『ベテルギウス超新星爆発』で地球が消滅?膨張中の星の現在&爆発の可能性

超新星であるベテルギウスの爆発が話題になって数年が経ちました。星の爆発や衝突は今の私たちには避けられない事象です。地球が消滅するのではないかという研究もあります。ベテルギウスはいつ超新星爆発を起こすのでしょうか。地球は消滅してしまうのでしょうか。

『ベテルギウス超新星爆発』で地球が消滅?膨張中の星の現在&爆発の可能性のイメージ

目次

  1. ベテルギウスの超新星爆発
  2. ベテルギウスはオリオン座の中にある星
  3. ベテルギウスは超新星爆発を起こすのか
  4. ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら地球は消滅する?消滅しない?
  5. 夜が来ない?超新星爆発で起こる白夜
  6. ギリシャ神話にみられるオリオン座とベテルギウスの語源
  7. ベテルギウスの超新星爆発は私たちの目に見えない?

ベテルギウスの超新星爆発

出典: https://kinarino.jp

もうすぐベテルギウスが超新星爆発起こすのではないか、という話をご存知ですか。
これはここ数年騒がれ続けている問題です。
研究者の中には爆発の影響で地球が消滅すると予測している人もいます。
ベテルギウスは本当に爆発するのでしょうか。爆発するとしたらそれはいつになるのでしょうか。それとももう爆発しているのでしょうか。
今回は超新星ベテルギウスと爆発による地球への影響について見てきたいと思います。

ベテルギウスはオリオン座の中にある星

出典: http://www.geocities.co.jp

ベテルギウスはオリオン座を構成する星のひとつです。おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオン、オリオン座のベテルギウスは冬の大三角形といわれている望遠鏡がなくてもよく見える大きな星として知られています。地球から見える星の中では太陽の次に大きいとされています。実際、ベテルギウスは太陽の約650倍、地球の約7500倍の大きさなのだとか。桁が大きすぎて想像できません。

ベテルギウスのあるオリオン座は、冬の夜空を見上げるとすぐに見つけられる形をしています。4点の大きく見える星と星座の中央に3つの星が並んでいるのが特徴です。
オリオン座の位置が分かると他の星座も探しやすくなります。たとえば、おおいぬ座のシリウスは、オリオン座の中央に並行して並んでいる3つの星から南東へまっすぐ視線を移動させると見つけることができます。星座に詳しくなりたい人は北極星とオリオン座を中心に見ていくと良いのかもしれません。

ハッブル宇宙望遠鏡が初めて形を捉えた星

ベテルギウスはハッブル宇宙望遠鏡が太陽以外の星で初めて直接形を捉えた星といわれています。

出典: http://natgeo.nikkeibp.co.jp

ハッブル宇宙望遠鏡は、地球の周回軌道、地上から約600キロメートル上空を周回する宇宙望遠鏡です。1990年に打ち上げられました。ハッブル宇宙望遠鏡は、宇宙望遠鏡の中では一番星を捉えるのに成功した望遠鏡といわれています。目に見える光の他、赤外線や紫外線に疑似的な色をつけることでハッブル宇宙望遠鏡の捉えた星は美しい天文写真となります。

出典: http://www-prius.at.webry.info

ハッブル宇宙望遠鏡が捉えたベテルギウス。

ベテルギウスは超新星爆発を起こすのか

冬の空にひときわ輝くオリオン座のベテルギウス。しかし、その巨大な星体は他の星に比べて寿命が短いことで知られています。星は一般的に大きければ大きいほど寿命が短く、膨張が進みます。膨張が進み、ある一点に達するとガスを噴き出しながら爆発します。これが超新星爆発と呼ばれる現象です。

出典: https://ja.wikipedia.org

スペクトル型の表です。
横軸が色合い、縦軸が明るさを示しています。
ベテルギウスは右上に分類されています。

ベテルギウスは恒星の区分としては赤色超巨星になります。星の明るさの度合いと電磁波の放射を利用したスペクトル分析により星の区分や寿命は判断されます。太陽よりもはるかに大きく明るいベテルギウスは赤色超巨星と呼ばれ、短命で不安定、爆発の後にブラックホールか中性子星になり、最終的には目に見えない電波のような形でしか観測できないものとなると考えられています。

超新星爆発はいつ起こる?

ベテルギウスが超新星爆発を起こすとしたら、それはいつになるのでしょうか。
様々な予測がされていますが、正直なところ正確に爆発時期を予測することは不可能とされています。
年間の膨張率を見ていくと、ベテルギウスはたしかに膨張を続けています。しかし星そのものがどこまで膨張したら爆発を起こすのかは研究者の間でも意見が分かれています。観測例も研究数も少ないため、天文分野に関しては未解明なことが多いです。
「宇宙のことは99%未解明」ともいわれていますが、過言ではないと思います。

ベテルギウスが超新星爆発を起こしたら地球は消滅する?消滅しない?

爆発の正確な時期が分からないベテルギウスですが、そうはいっても膨張を続ければいつかは必ず爆発します。
ベテルギウスが爆発するとその影響で地球が消滅するのではないか、と騒がれた時期がありました。地球からわずか640光年の場所に位置するベテルギウスはその大きさと質量から、膨張の末の爆発で地球を巻き込みそのままブラックホールや中性子星になってしまうのではないかと予測する人もいました。ここではベテルギウスが爆発すると地球にどのような影響があるのかを見ていきます。

全てを破壊し消滅させるガンマ線バースト

ベテルギウスが爆発することによって地球が飲み込まれてしまうということはあまり現実的な予測ではありません。というのも実際に超新星が爆発した時、その星の自転軸がどのように動くのか、どれほどの勢いを持っているのか誰にも分らないからです。
しかし、星の直撃よりも現実的で人間への影響が大きい現象が起こるとされています。
それがガンマ線バーストです。

出典: http://www.natureasia.com

ガンマ線バーストは、ベテルギウスのような巨大な超新星が爆発しブラックホールとなることで発生するとされています。地球のある銀河系の外にある他の銀河やそれよりもはるか遠い宇宙からのバーストは、これまでも時折観測されてきました。しかし、近距離からのバーストはこれまでに一度もありませんでした。研究者の間では、このガンマ線バーストの影響で地球上の生物が絶滅すると予測されています。

大気の消滅

出典: http://www.thesalon.jp

ガンマ線バーストが近距離で起こると、電磁波の影響で地球のオゾン層が破壊されます。オゾン層は太陽から発せられる強い紫外線を吸収しています。そのため生物は強い紫外線にさらされずに済んでいます。オゾン層の破壊によって地球上の生物は強い紫外線を浴び、人間なら皮膚がんや白内障などの症状が発現します。
またオゾン層は大気のバランスや温度を保つ役割も持っているため、ガンマ線バーストが起きオゾン層が破壊されると現在の大気の構成が大きく変わることが予想されます。

生物の消滅

出典: http://www.gizmodo.jp

ガンマ線バーストがオゾン層を破壊すると、太陽に近い陸上生物や水中生物の大半が滅ぶと考えられています。

超新星爆発で地球は消滅するか

出典: http://susumen.com

現在のところ、爆発が地球を直撃するかどうかは分かっていません。それでもガンマ線バーストの影響を受ける可能性は濃厚といわれていましたが、最近の研究で、自転の角度や地球との位置から計算するとガンマ線バーストの放出範囲から若干ずれることが分かりました。
実際に起きてみないと分からないことだらけですが、理論上は地球が消滅する可能性はあまりないようで、それほど深刻な問題とされなくなってきています。

夜が来ない?超新星爆発で起こる白夜

出典: https://nagata-s.jpn.com

白夜の際の太陽の動きです。
本当に沈まないんですね。

近距離で大きな星が爆発する際、太陽と同じくらいに明るい光を放ちます。一日中太陽が沈まない状態を白夜といいます。
白夜は通常、北極圏や南極圏にある国々で起こります。しかし、ベテルギウスが爆発すると白夜が数週間から数か月の間広い地域で発生します。
白夜そのものは現状でも見られる現象なので、白夜による影響はあまり心配されていないようですが、明るさの影響で体内リズムが乱れるなどして不眠症になる人は続出しそうです。

ギリシャ神話にみられるオリオン座とベテルギウスの語源

出典: https://kinarino.jp

オリオン座。

ベテルギウスの含まれるオリオン座は、もともとギリシャ神話に登場するオリオンのことを指しています。オリオンはギリシャ神話の中でも力が強い海の神であるポセイドンの子どもで、勇敢な狩人でした。しかし、傲慢な性格が災いし、オリオンは地中から出てきたさそりの毒針によって死んでしまいます。亡くなったオリオンとさそりはギリシャ神話、それを表す星座として親しまれるようになりました。

出典: http://nekonohige896.blog133.fc2.com

古代ローマの軍人だったゲルマニクス・ユリウス・カエサルはギリシャ神話のさそりとオリオンは、追いかけ逃げるというような星座の配置をしていると語ったそうです。
 受け継がれているギリシャ神話の中にはオリオンにまつわる様々なお話があります。逞しく美青年であったため女の噂の絶えない遊び人として描かれることもあります。
ベテルギウスはギリシャ神話には登場しませんが、名前の由来はアラビアの女性の固有名詞だそうです。しかしその女性がどのような人物なのか伝承されていません。日本では「巨人の脇の下」と訳されることがあるようですが、日本以外の国では認められていない説のようです。
一般的に知られている星座の名前はギリシャ神話がもとになっています。神話の内容と照らし合わせながら望遠鏡を覗いてみるのもまた違った楽しみがあるかもしれません。

出典: https://ja.wikipedia.org

ゲルマニクスの胸像。

ベテルギウスの超新星爆発は私たちの目に見えない?

出典: https://kinarino.jp

ベテルギウスはたしかに地球からはよく見える大きな星ですが、地球とベテルギウスの距離は約640光年といわれています。1光年は星の光が届くまで1年ということですから、今私たちの目に映っているベテルギウスは約640年前の姿ということになります。
もし、膨張したベテルギウスがいま爆発を起こしたとしても私たちがそれを肉眼で観測できるのは640年先になる、ということです。
生きている間に目にすることができないのは残念ですが、本当に爆発したら、爆発していたら、その影響は地球に住む私たちにも降り注ぎそうです。

関連するまとめ記事

そわ
そわ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ