「預金封鎖」とは?日本で起こる可能性&対策まとめ。国家破綻はいつ?

「預金封鎖」というおぞましい現象が日本で起こったことがあります。戦後のインフレ対策として預金封鎖をされて銀行から引き落としができなくなったことがありました。現在その現象が日本で起きる可能性が噂されています。果たしてその可能性は?もし起きた場合の対策は?

「預金封鎖」とは?日本で起こる可能性&対策まとめ。国家破綻はいつ?のイメージ

目次

  1. 預金封鎖とは?どういうことなのか?日本で起きるのか?
  2. 預金封鎖をされるとどうなる可能性がある?
  3. ローンを抱えている人は返せなくなる可能性がある?
  4. 過去に預金封鎖があった国はどこか?
  5. キプロスの預金封鎖の内容
  6. キプロスの出来事を日本は報道したのか?
  7. NHKにて日本で預金封鎖の再発可能性を示唆
  8. 預金封鎖が日本で再度起きる可能性について
  9. 預金封鎖がもし日本で起きた際の対策とは?
  10. 今後日本で預金封鎖が起きる可能性は?そしてその対策とは?

預金封鎖とは?どういうことなのか?日本で起きるのか?

出典: http://kikoshobo.com

「預金封鎖」何だか絶望的な雰囲気が漂う言葉ですが、過去に日本で起きたことがあるこの現象。それが再度発生する可能性が示唆されています。この記事をしっかり読んで対策し、預金封鎖に備えよ!

預金封鎖とは文字通り、人々が自身の銀行口座にある預金を封鎖し、お金が引き出せなくなってしまうことです。そして実はこの預金封鎖は日本で過去に1度起きています。それはいつかと言いますと戦後になります。
その原因とは戦時中に日本政府が国債の購入を促して大量に借金をしていたことがあり、それが戦後になって物資や食料が不足している状態の時に強烈なインフレが起きました。このままでは日本の財政が破綻してしまうため、その対策として預金封鎖という手法をとりました。

預金封鎖をされるとどうなる可能性がある?

出典: https://uranailady.com

預金封鎖をされてしまうとどういったことが起きるのでしょうか?自身の預金が引き出せなくなるのは言わずもがなですが、それ以外に何が起こるのでしょうか?

実はこの預金封鎖ですが、影響を及ぼすのは何も自身の預金だけとは限りません。日本政府が戦後に行った預金封鎖には、国民が所有している預金も含めた資産を把握し、そこに財産税を課税して借金の補てんにするという目的もあります。
そうなると、外貨や不動産、株式といった資産が課税対象となり、税金により生活が苦しくなってしまうこともあります。投資をしていたはずなのにいつの間にか投資対象にまで課税されて苦しい!という事態になります。
知っているのと知らないとではだいぶ違います。この記事では預金封鎖に備えよ!とくどくど言いますが、本当に大事なことです。

出典: http://besty.jp

今までコツコツ貯めてきていたのにある日いきなり引き出せなくなる。本当に恐ろしいです。対策はしっかり考えましょう。

ローンを抱えている人は返せなくなる可能性がある?

出典: http://www.nihonjutaku.co.jp

ローンと聞いて真っ先に思い浮かぶのは「住宅ローン」かと思います。人生最大の買い物と称される自身の家を、ローンを組んで購入される方も多いことだと思います。預金封鎖がされるとお金が引き出せなくなるという子は、ひょっとしてローンの支払いも・・・・。

国民の中にはローンを組んでいる方は多いと思います。預金封鎖をされるとこのローンはどうなってしまうのでしょうか。
預金封鎖が起きると、金利が急激に上昇するのですが、ローンを契約した際に変動金利で契約していた場合は危険です。金利の上がり方に給料が追いつかず、支払うことができなくなりまして破綻してしまう可能性が高いです。ローンの場合は固定金利のほうが預金封鎖に備えよという意味では効果的です。

過去に預金封鎖があった国はどこか?

出典: https://wondertrip.jp

実は預金封鎖を実施した国は日本だけではありません。この写真の国も預金封鎖をした国です。こんな綺麗な国なんですけどね。果たしていつだったのでしょうか?以下の事実をしっかり意識して預金封鎖に備えよ!

預金封鎖をした国は日本以外に、キプロスが実施しています。それはいつ頃かと言いますと、日本のように戦後ではなくごく最近の話になります。
キプロスが預金封鎖をしたのは2013年3月なので約4年前のことになります。キプロスは歴史的にもギリシャと深い関係があり、ギリシャの国債を大量に購入していました。しかし、2010年頃からギリシャの財政状況が悪化し始め、ついには購入した国債の価値がただの紙屑同然になってしまいました。これがきっかけでキプロスも財政破綻寸前の危機的状況に陥った結果が預金封鎖だったという訳です。

出典: http://www.jtb-europe.com

キプロスは実は隠れたリゾート地として有名な国です。それにしても、こんな綺麗な国でも財政破綻しちゃう可能性もあるんですね。

キプロスの預金封鎖の内容

出典: http://asianlink.info

キプロスが最近預金封鎖を実施したのですが、日本とはどう違うのか?気になるところだと思います。日本では外貨や不動産といった投資の対象にまで影響を及ぼしましたが、実際のところどうなのでしょうか。

キプロスの時にも外貨や不動産といった投資の部分に対しても課税を強いたのか?答えはNoになります。それどころか、国民の預金に対しても課税をすることはしませんでした。
気になる対策ですが、「キプロス銀行とライチ銀行という2つの巨大な銀行のうち、ライチ銀行を倒産させ、富裕層に過剰な負担を強いる」という対策を取りました。

出典: https://news.yahoo.co.jp

当然倒産してしまった銀行に預金をしていた国民は怒りが収まらず、デモまで行ったりブルドーザーで銀行に突っ込むといった騒動まで起きてしまいました。

預金封鎖を実施した政府は短期決着を目指しましたが、法案がなかなかまとまらずに2週間ほどかかってしまいました。その間は銀行からは預金の引き出しができず、国民の怒りは収まりませんでした。
最終的にキプロスが実施した対策とは、キプロス銀行とライチ銀行とで以下の通りに分かれます。

①キプロス銀行
・10万ユーロ以下は全額保護し、10万ユーロを超える分は47.5%をキプロス銀行の株式へ転換する。
・株式転換分以外のユーロは没収

②ライチ銀行
・10万ユーロ以下は全額保護し、キプロス銀行へ移管する
・10万ユーロより多い預金は全額没収

キプロスの出来事を日本は報道したのか?

出典: http://www.ustream.tv

キプロスで起きた出来事ですが、同じことが起きた国として日本は報道したのでしょうか。実は預金封鎖の可能性を示唆した報道をNHKがしておりますが、果たしてその内容とは・・・・。

このキプロスで起きた最近の出来事を、同じ経験をしている日本では報道されているのでしょうか?実はNHKで預金封鎖の危険性を示唆した報道はされました。しかしながら、最近同様なことが起きているキプロスのことは触れていません。
日本の場合は預金だけでなく外貨や不動産といった資産にまで課税の対象としましたので、預金封鎖のことをしっかり伝えるのであれば、預金封鎖が起きた日本以外の国のこともしっかり伝えるべきではないか、疑問が残ります。

NHKにて日本で預金封鎖の再発可能性を示唆

こちらは戦後翌年の1946年に起きた日本での預金封鎖を報道したNHKの特集になります。自身の国で起きた財政破綻の危機がまた起きる可能性を示唆しておりますので、預金封鎖に備えよという姿勢が見えます。
このままだといつ頃に預金封鎖の再発の可能性があること、財産税として外貨や不動産といった投資の対象にも課税の可能性があること、きちんとNHKは報道しています。

出典: https://itunes.apple.com

NHKはきちんとこういう特集も組んで報道してくれるのですね。

でも実際のところ、日本で再度預金封鎖が起きる可能性は?

出典: http://www.pref.ibaraki.jp

NHKから預金封鎖の怖さについて教えてもらったのはいいですが、日本は財政破綻寸前といえるような借金を抱えているのは事実。いつ預金封鎖が起きてもおかしくないように思えますが、実際のところ起きる可能性はあるのでしょうか?起きるとしたらいつ頃なのでしょうか?

預金封鎖が日本で再度起きる可能性について

出典: https://www.manepota.com

身の毛もよだつような預金封鎖ですが、今後日本で再度起きる可能性はあるのでしょうか?確かに日本には、戦後直後に近いような莫大な借金を抱えていますが。

預金封鎖が日本で起きる可能性は低い。だが対策は知っておくべし

出典: http://woman-illust.com

日本で再度預金封鎖が起きる可能性はほぼないということです。とりあえず安心ですね。でも対策を知らないこと程恐ろしいものはありません。預金封鎖に備えよ!

日本で再度起きる可能性がほぼないという理由ですが、日本の抱えている借金は100%日本円建てのため、外貨で借金をしている訳ではありません。そのため、最悪新たに通貨を発行してそれで返済するという対策ができます。それでも高いインフレは起きますが、預金封鎖をするよりははるかに影響は少ないです。
よって、財政破綻して預金封鎖をする可能性は限りなくゼロに近いという訳です。

預金封鎖がもし日本で起きた際の対策とは?

もし財政破綻して預金封鎖に踏み切ることになった場合、対策はどうなるのでしょうか?一般的には預金以外に資産を分散することになります。外貨だったり不動産をつくったり、株式投資をしたりするのが具体的対策ですが、それぞれで対策方法は違ったりするのでしょうか?

対策①:外貨の場合

出典: http://karapaia.com

外貨といえばドルが世界的な外貨の単位として有名ですね。FXの投資対象としても人気が高いです。預金封鎖の対策としてはどうなるのでしょうか?

外貨の場合ですが、もし日本政府で管理している銀行であった場合、外貨であっても問答無用で預金封鎖の対象になってしまいます。つまり、日本の銀行で外貨預金していたとしても対策になっていないということです。
そうなると、海外口座を開設することが1番の対策になりそうです。

対策②:不動産の場合

出典: http://www.mfr.co.jp

ビルや家といった不動産の場合はどうなるのでしょうか?戦後の財政破綻を回避するための対策ではこれにも課税されましたが・・・。

不動産の場合ですが、こちらも登記データ自体が日本政府に管理されていますので、投資資産としては危ないものだといえます。しかも、購買力も落ちていきますので、インフレによって不動産の需要が好転するとも思えません。

対策③:ローンを組んでいる場合

出典: https://howto.ac

預金封鎖をされると引き出せないので、ローンが返せなくなると思う方も多いと思います。もちろんそうなるでしょうが、まだまだ問題はたくさんあるのです。預金封鎖に備えよ!

ローンを組んでいる場合、契約内容が変動金利か固定金利かを確認しましょう。固定金利であれば問題ありませんが、変動金利で会った場合は非常に危険です。
預金封鎖された場合、財政破綻によってローン金利が急激に上昇します。そのため、変動金利の場合は自己破産の可能性が非常に高いですので、固定金利で契約するのが1番の対策でしょう。

今後日本で預金封鎖が起きる可能性は?そしてその対策とは?

出典: http://free-illustrations.gatag.net

ここまできっちり見られましたでしょうか?預金封鎖は可能性としてはほぼないのですが、かといって全くないとは言い切れません。しっかり可能性を考慮したうえで対策を覚えておきましょう。預金封鎖に備えよ!

対策は基本的に資産を分散すること

出典: http://www.mitsui-seimei.co.jp

NHKも報道していたように、預金封鎖は怖いものです。対策としてはきちんと預金以外の資産に分散することが一般的なようです。

日本で起きる可能性はほぼゼロだが、対策は知っておくべし

出典: http://4students.me

今後日本で起きる可能性はほぼありませんが、ちゃんとリスクを知って、対策はどうすればいいのかは理解しておきましょう。

みなさんここまでいかがだったでしょうか。預金封鎖というのがどれだけ恐ろしいものか、理解して頂けたことでしょう。確率的に起きる可能性はほぼありませんが、ここまで紹介した対策をきちんと知っておきましょう。預金封鎖に備えよ!

関連するまとめ記事

江崎 雄哉
江崎 雄哉

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ