iPhone7にも対応!ストラップの付け方5選【ストラップホールの開け方】

iphone7を始め、iphoneシリーズにはストラップホールがありません。ここでは、ネジ穴を利用してストラップホールを付ける方法からネジ穴を使用しない方法までをご紹介。iphone7で使える方法もあるので、ぜひ参考にして下さい。

iPhone7にも対応!ストラップの付け方5選【ストラップホールの開け方】のイメージ

目次

  1. 「iphone7でストラップをつけたい!でも、イヤホンジャックがない・・・」という方におすすめ!iphone7でも使えるストラップの付け方5選(ストラップホールの開け方)
  2. iphone7でも使える方法①:Lightningコネクタ両側のネジ穴を利用!金具とネジでストラップホールを装着する
  3. iphone7でも使える方法②:ネジ穴いらず。ストラップホール付きのケースを使う
  4. iphone7でも使える方法③:こちらもネジ穴は不要!背面のどこかにシールで貼ってストラップホールを装着する
  5. iphone7でも使える方法④:ネジ穴もストラップホールも不要!Lightningコネクタを利用してストラップを装着する
  6. iphone7でも使える方法⑤:合わせ技!ネジ穴・ストラップホールなしで、ケースと両面テープでおしゃれにストラップを付ける
  7. ストラップホールを装着して、つけたいストラップを自由に付けよう!

「iphone7でストラップをつけたい!でも、イヤホンジャックがない・・・」という方におすすめ!iphone7でも使えるストラップの付け方5選(ストラップホールの開け方)

出典: http://www.appbank.net

落下防止やおしゃれ目的でストラップをつけたいと思うことがありますよね。しかしながら、iphone7にはストラップの紐を通すストラップホールが存在しません。また、今までのiphone6やSEではイヤホンジャックを利用してストラップホールを装着することが可能でしたが、イヤホンジャックがないiphone7ではその開け方は使えません。そこでこの記事では、イヤホンジャックを使わない、iphone7でも対応可能なストラップホールの付け方・開け方をご紹介します。
また、iphone7以外のユーザーの中で普段イヤホンを挿して使っている人についても、この記事で紹介する方法ならイヤホンジャックを使わずにストラップを付けることができるため、是非とも参考にしてみてください。

iphone7でも使える方法①:Lightningコネクタ両側のネジ穴を利用!金具とネジでストラップホールを装着する

iphone5以降の6やSE、7では、それまでのシリーズと異なり、Litghtningコネクタが採用されています。このコネクタの両側には小さなネジが付いており、ネジを外して専用の金具を直付することで、イヤホンジャックがないiphone7でもストラップホールを取り付けることができます。

出典: http://www.poddities.com

金具の付け方自体はネジを外して付け直すだけの簡単なものです。2本のネジで固定されているため、ストラップを引っ張っても金具が取れてしまうリスクはほとんどありません。

出典: http://www.poddities.com

また、このように純正のLIghtningケーブルであれば、金具に干渉せずに問題なく使用できます。
iphone6やSEでイヤホンジャックをストラップ用に使いたくないという方にもおすすめです。

出典: http://arigato-ipod.com

他にも、よりシンプルに、片側のネジだけ外してストラップホール付きのネジと交換する開け方もあります。
強度が若干心配なので、重いものの吊るし過ぎには注意が必要です。

出典: http://www.poddities.com

ストラップホールだけでなく、こちらのカラビナのようなアタッチメントも金具とネジで付けることができます。このようにすることで、ストラップ以外に車の鍵などをぶら下げることも可能です。

但し、ネジを付ける・外すという開け方は「iphoneの分解・改造」と捉えられてしまい、Appleの対象保証外となってしまうため注意が必要です。「それでも大丈夫」「余計なものを省いたシンプルなものを求めている」という方は、この方法にチャレンジしてみては?

iphone7でも使える方法②:ネジ穴いらず。ストラップホール付きのケースを使う

「iphoneを保証対象外にしたくない」「ケースに入れて使用しても構わない」という方には、この方法がおすすめ。ストラップホール付きのiphoneケースは数多く販売されており、その種類もデザインや材質などによって豊富にあります。
また、iphoneケースを使えばiphone本体を保護できるほか、手帳型であればカードポケットにPASMOなどの交通系ICカードを入れておくこともできます。
もちろん、iphone7でもストラップホール付きのケースは数多く販売されています。

出典: http://www.appbank.net

こちらはバンパーにストラップホールがついている製品です。メタル素材とラバーの二重構造になっているバンパーで、高級感と耐久性を兼ね備えています。
特別なアタッチメントは必要ありません。

出典: http://smalabo.com

人気のケースであるiFaceもストラップホールが付いています。デザインやカラーバリエーションも豊富で、またiphone7だけでなく6やSE専用のものも販売されています。

出典: https://www.strapya.com

最高級イタリアンレザーを使用して作られているこちらの手帳型のケースは、同じ素材のストラップが付属されています。つけたい時に手軽につけることができ、ケースとストラップの組み合わせに自信がない方にもおすすめ。

出典: https://www.amazon.co.jp

また、ケースとは少し異なりますが、このようにゴムを四隅に引っ掛けて固定することで、ストラップを装着する方法もあります。

出典: https://www.amazon.co.jp

この製品も似たような考え方のもので、iphone下部をバンド形状のアタッチメントで固定してストラップを装着する方法になります。この方法はストラップホールのないケースでストラップをつけたい場合にも応用できます。

iphone7でも使える方法③:こちらもネジ穴は不要!背面のどこかにシールで貼ってストラップホールを装着する

「ストラップホールのためだけにケースを装着したくない」という方は、ストラップホールシールを活用してみては?
ストラップホールの付け方がシールタイプのものであれば、ケースの装着だけでなくアタッチメントや金具も必要なく、自分の好きな場所に手軽に取り付けることができます。この方法はiphone6でもSEでも使用可能です。
但し、シールで貼り付けている分、他の開け方に比べると強度面では劣ります。よって、あまり強く引っ張ったり、重さの大きいものを吊るさないようにしましょう。

出典: http://www.yodobashi.com

この商品は3M社製の強力な両面テープを使用しているため、つけたいところにピタッとくっつき、比較的外れにくくなっています。また、カラーも豊富で、お菓子のガムのようなかわいらしいフォルムをしています。

出典: https://unicase.jp

こちらは上の製品と同じシリーズのストラップホールシールになります。付け方も同じですが、レゴブロックのような形状が非常にユニークで、ワンポイントでアクセントになります。

出典: http://getnews.jp

このような猫のストラップホールシールもあります。猫グッズをつけたい猫好きの方は是非検討されてみてはどうでしょうか?

iphone7でも使える方法④:ネジ穴もストラップホールも不要!Lightningコネクタを利用してストラップを装着する

「ケースを使いたくないし、本体を弄ってまで金具やアタッチメントを付けたくもない」という方は、Lightningコネクタに直接装着するタイプのストラップを使用するという方法もあります。Lightningコネクタさえあれば、iphone7はもちろん、6やSEでも使えますよ。

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらのストラップは、アタッチメント部の解除ボタンで簡単に脱着できます。肌触りがよく、首への衝撃を和らげるシリコン素材のネックストラップで、カラーバリエーションも多数あります。

出典: http://estpolis.com

装着後は実際に首から下げて使用し、iphoneが落下しないかどうか試してみたほうが良いでしょう。

iphone7でも使える方法⑤:合わせ技!ネジ穴・ストラップホールなしで、ケースと両面テープでおしゃれにストラップを付ける

出典: https://www.kickstarter.com

「自分のiphoneケースにはストラップホールがついていない」「ストラップをつけたいけれど、今のケースはお気に入りだから買い換えたくない」と思っている方には、「petite loop」という製品を使うことをおすすめします。

出典: https://www.kickstarter.com

この製品は、アタッチメントの類は一切なく、ストラップと両面テープが一体になっているだけのシンプルな構造です。付け方は、①petite loopのシールをはがし、②iphone背面のつけたい箇所に貼り付け、③ケースを被せるだけです。

出典: https://farm8.staticflickr.com

このような簡単な作りと付け方にもかかわらず、シールで固定されていることとケースに挟み込まれていることにより、抜ける気配はありません。
この方法なら、ケースさえあればiphone6やSEでも利用できます。

出典: https://cdn.gethypervisual.com

この「petite loop」は残念ながら日本では販売していないため、海外のサイトで購入する必要があります。公式サイトを見ると、カラーバリエーションが豊富で、$5USDほどのお手頃な価格で売られています。また、自分の好みの色がない場合は、オーダーメイドでカスタムすることもできます。
なお、そこまでしたくないという方は、シンプルな作りをしているので、必要な材料を揃えて自作してみるのも良いのではないでしょうか。

ストラップホールを装着して、つけたいストラップを自由に付けよう!

出典: http://trinity.jp

いかかでしたか?今回は「ストラップをつけたいけれど、イヤホンジャックの無い」というiphone7ユーザー向けに、アタッチメントを使ったストラップホールの開け方やストラップを直接装着する方法など幅広く紹介しました。もちろん6やSEでも使える方法ばかりなので、是非とも一度検討してみてください。

関連するまとめ記事

くろあお
くろあお

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ