高級時計のブランドの格付け一覧!おすすめ人気ランキングTOP17

高級腕時計のブランドの格付け一覧をご紹介しています!おすすめの人気ランキングには、ご存知のメーカーも多いかも?!高級腕時計のブランドは数多くありますが、その中でも厳選してみました。高級な腕時計を購入しようかな?と思う方の参考になりましたら幸いです。

高級時計のブランドの格付け一覧!おすすめ人気ランキングTOP17のイメージ

目次

  1. 高級ブランドの腕時計って、どんなものを言うの?
  2. 高級腕時計のブランドランキング:第1位:ROLEX
  3. 高級腕時計のブランドランキング:第2位:OMEGA
  4. 高級腕時計のブランドランキング:第3位:タグ・ホイヤー
  5. 高級腕時計のブランドランキング:第4位:グランドセイコー
  6. 高級腕時計のブランドランキング:第5位:ブライトリング
  7. 高級腕時計のブランドランキング:第6位:IWC
  8. 高級腕時計のブランドランキング:第7位:パテック・フィリップ
  9. 高級腕時計のブランドランキング:第8位:ジャガー・ルクルト
  10. 高級腕時計のブランドランキング:第9位:HUBLOT
  11. 高級腕時計のブランドランキング:第10位:ZENITH
  12. 高級腕時計のブランドランキング:第11位:オーデマピゲ
  13. 高級腕時計のブランドランキング:第12位:BVLGARI
  14. 高級腕時計のブランドランキング:第13位:カルティエ
  15. 高級腕時計のブランドランキング:第14位:PANERAI
  16. 高級腕時計のブランドランキング:第15位:ヴァシュロン・コンスタンタン
  17. 高級腕時計のブランドランキング:第16位:RICHARD MILLE
  18. 高級腕時計のブランドランキング:第17位:BREGUET
  19. 腕時計の性能を見て決めるなら?防水性は?
  20. 腕時計の性能を決めるなら?ケースやブレスにも!
  21. まとめ:高級時計のブランドの格付け一覧

高級ブランドの腕時計って、どんなものを言うの?

出典: https://tomothai.net

世界三大メーカーなど、腕時計にも高級品が…

高級な腕時計にも種類がある?

高級な腕時計って、憧れますよね?
持っているだけで、一種のステータスにもなりますし、男性に限らず、一度は持って見たいと思うのではないでしょうか?

実は高級な腕時計には、大別して二種類のタイプがあります。

ひとつは、「宝飾時計」と呼ばれる腕時計で、名前からも連想出来るかと思いますが、宝石のダイヤなどを使ったゴージャスな腕時計です。
もうひとつは、時間を表す機能の他に、色々な機能が加わった「複雑機構時計」と呼ばれる腕時計がそれにあたります。

特に、複雑機構は作るのが大変難しいとされており、作れるブランドも限られています。
宝飾時計と違い、小さな腕時計に機能を凝縮している「複雑機構時計」は、作るだけでも大変なので、機能を実現することも、一種のステータスと言えると思います。

複雑機構でも、特にその価値を上げる三つの特徴がありますので、そちらもご紹介しますと。

1:永久カレンダー・パーペチュアルカレンダー
永久となっているように、永久的に正しい月日、曜日を表示する機能が付いた腕時計です。
もちろん!閏年にも対応しており、ほぼ永久的に時間調整をする手間が要らず、正しい日時を計るという目的では、最高級の機能とも言えそうです。

2:トゥールビヨン
時計の時差を少なくするために考えられた、時計の脱進機です。
地球からの重力を考え、姿勢差を分散・平均化させています。
ゼンマイとはまた違った機能で、時計の歴史を200年早めたとも言われる機能が腕時計に備わっています。

3:ミニッツリピーター
音により、時間を教えてくれる機能ですが、デジタルというわけではありません。
暗闇の状態であっても、音の回数で正しい時刻を知ることが出来ます。
現代では、不要な機能ではあるんですが、当初は置き時計にも搭載されていたと言います。

どの機能も、小型化するには大変な苦労があったそうです。
高級時計は、宝飾時計ばかり目が行きがちですが、こんな機能も持った時計なら、高級で値段が高くても納得できるかも知れないですね。

高級腕時計のブランドランキング:第1位:ROLEX

出典: http://frequ2156.blog.fc2.com

メンズにもレディースにも人気がありますね。

高級腕時計ブランド:ロレックス

出典: http://www.thejewelleryeditor.com

老若男女を問わず、世界で最も有名な高級腕時計ブランドと言えば、まずロレックスが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

「世界最高峰の高級実用時計」をテーマにして、世界初の防水腕時計の「オイスター」や、世界初の全回転式自動巻き機構「パーペチュアル」など、デザインも機能も最高級の腕時計と言えると思います。

特にロレックスの腕時計の機能として有名なものに「デイトジャスト」は、ロレックスの三大発明なんて言われる事もあります。
毎日、深夜0時になると日付が自動的に切り替わる機能なんて、なかなか実装している腕時計は少ないですよね?

現在でも、ロレックスでは、どの腕時計にも「オイスター」ケースと「パーペチュアル」が標準で装備されています。

特に人気のある腕時計としては「サブマリーナ デイト」などは、ダイバーズデザインの原型とも言われていますし、「コスモグラフ デイトナ」などはスポーツ選手にも人気があるそうです。

「GMTマスターII」は、パイロットも愛用しているとされる、高級な腕時計です。

宝飾デザインももちろんすごいロレックスですが、機能も素晴らしく、高級であっても人気が高いのも頷けますね。
格付けのランクから言っても、一生ものの腕時計を探すなら、ロレックスブランドは定番中の定番です。

高級腕時計のブランドランキング:第2位:OMEGA

出典: http://www.10keiya.com

スイス製の高級腕時計ブランドとして有名ですね。

高級腕時計ブランド:オメガ

出典: https://www.grayandsons.com

スイスと言えば「オメガ」というくらい、高級腕時計を語るなら、絶対に外せないブランドだと思います。
「スウォッチ グループ」は、スイスで最大級の時計グループですが、その旗本として、オメガは一番人気なんだそうです。

「オメガキャリパー」が19世紀に考案され、それを期に、超高精度ムーブメントを数々発表しています。
信頼性も高いハイブランドであることから、スポーツ選手なども好んで使っていると言います。

オリンピック最多公式時計の記録を更新し続けている、世界でも有数の腕時計メーカーの一つです。

スイス製の腕時計は、昔から高級腕時計として、機能やデザインが愛されていますが、その中でも、防水機能にも優れている腕時計を数多く出しています。

例えば、潜水記録達成時に着用され、実装化された本格ダイバーズウォッチ「シーマスター」や、人類初の月面着陸時にも使用された「スピードマスター」など、名だたる腕時計が数多く輩出されていることでも有名です。

スイスの腕時計のハイブランドとして、ランキングにも上位に格付けされています。
スイスの腕時計メーカーとして、オメガは絶対に外せません!

オメガの種類にも色々ありますが、「スピードマスター プロフェッショナル」などは、1957年の誕生以降、デザインをほぼ変更することなく、愛されている腕時計もあったりします。

スイスの腕時計と言えば、デザインももちろん素敵なんですが、その機械式の機能もまた愛されていると言えます。
高級腕時計のスイスのハイブランドとして、オメガはこれからも躍進を続けて行くのではないでしょうか?

高級腕時計のブランドランキング:第3位:タグ・ホイヤー

出典: https://www.inouewatch.com

スポーツ腕時計のメーカーとして有名です。

高級腕時計ブランド:タグ・ホイヤー

1916年、世界初の1/100秒ストップウォッチ「マイクログラフ」を実装したとも言われるのが、高級腕時計メーカーのタグ・ホイヤーです。

オリンピックやF1、インディカーレースなどなど、世界の主要なスポーツ界をけん引し、スポーツ大会の公式時計をも経験してきたタグ・ホイヤーは、スポーツ選手にも大人気だと言います。

代表作の「カレラ」「リンク」「モナコ」など高性能モデルの腕時計を、世に送り出しています。

更には、2011年には、機械式時計なのに、1/1000秒を計測できる「マイクロタイマー グライング1000コンセプト クロノグラフ」を発表したことで、一躍人気者となりました。

特に、タグ・ホイヤーで人気の「カレラ」には、F1などのレース中でも視認性を確保するできる「大きなダイヤル」と腕時計の装着性を高めるための「長いラグ」が特徴になっており、スマートなデザインも相まって、カジュアルにもビジネスにもぴったり!と、メンズから幅広い支持を得ています。

高級腕時計のメーカーの格付けなら、タグ・ホイヤーも外せませんね。

高級腕時計のブランドランキング:第4位:グランドセイコー

出典: http://www.watchtown.jp

その技術力に、スイスも驚愕?!

高級腕時計ブランド:グランドセイコー

出典: http://www.watch-yoshida.co.jp

腕時計の本場?スイスも驚愕するという技術力を持つ「グランドセイコー」は、日本でも最大級の腕時計メーカー「セイコー」が立ち上げたブランドです。

1960年に、セイコーが世界最高峰と呼ばれるハイブランドを立ち上げたんですね。
最高級の技術を持つ腕時計メーカーとして、世界中にファンがいるそうです。

1999年には、機械式とクォーツに次ぐ第3機構とも呼ばれる「スプリングドライブ」を開発し、世界の腕時計業界を驚かせました。

日本の腕時計ブランドして名前が売れたことにより、一時中断されていた高級機械式時計の生産も1998年に再開!
自社の厳密な生産基準「GS規格」を設けたことで、今でも最先端の技術を開発している最中。

スイスのブランドが驚く程の技術ですから、半端な技術ではないということですね。
スイスの技術もすごいですが、日本の技術もまだまだ捨てたものではないです。

特に人気があるのは、「9Fクオーツ」で、年差±10秒を誇る世界最高峰クオーツムーブを搭載した、シンプルな3針モデルです。
グランドセイコーの入門腕時計として、世界各国で愛されている腕時計です。

セイコーと言えば、安いイメージがありますが、グランドセイコーになると、ハイブランドになるんですね。
高級な腕時計の格付けもそうですが、国産をと思ったら、グランドセイコーも良いかも知れません。

高級腕時計のブランドランキング:第5位:ブライトリング

出典: http://autofashionfactory.com

クロノグラフのトップブランドとして有名です。

高級腕時計ブランド:ブライトリング

パイロット向けの計測機器の開発で有名な「レオン・ブライトリング」が立ち上げた「ブライトリング」は、世界初の腕時計クロノグラフを開発したことでも有名です。

更には、航空用回転計算尺を備えた「ナビタイマー」を開発したりと、技術力の高さもさることながら、おしゃれなデザインも人気の腕時計です。

特に、パイロットウォッチ界のパイオニアとして、世のパイロット達から、絶大な人気を集めています。

高い技術力などが認められたこともあり、1936年には英国空軍公式サプライヤーとして結実し、1942年にはアメリカ軍への供給を開始など、軍のパイロットも愛用しているとされています。

更には、2000年に、クォーツの10倍の精度を誇る「スーパークォーツ」を開発し、スイスのメーカーも驚かせたと言います。
クォーツと言えば、スイスと今まで思っていたんですが、案外そうでもないんですね。

人気の腕時計として、例えば「クロノマット 44」などのパイロットウォッチも人気が高いと言います。
機能美な意匠が沢山あり、ブライトリングの中でも高級感を出していると有名で、500Mの防水も確立しており、パイロットにも人気があるのも頷けますね。

格付けも上位にいるのに納得です。

高級腕時計のブランドランキング:第6位:IWC

出典: http://iwc-mark12.tokio-watch.com

最初はアメリカ向けの懐中時計から始まったそう。

高級腕時計ブランド:IWC

ドイツ国境にも近いスイスのシャフハウゼンで誕生したブランド「IWC」は、アメリカの懐中時計から始まったなんて言われる事もありますが、当初から高級路線を走っていた模様。

スイス生まれでありながらも、ドイツのがっしりとしたイメージも併せ持ち、メンズから絶大な支持を得ています。
懐中時計の時代(主にアメリカに向けて)では「デジタル表示式ポケットウォッチ」の採用など、優れた技術力を発揮していました。

そのうちに、市場が腕時計へと移行するにあたって、航空時計の最高傑作と称される「スペシャル・パイロット・ウォッチ」や、大型高精度ウォッチ「ポルトギーゼ」、耐磁性能を有する「インジュニア」などなど。

腕時計界をけん引して来たと言っても過言ではないと思います。

特に、「ポルトギーゼ・オートマティック」などはロングセラーの商品で、スモールセコンドとパワーリザーブを備えた「2インダイアルの文字盤」が人気の商品。

デジタルも素敵ですが、機械式の腕時計も素敵ですね。
腕時計のメーカーと言えば、IWCも忘れてはいけません。

格付けが上位のスイスで生まれた時計は、意外と数多くあるものですね。

高級腕時計のブランドランキング:第7位:パテック・フィリップ

出典: https://otokomaeken.com

高級腕時計の世界三大メーカーの一つです。

高級腕時計ブランド:パテック・フィリップ

出典: https://www.ablogtowatch.com

世界三大腕時計ブランドと呼ばれるメーカーの中には「パテックフィリップ」「ヴァシュロンコスタンタン」「オーデマピゲ」がありますが、その中でも一番知名度が高いのが「パテックフィリップ」とされています。

「個人で購入できる最高の時計」として推称されるほど人気が高く、世界三大腕時計の中でも「時計界の王」と称されることもあるほどです。
現在では、もう当たり前の機能としてあるリューズ巻上げ式時計は1844年に登場していますし、ミニッツリピーターは1845年に、パーペチュアルカレンダーは1889年に開発されていたりと、機械式腕時計の機能の多くは、「パテックフィリップ」によって開発されたと言っても、過言ではないでしょう。

1851年のロンドン万博で、金賞を受賞したこともあり、ヴィクトリア女王に腕時計が献上されたりと、華々しい歴史を持っているメーカーです。

更には、世界三大メーカーと言われるのにも理由があり、1886年から続く「ジュネーブ・シール」を、1世紀以上にわたって全モデルで取得しているという、ものすごいメーカーなんですね。

2009年には、より厳格化した「パテックフィリップ・シール」も創設して、更に精度や技術力を磨いていると言います。
世界三大メーカーの一つとして、アフターサービスにも力を入れており、それもまたメンズに絶大な人気がある秘密なのかも知れませんね。

格付けとしても、最高峰にいることに間違いはありません。

高級腕時計のブランドランキング:第8位:ジャガー・ルクルト

出典: http://kamine.co.jp

スイスでは有名な腕時計のブランドです。

高級腕時計ブランド:ジャガー・ルクルト

出典: http://watch-journal.net

全ての部品を自社で一貫製造する「マニュファクチュール」が有名なメーカーが「ジャガー・ルクルト」と呼ばれるスイスのメーカーです。

すごいのは、これまでに400以上の特許を取得しているということ。
1844年の大発明「ミリオノメーター(1/1000mm単位の計測を可能にした装置)」を初めとして、「リューズ巻上げシステム」なども開発され、腕時計にもこの技術は実装されています。

1931年に、フラッグシップである角型時計「レベルソ」を開発したことで、メンズにも人気の腕時計は生まれたと言います。

更には、「世界最小の手巻きムーブ」や「超複雑ムーブメント」など開発も盛んで、世界の中でも厳格な自社基準による先進性とクオリティコントロールは、流石としか言えません。

人気のある腕時計は「レベルソ・クラシック」などがありますが、こちらはジャガー・ルクルトの顔としても有名で、ロングセラーモデルです。

格付けも上ですし、四角い腕時計がお好きな方には、ぜひおすすめしたいですね。

高級腕時計のブランドランキング:第9位:HUBLOT

出典: http://prudence-japan.jp

スイスで人気の腕時計メーカーです。

高級腕時計ブランド:ウブロ

出典: http://www.hublot.com

高級腕時計ブランドのおすすめと言えば「ウブロ」も外せないですね。

有名芸能人やプロ野球選手が愛用していることで、「成功者が手にする腕時計」としても人気が高い「ウブロ」はメンズにもレディースにもおすすめの腕時計になります。

1980年の創業当時に、ビス留めベゼルのラグジュアリーな「丸型モデル」を開発し、一躍有名なハイブランドとして人気が出ました。
更には、2005年に、異素材をミックスした腕時計「ビッグバン」が大反響を起こし、25年足らずで、腕時計界に名を残したことでも知られています。

デザインでも、そのオリジナリティや高級感溢れるデザインが、セレブにも人気で、世界でも有名なウサイン・ボルト選手やディエゴ・マラドーなどの一流プレイヤーが愛用していることでも、有名です。

ウブロの腕時計や、いつの間にか「成功者」の願掛けにも使われるようになり、世界でも人気のハイブランドとして成長を続けています。

特に人気のある腕時計として、例えば「ビッグ・バン ゴールド セラミック」などがあります。
こちらの人気の秘密は、カーボン製の文字盤、チタン製ビス留め、セラミックベゼルなどで、高級素材が散りばめられていることにあると言います。

機械式の機能は、ハイブランドのほぼ全ての時計に実装されていますが、機能はもちろんのこと、デザインでも愛されているのが「ウブロ」の腕時計なんですね。

格付けも上位にいるので、ウブロがお好きな方にはぜひおすすめしたいです。

高級腕時計のブランドランキング:第10位:ZENITH

出典: http://www.kk-tanaka.com

スイスのメーカーですが、知名度は低いかも。

高級腕時計ブランド:ゼニス

スイスのメーカーの中でも、知名度は高くはないですが、早くからマニュファクチュール(自社一貫製造)の確立をしたことでも夢いなのが「ゼニス」です。

メンズにも人気のハイブランドで、1896年にスイス博覧会で金賞を受賞したこともあり、国際見本市や博覧会で2333もの賞を獲得したりと、名実ともに腕時計界をけん引してきたゼニス。

軍用時計や航空時計などにも利用者が多くいるハイブランドで、格付けするのがもったいないくらいです。
1999年からは全コレクションの高級化を進めており、「スイス高級腕時計ブランド」の一つとしても、世界で有名な腕時計ブランドにのし上がったと言えます。

メンズに人気なのは、何と言っても、機械式の腕時計に多い、質実剛健的なデザインでしょう。
特に「エル・プリメロ 36,000VPH」などは、往年のゼニスファンが好みそうな「シックとモダンを融合」した定番クロノグラフモデルとなっています。

格付けのランクから言っても、メンズにおすすめするとしたら、ゼニスの腕時計もおすすめになります。

高級腕時計のブランドランキング:第11位:オーデマピゲ

出典: https://www.watch-yoshida.co.jp

世界三大メーカーがランクイン!

高級腕時計ブランド:オーデマピゲ

世界三大メーカーの一つでもあるスイスの「オーデマピゲ」は、メンズにもおすすめのハイブランドです。

「伝統」と「革新」をブランド哲学にして、1875年に創業されたハイブランドになります。

1892年に世界初の「ミニッツリピーターウォッチ」を開発し、1899年には、超複雑懐中時計「グランドコンプリカシオン」を完成させました。
その比類なき技術力から「奇跡の手」などと称されるほどの、スイスの時計界での最高峰ブランドでもあります。

世界三大メーカーとして一部では有名な「オーデマピゲ」ですが、日本では世界ほど有名ではないかもしれません。
ですが、世界三大メーカーの一つとして、「オーデマピゲ」は忘れてはならない存在です。

当時としては斬新だった、SSケースを使った高級スポーツ時計「ロイヤルオーク」を1972年に発表し、「ラグジュアリー・スポーツ・ウォッチ」という新市場を開拓もされました。
他にも、超軽量&高硬度の新素材「フォージドカーボン」を開発するなど、留まることを知りません。

常識を打ち破るほどの傑作を世に送り出している、メンズにもおすすめのハイブランドになります。
「ロイヤルオーク エクストラシン」は、オーデマピゲの定番ですが、他にもおすすめの腕時計は多数あります。

機械式の良さを取り入れたオーデマピゲの腕時計は、性別を超えておすすめできる安定の高級腕時計とも言えそうです。
格付けもそうですが、世界三大メーカーの称号は、伊達ではないということですね。

高級腕時計のブランドランキング:第12位:BVLGARI

出典: http://b-raku1.jp

宝飾製品で有名なブランドですね。

高級腕時計ブランド:ブルガリ

出典: https://www.lionel-meylan.ch

メンズ、レディースを問わず人気があり、世界トップクラスのジュエリーブランドでもある「ブルガリ」ですが、腕時計などの時計業界に参戦したのは、1930年代でした。

ただ、今のブルガリからも想像出来るかも知れませんが、当時は上流階級向けのドレスウォッチの製造であり、機械式などの機能よりも、宝飾デザインが優先されていたと言います。

そんなブルガリが、腕時計界でも有名になったきっかけは、1977年に発表された腕時計「ブルガリ・ブルガリ」でした。
この腕時計が成功したことで、1982年に時計製造を専門とする『ブルガリ・タイム』社を設立したくらいです。

スポーツウォッチの新定番「ディアゴノ」が1988年に、1990年代からはミニッツリピーター、トゥールビヨンなど、機械式腕時計の複雑機能を一気に集めたかのような、複雑な機械式時計が販売されるようになりました。
宝飾デザインの方が得意だと思うのですが、この当時からは、機械式に力を入れ、技術にも開発が進められるようになったんですね。

格付けでも上位にいるブルガリの腕時計にも、おすすめの腕時計は沢山あります。
その中でも「ブリガリ オクト」などはメンズにもおすすめです。
ラウンドとオクタゴンを組み合わせた独創的なケースが、話題を呼んでいます。
こちらは、宝飾タイプの腕時計ですが、ビジネスシーンなどにもおすすめで、デザイン重視の方にもおすすめしたいですね。

高級腕時計のブランドランキング:第13位:カルティエ

出典: http://2nd-spirits.net

フランスの腕時計のハイブランドです。

高級腕時計ブランド:カルティエ

高級ジュエリーの代名詞でもあるフランスの名門ジュエラー「カルティエ」は、メンズにも人気ですが、レディースでも上位の格付けがされているようです。

1888年に世界初の女性用宝飾腕時計を、1904年に世界初の男性用腕時計「サントス」を完成させるなど、今も開発が盛んなハイブランドです。

機械式の腕時計に重点を置いているというよりは、宝飾などのデザインに重点を置いている感じがしますね。

1906年に初の市販モデルとして「トノーウォッチ」を発表し、1917年には角型の名機「タンク」を開発し、2010年には待望の自社ムーブメントを完成させたとされています。

カルティエと言うと、宝飾メーカーの感じが強いですが、これらの腕時計などにより、時計業界でも一目置かれる存在になったと言います。

カルティエのおすすめの腕時計も数多くありますが、その中でも「サントス 100」はおすすめです。
紳士用腕時計である「サントス」の100周年の節目に誕生した腕時計で、アイコンデザインを、特大ケースにてダイナミックに表現しており、メンズにも幅広い支持を得ていると言います。

機械式の腕時計というなら、他のハイブランドもおすすめですが、デザインに拘るならカルティエも候補に入れて良いのではないでしょうか?
格付けこそ、低いものの、一部には熱狂的なファンもいるカルティエの、今後がまた楽しみですね。

高級腕時計のブランドランキング:第14位:PANERAI

出典: https://tokei-search.jp

イタリアの腕時計のハイブランドです。

高級腕時計ブランド:パネライ

1860年の創業当初から、イタリア海軍の軍用時計の製作を受け続けてきた「パネライ」は、格付けが若干低いものの、メンズには大人気のハイブランドと言えます。

1938年には、高い視認性をもつ蛍光物質「ラジオミール」を搭載した、世界初のダイバーズウォッチを完成させたことでも有名です。
イタリア海軍や特殊潜水部隊でも大人気を博し、イタリア海軍に重用されるほど性能に優れていたため、一時期軍事機密として扱われ、表舞台に出ることがなかったという異色のハイブランドになります。

その後、1993年には、欧州時計ファンの要望に答え、初の市販モデルを発表します。
ラジオミールから受け継がれている「パネライ」の魅力は、未だ留まることを知りません。

格好良いデザインがメンズに受けているそうですが、機械式の時計としても見逃せないブランドと言えそうです。
何しろ軍に採用されていたぐらいですから、機械式の機能も素晴らしいということですね。

パネライのおすすめは「ルミノール 1950 3デイズ」ですが、こちらはオリジナルの軍用時計と同じケースを使っており、自社製手巻きムーブも実装されています。

軍用のグッズが好きなメンズにプレゼントするのも、おすすめです。
格付けするには、もったいないほどの知る人ぞ知るメーカーなんですね。

高級腕時計のブランドランキング:第15位:ヴァシュロン・コンスタンタン

出典: http://116515ln.blog.fc2.com

こちらも腕時計の世界三大メーカーの一つです。

高級腕時計ブランド:ヴァシュロン・コンスタンタン

出典: https://www.deployant.com

腕時計業界の世界三大メーカーの一つでもある「ヴァシュロン・コンスタンタン」は、250年以上の歴史を持つ世界屈指の老舗ブランドでもあります。

コンプリケーションウォッチ(複雑機構を搭載した機械式時計)が有名で、世界三大メーカーの一つと数えられるほどの技術力を持ったハイブランドになります。

鐘の音で分単位を知らせる「ミニッツリピーター」を1906年に、部品点数が800個という超絶モデル「グランド・コンプリケーション」を1935年に発表しており、名実と共に世界三大メーカーの称号を得ました。

格付けは低めですが、世界三大メーカーの一つとして、余りにも有名なのが「ヴァシュロン・コンスタンタン」になります。

現在では、シックで格調高いラグジュアリー系が中心のデザインなので、メンズと言うよりも、もしかしたらレディースに人気が高いかも知れません。

2016年に130周年を迎えた「ジュネーブシール」を取得し続ける程の実力も持っており、腕時計業界で知らない人はいないほど。

おすすめの腕時計は「パトリモニー」などですが、こちらは機能美を極めたシンプル3針モデルとなっており、シンプルでエレガントなデザインが人気みたいですね。

スイスの機械式時計をおすすめするなら、ヴァシュロン・コンスタンタンも外せません!

高級腕時計のブランドランキング:第16位:RICHARD MILLE

出典: https://ameblo.jp

F1レーサーにも人気が高いそうです。

高級腕時計ブランド:リシャール・ミル

「リシャール・ミル」は、F1のレーサーを中心に、数多くの一流スポーツ選手を魅了しているハイブランドです。

最先端技術が、一つひとつの時計の細部にまで拘りを見せています。
見た目からは重厚感を感じますが、その重厚感を感じさせない圧倒的な軽量感もまた、魅力の一つだと言います。

軽さの証明としては、テニス選手のナダル選手が、腕時計をはめたままでプレイしていたことから、一躍話題となりました。
プレイ中にも重さを感じないデザインや技術力はすごいですね。

格付けでは下にランクインしていますが、特徴的なスポーツウォッチを探している方には、リシャール・ミルもおすすめです。

高級腕時計のブランドランキング:第17位:BREGUET

出典: http://watchmarkething.seesaa.net

フランスのパリで創設されたブランドです。

高級腕時計ブランド:ブレゲ

出典: http://www.bucherer.com

「ブレゲ」は、1775年、「アブラアン・ルイ・ブレゲ」によってフランス・パリで創業された時計ブランドです。

自動巻き機構「ペルペチュエル」や、精度の安定を図る「トゥールビヨン」など、機械式時計の元祖となる数多くの発明を遂げたことでも有名です。

「ブレゲは時計界の歴史を2世紀早めた」なんて称されるほどで、機械式時計を語る上で、ブレゲの存在は外せません。

他にも、穴が開き、先端が三日月思わせる斬新なデザインは「ブレゲ針」とも呼ばれ、かのマリー・アントワネットを驚かせたそうです。

ブレゲのおすすめモデルは「クラシック」「マリーン」「トラディション」などがありますが、どれもシンプルな中に技術力が詰まっている商品が多いです。

技術力の高さで選ぶなら、ブレゲも良いかと思います。

腕時計の性能を見て決めるなら?防水性は?

出典: http://www.rasin.co.jp

防水などの性能も重視される?!

高級腕時計のチェック方法:防水の種類

腕時計の性能をチェックするなら、防水性のポイントに気をつけてみて下さい。

1:日常生活防水
30~50mと表示される程度の防水性能だと思って下さい。
具体的には、小雨の中で傘を差して歩いたり、うっすらと汗をかく程度の水分に対応しています。
お風呂の中で使うとか、そういう使い方は出来ないので注意!

2:10気圧防水
俗に、100M防水なんて呼ばれることもあります。
フィッシングやボートなどの軽めのマリンスポーツに使えるタイプです。
水泳や海水浴などは、大きな水圧がかかるので、10気圧程度だと不足です。

3:20気圧防水
ダイビングやサーフィンにも使える程度の防水力があります。
もちろん!水泳や海水浴でも大丈夫です。
ハードなマリンスポーツを楽しみたいなら、これくらいの防水がないとダメですね。

4:30気圧防水以上
ダイビングはもちろん!
様々なマリンスポーツにも対応しており、プロの方も身につけるくらいの防水力があります。
この程度の防水力があれば、普段の生活で困ることはないでしょう。

せっかく購入した高級な腕時計が、水に濡れてダメになった!なんてことのないように、防水力もしっかりとチェックして下さいね。

腕時計の性能を決めるなら?ケースやブレスにも!

出典: http://u-s-blog.com

何の金属を使っているかのチェックも必要かも?!

高級腕時計のチェック方法:ケースやブレス素材にも拘りを!

定番のSSをはじめとして、「見た目」や「使用感」を感じる金属などの素材にも拘ってみましょう!

例えば、こんな素材があります。

●ステンレス スティール(SS)
現在一番主流となっているタイプで、鉄にクロムやニッケルなどを混ぜた合金素材です。
高硬度なため、表面に薄い保護皮膜を常に形成することもあり、さびにくいのが特徴です。

●チタン(軽量タイプ)
比重がSSの約6割と軽量なだけでなく、耐傷性や耐腐食性にも優れています。
通常使われる場合には、チタンにアルミなどを加えた合金が使われることが多いです。

●ゴールド(純金ではない)
ゴールドと言っても、24金ではなく、同などを混ぜた合金(18)が通常使われる事が多いです。
合金の割合によって、イエローやピンクになるのが特徴でもあります。
レディースには、これが人気みたいですね。

●プラチナ
白金とも呼ばれるゴールドの一種ですが、埋蔵量が少ないため、レアなタイプと言えます。

●セラミックス
陶土などの各種原料を焼結加工した素材です。
錆が出ず、軽量かつ高硬度なので、良く時計に使われる素材ですね。

ブレス素材にも拘ることで、より長く高級腕時計を使えるようになるかもしれません。
意外と、ブレス素材は重要なんですね。

まとめ:高級時計のブランドの格付け一覧

ということで、高級時計のブランドの格付け一覧をご紹介してみました。

イギリス製の腕時計が少ないのに、ちょっと驚きですが、スイス製の腕時計は高級なのが多いんですね。

ランクインした腕時計は、どれも高価な物ばかりで、中には億もする腕時計もあるんだとか。

高級腕時計には縁がない私ですが、素敵な腕時計ばかりで、買いたくなる気持ちがすごくわかります。

時計がステータスと呼ばれていた時期もあったそうですし、いつも身につける腕時計ですから、拘ってみるのも面白いかも知れないですね。

もっと腕時計の情報を知りたいアナタへ!

腕時計の正しい位置とは?おしゃれな付け方やずれの原因も解説 | xtreeem[エクストリーム]
腕時計ブランド格付けランキング!全79メーカーをまとめた画像が秀逸。 | xtreeem[エクストリーム]
自動巻き腕時計のメリット・デメリットとは? | xtreeem[エクストリーム]

よく読まれている記事

torezu0424
torezu0424

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ