに向けてのカジノ・パチンコの動きは一層大きくなると言えるでしょう。
当然、勝ちにくい台が出回るので、遊技人口もかなり減ると考えられます。

勝てなくなる時期?新基準によるパチンコ規制と人の減少

出典: https://after-laughter.com

2016年から2017年にかけて新たに新基準が設けられました。依存やカジノ法案を考慮しての新しい基準ですが、メーカーとしてもその基準をクリアするため、それでいて遊技人口を減少させないゲーム性を備えた機械を作らないといけないため過酷な時代のようです。

メーカーが新基準に対応する時期は、遊技人口が減りやすい時期でもある

4号機から5号機に変更した時代にも起こったことですが、遊技人口は減少したようです。出玉・勝ちという視点で見ると、やはり勝ちにくくなったことが一番のようです。5号機に変わったことで出玉が規制されたように、2017年の新基準も出玉制限は大きいものとなっています。また、パチンコの場合はスペックの変更もあり、1/400が設置されていた時代からすると、大量出玉の獲得は難しい時代になってしまいました。
また、2017年になってもギャンブル依存症が減ったかというと、まだまだ依存患者は多いのが現状です。その現状を踏まえ、メーカーの機械づくりにおいては、より厳しいスペックになっていくことが予想されます。よほど運がなければ負けが増えていく可能性もあります。

基準の変更。一部の悪徳パチンコ店からの影響

ギャンブル依存症・カジノ法案だけでなく、悪徳な営業をしているお店の影響もあります。もちろんほとんどのお店がしてはいませんが、貸し出しの球数や交換球数における違法な営業をしているお店もあるようです。また、甘い釘にしたことで、釘調整が露呈してしまったお店もあります。本来釘を調整することは、検定時の釘と帰るということなので違法なのです。以前は釘師がいた時代もあると聞いたことはありますが、今ではそれすらも違法行為になります。2017年以降こういった影響を受け、ますますお店は客に出しづらい県境に変わっているようです。

新基準の詳細。どんな内容?

2017年の新基準は以下のようになります。
1.初当りの確率下限が1/320まで
2.大当たり確率が1/320以下のパチンコ台では、600個以上かつ最大獲得出
玉の1/3以上の出玉を獲得
3.大当たり確率が1/260以下の機種に関しては、最大出玉の1/4以上の出玉
を獲得
4.大当たり確率が1/160以下の機種に関しては、最大出玉の1/8以上の出玉
を獲得
確率も大きく変わり、以前のように1/400のMAXタイプと呼ばれる機種がなくなりました。当たりにくくとも一度あたると大量出玉が期待できるスペックがなくなったためかなり勝ちにくい時代になってしまったようです。また、今回の新基準では、出玉自体も大きく削られています。釘の調整が辛くなり、出玉も削られているので、単純に負けを巻き返すことも難しい時代になったようにも見受けられます。

1円パチンコなら勝てる?勝てない時期に拍車がかかる

出典: http://www.rose777.com

2017年の新基準と釘のことを踏まえ、1円パチンコなら勝てるのかを調べてみました。結果、1円パチンコでも勝つことは難しいです。その理由には、新基準以前に、1円パチンコを導入した理由にあります。
今までは4円パチンコだけだった時代に、遊技人口減少を食い止めたいために1円のレートを作りました。少しでも遊戯してもらおうと考え、4円の売り上げを補おうとしたのです。そのため、釘においても1円パチンコを4円パチンコでレートを直して考えると、4円パチンコ以上に勝てないようになっているのです。今の時代、どこのお店にも低レートは存在しますが、遊べるといっても負けてばかりでは面白みは半減してしまいます。

経営面からの考察。勝ちの難しい時期へ

出典: http://www.onlinecasinoget.com

2017年の依存やカジノ法案による新基準の設立。釘の環境の悪化。二つの問題を抱える時代ですが、さらにホールには問題があります。それが店舗経営による問題です。お店を構えるうえで、当然光熱費がかかります。また人件費や新台導入の費用問題もあります。新台を入れなければ、客数が減る。しかし、新台を入れるお金はお客から回収しなければならない悪循環の時代になっています。
店舗の状況を考えると、お客に還元できる余裕がすべてのお店にあるとは考えにくい状況です。2017年はますます勝ちにくく負けの増える年になっていくのではないかと考えられているようです。

負けないためにはしっかりお店の動向を把握して

今後のパチンコの傾向は、台においてはますます勝ちにくい環境になっていきます。またお店の経営面で見ても、決して負けにくい環境にはなっていません。
お店の経営の仕方、動向や周囲の町の環境と色々な情報を勘案して立ち回らなければ負けを減らすことはできないようです。
大きな価値を狙い続けるよりは、負けない立ち回り方をしてじっくり打つというのが、大負けの無い勝ち方のような気がします。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

kuroneko0927
kuroneko0927

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ