セダンの人気ランキングTOP35!おすすめ車種を大公開【最新】

国産セダンといえば車種も豊富で、若者から中高年まで人気の高い車種となっています。特に国産セダンは非常に優秀で、おすすめできる車もたくさんあります。そんな人気国産セダンの中からおすすめのTOP35として、ランキングを付けてご紹介していきます。

セダンの人気ランキングTOP35!おすすめ車種を大公開【最新】のイメージ

目次

  1. 国産おすすめ人気セダンをご紹介!
  2. 国産おすすめ人気セダン㉟三菱 ディグニティ
  3. 国産おすすめ人気セダン㉞三菱 プラウディア
  4. 国産おすすめ人気セダン㉝三菱 ランサー エヴォリューション
  5. 国産おすすめ人気セダン㉜ホンダ クラリティ フューエル セル
  6. 国産おすすめ人気セダン㉛トヨタ MIRAI
  7. 国産おすすめ人気セダン㉚ホンダ レジェンド
  8. 国産おすすめ人気セダン㉙レクサス GS F
  9. 国産おすすめ人気セダン㉘レクサス HS
  10. 国産おすすめ人気セダン㉗日産 シーマ
  11. 国産おすすめ人気セダン㉖トヨタ クラウン マジェスタ
  12. 国産おすすめ人気セダン㉕トヨタ プリウス PHV
  13. 国産おすすめ人気セダン㉔トヨタ カローラ アクシオ
  14. 国産おすすめ人気セダン㉓レクサス IS
  15. 国産おすすめ人気セダン㉒トヨタ SAI
  16. 国産おすすめ人気セダン㉑トヨタ カムリ
  17. 国産おすすめ人気セダン⑳日産 スカイライン
  18. 国産おすすめ人気セダン⑲ホンダ グレイス
  19. 国産おすすめ人気セダン⑱トヨタ アリオン
  20. 国産おすすめ人気セダン⑰日産 シルフィー
  21. 国産おすすめ人気セダン⑯トヨタ プレミオ
  22. 国産おすすめ人気セダン⑮マツダ アクセラ
  23. 国産おすすめ人気セダン⑭ホンダ アコード
  24. 国産おすすめ人気セダン⑬レクサス LS500
  25. 国産おすすめ人気セダン⑫ホンダ シビック セダン
  26. 国産おすすめ人気セダン⑪スバル WRX STI
  27. 国産おすすめ人気セダン⑩レクサス GS
  28. 国産おすすめ人気セダン⑨日産 ティアナ
  29. 国産おすすめ人気セダン⑧スバル レガシー B4
  30. 国産おすすめ人気セダン⑦トヨタ クラウン ロイヤル
  31. 国産おすすめ人気セダン⑥スバル インプレッサ G4
  32. 国産おすすめ人気セダン⑤マツダ アテンザ
  33. 国産おすすめ人気セダン④トヨタ プリウス
  34. 国産おすすめ人気セダン③トヨタ マークX
  35. 国産おすすめ人気セダン②日産 フーガ
  36. 国産おすすめ人気セダン①トヨタ クラウン アスリート
  37. まとめ:日本の国産セダンは優秀な車がいっぱい!

国産おすすめ人気セダンをご紹介!

国産車の中で一番車種が豊富に揃っているといえば、やはりセダン系です。車種だけでなく、セダンはカテゴリ別に見ても多くのセダンが存在します。
では、そんな国産セダンにはどんなものがあるでしょう?
おすすめの人気車をランキングでご紹介していきます。

セダンは、車種が豊富!

出典: http://www.impul.co.jp

多くの車種が存在する国産セダン。一般大衆車から高級車まで、幅の広さもセダンの特徴。海外での評価の高さから見ても、日本の国産セダンの実力は、世界でもトップクラスだといえます。

国産セダンは5ナンバーから3ナンバーまで存在しますが、現在は排気量は5ナンバー枠でもボディサイズが3ナンバー枠ということで、昔は5ナンバーが多かったのに対して、現在は3ナンバーが主流となっています。また、排気量も大排気量化してきているというのも現実です。

国産おすすめ人気セダン㉟三菱 ディグニティ

ディグニティは日産シーマの三菱販売モデルです。国内でも最高級クラスのセダンとなるディグニティは、2017年1月で販売が終了。現在のラインナップからは販売台数の低迷により姿を消すことに・・・。しかし、その作りは、本物の最高級セダンでした。

出典: http://www.goo-net.com

三菱 ディグニティ VIP

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:5095×1845×1510mm
車両重量:1950kg
乗車定員:5名
エンジン:VQ35HR(V型6気筒DOHC+モーター)
排気量:3500cc
最高出力:306ps/6800rpm
最大トルク:35.7kg・m/5000rpm
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:16.6km/L
新車販売価格:864万円(2016年11月で販売終了)

比較対象となる車種は、日産シーマやトヨタ クラウン マジェスタ。レクサスのLS500と比較すると、リーズナブルな価格で超高級車感覚を味わうことができるというのは、お買い得感があるおすすめポイント。中古車価格は175万円からで、かなりお買い得車となっています。

国産おすすめ人気セダン㉞三菱 プラウディア

プラウディアも、日産のOEM供給によって誕生した三菱の高級セダン。しかし、三菱のエンブレムを外してしまうと若干の違いはあるものの、日産のフーガそのものでした。残念ながら販売台数の低迷から、2017年1月で三菱のラインナップからは姿を消してしまいました。

出典: http://www.goo-net.com

三菱 プラウディア 250VIP

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:4945×1845×1510mm
車両重量:1950kg
乗車定員:5名
エンジン:VQ35HR
排気量:2500cc
最高出力:225ps/6400rpm
最大トルク:26.3kg・m/4800rpm
駆動方式:FR(3700ccは4WD)
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:11.26km/L
新車販売価格:413万6915円(2016年11月で販売終了)
※3700ccの設定あり

20代からの人気対象となる高級セダンのプラウディア。ライバル車は日産フーガやトヨタ クラウン アスリート/ロイヤルあたりとなります。3500ccは4WDの設定もあり、雪国でも十分に活躍できる高級車です。この型の中古車は、130万円あたりから探すことができそうです。

国産おすすめ人気セダン㉝三菱 ランサー エヴォリューション

国産本格スポーツセダンの先駆者ともいうべきランサーエボリューション、通称ランエボ。スポーツセダンとしては絶大な人気を集めながら、このファイナルエディションを最後に生産が終了。皮肉なことに最終モデルは即完売。中古車市場も高騰することに・・・。

出典: http://www.goo-net.com

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4495×1810×1480mm
車両重量:1530kg
乗車定員:5名
エンジン:4B11
排気量:2000cc
最高出力:313ps/6500rpm
最大トルク:43.7kg・m/3500rpm
駆動方式:4WD
ミッション:5MT(Xはミッションモード付ATあり)
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:10.4km/L
人気年齢層:20代~
新車販売価格:429万8400円(2016年4月で販売終了)

車種はスポーツセダンで、人気年齢層は20代から40代と幅広い世代から人気を集めます。家族がいても使えるスポーツカーというのが大きな魅力。但し、中古車相場は非常に高く、ファイナルエディションだと500万円超えも・・・。それでも日本を代表する本格スポーツセダンです。

国産おすすめ人気セダン㉜ホンダ クラリティ フューエル セル

まだまだ一般的に普及するには時間が掛かりそうな水素を燃料とするホンダのクラリティ フューエル セル。環境汚染を考えると、クリーン的には最高レベルですが、水素ステーションの数の少なさもそうですが、価格も超高級車並というのも考えると、普及には時間が掛かりそうです。

出典: http://www.honda.co.jp

ホンダ クラリティ フューエル セル

車種:近未来型ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4915×1875×1480mm
車両重量:1890kg
乗車定員:5名
モーター:MCF4交流同期電動機)
最高出力:140ps(燃料電池スタック) 177ps/4501~9028rpm(モーター)
最大トルク:30.6kg・m/0~3500rpm
駆動方式:FF
ミッション:AT
使用燃料:圧縮水素
燃費:一充填走行距離約750km
新車販売価格:766万円

人気や人気世代については、普及数の少なさから現在のところ把握することができません。中古車についても現在は出ていませんので、購入は新車しかないようです。日本の自動車界の未来を担う、そんな位置づけをされるのが、クラリティ フューエル セルです。

国産おすすめ人気セダン㉛トヨタ MIRAI

国内現行モデルとしては、セダンのみではなく全てにおいて最先端となるトヨタのMIRAI。なんといっても水素燃料の市販モデルは少ないのが現実。しかし、最先端近未来カーといっても、水素ステーションや車両価格を考えると、国内での普及にはまだまだ時間が必要なようです。

出典: http://toyota.jp

トヨタ MIRAI

車種:近未来型ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4890×1815×1535mm
車両重量:1850kg
乗車定員:4名
モーター:4交流同期電動機)
最高出力:155ps(燃料電池スタック) 154ps(モーター)
最大トルク:34.2kg・m
駆動方式:FF
ミッション:AT
使用燃料:圧縮水素
燃費:一充填走行距離約650km
新車販売価格:723万6000円

全国での販売台数を見ても、まだまだ少ないというのが現状です。しかし、その名前の通り、日本の自動車界の未来を担う一台です。現在中古車数も非常に少ないものですが、400万円代から探すことができますので、興味のある方にはおすすめの近未来カーです。

国産おすすめ人気セダン㉚ホンダ レジェンド

レジェンドは、ホンダが誇るハイブリッドの高級セダン。しかし、ホンダ車はライトウェイトスポーツやコンパクトカーに人気が集中しているというのが現実です。その中で異彩を放つレジェンドは、他車と比較しても内外装ともトップレベルの高級感を持っています。

出典: http://www.honda.co.jp

ホンダ レジェンド

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:4995×1890×1480mm
車両重量:1980kg
乗車定員:5名
エンジン:JNB(V型6気筒SOHC+モーター2基)
排気量:3500cc
最高出力:314ps/6500rpm
最大トルク:37.8kg・m/5000rpm
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:16.8km/L
新車販売価格:680万円

ホンダのレジェンドは、高級ハイブリッドセダンで、トヨタのクラウンや日産フーガあたりがライバル車となりそうです。クラウンと比較してしまうと普及率はまだまだですが、その仕上がりは最上級クラス。気になる方は一見の価値ありですので、実際に見ていただきたい一台です。

国産おすすめ人気セダン㉙レクサス GS F

レクサスのGS Fは高級セダンとなりますが、他の高級セダンと比較しても突出してスポーツ感の強い高級セダンです。画像からも分かるとおりブレーキの強化など他の高級セダンと比較しても、格段にスポーツセダンとしての性能が向上されていることが分かります。

出典: https://lexus.jp

レクサス GS F

車種:高級スポーツセダン
全長・全幅・全高:4915×1855×1440mm
車両重量:1830kg
乗車定員:5名
エンジン:2UR-GSE(V型8気筒DOHC)
排気量:5000cc
最高出力:477ps/7100rpm
最大トルク:54.0kg・m/4800~5600rpm
駆動方式:FR
ミッション:8AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:8.2km/L
新車販売価格:1120万円

国産でも新型の超高級スポーツセダン。1千万を超える価格は、20代の若者世代では欲しいと思っても中々手が出せない価格。しかし、その性能やスペック、高級感は国産スポーツセダンとしては間違いなくトップクラス。サーキット走行までも視野に入れた高級スポーツセダンです。

国産おすすめ人気セダン㉘レクサス HS

レクサスの中では若干注目度が低いかもしれませんが、HSはレクサスのハイブリッド高級セダン。HSはガソリンエンジン+モーターのハイブリッドで、乗り心地も良く安定した走りを披露してくれます。仕上がりはレクサスの名に恥じない、高級ハイブリッドセダンとなっています。

出典: https://lexus.jp

レクサス HS150h version L

車種:高級ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4710×1785×1495mm
車両重量:1640kg
乗車定員:5名
エンジン:2AZ-FXE(直列4気筒+モーター)
排気量:2400cc
最高出力:150ps/6000rpm
最大トルク:19.1kg・m/4400rpm
駆動方式:FR
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:20.6km/L
新車販売価格:434万7000円~

レクサスシリーズの中では、唯一ハイブリッド専用車種となるHS。ハイブリッド専用車種でありながら、他のハイブリッド専用車と比較しても、高級感はワンランク上に。加えて、安定した走りはレクサスに恥じない、確かな乗り心地を演出してくれます。

国産おすすめ人気セダン㉗日産 シーマ

日本国内では、トップクラスの高級車となる日産のシーマ。助手席にオットマンが装備されるなど、高級感だけではなく、充実した装備も特徴となっています。外観は迫力のある存在感を持っています。迫力の高級感と存在感は、まさに日本を代表する、超高級セダンだといえます。

出典: https://www3.nissan.co.jp

日産 シーマ ハイブリッド VIP G

車種:高級ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:5120×1845×1510mm
車両重量:1950kg
乗車定員:5名
エンジン:VQ35HR(V型6気筒DOHC+モーター)
排気量:3500cc
最高出力:306ps/6800rpm
最大トルク:35.7kg・m/5000rpm
駆動方式:FR
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:16.6km/L
新車販売価格:902万6640円

最上級の高級感を味わうことができる日産シーマ。一見フーガに似ているともいえますが、その存在感は別格。20代で新車購入するには価格設定がかなり高めとなりますが、中古車であれば200万円台での購入も可能でおすすめ。シーマで最上級の乗り心地を満喫していただきたいものです。

国産おすすめ人気セダン㉖トヨタ クラウン マジェスタ

トヨタブランドの中では最高級クラスとなるクラウン マジェスタ。その高級感は本物で、乗り心地重視の作りから、最高の乗り心地を持っています。近年、クラウンはアスリート、高級車はレクサスに目が向けられ、販売台数は伸び悩んでいるというのが現実のようです。

出典: http://toyota.jp

トヨタ クラウン マジェスタ

車種:高級ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4970×1800×1460mm
車両重量:1810kg
乗車定員:5名
エンジン:2GR-FXE(V型6気筒+モーター)
排気量:3500cc
最高出力:292ps/6000rpm
最大トルク:36.1kg・m/4500rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:ガソリン
燃費:18.2km/L
新車販売価格:642万6000円~

クラウンの中でもワンランク上の最上級クラスとなるクラウン マジェスタ。現行モデルは3グレードの設定がありますが、全てハイブリッド車。クラウンの中でも乗る人全てが最高の乗り心地を感じることができる、トップクラスのおすすめ高級セダンとなっています。

国産おすすめ人気セダン㉕トヨタ プリウス PHV

国産では最高クラスのハイブリッドとなるプリウスPHV。最高クラスの燃費を誇るものの、プリウスと比較すると価格が高めということもあり、現在はプリウスに遅れをとっています。全体的な評価は高いものの、定着までにはもう少し時間が掛かりそうですが、おすすめです。

出典: http://toyota.jp

トヨタ プリウス PHV

車種:ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4645×1760×1470mm
車両重量:1530kg
乗車定員:4名
エンジン:2ZR-FXE(直列4気筒DOHC+モーター)
排気量:1800cc
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kg・m/3600rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:37.2km/L
新車販売価格:326万1600円~

プリウスPHV(プラグインハイブリッド)は、電気自動車にガソリンエンジンをプラスすることで、これまでの電気自動車の航続距離や電気供給場所の不安を解消した車だといえます。オプションではルーフに太陽光パネルを装備するなど、最先端モデルとして登場しました。

国産おすすめ人気セダン㉔トヨタ カローラ アクシオ

カローラアクシオは、日本を代表するコンパクトセダンで、中高年世代からは絶大な人気と信頼を誇るセダンです。このクラスの車種としては一般的なセダンとなっていますが、一般的ということはそれだけ多くの支持を集めていることの証明ともいえます。

出典: https://toyota.jp

トヨタ カローラ アクシオ

車種:コンパクトセダン
全長・全幅・全高:4400×1695×1460mm
車両重量:1140kg
乗車定員:5名
エンジン:2NR-FXE(直列4気筒)
排気量:1500cc
最高出力:109ps/6000rpm
最大トルク:14.1kg・m/4400rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:5MT/CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:23.4km/L
新車販売価格:186万1920円~
※ハイブリッド車の設定あり

カローラ アクシオは1500ccのコンパクトセダンです。このクラスで5人乗りは、非常に重宝します。人気世代は中高年となりますが、サイズ的にも運転しやすい5ナンバーセダンです。燃費もガソリン車では23.4km/L、ハイブリッドでは34.4km/Lと、燃費にも優れたセダンです。

国産おすすめ人気セダン㉓レクサス IS

レクサスのISは、他のレクサスのセダンと比較すると若干コンパクトなミドルクラスのセダン。若い世代から中高年世代までと人気の幅も広くなっています。外観はスポーツセダン的要素も持っており、デザインのかっこよさが人気の秘訣となっています。

出典: https://lexus.jp

レクサス IS300 F SPORT

車種:高級スポーツセダン
全長・全幅・全高:4680×1810×1430mm
車両重量:1630kg
乗車定員:5名
エンジン:8AR-FTS(直列4気筒インタークーラーターボ)
排気量:2000cc
最高出力:245ps/5800rpm
最大トルク:35.7kg・m/1650~4400rpm
駆動方式:FR
ミッション:8AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:13.2km/L
新車販売価格:520万4000円
※3500cc、2500ccハイブリッドの設定あり

レクサスのセダン車の中では一番コンパクトなサイズとなりますが、スポーツテイストも感じられるスタイリングは20代の若者世代からも注目されています。おすすえmの2000ccのダウンサイジングターボも設定されており、より身近なレクサスシリーズの一台となっています。

国産おすすめ人気セダン㉒トヨタ SAI

なんといってもSAIの売りは、ハイブリッド。また、SAIはボディが大きく見えるというのも特徴で、以外にインパクトが強いセダンです。また、新感覚のリモートタッチは、パソコンのマウス感覚でナビやオーディオ、エアコンを操作することができます。

出典: http://toyota.jp

トヨタ SAI

車種:ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4695×1770×1485mm
車両重量:1570kg
乗車定員:5名
エンジン:2AZ-FXE(直列4気筒+モーター)
排気量:2400cc
最高出力:150ps/6000rpm
最大トルク:19.1kg・m/4400rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:22.4km/L
新車販売価格:330万3818円~(2017年11月で生産終了)

SAIは、2000ccより若干大きめの2400ccエンジンに、モーターを搭載したハイブリッドのミドルクラスのセダンです。しかし、居住空間では勝っていたものの、排気量や燃費をプリウスと比較すると若干不利となる部分もありましたが、ハイブリッドとして優秀な車でした。

国産おすすめ人気セダン㉑トヨタ カムリ

カムリといえば一昔前は中高年の方から人気を集めていた車ですが、近年になりエクステリアのかっこよさから、若者からも支持を集めるようになりました。かっこよさに高級感も併せ持った、国産のミドルセダンを代表する、おすすめセダンになっています。

出典: http://www.corolla-fukushima.jp

トヨタ カムリ 

車種:ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4885×1840×1445mm
車両重量:1600kg
乗車定員:5名
エンジン:A25A-FXS(直列4気筒+モーター)
排気量:2400cc
最高出力:178ps/5700rpm
最大トルク:22.5kg・m/3600~5200rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:28.4~33.4km/L
新車販売価格:329万4000円~

昔のカムリといえば2000ccがメインのセダンでしたが、現行モデルは2400ccのハイブリッドのみの設定となりました。人気層も中高年世代でしたが、現行モデルは20代の若者からも支持を得るモデルとなりました。確かな走りは、海外でも好評を得る人気モデルです。

国産おすすめ人気セダン⑳日産 スカイライン

誕生当初は世界初となる新技術が盛り込まれた、最先端のスポーツセダンとして誕生しましたが、中々定着することができませんでした。しかし、2000ccのダウンサイジングターボが登場すると徐々に人気が上昇。ハイブリッドの加速感は、他を寄せ付けません。

出典: https://www3.nissan.co.jp

日産 スカイライン 350GTハイブリッド タイプSP 

車種:高級ハイブリッドスポーツセダン
全長・全幅・全高:4800×1820×1440mm
車両重量:1810kg
乗車定員:5名
エンジン:VQ35HR(V型6気筒DOHC)
排気量:3500cc
最高出力:306ps/6800rpm
最大トルク:35.7kg・m/5000rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:17.8km/L
新車販売価格:554万9040円~
※2000ccのダウンサイジングターボあり

これまでのスカイラインは、2ドアクーペが存在したことから20代からの若い世代からも人気がありましたが、現行モデルはセダンのみで、どちらかというと中高年世代から人気の高いセダンとなっています。しかし、最新の2000ccのダウンサイジングターボは、今後起爆剤になりそうです。

国産おすすめ人気セダン⑲ホンダ グレイス

ホンダのグレイスは、中高年世代から人気を集めるコンパクトセダンですが、このクラスでもハイブリッドが設定されていることが注目ポイント。また、スポーツ的要素も取り入れられたデザインで、かっこよさをアピール。燃費が気になる方には、おすすめの一台です。

出典: http://www.honda.co.jp

ホンダ グレイス ハイブリッドDX

車種:ハイブリッドコンパクトセダン
全長・全幅・全高:4450×1695×1475mm
車両重量:1160kg
乗車定員:5名
エンジン:LEB
排気量:1500cc
最高出力:110ps/6000rpm
最大トルク:13.7kg・m/5000rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:34.8km/L
新車販売価格:197万9640円~

ホンダのグレイスは2000ccを下回る1500ccでハイブリッドを搭載する、コンパクトセダンです。駆動方式は4WDの設定もあり、コンパクトサイズということで運転のしやすさも魅力です。中高年層からの人気が高い、5ナンバー枠のコンパクトセダンとなっています。

国産おすすめ人気セダン⑱トヨタ アリオン

トヨタのアリオンはコンパクトセダンで、中高年から多くの支持を集める車です。5ナンバー枠コンパクトセダンでありながら適度な高級感を併せ持っており、人気の高い車種となっています。セダンでありながらコンパクトタイプなので、車の取り回しも良いというのが特徴です。

出典: http://www.fukushima-toyota.info

トヨタ アリオン Gパッケージ

車種:コンパクトセダン
全長・全幅・全高:4590×1695×1475mm
車両重量:1270kg
乗車定員:5名
エンジン:3ZR-FAE(直列4気筒DOHC)
排気量:2000cc
最高出力:152ps/6100rpm
最大トルク:19.7kg・m/3800rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:16.4km/L
新車販売価格:208万6363円
※1500cc、1800ccの設定あり

5ナンバー枠コンパクトセダンとしては定着をしたアリオン。トヨタのプレミオとはボディ違いのコンパクトセダンです。中高年世代からの人気が高く、一般大衆車としての顔ともなっています。1500cc、1800cc、2000ccと3種の排気量は選択肢を広げている、おすすめのセダンです。

国産おすすめ人気セダン⑰日産 シルフィー

日産が誇るコンパクトセダンとなるシルフィーの最大の特徴は運転のしやすさにあります。サイズ的にも車両感覚が把握しやすく、このことから運転がしやすい上に、運転が非常に楽なものになっています。中高年世代から多くの支持を集める、おすすめセダン車です。

出典: https://www3.nissan.co.jp

日産 シルフィー

車種:コンパクトセダン
全長・全幅・全高:4615×1760×1495mm
車両重量:1230kg
乗車定員:5名
エンジン:MRA8DE(直列4気筒DOHC)
排気量:1800cc
最高出力:131ps/6000rpm
最大トルク:17.7kg・m/3600rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:15.6km/L
新車販売価格:199万2600円

日産のシルフィーは、2000ccよりも若干コンパクトなエンジンとなる1800ccエンジンを搭載した、5ナンバー枠コンパクトセダンです。中高年世代からの人気が高く、前述通り非常に運転しやすいというのが最大の特徴です。ティアナをコンパクトにした様なデザインもグッドです。

国産おすすめ人気セダン⑯トヨタ プレミオ

トヨタのプレミオの特徴は、どことなくクラウンンに似ているフロントフェイス。このことから同じ国産のコンパクトセダンの中でも高級感はピカイチのものを持っています。トヨタの顔ともいえるスピンドグリルを搭載しているのも、高級感を感じる一つの要因となっています。

出典: https://www.yokohama-toyopet.co.jp

トヨタ プレミオG

車種:コンパクトセダン
全長・全幅・全高:4595×1695×1475mm
車両重量:1270kg
乗車定員:5名
エンジン:3ZR-FAE(直列4気筒DOHC)
排気量:2000cc
最高出力:152ps/6100rpm
最大トルク:19.7kg・m/3800rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:15.6km/L
新車販売価格:242万3127円
※1500cc、1800ccの設定あり

他車の同じ5ナンバー枠のコンパクトセダンの中では、高級感を持っているというのが最大の特徴。なんといってもクラウンをコンパクトサイズにしたようなデザインも人気の理由です。中高年世代から人気の車種ですが、20代にも好まれそうな雰囲気を持った、おすすめセダンです。

国産おすすめ人気セダン⑮マツダ アクセラ

マツダのコンパクトセダンとなるアクセラは、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンを持っています。また、このクラスでは珍しいスポーツ的要素も盛り込まれています。マツダのコンセプト「人馬一体」を感じることができるアクセラは、評判も上々のようです。

出典: http://www.mazda.co.jp

マツダ アクセラ 15C

車種:コンパクトセダン
全長・全幅・全高:4580×1795×1455mm
車両重量:1360kg
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIV-D1.5(直列4気筒DOHC ターボ)
排気量:1500cc クリーンディーゼル
最高出力:105ps/4000rpm
最大トルク:27.5kg・m/1600~2500rpm
駆動方式:AWD
ミッション:6AT
使用燃料:軽油
燃費:15.6km/L
新車販売価格:182万5200円
※ガソリン車・ハイブリッド・2200ディーゼルの設定あり

アクセラの特徴は、ガソリン、クリーンディーゼル、ハイブリッドと3種の設定があるところにあります。特に近年の国産セダンにクリーンディーゼルの設定は珍しいものになっています。マツダのコンセプト「人馬一体」にふさわしい、運転のしやすさも人気の理由です。

国産おすすめ人気セダン⑭ホンダ アコード

すでにホンダセダンの顔的存在ともいえるアコードは、幅広い年齢層から人気を集めるセダンです。内外装にも高級感が感じられ、高い存在感を示します。設定グレードは2種となりますが、エンジンはハイブリッドのみとなっているのも特徴だといえます。

出典: http://www.honda.co.jp

ホンダ アコード

車種:ミドルセダン
全長・全幅・全高:4945×1850×1465mm
車両重量:1580kg
乗車定員:5名
エンジン:LFA(直列4気筒DOHC+モーター)
排気量:2000cc
最高出力:145ps/6200rpm
最大トルク:17.8kg・m/4000rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:31.6km/L
新車販売価格:385万円~

ライバル車になるのはトヨタのマークXや日産ティアナ。アコードはハイブリッドのみの設定になっており、燃費を考えるとライバル車よりも燃費の良さが特徴です。安定した走りに加え、内外装にも高級感があり、20代の若い世代から中高年世代までシェアのあるセダンとなっています。

国産おすすめ人気セダン⑬レクサス LS500

レクサスLS500は、誰もが認める国内最高級セダン。内外装の上質な作りと高級感は、まさに国内最高レベル。セダン好きなら誰もが一度は乗ってみたいと思う憧れの一台。人気も高いが価格も高い、国内販売セダンの中では、まさに最高レベルといえるのが、レクサスLS500です。

出典: https://lexus.jp

レクサス LS500h

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:5235×1900×1450mm
車両重量:2300kg
乗車定員:5名
エンジン:8GR-FXS(V型6気筒+モーター)
排気量:3500cc
最高出力:299ps/6600rpm
最大トルク:36.3kg・m/5100rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:15.6km/L
新車販売価格:1120円~
※L500はガソリン車

最上級クラスの高級セダンとしては、国内でも人気はトップクラス。20代という若い世代でも、憧れを抱くセダンとなっています。他車の高級セダンと比較してもその存在感は別格で、走行安定性や乗り心地もワンランク上の上質さを持っています。

国産おすすめ人気セダン⑫ホンダ シビック セダン

どちらかというとタイプRの存在から、スポーツセダンの要素が強いといえるホンダのシビック。以前から高い人気を誇りながらラインナップから一時は姿を消すことに。しかし、このモデルで見事に復活!今後も注目のセダンになることは間違いないでしょう。

出典: http://www.honda.co.jp

ホンダ シビック

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4650×1800×1415mm
車両重量:1300kg
乗車定員:5名
エンジン:L15C(直列4気筒VTECHターボ)
排気量:1500cc
最高出力:173ps/5500rpm
最大トルク:22.4kg・m/1700~5500rpm
駆動方式:FF
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:19.4km/L
新車販売価格:265万0320円

シビックは、20代から中高年世代まで、走ることが好きな方にはおすすめの一台です。この流麗的なデザインはスポーツセダンの表れであるだけでなく、かっこいいといえるデザインにもなっています。もちろん、スポーツセダンとしての走りも魅力のセダンです。

国産おすすめ人気セダン⑪スバル WRX STI

国内現行モデルとしては、最高レベルのスポーツセダンともいえるWRX STI。ランエボが姿を消している現在では、このクラス、カテゴリーでは独壇場。元々は5ナンバー枠でしたが現行モデルはボディサイズによって、3ナンバーのみの設定となっています。

出典: https://www.subaru.jp

スバル WRX STI

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4595×1795×1475mm
車両重量:1490kg
乗車定員:5名
エンジン:EJ20(水平4気筒デュアルAVCSツインスクロールターボ)
排気量:2000cc
最高出力:308ps/6400rpm
最大トルク:43.0kg・m/4400rpm
駆動方式:AWD
ミッション:6MT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:9.4km/L
新車販売価格:386万6400円~

ランエボの生産終了に伴い、このクラスの本格スポーツセダンとしてはもはや独壇場。このサイズでありながら、スポーツカーと比較しても加速性能も運動性能もそれに勝るものを秘めています。また、ラリーカーという言葉が見事に当てはまるのも、国産ではWRXだけです。

国産おすすめ人気セダン⑩レクサス GS

トヨタ アリストの流れを引き継ぎ、高級スポーツセダンとしては他に類を見ないレクサスのGS。内外装の高い質感と、走りの性能を併せ持つセダンとしてはまさに国内トップレベル。日本を代表する高級スポーツセダンといえばこのレクサスGSといえるでしょう。

出典: https://lexus.jp

レクサス GS300

車種:高級スポーツセダン
全長・全幅・全高:4880×1840×1455mm
車両重量:1650kg
乗車定員:5名
エンジン:8AR-FTS(直列4気筒DOHC インタークーラーターボ)
排気量:2000cc
最高出力:245ps/5800rpm
最大トルク:35.7kg・m/1650~4400rpm
駆動方式:FR
ミッション:8MT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:13.2km/L
新車販売価格:577万円~
※GS450h:742万8000円~
※GS350h:643万円~
※GS300h:615万3000円~

レクサスのGS300はスポーツセダンとしてのテイストも持っていることから、高級セダンでありながら20代の若い世代からも注目される存在。ダウンサイジングターボにより、価格設定もGSシリーズでは低めになっている点もおすすめのポイントとなっています。

国産おすすめ人気セダン⑨日産 ティアナ

高級車的要素と一般大衆車的要素を併せ持つ日産のティアナ。若い世代から中高年世代まで、幅広い人気層を持つセダン車。ライバルとなるトヨタのマークXと比較すると、価格が若干リーズナブルというのも人気のポイント。現行モデルは、内外装とも完成度も高いものになっています。

出典: https://www3.nissan.co.jp

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4880×1830×1470mm
車両重量:1480kg
乗車定員:5名
エンジン:QR25DE(直列4気筒DOHC)
排気量:2500cc
最高出力:173ps/6000rpm
最大トルク:23.9kg・m/4000rpm
駆動方式:FF
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:14.4km/L
新車販売価格:256万3920円~

ライバル車となるトヨタのマークXと比較すると、新車販売価格も若干リーズナブルな点から20代の若者からも注目されているセダン車です。また、中高年世代でも落ち着いて乗れるセダン車になっている点も注目ポイントで、幅広い年齢層から注目されるのもうなずけます。

国産おすすめ人気セダン⑧スバル レガシー B4

人気よりも信頼度が高いといった方が当てはまるセダン、レガシーB4。セダンでありながらその走りは確かなものとなっています。海外でも高い信頼を得ているレガシーB4は、日本を代表する国産セダン。昔から現在まで、安定した支持を集めているセダンです。

出典: https://www.subaru.jp

スバル レガシーB4

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4800×1840×1500mm
車両重量:1540kg
乗車定員:5名
エンジン:FB25(水平4気筒DOHC)
排気量:2500cc
最高出力:175ps/5800rpm
最大トルク:24.0kg・m/4000rpm
駆動方式:AWD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:14.8km/L
新車販売価格:302万4000円~

20代の若者であればインプレッサやWRXに注目してしまいがちですが、中高年世代であれば、やはりレガシーB4はスバルのセダン車では最大の注目車です。これまでに勝ち取った信頼性と確かな走りは、車を楽しむ最高の一台となっています。

国産おすすめ人気セダン⑦トヨタ クラウン ロイヤル

トヨタのクラウンは、国内でもトップレベルの人気を誇るセダンです。ロイヤルシリーズはこれまでのクラウンの伝統を引き継いだモデルで、クラウンらしくどっしりと構えているのが特徴。アスリートと比較すると、中高年世代から高い人気を集める高級セダンです。

出典: http://www.chibatoyota.co.jp

トヨタ クラウン ロイヤルシリーズ

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:4895×1800×1460mm
車両重量:1490kg
乗車定員:5名
エンジン:4GR-FSE(V型6気筒DOHC)
排気量:2500cc
最高出力:203ps/6400rpm
最大トルク:24.8kg・m/4800rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:6MT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:11.4km/L
新車販売価格:409万3200円~
※上記主要諸元はガソリン車
※ハイブリッド車あり

クラウンも昔は5ナンバーと3ナンバーが設定されていましたが、現行モデルでは3ナンバーのみですが、2500ccのハイブリッドと2500ccのガソリン車が設定されています。ロイヤルシリーズは、トヨタブランドの高級セダンとしてだけではなく、トヨタの顔ともいえる存在です。

国産おすすめ人気セダン⑥スバル インプレッサ G4

このモデルは誕生当初から運転のしやすさに高い評価を得ており、本当の意味で運転を楽しむことができるスポーツセダンです。もともと本格スポーツセダンとして誕生したのがインプレッサですが、本格スポーツセダンではなくなったものの、その性能は確かなものになっています。

出典: https://www.subaru.jp

スバル インプレッサ G4 2.0i-L Eyesight

車種:スポーツセダン
全長・全幅・全高:4625×1775×1455mm
車両重量:1320kg
乗車定員:5名
エンジン:FB20(水平4気筒DOHCデュアルAVCS)
排気量:2000cc
最高出力:154ps/6000rpm
最大トルク:20.0kg・m/4000rpm
駆動方式:FF/AWD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
燃費:17.0km/L
新車販売価格:218万1600円~
※1600ccの設定あり

元々は5ナンバー枠であったインプレッサですが、現在はボディサイズから3ナンバーとなっています。最上級グレードとなるWRXは独立した車種となりましたが、その操作性と走りはお墨付き。高速ワインディングも難なくこなす走行性能は、まさに秀逸です。

国産おすすめ人気セダン⑤マツダ アテンザ

マツダのアテンザは、高級的要素とスポーツセダン的要素が盛り込まれたセダンです。秀逸なデザインと走りの性能は確かなもので、高い人気を集める車です。また、マツダの個性といえる、ガソリン車の他にハイブリッドではなくディーゼル車が設定されているというのもポイントです。

出典: http://www.mazda.co.jp

車種:ミドルセダン
全長・全幅・全高:4865×1840×1450mm
車両重量:1540kg
乗車定員:5名
エンジン:SKYACTIV-D2.2(直列4気筒DOHC ターボ)
排気量:2200cc(クリーンディーゼル)
最高出力:175ps/4500rpm
最大トルク:42.8kg・m/2000rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:6MT/6AT
使用燃料:軽油
燃費:19.6km/L
新車販売価格:320万7600円~

5ナンバーではなく全グレード3ナンバーとなりますが、2500ccと2000ccのガソリンに加え、2200ccのクリーンディーゼルが設定されています。高級感とスポーツ感に加え、ヨーロッパテイストを持つデザインに確かな走りが人気のミドルセダンです。

国産おすすめ人気セダン④トヨタ プリウス

誰もが認める国内ではトップクラスの販売台数を誇るプリウスは、国産ハイブリッド車を代表する車であることは間違いありません。国内で初めて誕生した本格ハイブリッドモデルともいえるプリウスも、これが4代目。現行モデルもこれまでと変わらない人気ハイブリッドセダンです。

出典: http://www.corolla-fukushima.jp

プリウスといえば中高年世代からの人気が圧倒的ともいえますが、スポーツセダン的要素を持つデザインは、若者からも支持を集めています。走行安定性や加速安定性の向上も図られ、乗り心地などこれまでのプリウスと比較すると格段に進化した一台だといえます。

出典: https://gazoo.com

トヨタ プリウス

車種:ハイブリッドセダン
全長・全幅・全高:4540×1760×1470mm
車両重量:1360kg
乗車定員:5名
エンジン:2ZR-FXE(直列4気筒DOHC+モーター)
排気量:1800cc
最高出力:98ps/5200rpm
最大トルク:14.5kg・m/3600rpm
駆動方式:FF/4WD
ミッション:CVT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:37.2km/L
新車販売価格:260万7120円~

3ナンバーですが、サイズは5ナンバーサイズよりも少し大きめといった感じで、取り回しの良さも現行プリウスの特徴です。室内は現代ハイブリッドにふさわしい、近未来的なデザインもベストマッチ。現行モデルは、内外装、走りも進化した、おすすめハイブリッドセダンとなっています。

国産おすすめ人気セダン③トヨタ マークX

もともとマークⅡ三兄弟(マークⅡ・チェイサー・クレスタ)といわれた3車種が統合されて誕生したマークXは、現行モデルもミドルクラスのコク級セダンとして高い人気を集めています。現行モデルも若い世代から中高年世代まで、幅のある年齢層から支持を集めています。

出典: http://www.tokyo-toyopet.co.jp

内外装ともに、質の高い作りも人気を集めている理由。3代目となる現行モデルですが、スポーツ的要素も感じられるスタイリングになっても、三兄弟時代からの流れをしっかりと引き継いでいます。国内販売モデルとしては、トップクラスの人気を誇る一台です。

出典: http://www.tokyo-toyopet.co.jp

トヨタ マークX 250

車種:スポーツミドルセダン
全長・全幅・全高:4770×1795×1435mm
車両重量:1520kg
乗車定員:5名
エンジン:4GR-FSE(V型6気筒DOHC)
排気量:2500cc
最高出力:203ps/6400rpm
最大トルク:24.8kg・m/4800rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:6AT
使用燃料:無鉛レギュラームガソリン
燃費:11.8km/L
新車販売価格:265万6800円~

昔のマークⅡといえば5ナンバーの設定もありましたが、現行モデルでは3ナンバーのみの設定です。高級感にプラスされるスポーツ感は、20代の若い世代から中高年世代まで、幅広い年齢層から支持されています。これもマークXが、人気ミドルセダンである証拠です。

国産おすすめ人気セダン②日産 フーガ

日産の顔ともいえる高級セダンとなるフーガ。釣り目のフロントフェイスは、高級感にワイルドさを感じさせてくれる、かっこいい高級セダンとなっています。外装も高級感はありますが、内装の高級感も秀逸。充実した装備も特徴といえる高級セダンです。

出典: https://kuruma-ex.jp

若干丸みを帯びたボディに、釣り目のヘッドライトがいかつく見えるというのも大きなポイント。そこに高級感を併せ持っているのですから、かっこよさも一押し。中高年世代だけではなく、若い世代からも注目を浴びる高級セダンとなっています。

出典: https://www3.nissan.co.jp

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:4980×1845×1510mm
車両重量:1950kg
乗車定員:5名
エンジン:VQ37HR
排気量:3700cc
最高出力:333ps/70000rpm
最大トルク:37.0kg・m/5200rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:7AT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:11.2km/L
新車販売価格:864万円(2016年11月で販売終了)
※3700ccハイブリッド・2500ccの設定あり

フーガの特徴であるつり目のヘッドライトは、ワイルドに見えますが、かっこいいといえる部分でもあります。このかっこよさが20代あたりの若い世代からも支持されるポイントとなっています。室内の高級感は秀逸で、国内セダンでもトップクラスの高級感を持つおすすめセダンです。

国産おすすめ人気セダン①トヨタ クラウン アスリート

国産セダンで最高の人気車といえば、やはりトヨタのクラウン。中でもこのアスリートは高級車の中では珍しいスポーツ的要素を盛り込んだことから、若い世代からの人気がさらに上昇します。もちろん中高年世代からの人気も絶大で、まさに国産セダン、おすすめのトップといえます。

出典: http://www.fukushima-toyota.info

最近の高級セダンといえばレクサスに注目しがちですが、クラウンはトヨタの顔ともいえる存在。中でもこのアスリートは、エアロフォルムバンパーを装備することで、かっこよさが増していることは誰もが認めるものです。乗り心地も満足のいく乗り心地ですから、国産人気トップといっても過言ではありません。

出典: http://www.fukushima-toyota.info

テールランプもロイヤルシリーズやマジェスタとは違ったデザインで、片側丸目2灯というのも特徴的。このモデルになり迫力が増したというのも人気の要因であり、高い支持を集める理由ともなっています。そんなクラウン アスリートは、まさに国産セダントップクラスの人気を誇ります。

出典: http://www.fukushima-toyota.info

車種:高級セダン
全長・全幅・全高:4895×1800×1450mm
車両重量:1650kg
乗車定員:5名
エンジン:2AR-FSE(V型6気筒DOHC)
排気量:3500cc
最高出力:315ps/6400rpm
最大トルク:38.4kg・m/4800rpm
駆動方式:FR/4WD
ミッション:8MT
使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
燃費:11.4km/L
新車販売価格:396万3600円~
※上記主要諸元はガソリン車
※3500ccハイブリッド・2500cc・2000ccの設定あり

人気の年齢層は20代から40代を中心に、中高年世代まで幅広く支持されていることが、人気セダンとしての表れ。室内も納得のいく作り込みで、これもまた人気の理由。トヨタのクラウン アスリート、国産おすすめ人気セダン第1位に認定したいと思います。

まとめ:日本の国産セダンは優秀な車がいっぱい!

出典: https://www.modellista.co.jp

国産セダンは優秀車が多い!

現在の国産セダンを見て行くと、昔と違って5ナンバー枠のセダン車は非常に少なくなり、2000ccではなく2500ccや3000ccあたりがメインになってきています。
これはセダン車に限ったことではないのですが、国産車も大型化されてきているということになります。

また、ハイブリッド車も随分と増え、国産セダンは優秀なものがたくさんあることもお分かりいただけたかと思います。
車種別で見てもセダン車は種類も多いというのも特徴です。そんな優秀な国産セダンで、今後のカーライフを楽しんでみてはいかがでしょう?
(ランキングについては、筆者の独断と偏見もありますのでご了承ください。)

車の情報がもっと欲しいあなたへ!

車中泊ができる車!フルフラットになる車種ランキング17選 | xtreeem[エクストリーム]
トヨタの逆輸入車まとめ!人気ランキングTOP7 | xtreeem[エクストリーム]
日本メーカー「逆輸入車」特集!人気のランキング39選 | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ