異世界に行く方法『飽きた』のやり方とは?エレベーターで異次元へ

異世界へ行ってみたい。誰もが一度はそんな風に考えたことがあるのでは?それが本当に可能だとしたら?実は異世界に行く方法は「飽きた」と書くだけ、エレベーターに乗るだけで成功するんです。そんな異世界に行く方法「飽きた」やエレベーターでの成功方法をまとめてみました!

異世界に行く方法『飽きた』のやり方とは?エレベーターで異次元へのイメージ

目次

  1. 【都市伝説まとめ】異世界に行く方法が実在するって本当?
  2. 異世界に行く方法①「飽きた」
  3. 「飽きた」儀式後の不思議な体験談まとめ
  4. 異世界へ行く方法②「エレベーター」
  5. 「エレベーター」の儀式は本当に異世界に行くの?
  6. 「エレベーター」儀式後の不思議な体験談まとめ
  7. 異世界に行く方法③「タットワの技法」
  8. 異世界に行く方法④「幽体離脱」
  9. 異世界へ行く方法⑤「長距離バス」
  10. 「飽きた」や「エレベーター」のまとめ、異世界に行く方法、あなたは信じますか?

【都市伝説まとめ】異世界に行く方法が実在するって本当?

学校が面倒、仕事に疲れた、どこかに行ってしまいたいと、誰もが一度は思ったことがあるのではないでしょうか?でもそんなのは想像の中の話・・・と思うかもしれません。でもそれが実在するとしたら、本当に異世界に行く方法があるとしたら・・・あなたはどうしますか?

今回はそんな異世界に行く方法をまとめてみました。

異世界に行く方法①「飽きた」

「飽きた」の条件や方法

出典: http://real-hot-space-entertainment.com

都市伝説として有名な「飽きた」、方法は簡単です。

(用意する物や条件)
・5cm×5cmの正方形の紙
・黒いペン
・赤いペン

(方法)
・5cmの正方形の紙に黒いペンで六芒星を書きます。
・六芒星の中心に赤いペンで「飽きた」と書きます。
・その紙を持ったまま寝ます。この時、紙は布団から出して紙に書いたものが見えるように持ってください。

※ その他にも枕の下に敷いて寝る方法もあるようです。

「飽きた」の方法で本当に異世界に行くの?

出典: http://dual-lab.com

「飽きた」の儀式が成功した場合は、朝起きると紙がなくなっており、その場合は紙が異世界に行った、もしくは持ち去られたと考えられるそうです。そして、成功するともうその人は異世界に近い場所にいるのだとか・・・。

しかし、本当に朝起きて紙が無くなり成功したという人は残念ながら見つかりませんでした。ただし、無くならずとも不思議な体験をした人はいるようで・・・。

「飽きた」儀式後の不思議な体験談まとめ

「飽きた」、失敗はしたけど迎えが・・・?

その方は枕元に六芒星に「飽きた」の紙を入れたそうで、寝る姿勢になると耳鳴りが続き、いつのまにか眠りの中に。

彼は夢の中で誰かに「お前に・・・・・・資格はない」(途中の言葉は聞こえなかったよう)と言われ、目が覚めると体が震えだし、気づけば目の前のに形のはっきりとしない、黒くて暗い何かがいました。

出典: http://college2ch.blomaga.jp

彼は自分を吸い込もうとする黒くて暗い何かに抵抗するために震えているのだと気づきました。

恐怖で声も出ず叫ぶこともできず、しばらくすると震えも何かも消えたので急いで六芒星に「飽きた」と書いた紙をゴミ箱に捨てたそうです。その後それが夢でないことを証明するために日記に記録。

そのまま眠れずに朝を待つうち、いつの間にか眠ってしまい、朝起きて日記を確認し、夢でないことを知ったそうです。

出典: http://www.seibu-ju.co.jp

彼は元々多少の霊感があったそうで、同じく霊感のある両親に話したところひどく怒られたそう。
霊感があることも条件なのかもしれません。

黒くて暗い何かは、彼の体をどかして枕元の六芒星に「飽きた」と書かれた紙を取ろうとしていたそうです。
おそらくその紙が異次元への切符のような役割をしていたのかもしれませんね。

「飽きた」を一年間続けると・・・?

その方は六芒星に「飽きた」の紙を手に握る方法で試しました。
次の日朝目が覚めると金縛りにあっていたそうです。

全く動けずに目の中が花火が散るようにチカチカし、無理に動けば金縛りは解けることを知っていたので動こうとしましたが、心臓が強く締め付けられ、痛くて死ぬのではないかと感じました。

心臓の締め付けはその後も強くなっていき、体が限界を感じたのか心臓を中心に体がブラックホールに吸い込まれるような感覚があり、3D作製で見るような黒いグリット線が張り巡らされた空間にいたそうです。

体の自由は効かず吐き気を感じながら、ただぐるぐると回り続けていると強い心臓の痛みで目が覚めました。

目が覚めるとうつ伏せの状態で、上に誰かが乗っているのが分かったそうです。
それは中性的な銀髪の男性で、話しているのが日本語であるのは分かりましたが、何を言っているのかは分かりませんでした。その後目が覚めると六芒星に「飽きた」の紙は手に残っていたそうです。

その後は戦場で戦うような怖い夢が増え、六芒星に「飽きた」を始めて1か月経つ頃には目が覚めた直後のような、意識の朦朧とした状態になると、すぐに意識が剥離して明晰夢を見るようになったそうです。

さらに六芒星に「飽きた」を続けると、夜寝る前のリラックス状態であったり、朝方のまどろんだ状態になると強制的に明晰夢を見るように。

出典: http://blog.livedoor.jp

明晰夢とは、自分が夢を見ていることを自覚している状態をいい、自分で夢を自在に操ることも可能だそうで、その方は様々なことを試してみましたが、あまりうまくいかなかったそうです。

そして、六芒星に「飽きた」を止めた途端、明晰夢を見なくなったそうです。

やはり紙を持っていることが条件のようです。
これもある意味成功と言えるかもしれません。

異世界へ行く方法②「エレベーター」

「飽きた」と同様に有名な「エレベーター」

都市伝説として有名な異世界へ行く方法として一番有名なものは「飽きた」のようですが、その他にも「エレベーター」というものもあるそうで。

出典: http://mylet.jp

こちらも簡単な方法のようです。

(用意する物や条件)
・10階以上あるエレベーター(監視カメラのないもの)
※ 監視カメラのあるエレベーターでは成功しないという報告があるそうです。
休日の雑居ビルなどが最適かもしれません。

(方法)
1.1階のエレベーターに乗ります。
2.エレベーターで4階→2階→6階→2階→10階の順番に移動します。
※ 途中で誰かが乗ってきたら成功しませんので注意してください。
3.10階についたら5階に移動します。
4.5階に着くと若い女性が乗り込んできます。
※この女性には話しかけないでください、失敗ではありません。
5.1階に移動します。
6.エレベーターが1階へ降りず、10階まで上がります。
※ 上がる最中にボタンを押すと成功しません、ただしやめるなら最後のチャンスです。
7.9階を通り過ぎると異世界へ到着。

「エレベーター」の儀式は本当に異世界に行くの?

出典: http://meigen.keiziban-jp.com

成功を確かめる方法は、1つだけあるそうです。
その世界には、あなたしか人はいないそうです。
そこからどうなるかは、わかりません。
でも一つ言えることは、5階で乗ってきた人は、人ではないということ・・・。

「エレベーター」儀式後の不思議な体験談まとめ

「エレベーター」で確かに若い女性は乗り込んだが・・・?

出典: http://fundo.jp

その方は自分の会社で休日出勤した際に試してみたそうです。

エレベーターを4階、2階、6階と進み、2階、10階、休日なのでもちろん誰も乗ってきませんでした。
そして5階に到着すると、何と本当に若い女性が乗り込んできたそうです。

その方は怖いあまりに「うっ」という声を出してしまいましたが、エレベーターに乗り込んだ人物をよくみていると、何てことはなく自分の会社の女性社員でした。

出典: http://sakamoto-ke.jp

女性社員はその方の「うっ」という声に笑いながらエレベーターに乗り、その方自身も安心して「休日出勤ですかー?」と女性に話しかけたそうです。

1階のボタンを押そうとも思ったそうですが、朝一で来て帰るのも変に思われると、もう声に出して失敗しているのだからいいやと自分の働いているフロアである6階を押しました。

すると女性社員は10階のボタンを押したのでその方は驚きましたが、よく考えれば女性社員の方は10階のフロアで働いている方だったそうです。

結果的に10階に行くのもありかなと考えたそうですが、そこで10階まで付いていくのもおかしなことだったのでその方は残念に思いながら6階でエレベーターを降りました。

すると、エレベーターを降りた際に後ろから舌打ちのような音が聞こえました。振り返るとエレベーターはもう閉まっていたのでその舌打ちをしたのが女性社員だったかどうかは分からなかったそうです。


女性社員の方は30代前半の若い女性・・・本当にその女性はその方の知っている女性社員だったのでしょうか?怖いですね。

異世界に行く方法③「タットワの技法」

実際に異世界に行く「飽きた」や「エレベーター」よりは比較的簡単ですが、「行く」よりも「見る」都市伝説に近いかもしれません。

こちらも方法は簡単です。

上の画像を眺めていると、図形がスクリーンに変化し、スクリーンの向こう側に異世界が展開されるそう。
他に条件などはないようです。

「タットワの技法」で成功(?)した人の体験談まとめ

出典: http://www.atmarkit.co.jp

画像全体を眺めているとモニターが歪んで、やばいと思いやめたが、画像が目に焼き付いて文字が見づらくなった。

画像を眺めていたら突然iPhoneが5分ほど圏外になった。

図形の奥に煙のようなものが見えたあと、しばらくしたら怖い顔が見えた。



意外と成功している人も多いようですね。

異世界に行く方法④「幽体離脱」

都市伝説「飽きた」「エレベーター」などの異世界に行くのとはまた少し違うかもしれませんが、明晰夢を見るのと同じような方法として「幽体離脱」を意識的に行う怖い都市伝説もあるようです。

出典: http://karapaia.com

幽体離脱の方法

1.夜中の二時になるのを待ちます。
2.目を閉じるか閉じないかくらいの状態にします。
3.頭の中で自分が起き上がるイメージを作ります。
4.2から3を3回繰り返します。
5.一度就寝します。
6.目が覚めたらお腹に力を入れ、一気に起き上がります。
7.すると、体は起き上がらず意識だけが起き上がります。


こちらは中々成功が難しいようですが、成功することを考えると怖いですね。

異世界へ行く方法⑤「長距離バス」

都市伝説の中で異世界へ行く方法としては一番物理的に難しいかもしれませんがこれも中々怖いです。

出典: http://news.livedoor.com

長距離バスを利用して異世界へ行く方法

(用意する物、条件)
・24時間以上走行する長距離バス

(方法)
1.バスの西の窓際に座ります。
2.太陽を日没まで拝みます。
3.太陽が地平線に触れる瞬間に目を強く閉じます(耳も同時に塞げると効果的)。

「長距離バス」成功するとどうなる?

出典: http://www.tokukita.jp

しばらくするとバスが走っていないことに気づきます。バスは薄暗いガソリンスタンドに停車していれば成功、そこはもう異世界なのだそうです。

ガソリンスタンドに併設されている店に入れば、怖いという感情を消し去ることができるとか・・・。



しかし、日本に住む限り24時間以上走行するバスがなく条件がそろいづらいので、とても難しい方法です。

「飽きた」や「エレベーター」のまとめ、異世界に行く方法、あなたは信じますか?

都市伝説の中で様々な異世界に行ける方法をまとめましましたが、どの方法も意外と成功させるのは難しそうですね。しかし、万が一成功してしまったら・・・その先には一体何が待っているのでしょうか?
本当に異世界があるのかは、その目で確かめるしかありません。

異世界に行く方法、信じるか信じないかは、あなた次第です。

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

百田
百田

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ