おかき播磨屋のトレーラーが右翼すぎと話題に!おせんべい屋がなぜ?

突如として東京に現れた大型トレーラーに書かれた文句が右翼過ぎると話題に。しかしそのトレーラーを走らせたのは兵庫県のおかきメーカー播磨屋でした。なぜ右翼でも左翼でも宗教団体でもないおかきメーカーが右翼トレーラーを走らせたのか、播磨屋について詳しく調べてみました!

おかき播磨屋のトレーラーが右翼すぎと話題に!おせんべい屋がなぜ?のイメージ

目次

  1. 東京に右翼トレーラーが出現
  2. おかき播磨屋とは
  3. おかき播磨屋の成り立ち
  4. おかき播磨屋の人気商品「朝日あげ」は右翼的な意味がある?
  5. 播磨屋のおかきについてくる右翼的手紙やパンフレット
  6. おかき播磨屋本店の播磨屋助次郎の持論
  7. 五代目播磨屋助次郎について
  8. おかき播磨屋は右翼を完全否定
  9. 右翼トレーラーは一体何だったのか?
  10. 右翼トレーラーの値段
  11. 右翼トレーラーの運転手は?
  12. おかき播磨屋のトレーラー活動を右翼側はどう思うか?
  13. おかき播磨屋のトレーラー事件まとめ

東京に右翼トレーラーが出現

出典: http://satellitejp.com

2010年の12月、東京の皇居周辺や霞が関周辺に巨大なトレーラーが出現しました。そのトレーラーは10台で連なってずっと都内を走り回っていたと言います。そこに書かれている言葉は「一億死ぬぞ起て皇太子 食糧危機から民の命守れ偽善無用」、「必ず倒す東京国賊政府」、また「身を捨てて天皇に直訴申し上げます」という大きな文字の下に天皇批判をし、現皇太子を称賛するような右翼的(?)な言葉が書かれていました。

10台ものトレーラーが疾走

出典: https://ameblo.jp

この右翼的なアピール自体は天皇を政治利用もしくは否定しようとする右翼・左翼の政治団体や宗教団体などにはよく見られる光景ですが、この10台の大型トレーラーを走らせていたのは、何と兵庫県に本店を置くおかき・おせんべいのお菓子メーカー播磨屋本店でした。ではなぜ、ただのおかき・おせんべいメーカー播磨屋がこのようなことを行ったのでしょうか?

おかき播磨屋とは

出典: https://twitter.com

播磨屋本店は兵庫県豊岡市に本店を置くおかき・おせんべいのお菓子メーカーです。基本的に卸売を行っておらず、直営店を9店舗とホームページからの通販のみで販売を行っています。キャッチコピーは「日本一おかき処」、人気商品は「朝日あげ」です。

おかき播磨屋の成り立ち

出典: http://ginjo.fc2web.com

おかき播磨屋の成り立ちは1860年頃、江戸時代末期の初代播磨屋助次郎という男性の話にまで遡るそうです。この助次郎という男性は油屋、夜に火をつけるための油を売る商売をしていたそうです。その後販売するもの変えるなど様々なことがあったようですが、助次郎の商売が始まってから88年経った昭和23年にお菓子メーカーに転向します。その後昭和46年におかき・おせんべい専用のメーカー播磨屋本店となったそうです。現在の代表播磨屋助次郎は五代目だそうです。

おかき播磨屋の人気商品「朝日あげ」は右翼的な意味がある?

出典: http://kochiki.com

このおかき播磨屋本店は、姫路市市民にはなじみ深いお店らしく、おかきといえば「播磨屋」なのだそうです。上の画像は無料お試しセットと言われるもので無料でお試しにおかきのセットを送料別で届けてくれるものなのですが、こちらは残念ながら今年の8月に終了しているようです。

出典: http://d.hatena.ne.jp

このセットの中でも特に「朝日あげ」などが定番中の定番商品らしく「朝日あげ」のファンは多いのだそうです。「朝日あげ」の名前の由来はこの商品の丸い形が朝日のようだったから、という理由らしく「朝日あげ」という名前自体に右翼的な意味は含まれていないようです。ホームページでも「朝日あげ」は日本一美味しいと言われている、と謳っているだけで「朝日あげ」という名前だから思想的な意味があるという訳でもないようです。

播磨屋のおかきについてくる右翼的手紙やパンフレット

出典: https://ameblo.jp

播磨屋のおかきやおせんべいを購入すると、必ず手紙やパンフレットが付いてきます。それは、商品に関する宣伝なのではなく、非常に右翼的なものだそうです。これは現在の代表五代目播磨屋助次郎が2008年ごろから行うようになったそうで、現在のホームページにもこの右翼的なメッセージがたくさん載せられています。

おかき播磨屋本店の播磨屋助次郎の持論

出典: http://www.news-postseven.com

「環境問題に象徴される現在の世界的な危機状況を救うのは126代天皇、つまり現皇太子である。救世主となるためには“人としての天皇”ではなく、“神としての天皇”に覚醒していただく必要がある」

播磨屋助次郎の持論について、ホームページなどで主張されているものを要約すると以上のようなものになります。基本的に現在の天皇を否定し、現皇太子を賛美し崇拝するような内容が主なようですね。

五代目播磨屋助次郎について

出典: http://p.twipple.jp

ではその五代目播磨屋助次郎とはどのような人物なのでしょうか?ホームページには経歴が乗っているので少し見てみると

1948年 兵庫県朝来市にて生まれる
1971年 22歳で広島大学の工学部船舶工学科を卒業と同時にクロバー製菓(現在の播磨屋本店)に入社
1986年 37歳で播磨屋本店を設立し代表に就任
1993年 45歳で皇太子殿下より御所に招待され、環境問題に関する論文を献上する
1994年 再度御所を訪れ皇太子殿下の人間的覚醒を強く促すような上奏文を献上する

その後も似たような文言が続いていくので省略します。

播磨屋助次郎と宗教に関連性はない?

出典: https://ikutajinja.or.jp

以上の経歴を見ると、37歳から45歳までの間磨屋助次郎に一体何が起こったのでしょうか?両親はこのような活動を行っていなかったようですが、小さなころからこのような思想だったのでしょうか?宗教的なものの関連も考えられたのですが、特に播磨屋次郎に関する宗教についての情報は出てきませんでした。皇太子殿下を賛美しているので神道系の宗教を信仰している可能性もありますが、現在の活動とは関係がないようです。

ホームページ・トレーラーには団体名なし

出典: https://ameblo.jp

そもそも、宗教団体が関連しているのならば手紙やホームページ、トレーラーにもその宗教団体の名前が出てくるはずですがそのどれにも宗教団体の名前はありません。そのため、これは播磨屋次郎本人によるただの啓蒙活動であると推察できます。

おかき播磨屋は右翼を完全否定

出典: https://ja.wikipedia.org

ホームページにはQ&Aのコーナーもあるのですが、そこでQ.播磨屋本店は右翼企業なのですか?という直球ストレートな質問が乗せられています。それに対する播磨屋助次郎の答えは「全く違います」と右翼派を完全否定しています。

また、播磨屋本店に努めている社員は、「社員としてあくまでおかき・おせんべいメーカーとしての活動に力を入れている」と話しているそうです。一方で「社長には社員として感謝し、応援もしている」と答えたそうです。

右翼トレーラーは一体何だったのか?

出典: https://ameblo.jp

播磨屋本店は右翼企業を否定していますが、では東京都内で走行した大型トレーラーは一体何だったのでしょうか?播磨屋本店のホームページではこれらの大型トレーラーでの走行を「スメラギ世直し特別広報隊活動」と称しています。播磨屋助次郎本人の言葉によれば、曰く

「バカと言われようと、気違いとののしられようと、微力非力は百も承知で、日本救国に向けた警鐘を打ち鳴らし続けて行きたいと思います。ご心読頂ければ幸いです」

とのことで、思想実現のための啓蒙活動のようです。

右翼トレーラーの値段

出典: http://www.yoshino-motor.co.jp

こちらの大型トレーラーは走行を10台にも渡って連なって走行したのですが、この真っ白なトレーラーはVolvo社製であり、一台3000万円は下らない代物なのだそうです。これを播磨屋助次郎個人で所有しているので計3億円、またこれらを所有するための駐車場も必要ですのでそちらの費用も合わせて所有できるとなると、播磨屋助次郎は相当な資産家であることが伺えます。

右翼トレーラーの運転手は?

出典: https://www.uniform1.com

そんな右翼トレーラーですが、運転手は一体誰が行っているのでしょうか?調べてみたところ、トレーラーの運転手をちらっと見たという方の情報を見つけました。その方の情報によると、女性の方が運転手をしていた、ということでした。その女性運転手の方は田舎のヤンキーが来ているような白い特攻服のような服装をしており、運転手の髪形はアフロに近いような感じだったそうです。

出典: http://www.worqlip.jp

憶測ですが、もしかすると会社の従業員の方が運転手を務めているのかもしれませんね。社員の方のコメントにも「社長を応援する」とのことでしたので、可能性はあるかと思います。その場合、運転手としてのお給料が発生しているといいのですが。

おかき播磨屋のトレーラー活動を右翼側はどう思うか?

出典: https://ja.wikipedia.org

以上のような右翼的大型トレーラーを使用した活動について、本物の右翼側としてはどのように捉えているのでしょうか?天皇を崇めているとある右翼団体によると

「私たちもこのような活動は問題視しています。手紙やホームページで主張する分には特に問題はないでしょう。けれど皇居の近くでこのような活動をされると天皇のお耳に入る可能性もある。それは絶対に許してはいけない。この活動を阻止するための行動を近々取りたい。」


出典: https://blogs.yahoo.co.jp

またとある右翼派のブログによると

此奴の言っている内容、物の言い方、行動からすれば、 これは陛下への「直訴」どころか、自身の身の程知らずと勘違いから、 陛下をはじめとした皇室の皆様を明らかに「罵倒」しており、 (もしかすると皇太子殿下が本当の標的なのかも)、 愛国の士どころか、「革命指向」さえ持つ逆賊としか言いようがない!

とコメントしています。確かに播磨屋助次郎は現天皇陛下に対しては否定的な意見を持っているため右翼側としてみれば敵対意識を持たれるのも当然と言えます。現在の播磨屋助次郎の立場は右翼でも左翼でもないようですね。

おかき播磨屋のトレーラー事件まとめ

出典: http://satellitejp.com

おかき・おせんべいメーカーの播磨屋について調べてみたところ、現在の代表である五代目播磨屋助次郎が、自分の会社を巻き込みながらも右翼と左翼の中間のような思想を実現するために自身の資金力を使ってトレーラーによる大々的な啓蒙活動として実行されたのが、東京都内で起きた右翼トレーラーの走行事件だったということでした。

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

これらは現在の代表である五代目播磨屋助次郎だけが行っていることであり、跡を継いでいる息子さんはこのような思想を持っていないようなので、現在の五代目が事業から退くことによってある程度の緩和が見込めるようです。播磨屋本店のおかきは商品自体はとても美味しいそうなので、息子さんには是非本業に力を入れてもらいたいですね。

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

百田
百田

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ