斉加尚代はクビになった!? 橋下徹をキレさせたMBS女性記者のその後…

MBS(毎日放送)の女性記者、斉加尚代はクビ?!橋下徹氏を激怒させたMBS(毎日放送)の女性記者とは?橋下徹氏を激怒させたおバカな発言とは?斉加尚代は崔尚代という本名の在日?!斉加尚代のブログとは?クビのその後斉加尚代はどうしているのかなどをまとめました

斉加尚代はクビになった!? 橋下徹をキレさせたMBS女性記者のその後…のイメージ

目次

  1. 斉加尚代という元MBS(毎日放送)の女性記者とは
  2. クビになったと言われる原因(?)の斉加尚代のおバカ発言要約
  3. 橋下徹も呆れたMBS(毎日放送)の女性記者・斉加尚代のおバカ発言リスト?!
  4. 橋下徹と斉加尚代のやり取りはネットでは概ね橋下徹支持だった
  5. MBS(毎日放送)という局のレベルの低さを露呈してしまった……
  6. 在日の報道関係者はクビにしろ?斉加尚代とは崔尚代が本名の在日?!
  7. 顔が朝鮮顔?顔が朝鮮人の顔の特徴にそっくり?
  8. 実際に在日朝鮮、在日中国人は通名を使っているのか?!
  9. MBS(毎日放送)女性記者の斉加尚代が【ニュース女子】を大バッシング
  10. クビだクビだクビだ~!MBS(毎日放送)をクビになったって本当?!
  11. 斉加尚代のブログ・Twitterは?
  12. MBS(毎日放送)の女性記者からその後は……
  13. 斉加尚代VS橋下徹のバトルまとめ
  14. その後の斉加尚代のMBS(毎日放送)などでの活動まとめ
  15. 斉加尚代・橋下徹ら他、各々言い分はあるが

斉加尚代という元MBS(毎日放送)の女性記者とは

斉加尚代という人は元MBS(毎日放送)の女性記者です。早稲田大学の文学部を卒業し、1987年にMBS(毎日放送)に入社しました。

2012年に橋下徹(当時大阪市市長)氏とのやり取りで一気に注目されました。いい意味では決してないのですが。

その事もあって、斉加尚代さんはMBS(毎日放送)をクビになったと言われています。

クビになったと言われる原因(?)の斉加尚代のおバカ発言要約

橋下徹への取材を要約してみると斉加尚代と橋下徹の漫才に……

出典: http://www.sozailab.jp

橋下徹氏がおバカで頓珍漢な質問を続けていることに対して、質問の意味を理解して質問しているのかと尋ねますと、担当ではないから分からないと斉加尚代さんは答えます。

では貴女は何しに来たのかと橋下徹氏が尋ねますと、質問しに来ましたと斉加尚代さんは答えます。意味を理解していないのに質問に来たと言っていては、バカだろと思われるのも仕方がないです。

その後橋下徹にMBS(毎日放送)の女性記者はバカでもやれるんだねとバカにされる

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

橋下徹氏が斉加尚代さんの質問に答えているのですが、その答えに関してはちゃんと理解できているのかと問われて、少しは理解していると答えました。

そろそろうんざりしてきた橋下徹氏は斉加尚代さんに、結局何の質問がしたいのかと尋ねますと、分かりませんと返答。遂にあきれ果てた橋下徹氏は、MBS(毎日放送)の女性記者はバカでもできるんだねといった意図のことを言いました。

橋下徹も呆れたMBS(毎日放送)の女性記者・斉加尚代のおバカ発言リスト?!

出典: http://gazotalk.blog87.fc2.com

フッフッフ、これぐらいにしておきますけどという有名な斉加尚代迷言

出典: http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com

それに対して橋下徹氏は吉本新喜劇でももっと丁寧な対応すると語る

この発言は斉加尚代さんが橋下徹氏への質問をした最後に、捨てセリフのように言った言葉です。ここまでロクな質問もしなかったのに急に私の勝ち!みたいな言葉を言われた橋下徹氏は、吉本新喜劇でももっと丁寧な対応をすると述べました。

子どもが喧嘩をしたときに不利だったこの方が言いそうな言葉で、いかにもバカにされる発言です。

話を聞きたいならしっかりと勉強しろと橋下徹に正論言われる斉加尚代

出典: http://mocheblog.blog22.fc2.com

頓珍漢な質問をしている斉加尚代さんですが、橋下徹氏はとにかく質問するなら最低限勉強をしたらどうかと斉加尚代さんに言います。

国歌の起立斉唱の命令を誰が出しているかを答えるよう橋下徹氏は斉加尚代さんに言います。しかしそれに対して斉加尚代さんは市長が知ってるのに私が答えるのはおかしいと拒否します。

しかし橋下徹氏は斉加尚代さんがそれを知っていないだろうと考えて、答えるよう再度言います。渋々答えた斉加尚代さんでしたが、結局その認識は間違っていたようです。

橋下徹と斉加尚代のやり取りはネットでは概ね橋下徹支持だった

反日的な思想と思われるMBS(毎日放送)とその女性記者であるため……

出典: http://blog.goo.ne.jp

ネット民は概ね橋下徹氏を支持していました。ネット上は反日と思われる勢力に対して厳しいので。仕方のないことですが。

国歌斉唱に対する問題、そしてその問題が良く出る、所謂在日朝鮮、在日中国人が多いとされる地域である大阪ということも背景にあったと思われます。

その後のMBS(毎日放送)などのメディアの報道も火に油だった

出典: http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com

この時のMBS(毎日放送)などのメディアの報道はほとんどが橋下徹氏が激怒して、斉加尚代さんが宥めていたといった感じの報道でした。

この時にはもう既にメディアの報道の在り方に不満を持っていた層がネット上にたくさん居たため、やはりMBS(毎日放送)の報道を筆頭にネットから非難を浴びました。

放映された映像の中にも斉加尚代さんが内容のない質問をひたすら繰り返していた映像があったので、しつこすぎる、何が言いたいのか分からないと思った人も多かったようです。

MBS(毎日放送)という局のレベルの低さを露呈してしまった……

出典: http://blog.osakanight.com

ほかのMBS(毎日放送)記者にまで苦言を呈されるが何故連れてきたのか

出典: http://b00k.jp

斉加尚代さんの質問の頓珍漢さに橋下徹氏が、本当に市政担当の記者なのかと聞いた際に、他のMBS(毎日放送)の記者が、質問の仕方に問題があったかもしれないと認めました。

認めたとはいえ、なんでそんなもんを連れてきてしまったのか……。結局斉加尚代さんの質問にならない質問は20分にも渡る時間だったようです。

橋下徹氏もそんな暇人では無いと思うのですが、災難であったと思います。

MBS(毎日放送)は国歌を歌わなくてもバカでも採用してくれると橋下徹に言われる

出典: http://toriton.blog2.fc2.com

MBS(毎日放送)の広報が開き直ったかのように、MBS(毎日放送)の番組を見てくれれば分かると発言した際に「MBS(毎日放送)は国歌を歌わなくても、頓珍漢な質問をするような人間でも採用してくれるから、そういう人はみんなMBS(毎日放送)に行けばいい」と過激にバカにした発言をしました。

しかし賛否両論。おそらく非の方が大きく、結局MBS(毎日放送)は国歌の起立斉唱の特集番組は放映中止になったようです。

在日の報道関係者はクビにしろ?斉加尚代とは崔尚代が本名の在日?!

反日女性記者とされる斉加尚代は崔尚代という在日という噂が

出典: http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com

明確な証拠があるわけではありませんが、斉加尚代さんは本名が崔尚代で、斉加尚代という名前は在日朝鮮人か在日中国人が使用する、所謂通名であると言われています。

もちろんメディアに忍び込んでいる反日ならば、崔尚代という名は出さないと思うので、明確に斉加尚代は在日で、本名は崔尚代であるという証拠は今のところありません。

崔尚代の証拠?!朝鮮の団扇があるから在日朝鮮人だ?!

出典: http://cahotjapan.blog103.fc2.com

斉加尚代さんが在日の崔尚代であるという証拠とされている画像。どこが崔尚代の証拠か分かりますか?

画像の後ろにある、斉加尚代さんの後ろにある派手な模様の団扇のようなものは朝鮮の団扇らしいです。そんなものがあるということは在日朝鮮人の崔尚代であるという証拠ではないかと言われています。

たしかに日本人で在日朝鮮人と付き合いもなかった(と思う)筆者は朝鮮の団扇など知りませんでしたが、それだけで崔尚代だ、在日朝鮮人だと判断するのは早計かと思われます。

顔が朝鮮顔?顔が朝鮮人の顔の特徴にそっくり?

朝鮮顔の特徴とは?

出典: http://blog.goo.ne.jp

韓国の学校の一幕。同じような顔がいっぱい並んでいる……

韓国人に多い顔、所謂朝鮮顔と呼ばれる人の特徴ですが、目立つのはやはり所謂キツネ目と言われる目が吊り上がった細目、頬骨やエラが張った顔、耳たぶが薄いといった特徴を持つ人が朝鮮顔とされています。

筆者はどの要素も当てはまっていませんでした。まあどちらかと言われれば沖縄人を少し薄くしたような顔と言われるんで、最初から心配していませんでした。

斉加尚代は果たして朝鮮顔なのか?

出典: http://www.altervistas.com

画像を見る限り、顔で大きな特徴となっている頬骨は朝鮮顔のような特徴が出ています。しかしエラと目はそれほどでもありません。耳たぶはたしかに薄い感じはします。

これだけでは朝鮮顔、在日朝鮮人崔尚代であるとはやはり断言はできませんね……。それに最近は美容整形というものもありますしね。

最近の若い在日朝鮮人はもう既に在日三世くらいになっているので、それも考えると今の在日朝鮮人はもう顔を見ても日本人とあまり区別がつかなくなっているかもしれませんね。

実際に在日朝鮮、在日中国人は通名を使っているのか?!

出典: http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com

実際に在日朝鮮人、在日中国人の方々が通名を使っているのかという問題ですが、これは実際に使っていると断言します。

筆者の知り合いに中国籍の人が居ますが、日本名と中国名があります。もちろん筆者の言っていることなので、信じられないという人もいるかもしれませんが。

ただその在日中国人は別に本名を隠しているわけではありません。周囲は大体みんな知ってます。

MBS(毎日放送)女性記者の斉加尚代が【ニュース女子】を大バッシング

出典: http://flairfor.jugem.jp

ニュース女子という番組は……?

出典: http://flairfor.jugem.jp

ニュース女子という番組は有料CS放送で放送されているニュースと時事問題のトークバラエティ番組です。

コンセプトとしては女性に分かりやすくおじさまと呼ばれる論客たちが時事問題などを解説するという構成となっています。

CS放送という性格のニュース女子であるため、結構自由なスタンスのようで、地上波で放映している報道番組がほとんど反日左翼と言われる中、それとは逆のスタンスであることがあります。

斉加尚子らMBS(毎日放送)の記者がバッシングしたニュース女子の内容とは

出典: https://www.youtube.com

ニュース女子の内容で、斉加尚代さんらMBS(毎日放送)がバッシングした内容というのが、上の画像である沖縄問題を取り上げたものです。

ニュース女子内では沖縄の基地問題で、座り込みなどを行っている人間はほとんどが本土の人間である。日当を貰って基地妨害をしているなどといったことを取り上げました。

あまりにも変更に満ちたMBS(毎日放送)のニュース女子バッシング

ニュース女子の報道に対してバッシングをしたのはMBS(毎日放送)であり、その当時斉加尚代さんはMBS(毎日放送)のディレクターをしていました。

斉加尚代さんが行った報道手法は偏向と言う他無く、周知の事実である沖縄での活動家に本土の人間や外国人がいることを隠し、沖縄人の活動家のみを報道しました。

更に反対派と敵対している沖縄の男性にインタビューを行った際には明らかに反対派(特に過激派)の行動を正当化させようと食い下がってきたと、放送前に事前に自身のFacebookで告発しています。

番組名をニュース女子とは言わなかったものの、明らかにニュース女子に対して言っているものも多く、かなりの偏向ぶりが伺えます。

クビだクビだクビだ~!MBS(毎日放送)をクビになったって本当?!

出典: http://h.hatena.ne.jp

MBS(毎日放送)の女性記者をクビになってしまった斉加尚代?

斉加尚代さんがMBS(毎日放送)をクビになったという情報はYahoo知恵袋などに溢れているようですが、それ以外に情報が無いのでデマと言わざるを得ないと思います。

実際MBS(毎日放送)は斉加尚代さんの振る舞いについて正式に謝罪はしていませんし、クビにする理由は無いと思われます。

MBS(毎日放送)の記者をクビになったというのはデマだが報道記者ではない模様

出典: http://www.appps.jp

2ちゃんねるでも似たようなデマがあったなぁ……

MBS(毎日放送)が謝罪していないのと同時に、橋下徹氏らからの正式な抗議も来ていないようなので、逆にクビにしてしまえばMBS(毎日放送)側に落ち度があることを認めたと同じなので、クビにはできないでしょう。

ただしこれだけネット住民に吊るしあげられたので、今でも公に目立った行動はしていないようです。

斉加尚代のブログ・Twitterは?

斉加尚代のブログ

出典: http://frihet.exblog.jp

残念ながら(?)、斉加尚代さんはブログをやっておられませんでしたが、井上公造氏のように、斉加尚代さんはタレントレベルにテレビに出る人ではないので、画像の数が少ないのですが、数少ない顔写真が載っているブログがありました。

斉加尚代さんとかなり近しい人のブログのようです。

上記画像のブログは女性の権利向上などのブログ

出典: http://wotopi.jp

数少ない、斉加尚代さんの顔写真を載せているブログですが、それは女性の権利向上などのためのブログのようです。

このブログ内では斉加尚代さんが男女共同参画社会の訴訟で勝訴した際に祝辞を述べる斉加尚代さんの姿をブログに記しています。

またこのブログに登場することもあるかもしれません。もちろん橋下徹氏とのやり取りではこのブログでは橋下徹氏非難側でした。

斉加尚代のTwitter

やはり斉加尚代さんはTwitterもされていないようです。Twitterなどと言うワザワザ叩かれそうなものはしないということですかね?

正しい正しくないの是非はともかくとして、熱くなりやすい人、不用意に叩かれる要素を出しやすい人はTwitterというものには向かないと思うので。

ほとぼりが冷めるまでは大人しくしていたいでしょうからTwitterでワザワザ目立たないということでしょう。

とは言えどもTwitter民はやはり忘れていなかった

出典: https://play.google.com

Twitterはバカ発見器、バカッターなどと言われることはありますが、下世話なことを集めるにはやはりTwitterは有用と言えます

斉加尚代という人は良くも悪くもかなり目立った人だったので、何か動きを見せれば、Twitter民がツイートしているため、最近の動きもそれなりに分かります。

Twitterでは最近の斉加尚代さんの行動や、橋下徹氏との言い争いに関しても風化させないためかTwitterに書き込んでいる人も居ます。現時点に関してはTwitterの方が情報を掴みやすいかもしれませんね。

MBS(毎日放送)の女性記者からその後は……

クビではなくどうも女性記者からドキュメンタリー部門に異動となった?

出典: http://dc.watch.impress.co.jp

やはりまだMBS(毎日放送)に居ることは間違いない斉加尚代さん。どうもドキュメンタリー部門に移動したりしているようで、記者仕事はもうやっていないようです。

番組構成に携わっているのはチラッと触れましたが、MBS(毎日放送)の昼から夕方の報道、バラエティ番組が反日的になったのは斉加尚代さんの影響と言われています。

デマを流すなとバッシングを受けたその後も沖縄に関しても諦めきれず、琉球新報と組む

出典: http://ryukyushimpo.jp

つい最近では琉球新報と相変わらず組んで、デマを流すなと言っています。どちらが流しているのやらと言いたいところですが……。

デマではないのかもしれないのですが、叩くために一部を隠したりして報道するのが果たしてそれが正しいのかと疑問ですね。

斉加尚代VS橋下徹のバトルまとめ

出典: http://blog.livedoor.jp

終始頓珍漢な斉加尚代女性記者とうんざりしている橋下徹市長

構図としては斉加尚代さんがひたすら頓珍漢なことを言い続け、うんざりした橋下徹氏がともかく最低限勉強ぐらいして質問しろと激怒し、言い返せなくなった斉加尚代さんは捨てセリフを吐いて質問が終了するというものでした。

その後女性記者の所属するMBS(毎日放送)は橋下徹をバッシングしようとする

出典: https://www.youtube.com

橋下徹氏が激怒した様子を流せば国民が橋下徹氏って大人げないんだねと思ってもらえると思ったのか、MBS(毎日放送)は編集はしたものの斉加尚代さんの質問部分を残して放映しましたが、たしかにその後、狙った反応はありましたが、あまりにしつこすぎるという批判も放映のその後出ました。

その後の斉加尚代のMBS(毎日放送)などでの活動まとめ

斉加尚代はクビ!そんな話もクビにする理由もないためデマです

出典: http://brief-comment.com

MBS(毎日放送)からすれば斉加尚代の行動は正しいものとまでは言わないかもしれませんが、少なくともクビにしてしまえばMBS(毎日放送)自身の過失を認めることになってしまうので、クビにしようがないので、斉加尚代さんがMBS(毎日放送)をクビになったというのはデマです。

クビではなく記者からディレクターに転身

出典: http://ryukyushimpo.jp

上記の画像は2017年の5月17日付けの琉球新報です。記事にもはっきりとMBS(毎日放送)のディレクターであると記されています。

その後MBS(毎日放送)と方針が合ったからか、しゃべらせると厄介だからなのか、記者からの転身をしたようです。

斉加尚代・橋下徹ら他、各々言い分はあるが

出典: http://blog.goo.ne.jp

この騒動からその後5年が経った今でもネット上を中心に取り上げられたりしているわけですが、それぞれに言い分はあるとは思います。

ニュース女子の出演者がニュース女子の中で、しっかりと公平に報道すること、自分で知ることも大事とおっしゃっていました。

まさにその通りだと思います。代議士も報道陣も視聴者もそれを肝に銘じてこの国をさらによくしていきたいものですね。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

よく読まれている記事

Tetsuwanchan
Tetsuwanchan

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ