全身黒でもおしゃれ!女子ウケするオールブラックコーデ集【メンズ】

あなたは全身真っ黒のオールブラックコーデをしているメンズを見かけたことはありますか? 着こなしているメンズもいればダサいメンズもいると思いますが、全身黒でも着こなし次第でオールブラックコーデはオシャレになるんです。その方法とコーデ例をご紹介します。

全身黒でもおしゃれ!女子ウケするオールブラックコーデ集【メンズ】のイメージ

目次

  1. メンズなら全身黒のオールブラックコーデにチャレンジしてみよう
  2. 全身黒のオールブラックコーデは本当に黒一色?
  3. 全身黒のオールブラックコーデにすることのメリット
  4. 全身黒のオールブラックコーデにすることのデメリット
  5. そもそもメンズオールブラックコーデってオシャレなの?ダサいの?
  6. メンズオールブラックコーデがダサいと言われる理由
  7. オシャレなメンズオールブラックコーデにするため知っておくべきこと
  8. 全身黒のメンズオールブラックコーデを着こなすには?
  9. メンズオールブラックコーデ一覧(春夏)
  10. メンズオールブラックコーデ一覧(秋冬)
  11. メンズ向け全身黒にするときの靴の選び方
  12. メンズ向け全身黒コーデでのスキニーの合わせ方
  13. 体型が気になるメンズは全身黒のオールブラックコーデを利用して足を細く見せよう!
  14. メンズオールブラックコーデの女ウケってどうなの?
  15. 最後に

メンズなら全身黒のオールブラックコーデにチャレンジしてみよう

出典: http://www.neqwsnet-japan.info

あなたはオールブラックコーデというのを聞いたことがありますか?
その名の通り、全身を黒で統一したファッションのことです。
色を一色しか使わないモノトーンコーデは全体的に地味になりやすくコーディネートが難しくてなかなかオシャレに決まらないものです。
だからと言って、“オシャレにできない”ものではないのです。
ここで紹介するオールブラックコーデのコツと例を参考に、あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?
うまく着こなせれば女ウケの良いオールブラックコーデも可能になるでしょう。

全身黒のオールブラックコーデは本当に黒一色?

出典: http://mmat.blog100.fc2.com

言葉の意味を考えると黒一色であるはずなのですが、実際は差し色などを入れたオールブラックコーデも多くあります。
ただし、どこまで差し色を入れたらオールブラックコーデじゃなくなるのかは、曖昧なようです。
あとで説明しますが、オシャレに着こなすには差し色も大事な要素になってきます。

全身黒のオールブラックコーデにすることのメリット

全身が黒一色なので色に悩まなくて済む

出典: http://kichijoji.parco.jp

あなたはいろんな色の服をお持ちですか?
でしたら、「どの色とどの色を組み合わせよう?」と悩んだことはありませんか?
でも黒一色に染めてしまえばそんなことは気にする必要ありません。
悩む時間が減るので服選びが楽になります。

黒は収縮色なので体型が細く見える

出典: http://www.sipec-square.net

白が膨張色であるのに対し、黒が収縮色であることをご存知ですか?
収縮色は引き締まって見えるようになる、つまり「細く見せる」ことができます。
黒い服をうまく着こなせば「着やせ」することができるのです。
太っていたり、がっちりした体型のメンズには嬉しい効果ですね。

クールでスタイリッシュな印象を与える

出典: http://street-fashion-snap.com

人は色によって異なるイメージを感じます。
黒の場合は高級感、クール、スタイリッシュ、上品、大人っぽいなどのイメージを感じる色です。
つまり、「クールに見せたい」「上品に見せたい」と思ったらファッションに黒を取り入れれば良いということになります。

全身黒のオールブラックコーデにすることのデメリット

黒は日光の熱を一番吸収する色なので夏は暑い

出典: http://mijinco.blog.shinobi.jp

物体は光を吸収または反射します。
日光はいろんな色の光が混ざっており、例えば水はわずかに青を反射するので海は青く見えます。
白いものはすべての色を反射するので白く見えますが、黒いものは全ての光を吸収します。
光を吸収するということは熱を吸収することでもあります。
そのため、黒は白に比べて熱を持ちやすいので、夏にオールブラックコーデをする場合は気を付けてください。

全身黒の場合は黒による着やせ効果を十分に発揮させるのは難しい

出典: http://www.kiyase.net

黒は収縮色なので、黒い服を着れば確かに細くは見えます。
ですがこれは、あくまでも錯覚を利用して細く見せてるに過ぎません。
黒の収縮効果を高めるにはまわりに白がある必要があります。
オールブラックコーデで全身を黒に統一した場合、横だけではなく縦にも収縮して見える恐れがあります。
対策としては、もし「細く見せたいポイント」が1ヵ所であれば、そこだけ黒にしてその近くに白を持ってくるとより細く見せることができます。

全身黒は夜になると全然目立たないため交通事故に遭遇する危険性が高い

出典: http://www.yomiuri.co.jp

全身を黒にしてしまうと、夜間は全然目立たなくなってしまいます。
オールブラックコーデにしたうえで夜間に外出するのであれば、反射材を使うなど、何かしらの工夫をした方が良いでしょう。

そもそもメンズオールブラックコーデってオシャレなの?ダサいの?

メンズオールブラックコーデは着こなし次第でオシャレになる!

出典: http://apasoku.doorblog.jp

黒一色のオシャレなファッションを見て、
「自分がやったらダサい格好にしかならなそう」
「こういうのはモデル体型の人向けでしょ?」
とか思っていませんか?

そんなことはありません。
どんな体型であろうと、オールブラックコーデを着こなすことは可能です。
もちろん、ただ黒一色にすればいいということではないので注意してください。

メンズオールブラックコーデがダサいと言われる理由

ダサいと言われる理由①:風評被害

出典: http://fashionsnap-freaks.net

どうもオールブラックコーデは「オタクに多い」というイメージがあるようです。(筆者は全然そんなことないのですが)
オールブラックコーデをするオタクのアイテム選びにセンスがないからダサいと思われているのでは、と思うのですが・・・。
明確なデータがあるわけではないので気にすることはないと思います。

ダサいと言われる理由②:全身を黒にするとビシッと決め過ぎ感が出る

出典: https://www.vogue.co.jp

黒にはカジュアルなイメージがないので、全身を黒で統一してしまうと私服っぽさが出にくく、スーツ寄りの印象を与えてしまいます。
仕事でもないのにスーツを着てたら「あれ?」ってなりますよね?
つまり「ダサい」って思われてしまいます。
これはカジュアルなデザインの黒い服をバランスよく取り入れることで解消できます。

ダサいと言われる理由③:全身を黒にすると地味な印象が強い

出典: https://www.vogue.co.jp

黒一色というのは、つまり暗い色一色なわけです。
地味で近寄りがたい印象を与えてしまいます。
それでオールブラックコーデがダサいと思われるのでしょう。
そこは差し色でカバーしましょう。

オシャレなメンズオールブラックコーデにするため知っておくべきこと

ドレスとカジュアル

出典: http://kikonasy.com

オシャレなオールブラックコーデをするには、まず「ドレス」と「カジュアル」という概念を知っておいてください。
「カジュアル」については問題ないと思います。
この場合の「ドレス」と言うのはカジュアルの対義語、つまりスーツのようなキレイめ、かっちりした印象の要素を「ドレス」と呼びます。(英語の「dress」には「衣服」や「ドレス」以外に「正装」や「礼装」といった意味合いもないことはないので、そんなに間違った表現ではないと思われます。)

オシャレなコーデとは、ドレス要素とカジュアル要素が適切なバランスで使われているコーデということになります。
日本人の場合は胴長短足気味の体型・童顔が多いので、少し「ドレス寄り」のバランスでコーデをしていきましょう。

ですが今回のテーマはオールブラックコーデです。
黒はドレス要素なので、半々かカジュアル要素多めのオールブラックコーデで良いかもしれません。

3つのシルエット

出典: https://clubd.co.jp

ファッションには3つシルエットがあります。
この3つのどれかのシルエットに当てはまるコーデができるかどうかは、オシャレなコーデをするうえで非常に重要なことになります。

・Iライン
上半身と下半身の両方が細いシルエットになります。
Tシャツなどにスキニーパンツを合わせれば簡単にIラインシルエットを作ることができます。
あまり着こまない春夏秋向けのシルエットですね。
大人っぽさを出したいときはIラインシルエットがおすすめです。

・Yライン
上半身はボリュームがあり、下半身は細いシルエットになります。
コートなどにスキニーパンツを組み合わせればYラインになります。
秋冬春向けのシルエットになりますね。
簡単にオシャレに見せることができ、上半身の体型隠しにも有効です。

・Aライン
上半身は細く、下半身はボリュームのあるシルエットになります。
シャツなどにゆったりめのカーゴパンツなどを合わせるとAラインが作れます。
男らしいシルエットなのでメンズにおすすめです。
Yラインとは逆に、下半身の体型隠しに有効です。

全身黒のメンズオールブラックコーデを着こなすには?

出典: http://www.neqwsnet-japan.info

では、具体的なオールブラックコーデの着こなし方法をご紹介しましょう。
ほとんど春夏、秋冬に関係なく使える方法です。
これらを使って、あなたもオールブラックコーデに挑戦してみましょう。

肌の露出を増やす(春夏向け)

出典: http://beststyle.me

春夏に、特に夏に使える方法です。
肌の露出を増やすことで黒以外の色(つまり肌色)を増やして、黒がもつ重厚感、威圧感を減らします。
つまり、肌を差し色に使うということです。
具体的には以下の2つのことをします。

・袖をまくる
・パンツの裾を上げる(ロールアップ)

もしくは、黒の半袖Tシャツ、丈の短い黒パンツを着てもいいかもしれません。
こうすることでより自然なコーデにすることが可能になります。

服の素材を意識

出典: http://kurumani.com

全身を黒一色にすると統一感が出て、かなり「ドレス寄り」になります。
そこで、服の素材を複数組み合わせることでこの統一感を和らげていきます。
例えば、レザージャケットにカットソー、ジーンズというように、素材感の異なるアイテムを組み合わせればダサいと言われることはないでしょう。

差し色を使う

出典: https://clubd.co.jp

完全に黒一色では地味でダサいを言われかねません。
そこで「差し色」を入れます。
差し色には明るめの色の方がアクセントになりおすすめです。

差し色をどこにいれるかが問題になると思いますが、いろんなところにいれることが可能です。
例えば、帽子、マフラー、インナー、靴、靴下などですね。
自分なりに工夫してみると面白いですね。

小物を使う

出典: http://kurumani.com

オールブラックコーデは地味になりがちなので、差し色と同様に小物を取り入れてアクセントにする方法があります。
小物は秋冬だと取り入れやすいですね。
例として挙げるなら帽子やマフラー、アクセサリー、バッグなど。
アクセントとして使うなら、差し色として明るい色にすることをおすすめします。
シャツを腰に巻くのもありですね。

メンズオールブラックコーデ一覧(春夏)

春夏に使えそうなメンズオールブラックコーデ①

出典: http://www.sohu.com

ドレス要素の強いテーラードジャケットにTシャツを合わせて、うまくカジュアルダウンしている例です。
これは真似しやすい春夏向けメンズオールブラックコーデではないでしょうか?
女ウケも期待できます。

春夏に使えそうなメンズオールブラックコーデ②

出典: https://mulpix.com

Tシャツにダメージジーンズにスニーカーというカジュアル要素しかない春夏向けメンズオールブラックコーデですが、Tシャツとダメージジーンズを黒にすることでカジュアルを抑えています。
つまりカジュアルアイテムだけでも、全て黒にするとそれなりにドレス要素が出てきてバランスが良くなるんです。

個人的にダメージジーンズはダサいというか、穿きたいとは思わないのですが・・・。
でも、きっと同じような趣向の女性にはウケるのでしょうね。

春夏に使えそうなメンズオールブラックコーデ③

出典: http://fashionsnap-freaks.net

トレーナー、スキニー、ブーツ。
全てを黒で統一した春夏向けメンズオールブラックコーデです。
トレーナーはカジュアルですが、スキニーはドレス寄りなので、良い感じにバランスが取れています。
これも真似しやすいコーデではないでしょうか?
Iラインで大人っぽく、女ウケも良さそうに思えます。

メンズオールブラックコーデ一覧(秋冬)

秋冬に使えそうなメンズオールブラックコーデ①

出典: http://zimbic.tumblr.com

ロングコート、スキニー、ブーツの組み合わせ。
これはなかなかオシャレで女ウケもしそうな秋冬向けメンズオールブラックコーデです。
Yラインシルエットを作るにはロングコートとスキニーの組み合わせがおすすめです。

秋冬に使えそうなメンズオールブラックコーデ②

出典: http://www.neqwsnet-japan.info

MA-1というミリタリージャケットに腰巻というカジュアルな着こなしでありますが、それを全て黒にすることで絶妙なバランスになっているのがお分かりでしょうか?
このコーデを初めて見たとき「黒スゲー・・・」って思いました。

ハードルは高いかもしれませんが、かなりオシャレな秋冬向けメンズオールブラックコーデです。
女ウケは・・・どうなんでしょう?筆者は男なので何とも言えません。

秋冬に使えそうなメンズオールブラックコーデ③

出典: http://wear.jp

こちらは差し色として赤いマフラーを使っている秋冬向けコーデです。
オールブラックコーデに差し色として赤を使うのは個人的におすすめです。
ちなみに、この赤いマフラーのようなアクセントは、視線を逸らす(マフラーに視線を持って行く)効果があるので、足の太さが気になるメンズは目立つマフラーを身につけると良いかもしれません。

メンズ向け全身黒にするときの靴の選び方

出典: http://fashionsnap-freaks.net

全身が真っ黒なので、もうこれだけでドレス寄りです。
なので、スニーカーなどのカジュアルなデザインの靴を選部のが無難です。
もし靴以外のアイテムがカジュアルだったらドレス寄りの靴でも大丈夫そうですね。

靴の色については、目的によって2パターンあります。

①足を長く見せたい場合
この場合はパンツと同じ色、つまり黒い靴をチョイスしましょう。
パンツと靴を同じ色に揃えることで。これらの境界を曖昧にすることができ、結果として足を長く見せることができます。

②差し色を靴に持ってくる場合。
この場合は明るめの色の靴を選んでください。
そうすることで良い感じのアクセントになります。
無難なのは白い靴です。

メンズ向け全身黒コーデでのスキニーの合わせ方

出典: http://wear.jp

基本的にスキニーを穿く場合は、IラインかYラインのシルエットになります。
Iラインであれば、画像のようにジャケットと白のインナーにスキニーを組み合わせてもいいでしょう。
Yラインであれば、秋冬向けですがロングコートとスキニーの組み合わせがおすすめです。

体型が気になるメンズは全身黒のオールブラックコーデを利用して足を細く見せよう!

出典: http://www.bronline.jp

黒のスキニー単体でもかなり足を細く見せることができますが、とにかく足を細く見せたいメンズは、スキニーとロングコートを組み合わせましょう。
ロングコートを着ることで腰回りが隠れます。
こうすることで実際よりも高い位置にウエストラインがあるように錯覚させることができます。
また、靴はパンツと同じ色にしましょう。

ただ、ロングコートでは秋冬限定なので、春夏でしたら丈が長めのインナーなどでウエストラインを隠しましょう。
ところで、あまりにも足が細く見えるメンズって女ウケとしてはどうなんでしょう?
程々にしておいたほうが個人的に良い気もします。

メンズオールブラックコーデの女ウケってどうなの?

出典: http://girlschannel.net

どうも全身真っ黒なメンズだとあまり女ウケはよくないようです。
近寄りがたい印象が強いのでしょう。
ということは、女ウケが良いメンズのオールブラックコーデをするには明るい色を取り入れましょう。
少し「オールブラックコーデ」から離れてしまいますが、
例えば黒のテーラードジャケットに白のインナー、黒のパンツという組み合わせです。

ちなみに、オールブラックコーデのメンズでもカジュアルでオシャレなコーデであれば女ウケは悪くなさそうです。

個人的には女ウケだけを考えるなら白シャツに黒パンツあたりがいいのではと思うのですが、それではオールブラックコーデじゃなくなってしまいますよね・・・。

最後に

出典: http://lookbook.nu

いかがでしたか?
いきなり女ウケ抜群なオールブラックコーデは難しいかもしれませんが、ダサいと思われることを恐れず、挑戦してみましょう。試行錯誤を重ねればきっとオールブラックコーデを着こなすことができるはずです。筆者も応援してます。

その他 ファッションに関する記事はこちら

ライダースジャケットの着こなし術~男前コーデ集~ | xtreeem[エクストリーム]
アメトラってどんなファッション?オススメコーデまとめ | xtreeem[エクストリーム]
シャツインはダサい!「タックイン」をカッコよく着こなす3つのコツ | xtreeem[エクストリーム]

よく読まれている記事

きじり
きじり

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ