腕相撲で使う筋肉とは?強くなる筋トレメニューやコツ・テクニックまとめ

腕相撲で強くなるための筋トレをご紹介します。腕相撲で強くなるには技やテクニックも必要ですが筋肉を鍛えることで更に強くなることが出来ます。そこで腕相撲で強くなるために必要な筋肉とそれを筋トレするためのトレーニング方法をご紹介します。

腕相撲で使う筋肉とは?強くなる筋トレメニューやコツ・テクニックまとめのイメージ

目次

  1. 腕相撲に必要な筋肉の筋トレとは?
  2. 腕相撲にはテクニック・技が必要
  3. 腕相撲で強くなるためのコツ:トップロール
  4. 腕相撲が強くなる手首の動作
  5. 腕相撲に強くなるための筋肉
  6. 腕相撲用の筋肉:広背筋の筋トレ
  7. 腕相撲用の筋肉:上腕二頭筋の筋トレ
  8. 腕相撲用の筋肉:前腕筋の筋トレ
  9. 腕相撲用の手軽な筋トレ:懸垂
  10. アームレスリング世界一:金井義信について
  11. 腕相撲のテクニックと筋肉の筋トレ:まとめ

腕相撲に必要な筋肉の筋トレとは?

腕相撲は筋肉だけじゃない

出典: https://amanaimages.com

あなたは腕相撲に強いですか?
腕相撲はその名の通り腕力を武器にして勝負を競う競技なので,腕力がある人が強いされています。
しかし必ずしも腕の筋肉が発達している人が腕相撲で勝てるとは限りません。

腕相撲にはコツがある

出典: http://kintoregoods.net

腕相撲はアームレスリングとして世界規模の競技になっているのでテクニックや技も発達しています。そのため腕相撲のテクニックや技を習得している人ならば、腕力で劣っていても勝負に勝てる事があります。腕相撲は男性ならば一度はやったことがある物です。強くなれるものならば強くなりたいと思いませんか?

腕相撲に必用な筋肉とコツとは?

出典: http://biyodanshi.com

そこで今回は腕相撲で強くなる方法をご紹介します。腕相撲で強くなる方法は大きく分けて「技・テクニックを習得する」「筋肉をトレーニングする」の2通りです。両方を会得すれば尚更勝てるようになりますので、腕相撲で強くなりたいのであれば両方に挑戦してみて下さい。

腕相撲にはテクニック・技が必要

腕相撲は一見すると力任せに相手を押し倒しているだけの様に見えますが、実は技・テクニックが必要です。

プロの選手はコツを知っている

出典: http://neokawaguchi.jp

テレビでアームレスリングの選手とプロのスポーツ選手が対戦するシーンを多々見受けます。その場合スポーツ選手の方が腕が太くて明らかに腕力で勝っていますが、実際に腕相撲で勝負すると腕相撲の選手が勝ってしまいます。これは腕力ではなく技やテクニックを使用しているからです。

コツを知れば子供でも勝てる!?

出典: http://www.gooutcamp.jp

アームレスリングの選手は勿論筋トレも行っていますが、技やテクニックを習得しているので自分よりも腕力に優れている人に勝つことが出来ます。極端な話をすれば技やテクニックさえ身に付ければ小さな子供だって大人に勝つことが出来ます。腕相撲における技やテクニックはそれだけ重要な要素なのです。

腕相撲で強くなるためのコツ:トップロール

腕相撲に必要なコツは「トップロール」と呼ばれるフォームです。これを習得する事で腕相撲の実力が飛躍的に上がります。

トップロールの姿勢

出典: https://vokka.jp

トップロールの基本の姿勢は肘を90℃に曲げて肘が肩よりも内側に来るように閉めます。相手の手を握る際は人差し指を親指に被せるように握ります。

腕相撲の試合が始まったら腕だけでなく背中の筋肉も使用します。肘をしっかり固定して肘をへそ側に引き込む事をイメージして引き付けます。力の使い方は肩を落として相手の指先を吊り上げて倒す感じになります。

トップロールのコツ動画

トップロールの特徴は自分の腕と背中に筋肉の力を最大限に発揮しながら、相手が力を入れにくい状況に持ち込む事です。腕を動かす際は釘抜きの動作をいイメージしててこの原理を使って相手の手を引き込んでいきます。これを習得するだけでも腕相撲が十分強くなります。

腕相撲が強くなる手首の動作

腕相撲が強くなるためにはトップロールだけでなく手首の動作も重要です。

腕相撲のコツを知っている人の動画

腕相撲をする際は必ず手首を内側に曲げながら倒します。イメージとしては自分の手首を相手の手首よりも下の位置に引き込む感じなります。これだけでも腕相撲の勝率が変わって来るでしょう。

腕相撲に必要な筋肉を鍛える

出典: http://www.diet-publishing.com

腕相撲に必要な手首の筋トレ方法は、5kgのダンベルを持って手首の力だけで上げ下げする方法です。これにより手首と前腕をトレーニングすることが出来ます。

腕相撲に強くなるための筋肉

腕相撲はトップロールや手首の動作だけでも強くなれますが、更に強くなるためには筋肉をトレーニングする必要があります。テクニックと筋トレを掛け合わせてより強い実力を目指しましょう。

腕相撲のコツは「広背筋」「上腕二頭筋」「前腕筋」を鍛える

出典: http://blogtest25.blog.fc2.com

腕相撲で強くなるためには腕だけでなく上半身全体の筋肉をトレーニングしなければなりません。特に腕相撲に置いて重要な筋肉は「広背筋」「上腕二頭筋」「前腕筋」の3種類です。

腕相撲のコツは背中の筋肉も鍛える

出典: http://biyodanshi.com

肘周りの筋肉は腕相撲の最中に腕をしっかり固定するために必要です。また相手の手を惹きつけるためには背中の筋肉を使用します。よって腕相撲で強くなるための筋トレメニューには自ずと背筋の筋トレも入ってきます。

腕相撲用の筋肉:広背筋の筋トレ

広背筋は肩甲骨より下の背中を全体的に覆っている筋肉です。広背筋を筋トレすることで腕相撲の際に腕を引き付ける力を養うことが出来ます。

広背筋の筋トレメニュー動画

広背筋を鍛える為には「ワンハンドローイング」がおすすめです。方法は片手にダンベルを持ってもう片方の手と膝はベンチなどに着けます。その状態で腕を曲げながらダンベルを脇腹の辺りまで引いて、戻します。これを10回3セットのペースで行います。

ワンハンドローイングのコツ

出典: https://kentaroabiko.com

ワンハンドローイングのコツは引くときに息をゆっくりと吸い込む事です。そして戻すときにゆっくり吐き出します。広背筋は意識しながら筋トレするのが難しい部位と言われていますので、極力背中を意識しながらトレーニングして下さい。

腕相撲用の筋肉:上腕二頭筋の筋トレ

上腕二頭筋は腕相撲の際に肘を固定するために必要な筋肉です。また上腕二頭筋を鍛えることで二の腕が大きくなりますのでより男らしい腕になります。

上腕二頭筋の筋トレメニュー動画

上腕二頭筋はダンベルハンマーカールで鍛えます。ダンベルハンマーカールの方法はまず親指と人差し指が前を向くようにダンベルを持って直立します。
その状態でダンベルを胸に向かってゆっくり90℃曲げて戻します。これを10回3セット繰り返します。

ダンベルハンマーカールのコツ

出典: https://kintorecamp.com

腕相撲の為に上腕二頭筋を鍛えるのであればダンベルを胸ではなく前方に向かって90℃曲げることをお勧めします。ダンベルの重量は自分が無理なく出来る程度の負荷を選んで下さい。

腕相撲用の筋肉:前腕筋の筋トレ

前腕筋は相手の腕を縦に吊り上げるために必要です。前腕筋をしっかり鍛えることで背筋力で腕を引き付ける力をフル活用することが出来ます。

前腕筋の筋トレメニュー動画

前腕筋の筋トレはリストカールで鍛えます。やり方は手の平を上にした状態でダンベルを持ちます。そして手首の力だけでダンベルをゆっくりと上げ下げします。なるべく前腕に効かせるイメージを持ちながらトレーニングして下さい。

腕相撲用の手軽な筋トレ:懸垂

ここまでご紹介した筋トレはダンベルを使用した筋トレでしたが、道具を使わずに腕相撲用の筋トレを行う事も出来ます。それが懸垂です。

懸垂の筋トレメニュー

出典: https://bodymakeup.jp

懸垂は言わずと知れた鉄棒にぶら下がって全身を上げ下げする筋トレです。懸垂は上腕二頭筋・広背筋などの上半身の筋肉を全体的に鍛えられる万能な筋トレと言われています。懸垂は鉄棒さえあれば手軽に筋トレ出来るので、近所の公園に鉄棒があったら懸垂をトレーニングに取り入れてみて下さい。

手軽な筋トレ:懸垂のコツ

出典: https://kintorecamp.com

腕相撲に勝つために懸垂をするならば、肩甲骨を意識して勢いをつけずに全身を引き上げます。慣れて来たら動作をなるべくゆっくりにする事でより負荷を付けることが出来ます。

アームレスリング世界一:金井義信について

ここでアームレスリングの世界王者をご紹介します。実はアームレスリングの世界王者は日本人でした。

元アームレスリング世界王者:金井義信

出典: http://sugoihito.or.jp

元アームレスリング世界王者の金井義信さんは兵庫県出身で、かつて全日本アームレスリング選手権で9度優勝したことがあります。その後2009年と2010年に行われた「ARM WARS」にてアームレスリング世界ヘビー級チャンピオンに輝いています。

金井義信の強すぎる動画

こちらが金井義信さんがテレビで腕相撲を行った際の動画です。動画の後半にはあのボブ・サップと試合していますが圧倒的な勝ちを収めています。この時の金井義信さんは引退してしまっているので握力90kgでしたが、世界王者になった全盛期の頃は126kgもの握力を持っていたのだそうです。

本当に強い金井義信

出典: https://www.pictastar.com

金井義信さんは腕相撲だけでなく精神力も強い人として知られています。金井義信さんは現役時代の2010年に上腕二頭筋腱を断裂してしまい、握力が10kg以下になってしまい、医者から回復の見込み無しと診断されてしまいました。

しかし金井義信さんは不屈の闘志でリハビリを続けて、何とアームレスリングの世界戦に再度出場するほどにまで復帰しました。金井義信さん曰く強くなるコツは「自分を信じ、自分にやれることを地道に続ける」ことです。

腕相撲のテクニックと筋肉の筋トレ:まとめ

出典: https://japaneseclass.jp

いかがでしたでしょうか。腕相撲に勝ちたいならば技とテクニックを習得するだけである程度は強くなることが出来ます。しかし更なる強さを求めるのであれば筋トレをして筋肉を鍛えなければなりません。地道に筋トレを続ければ元世界王者の金井義信さんの様になれるかもしれません。

もっと筋トレについて知りたいアナタへ!

筋トレグッズのおすすめ人気ランキングTOP21【初心者必見】 | xtreeem[エクストリーム]
筋トレとタバコは相性最悪!喫煙が与える影響や筋肉との関係とは? | xtreeem[エクストリーム]
下半身を鍛える方法!筋トレメニュー7選と効果的な鍛え方を解説! | xtreeem[エクストリーム]
脚の筋肉を鍛える最強筋トレメニュー | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

daisuke_dan
daisuke_dan

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ