【PSVitaハック】改造したらできることとHENkaku導入方法まとめ

携帯ゲーム機として好評のPSVitaですが、なんと改造ができるようです。長年難しいとされてきたPSVitaの改造ですが、ここ最近で進化してきているようです。果たして改造はどのようにするのか、改造の手順や改造後のデメリットも含めて紹介します。

【PSVitaハック】改造したらできることとHENkaku導入方法まとめのイメージ

目次

  1. PSVitaってどんなゲーム機なのか
  2. PSVitaの改造に必要なもの
  3. PSVitaの改造に必要な条件ってある?
  4. PSVitaの改造ってそもそもどうしてできるのか?
  5. PSVitaを改造したらできることとは?
  6. PSVitaを改造する方法について
  7. 改造コードって使えるの?
  8. エミュレーターってどういうもの?
  9. PSVita改造後のデメリット、注意点について
  10. PSVitaの改造についてのまとめ

PSVitaってどんなゲーム機なのか

携帯用ゲーム機「PSP」の後継機

出典: https://www.amazon.co.jp

現在、携帯用ゲーム機として人気を博している、「PSVita」ですが、改めてこのゲーム機は一体どんなものなのでしょうか?少し前に似たようなものとしてPSPが携帯用ゲーム機としてありましたが、これも同じものなのでしょうか。

PSVitaですが、PSPの後継機にあたります。PSPの機能も引き続き使用できることに加えて、画質の向上や画面がタッチパネル方式になっていたりと細かな技術の進化がなされています。しかしながら、ゲームソフトの形状が違うため、PSPのソフトをPSVitaでプレイすることはできません。
これを使って、改造するというのは一体どうすればできるのでしょうか。

PSVitaの改造に必要なもの

必要なもの①:CFW(カスタムファームウェア)

出典: http://www.softwarefreeget.com

改造(ハックとも言う)に必要なものですが、CFW(カスタムファームウェア)というものが必要になります。それにあたって、PSVitaのバージョンがどうなっているのかが重要のようです。

PSVitaの改造(ハック)に必要なものは、HENkaku(変革)と呼ばれるCFW(カスタムファームウェア)を導入することが必要です。こちらのソフトウェアをインターネット上からダウンロード→インストールをすることでPSVitaが改造(ハック)できるようになります。ただし、条件としてPSVitaのバージョンが3.60になっていることが重要です。3.60以下であればアップグレードが必要になりますし、3.60以上となるとそれに対応したHENkakuがないため、ダウングレードが必要になります。バージョンが3.60かどうかは設定→システム→システム情報で確認することができますので、しっかり確認しておきましょう。

必要なもの②:Wi-Fi環境

出典: https://nest.com

2つ目に必要なのはインストールするためのWi-Fi環境になります。PSVitaではWi-Fiの他に3G回線も使用できるのですが、Wi-FiでなければCFWをインストールすることはできません。

2つ目はWi-Fi環境になります。ちなみにPSVitaには3G回線も利用できるのですが、HENkakuをインストールするためには必ずWi-Fi環境でなければいけません。そのため、Wi-Fi環境を持っていないユーザの場合は、マクドナルド等のフリーのWi-Fi環境を利用することになりますので、注意して下さい。

PSVitaの改造に必要な条件ってある?

PSVitaのバージョンが3.60であること

出典: http://www.masaprocess.com

条件の1つはPSVita本体のバージョンが3.60であることです。それ以上でも以下でもいけません。そのため、場合によってはダウングレードやアップグレードが必要になってきます。

改造に必要な条件については、PSVitaのバージョンが3.60であることです。これが1番の条件であり、それ以上でも以下でもいけないのです。何故3.60なのかについては、下記のそもそも改造ってどうしてできるようになったのか、という点に関わります。

PSVitaの改造ってそもそもどうしてできるのか?

3.60で確認された脆弱性を利用している

出典: https://xn--eckwa2aa3a9c8j8bve9d.gamewith.jp

実はPSVitaのバージョン3.60では、脆弱性が見つかっています。脆弱性とは、いわばそのバージョンの情報セキュリティ上の弱点のようなもので、改造はこの脆弱性を利用したものです。「割れる」とも呼んだりします。

改造とはどうしてできるのか、という事ですが、一言でいえば脆弱性を利用して改造しています。現在PSVitaのバージョンで、3.60で脆弱性が確認されていますが、改造とはその脆弱性を利用し、わざと不具合を起こさせてカスタムができるようにしてあるのです。ちなみに3.61以降のバージョンではこの脆弱性が修正されていますので、改造ができなくなります。

3.61以降のバージョンで改造は可能?

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

2017年現在、脆弱性が見つかっているのは3.60のみであるため、3.61以降のバージョンについてはまだ改造はできません。しかし、3.61以降でも脆弱性が見つかれば、例えば3.63や3.65でも改造はできることでしょう。

PSVitaを改造したらできることとは?

PSPの改造でできた機能が一通り使用できる

出典: http://www.jp.playstation.com

PSVitaを改造すると、PSPでの改造の際にできたことができるようになります。PSVitaではメーカーのソニーのほうでハックの対策が行われており、改造はできないのではないかと思われていたようですが、今回脆弱性が見つかったことでできるようになりました。CFW(カスタムファームウェア)であるHENkakuを導入することでそれを可能にします。

改造(ハック)というのは脆弱性を利用してわざと不具合を発生させてできるようにすると説明しましたが、脆弱性を利用するとできることですが、PSPを改造(ハック)した時にできたことができるようになります。
基本的にPSVitaにCFW(カスタムファームウェア)を導入することになりますが、それによってチートが使用できたり、拡張機能が使えたりできます。

ISO起動ができるようになる

出典: https://aged-boy.com

ISO起動というのは、要はゲームカセットからの起動ではなくバックアップデータからゲームを起動させるというものです。セーブデータから直接起動させるものなので、ロード時間が大幅に短縮されるというメリットがあります。

PSVitaを改造する方法について

HENkakuを導入する

上記がCFW(カスタムファームウェア)のHENkakuを導入してPSVitaを改造(ハック)する方法を撮影した動画になります。簡単に手順を説明すると、
①Vitaのインターネットブラウザで動画内のHPにアクセスする
②「HENkaku(変革)」の画面が出たらインストールをタップする
③「Welcome to HENkaku」の画面でOKをタップする
④molecular shellが追加されるので、それで改造できるようになる
これでHENkakuをインストール完了です。動画内ではエラー画面が発生していますが、再起動して再度HENkakuをインストールすれば問題ありません。

PCと接続し、FFFTPを使ってエミュレーター等のファイルをアップデートする

出典: http://www2.biglobe.ne.jp

FFFTPを使い、PCとPSVitaを接続してファイルをPSVitaにアップデートを行います。FFFTPとは1種の通信プロトコルであり、これがないとPC⇔PSVita間で通信ができなくなってしまいます。

molecular shellからvitashellを導入する

出典: https://hackinformer.com

次はvitashellを導入します。vitashellとはPSVita内のファイルを動かしたり名前を変えたりするもので、molecular shellと似たようなものですが、USB接続が使えたりする等使いやすさは向上しています。

改造コードって使えるの?

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

昔、「プロアクションリプレイ」という名前で改造コードが市販で販売されていましたが、これはPSVitaでも使用できるのでしょうか?

現在、この手の改造コードは生産元が販売終了したことにより、PSVita版の改造コードは販売されていません。ですが、CFW(カスタムファームウェア)を利用することでチートを使うことはできるようです。

エミュレーターってどういうもの?

出典: http://emu-portal.com

エミュレーターですが、これは1つのゲーム機器で複数の別のゲーム機器の模倣をするというもので、簡単に言えば1つのゲーム機器で複数の別のゲームができてしまうというものです。「エミュ」と略称して呼ぶことが多いです。

エミュレーターを使用すれば、できることは別のゲームができるようになるといいましたが、例えばこのツイートのようにPSVitaでセガサターンのゲームができたりします。「エミュ」とは「真似る」という意味がありますので、ここからエミュレーターの名前ができたという訳です。

PSVita改造後のデメリット、注意点について

補償の対象外になる

出典: http://www.deka.co.jp

よく電化製品等で見られるこの保証ですが、万が一故障や動作不良が起きた際にメーカーで修理をしてもらえるといった内容のものですが、それができなくなります。

PSVitaを改造(ハック)すると、補償の対象外になります。どういうことかというと、改造(ハック)の結果もし故障や動作不良が起きたとしても、メーカーが補償してくれないので修理等もできなくなってしまいます。改造(ハック)してしまうと何が起こるのかわかったものじゃありません。仮に何か起こったとしてもメーカーが補償してくれませんので、注意して下さい。

改造後、PSVitaを売却できなくなる

出典: http://www.sashienomori.com

改造をしてしまった場合、お店で本体を売る事ができなくなってしまいます。ずっと所有し続けるか、捨てるしかなくなってしまうのですね。

PSVitaを改造(ハック)した場合、その後売却することができなくなってしまいます。違法物扱いされてしまうからです。そのため、1度改造(ハック)してしまった場合はそのままずっと所有しているか、廃棄するしか方法がなくなってしまいます。

PSVitaのセーブデータはどうなるのか?

出典: http://kosotatu.jp

本体に保存しておいているセーブデータですが、これは改造(ハック)した後はどうなるのか心配になると思います。果たして全て無くなってしまうのか、それとも何も悪影響がなく、そのまま使用することができるのか、気になりますね。

PSVitaに保存してあるセーブデータですが、改造後も特に悪影響は与えません。しかし、このセーブデータを改造し、チートを生み出すことが可能になります。「Save Manager」というソフトウェアをダウンロード→インストールすることで、セーブデータを改造できます。
しかし、セーブデータを改造するのも自己責任で、ということになります。

PSNが使えなくなる

出典: https://smhn.info

PSNとはPlaystation Networkのことで、VitaやPS3、PSPでゲームや音楽、ビデオ等が楽しむことができるオンラインサービスの事ですが、改造後に利用しようとするとアカウント削除の対象になってしまいます。

PSVitaの改造についてのまとめ

改造でできること①:エミュを使って別のゲームがPSVitaでできるようになる

PSVitaの改造を行うと、エミュレーターを使って別のゲームができるようになることが1番大きいでしょう。そのためにはまずCFW(カスタムファームウェア)のHENkakuをインストールする必要があります。条件としては、PSVitaのバージョンを3.60にしておくことです。

改造でできること②:ISO起動でロード時間を短縮する

また、ISO起動でロード時間を大幅に短縮したり、本来セーブデータを保存するための媒体を複数のゲームのバックアップとして使うこともできます。実にストレスフリーでプレイすることができるでしょう。

改造後は補償が効かなくなるし、売却もできず、PSNも利用できない

出典: http://www.ksdenki.com

しかし、そんな便利に思える改造でも、メーカー保証の対象外になったり、売却もできなくなり、さらにPlaystation Networkのサービスも利用できなくなります。もし故障したとしても完全に自己責任になりますし、違法物扱いされますので、その点を特に注意しながら快適なPsvitaライフをお楽しみください。

関連するまとめ記事

江崎 雄哉
江崎 雄哉

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ