【ブラジル】コルコバードの丘に立つキリスト像の秘密。どうやってあの場所に?

ブラジル、リオデジャネイロのコルコバードの丘の上に建てられたキリスト像。ブラジル人、リオデジャネイロにとってのキリスト像の存在とは。像がなぜコルコバードの丘の上、高い場所に建設されたのか。誰が作ったのか。どうやってこの場所に建設したのか。その秘密に迫る!

【ブラジル】コルコバードの丘に立つキリスト像の秘密。どうやってあの場所に?のイメージ

目次

  1. ブラジル・リオデジャネイロ
  2. コルコバードの丘のキリスト像が建設されることになった理由
  3. コルコバードのキリスト像の大きさは?誰が、どうやって、作り方は?
  4. ブラジル、リオデジャネイロにとってのコルコバードのキリスト像とは
  5. コルコバードのキリスト像、台座部分の中へ入ることが出来る
  6. コルコバードの丘のキリスト像に落雷!!!
  7. 自然、景観とともにとらえられた美しいキリスト像の姿
  8. ブラジル リオデジャネイロのコルコバードの丘を訪れるには
  9. 両手を広げ、コルコバードの高台から人々を見守るキリスト像

ブラジル・リオデジャネイロ

日本から遠く離れ・・・離れるというか日本からすると、地球のほぼ反対側。
日本とリオデジャネイロの時差は12時間、
飛行機を利用したとしたらサンパウロへの到着まで約25時間かかる。
サンパウロからリオデジャネイロまでは車で5〜6時間、飛行機なら1時間ほどだ。

出典: http://al-sportings.com

コルコバードの丘の上から「キリストの神様が見守る街」リオデジャネイロ

リオデジャネイロといえば、カーニバル!でもあるが、
景観として有名なのはやはり、「コルコバードの丘のキリスト像」

出典: http://yokohamanogin.com

このキリスト像には、2012年ブラジル開催のサッカーワールドカップや、
2016年にブラジル開催だったリオオリンピックでも、毎日お目にかかったはず。

出典: http://www.bs-tbs.co.jp

「コルコバードの丘のキリスト像」は標高710mの高さの丘の上に建設され、
毎日大西洋を臨み、ブラジル・リオデジャネイロの街並みを見下ろしている。

コルコバードの丘のある「リオデジャネイロ」街の名前の由来

リオデジャネイロという街の名前には、
「キリストの神様が見守る街」という意味がある。

出典: http://rioyamase.com

コルコバードの丘のキリスト像は人々が空を見上げるような高さの丘の上から、
その像に見守られる街という意味の名前がつけられた、
リオデジャネイロの街並みを見守っているのだ。

ブラジルのキリスト教人口は80%を超える。

リオデジャネイロのコルコバードの丘に建設されたキリスト像は、
その街、リオデジャネイロの名前となるほどの、人々の信仰の深さを象徴する像でもある。

世界遺産「リオデジャネイロ:山と海との間のカリオカの景観群」

2012年、このコルコバードの丘のキリスト像やコパカバーナ海岸など、
リオデジャネイロなど周辺都市の人の手が加わって発達してきた
文化的景観が世界遺産に登録されている。

ブラジルでの文化的世界遺産登録は「リオデジャネイロ:山と海とのカリオカの景観群」が初である。

出典: http://www.sekaspo.com

コルコバードの丘のキリスト像が建設されることになった理由

なぜ標高710mの高さのコルコバードの丘の上に、キリスト像を建設することになったのか。

ブラジルの歴史とコルコバードのキリスト像の関係

ブラジルは16世紀、ポルトガルによって発見され、
長年の間、ポルトガルの植民地として支配されていた。

ブラジルがそのポルトガルからの独立を獲得したのが1822年。

コルコバードのキリスト像が建設されたのは、
ブラジルがポルトガルからの独立100周年を記念してのことだった。

実際にリオデジャネイロで建設が完成したのは独立100周年の1922年から少し遅れた1931年。
10月12日に除幕され今日までブラジル国民誰もに愛され、
数多くの世界の旅人たちがコルコバードにあるその姿を見にリオデジャネイロへ訪れている。

出典: http://oinking.blog.jp

ただの高さのある立派な像を観光用に作ったのではなく、記念像なのだ。

出典: http://www.nikkeyshimbun.jp

このキリスト像はニューヨークの自由の女神と向かい合わせに立っている。

ブラジルにおいてのキリスト教徒の割合

ブラジルの人口の80%がキリスト教徒といわれる。
なかでもカトリック信徒が60〜70%だそうだ。

ブラジルに存在するキリスト教徒は1億7500万人といわれる。

全人口が約2億人なので、ほぼキリスト教徒ということに。

世界のキリスト教徒人口の第一位はアメリカ、次ぐキリスト教徒人口を抱えるのがブラジルだ。

敬虔なカトリックのキリスト教徒であるブラジル国民にとって、
高いコルコバードの丘の上からキリストに見守られている日々は安心できるものだろう。

出典: http://www.shikoku-np.co.jp

コルコバードのキリスト像の大きさは?誰が、どうやって、作り方は?

ポルトガル語で、その名前は「クリスト・ヘデントール」

コルコバードのキリスト像の大きさ、誰が制作したのか、その作り方、
どうやってコルコバードの高台まで運んだのか・・・

コルコバードのキリスト像の高さ、大きさ、重量

標高710mの高さのコルコバードの丘にありながら、
リオデジャネイロの海岸線、かなり遠くからでも
はっきりと見ることが出来るコルコバードのキリスト像。

その大きさは、高さ39.6メートル、広げた手の幅は30メートルだ。

おおよそ13階建てのマンションほどの高さ、大きさである。

標高710mのコルコバードの丘の上に立つので、
その高さゆえ、まるで雲を身にまとっているようにように見え、
霧のでた日には神秘的だそうだ。

重量はなんと635トン、重いどころの話ではない。

誰が、どうやってこの場所、ブラジル・リオデジャネイロのコルコバードまで像を運んだのか・・・
また、その作り方も気になるところ。

出典: http://megabrasil.jp

出典: https://gr.pinterest.com

右手に人が!
登れるとしても、足がすくむこと間違いない。

誰がコルコバードのキリスト像は建設したのか、その作り方

1922年から始まった建設作業は9年間に渡る。

キリスト像自身はフランスで制作されている。

作り方としては彫刻だった。

彫刻家、一人目の名前はポール・ランドウスキ、
もう一人の名前は、カルロス・オズヴァウジ、
監督した一流建築技師の名前はエイトル・ダ・シルバ・コスタである。

建設されたキリスト像は、その後、ブラジル・リオデジャネイロのコルコバードに移された。

巨大な岩を削り形をなす作り方は、さぞ骨が折れたことだろう。

そしてこのキリスト像を誰がどうやって標高710mの高さの場所まで移動したのだろうか。

出典: http://ameblo.jp

キリスト像の素材

キリスト像の素材は石膏である。

作り方は前出の通り、彫刻。

この大きさ、どのくらいの期間が費やされたのだろう。
作り方を教わったとしても現実味が正直言ってない。

フランス、パリからブラジルへの移送は、輪切りの状態で登山列車で運ばれたそうだ。

輪切りとは・・・誰のアイデアだろうか、よく思いついたものだ。
そして、それぞれのパーツをどうやってつなげたのだろう。
謎は深まる。

出典: http://nishimura-yuzen-chokoku.com

ブラジル、リオデジャネイロにとってのコルコバードのキリスト像とは

人口の80%がキリスト教徒であるブラジルにとって、
コルコバードのキリスト像はただの観光地ではなく、
ブラジル国民のキリストへの信仰の現れとなっている。

キリスト像が置かれているコルコバードの丘からは、
リオデジャネイロの街並みが一望できる。

まるで、人々をキリスト像が見守っている、
空高い場所から両手を広げて祝福しているようだ。

ブラジルの人たちが寛大な心の暖かさをもっていることを表した姿だとも言えるかもしれない。

出典: https://www.jtb.co.jp

ブラジルで開催されたイベントにおいてのメディアでの露出

2014年に開催されたサッカー・ワールドカップ、ブラジル開催では、
毎回オープニングに登場。

出典: https://www.pinterest.jp

2016年にリオデジャネイロで開催されたリオオリンピック。
聖火リレーの最終日にはコルコバードのキリスト像へと運ばれた。

出典: http://megabrasil.jp

キリスト像の大きく広げられた腕は、確かにあたたかい包容力を感じる。
リオデジャネイロの海岸線からコルコバードを見上げれば、包み込まれたようだろう。

コルコバードのキリスト像、台座部分の中へ入ることが出来る

コルコバードのキリスト像、中に入ることができるそうだ。

出典: http://1943arima.seesaa.net

入ることができるのは台座部分。
台座部分だけでも8mある。

出典: http://4travel.jp

出典: http://shanghai-taichou.blog.so-net.ne.jp

コルコバードの丘のキリスト像に落雷!!!

2014年1月、コルコバードにあるキリスト像の右手に落雷があった。

その落雷の瞬間の写真が神々しいと話題になっている。

神々しい落雷写真の数々

その日、ブラジル リオデジャネイロは大変な悪天候で、4万回に及ぶ落雷に見舞われたらしい。

出典: http://japan.digitaldj-network.com

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

キリスト像の右手に落雷が直撃!!!

出典: http://cienciasaqui.blogspot.jp

とても激しい落雷。

出典: https://nieuws.vtm.be

まるで世界の終末のよう。

過酷?なキリスト像の修復作業

その落雷によって、コルコバードのキリスト像は右手の指先を破損した。

出典: http://tozanabo.com

キリスト像の右手指の先端の欠けが見えるだろうか。

出典: http://tabikatsu.tosalog.com

あんな場所に作業員が!
人との対比でキリスト像がいかに大きいかよくわかる。

出典: http://jp.reuters.com

作業のときは登れるらしい。
当然か。
メンテナンスも大変だ。

出典: http://tozanabo.com

標高710m+キリスト像39.6m・・・
合わせて750mの高さのこの場所での作業はまさに命がけ。

リオデジャネイロの街並みを一望できるが・・・
余裕はないか。

ここに登れるのは作業員だけなのか?
登れるのなら登ってみたいような・・・いや怖い。

落雷による破損の修復作業は約2週間で完了した。

実際は像には避雷針があるそうだ。

自然、景観とともにとらえられた美しいキリスト像の姿

出典: https://pt.fotolia.com

出典: https://plaza.rakuten.co.jp

出典: http://free-photos.gatag.net

出典: http://uminomukougawa-br.seesaa.net

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

ブラジル リオデジャネイロのコルコバードの丘を訪れるには

コルコバードの丘へはどうやって登れるのだろうか。

出発地点の「ゴメス・ベーリョ駅」から登山電車に乗車し登れるそうだ。
乗車時間は20分程度。

駅の終点に到着後、昔は216段の階段を登ってキリスト像まで登っていたが、
今はエレベーターとエスカレーターで登れるようだ。

出典: http://chieyamasaki1015.blog.fc2.com

リオデジャネイロ観光のベストシーズン

リオデジャネイロは一年を通して気温、湿度とも高いので、
冬にあたる5月から11月ごろが比較的過ごしやすい時期。

有名なリオのカーニバルは2月から3月に行われる時期は雨季で、
蒸し暑い時期ではあるが、一年でもっとも多数の観光客が訪れる。

出典: https://www.pinterest.jp

標高710mの高台は太陽も近そうだし暑すぎない時期を選択したほうが快適に登れるだろう。

美しいキリスト像を臨めるタイミングは

丘からの絶景をのぞむなら、午前中がベスト。

午後は逆光となりキリスト像や景観の撮影が難しくなるそうだ。

出典: http://ha-to.xyz

両手を広げ、コルコバードの高台から人々を見守るキリスト像

ブラジル リオデジャネイロ、コルコバード。

丘日本からは遠く、到着まで時間はかかるが、
死ぬまでに一度行ってみたい場所のひとつだ。

この高台から360°パノラマビューで大西洋を眺められたら、
キリストのように広い心で人生を送ることができるような気がする。

あなたもぜひ、クリスト・ヘデントールと共に、
美しいリオデジャネイロの街並みをその腕に包み込んでみてはどうだろうか。

関連するまとめ記事

nanami_muranaka
nanami_muranaka

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ