メンズスカジャンおすすめ人気ブランド15選

近年のスカジャンブームはとどまるところを知らない。 各人気ブランドからは、 個人的にも是非おすすめしたいスカジャンが次々と出てきている。 今回、スカジャン愛好家である筆者が厳選した、 おすすめ人気ブランド15選 満を持してご紹介させて頂こう。

メンズスカジャンおすすめ人気ブランド15選のイメージ

目次

  1. スカジャンは日本発祥!
  2. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド15選!
  3. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド1:ジェラード
  4. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド2:ザ・リアルマッコイズ
  5. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド3:ウェアハウス
  6. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド4:ヘラーズカフェ
  7. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド5:ヒューマンメイド
  8. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド6:フルカウント
  9. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド7:シュタンバウム
  10. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド8:フラットヘッド
  11. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド9:ステュディオ・ダ・ルチザン
  12. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド10:CBGB
  13. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド11:ドライボーンズ
  14. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド12:エヴィス
  15. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド13:ヒューストン
  16. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド14:イサム カタヤマ バックラッシュ
  17. [メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド15:テーラー東洋
  18. 参考コーデ集
  19. オーダーメイド
  20. ~ 最後に ~

スカジャンは日本発祥!

出典: http://www.clutchmagjapan.com

スカジャンとは元々、第二次世界大戦後の間もない時期を中心にアメリカ軍兵士達に向けて、日本で作られた土産品のことだった。

日本を占領する連合国軍として、横須賀周辺に駐留するアメリカ軍兵士達が本国に帰還する際に日本の伝統品(例えば、着物・帯・日本人形・陶器等)を土産品として好んで買っていたという。

出典: http://www.clutchmagjapan.com

そんな折、アメリカ人にとって親しみやすいベースボールジャケットタイプの上着に
兵士達が記念として、鷲・虎・龍などのオリエンタルな和風刺繍をテーラーショップに入れてもらったのが始まりである。
これこそが、後に「スカジャン」と呼ばれる事になる和柄のジャケットだった。

出典: http://www.toyo-enterprise.co.jp

最も有名メーカーだったのが「港商」

現在も質の高いスカジャンを作り続けているブランド「テーラー東洋」の大元である「東洋エンタープライズ」の前身だ。

港商はアメリカ軍基地内にある売店に、和柄ジャケットを正規納入していた。

瞬く間にアメリカ兵達に人気を博したそのおしゃれな和柄ジャケットは
米軍基地内の売店の買い付け担当者の目にとまり、日本各地の米軍基地に納入される。
その人気はなんと海外の米軍基地にまで及ぶことになる。

当時の納品伝票には、
「SOUVENIR JACKET(スーベニアジャケット)」という商品名が記されていたという。

出典: http://www.clutchmagjapan.com

アメリカ兵達から愛され、世界へと羽ばたいたスーベニアジャケット。

1970年代以降は、アメリカに対する憧れと共に日本のおしゃれな若者達へ広まり、
横須賀ジャケット=略して「スカジャン」という名で呼ばれるようになった。

このような経緯を持って、スカジャンは「日本発祥の洋服」とも言われている。

値段はピンキリ

出典: http://www.clutchmagjapan.com

今回、おすすめさせて頂くスカジャンについて、
一般的に考えても決して安い値段では無い。

スカジャンの値段もやはりピンキリだ。
一部の有名メーカーブランドからは、
数十万円するスカジャンが販売されている。

スカジャンは今や人気アイテムの為、
実に様々な有名メーカーブランドから発売されているが、
安い物は数千円から見つかるだろう。

本格志向のすすめ

以前、東京の上野アメ横にて何気なく立ち寄ったスーパーの衣料品売り場で、税込2,000円台というとにかく安いスカジャンを見かけたことがある。

安いスカジャンが悪いとまでは言わないが、やはり安いものは作りが雑なものが多く、ボディはペラペラで、刺繍に迫力が感じられない。

私がアメ横のスーパーで見たスカジャンについて「龍」を表現しているであろう和柄刺繍が、
どうしても「細い蛇」にしか見えなかった。

安いものには安いなりのワケが必ずある。
高いものにもまた然りだ。

あなたがもし、スカジャンを手に入れる事を検討しており、尚且つこだわった逸品が欲しいという気持ちが少しでもあれば、ぜひ本格志向で実績のある有名メーカーブランドのスカジャンを狙っていこうではないか。

そういう私は、初めて手に入れたスカジャンは上野アメ横で買った安いものだったが、数か月であらゆる箇所がほころび、縫製の境目からはどんどん生地が裂けていった。

ボロボロになりながらも、「コレも味の一種だ。」と、自分に言い聞かせて着続けた。
しかしながら、安いスカジャンのエイジングは哀しいかな実にみすぼらしい。
多少無理をしてでも、それなりのスカジャンを手に入れることをおすすめしたい。

質が良くおしゃれなスカジャンを粋に羽織り、風を切って歩くのは実に爽快だ。

スカジャンと上野アメ横

出典: http://tokyo-photos.net

先ほど上野アメ横の話しをさせて頂いたが、
どうしてもまだお伝えしたいことがあるので、追記させて頂きたい。

アメ横といえば「アメカジの聖地」だ。
それだけでなく、日本のカジュアルファッションの原点は
アメ横にあるとさえいわれている。

日本で初めて「ジーンズ」を売った街も、アメ横だ。
(その歴史や経緯を述べ始めると、熱くなってとんでもなく長くなってしまうので、今回の記事では割愛させて頂く。)

とにかく、アメカジの聖地アメ横には当然スカジャン取扱店が実に多い。スカジャン専門店まである。
そのブランドも実に多数だ。

シーズン時のアメ横を散策するだけで、実に様々なスカジャンを拝む事ができる。

私が10代の頃、初めてアメ横を訪れた時は、そのアメカジ天国ぶりに、朝から晩まで胸が高鳴りっぱなしで、隅から隅まで歩きまわりながら、あらゆる店でブランドスカジャンを見て回った。

そこで初めて購入した安いスカジャンは、今でも捨てられず大切に保存してある。
私がスカジャン好きになるきっかけとなったのも、アメ横にてその安いスカジャンと出逢ってこそだ。

今では刺繍や縫製がほころびまくり、実にみすぼらしい安いスカジャンだが、沢山の思い出が詰まっている。

出典: http://www.mansaku-blog.jp

アメ横散策で歩き疲れた際は
ここらの名物でもある、昼から開いてる立ち呑み屋で休憩すると良い。
それもアメ横の醍醐味を体感する方法の1つだ。

出典: https://www.google.co.jp

少し小腹が減った際は、「肉の大山」に立ち寄り、
看板商品の「やみつきコロッケ」を頬張って欲しい。
コレが最高に美味い。そして安い。
安い安いと連発してるが、アメ横はあらゆるものが安いのだ。

休憩後は、またアメ横スカジャン探しの旅を嗜もう。

愛着深まるエイジング

出典: http://www.clutchmagjapan.com

エイジングとは、つまり「経年変化」のことである。

新品の時だけの美しさだけでなく、使い込むほどに味わいが湧き素材感や色合いが深みを増していくようなエイジングを見せるアイテムは、とてもおしゃれな趣きがあるものだ。

エイジングという言葉について、ファッション関係でいうとジーンズやレザー製品、帆布等を語る上でよく用いられるが、スカジャンのエイジングも、それらに引けを取ることなく美しい。

保管状況・着用状況・経過した年数様々な要因によって退色し、灼けたような褪せ色となったヴィンテージスカジャンは、妖艶な色気を放っている。

出典: https://item.rakuten.co.jp

テーラー東洋:エイジング加工モデル

スカジャン業界の老舗であるテーラー東洋からは、
予めエイジング加工されたスカジャンも発売されている。
購入時から早速、古着さながらの風合いを楽しめるというわけだ。

最初、このスカジャンの発売を知った時、
「エイジングというものは新品時から持ち主自ら使い込んで楽しむのが醍醐味だろう」と、私は思った。
人工的なエイジングに、興味が全く湧かなかった。

しかし、さすがはテーラー東洋だ。
実際に店頭で見て、手に取り、思わず面食らった。
長年の時を経た古着となんら遜色無い、
なんともリアリティを感じる、
そういう意味でのとてもおしゃれなエイジング加工だったのだ。

私は、胸がときめいた。
気が付いた時には、すでに購入しており、
その夜はきちんと畳んで枕元に置いて寝た。
これは、気に入ったアイテムを手に入れた時に行う、私の恒例儀式でもある。

とにかく、このエイジング加工モデルは、
あらゆるディティールを追及しているブランドであるテーラー東洋だからこそ、
価値ある古着のような熟成度を再現することができたのである。

出典: https://item.rakuten.co.jp

テーラー東洋:エイジング加工モデル②

元は、鮮やかな発色だったアセテート生地。
高度なエイジング加工により、色の分子が抜け落ち、なんとも深い色合いへと変化している。

こちらは、1950年代中期の古着を再現したモデル。
加工を前提とした特別な染料を施しており、
和柄の雄々しい虎が、シルクを思わせるアセテートに、
色褪せたブルーがなんとも美しく映えている。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド15選!

出典: http://www.toyo-enterprise.co.jp

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド1:ジェラード

ジェラードは、元々古着店から誕生したブランドである。
価値ある古着を数多く取り扱うなかで、養われた膨大な知識を活かし新しいアメカジのスタイルを提案すべく立ち上げられた。

「アメリカンカジュアルとは、こうでなければ!」等という縛られたルールに捉われず、ブランドオリジナリティとしての“今”を捉えたファッション性更に、そこからインパクトを加えることをコンセプトとしている。

出典: http://let-it-be-clothing.blogspot.jp

ALASKA:Price / 79,800-(+tax)

何とも珍しい、アザラシがモチーフのスカジャン。

素材は別注レーヨンサテン生地を使用
刺繍糸も昔ながらのスカジャンと同じく、レーヨン糸を使用。
リブは当時同様のウール素材。
ジッパーはスカジャンではお馴染であるバタフライ型。

出典: http://let-it-be-clothing.blogspot.jp

柄のインパクトはもちろん、 ブランドが誇る高い刺繍技術も素晴らしい。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド2:ザ・リアルマッコイズ

古き良き時代のアメカジファッションの製品にこだわった服作りを展開している。
ミリタリーウェア・ワークウェア、バイカーファッション等魅力ある“ 男の服 ”を作り続けている。

the real McCoyというブランド名は、口語訳すると「正真正銘の本物」という意味。
まさにその名の通りの有名メーカーブランドである。

出典: http://www.realmccoys.co.jp

SKA-JKT "DOKURO" MJ14116:Price / ¥160,000-(+tax)

出典: http://www.realmccoys.co.jp

このスカジャンは、
群馬県は桐生市 戦後間もない時期より、スカジャンをつくり続けている明仙縫製社製。

当時と同様の貴重な「手振りミシン」を使って刺繍を駆使し、熟練職人の手により丁寧に仕立てられたスカジャン。
これぞ本物と呼ぶにふさわしい一着だ。

ミシンはアメリカ製シンガー。当時の価格で5万円だ。
尚、10万円で家が建った時代の話である。

出典: http://www.realmccoys.co.jp

ポケットスレーキ

出典: http://www.woo-life.com

ポケットスレーキには、明仙縫製が群馬で探し出した古い着物の生地が使用されている。
もちろん一着ごとに柄は変わる。

文化遺産に思いを馳せるディティールだ。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド3:ウェアハウス

「ヴィンテージ古着の忠実な復刻」というコンセプトにて、ストイックなまでにヴィンテージアイテムをとことん追い続ける有名メーカーブランドのウェアハウス。

生産された時代の背景から考察し、糸の一本から生地、縫製、そしてあらゆる加工にいたるまで
徹底的に研究してからアイテムを作り込んでいる。

出典: https://item.rakuten.co.jp

MATADOR-HAWK:Price / ¥69,000-(+tax)

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド4:ヘラーズカフェ

ヴィンテージクロージングの観点からみた、アメリカの歴史を誰よりも知るラリー・マッコイン氏と、19世紀のアメリカにおけるヴィンテージクロージングのプロダクツを研究するウエアハウスとのコラボレーションブランドがヘラーズカフェである。

出典: http://www.ware-house.co.jp

1950's USS CREW's Souvenir Jacket "DRAGON ANCHOR":Price / ¥78,000-(+tax)

1950年代朝鮮戦争時、横須賀港などに寄港した空母における、
その乗組員が持ち帰ったと思われるスカジャンを再現。

このように前面は刺繍も無くシンプルで襟付きのおしゃれな印象。

コーデにも取り入れやすく、
これからスカジャン入門する方にもおすすめだ。

出典: http://www.ware-house.co.jp

出典: http://store0308.com

朝鮮戦争時に作られたU.S.NAVYのスカジャンは、
日本に寄港した空母のクルーの間で人気があったそうだ。

アンカー、ドラゴン、背面には富士山。
絶妙なバランスで描かれるパターンだ。

サテンのスカジャンとはまた違った、
実にオリエンタルな魅力を醸し出している。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド5:ヒューマンメイド

A BATHING APEを立ち上げたNIGO®がデザインする有名メーカーブランド。
「過去と未来の融合」をブランドテーマとしている。

ヴィンテージテイストなアイテムからインスパイアされており、
NIGO®独自のフィルターで、モダンに表現したコレクションが特徴。

出典: http://zozo.jp

HUMAN MADE YOKOSUKA JACKET:Price / ¥88,000-(+tax)

出典: http://zozo.jp

出典: http://zozo.jp

世にも珍しいハンバーガーモチーフのスカジャンである。

これを初めて見た時は、「ハンバーガー、食いてぇ」と、腹を鳴らしたものだ。

例えばランチタイムが始まった時「さて、今日はカレーを食べようか」と考えてる時、
ふと、このスカジャンを着てる人の背を見てしまったら、「カレーはやめて、ハンバーガーにするか」と考えを改める人は多いに違いない。

ハンバーガーモチーフのスカジャンと聞くと、笑いのネタにでもされかねないが、そこは、さすがヒューマンメイドブランド。
レーヨン100%の生地を染色し、実に洗練された色使い、そして立体的な刺繍。
シンプルで都会的なおしゃれな佇まい。
流石としか言いようがない。

和柄にどことなく抵抗を持っている方にもおすすめ。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド6:フルカウント

理想の着心地を伴う”最高の日常着”をひたすら探求し続け、1本のデニム作りからスタートした有名メーカーブランドのフルカウント。

その実現の為に、織る、縫う、紡ぐ、染める、と
その全工程において、実に真面目な服作りをしてることがブランドアイテムを通しても伝わってくる。

出典: http://www.fullcount-online.com

SKA JAN:Price / ¥68,000-(+tax)

使用されているサテン地は、ヴィンテージの素材を再現する為に開発された。

出典: http://www.fullcount-online.com

振り巾を最大限に取り、高密度に打ち込んだ和柄刺繍の見事な立体感は
現代におけるスカジャンの最高峰といえる。

出典: http://www.fullcount-online.com

B面は、キルト仕上げのシンプルなフライトジャケットになるというギミックを搭載。
中綿入りでオリジナルのキルティングは保温性も良い。
一枚で二度おいしいおしゃれ秋アウターである。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド7:シュタンバウム

STAMMBAUMというブランド名は、ドイツ語で「系譜」を意味している。

服にまつわる歴史や文化、製法などさまざまな系譜を大切にした物作りをしている有名メーカーブランドだ。

MADE IN JAPANにとことんこだわり、現代では数少なくなっている特別な技術のある工場と縫製、加工、生地、付属などにまつわる連携を行っている。

出典: https://item.rakuten.co.jp

SK17SO008:Price / ¥150,000-(+tax)

ヴィンテージの様な重みとしっかりとした質感。

すべての刺繍は、群馬県桐生市の熟練職人にて横振りミシンにて行う。
ヴィンテージは全て横振りミシンによる手法で刺繍が施されているという。

柄については、
スカジャンの中でも希少であるアラスカスカジャンをベースに
"HAWAII"にアレンジ。
シンプルな柄だが、ボディの色と相俟って、魅入る程に美しい。

日本に数人しかいない原画職人に依頼し、原画から作成している。
横振り刺繍をきちんと理解した上で描かなければ、刺繍の流れが到底表現はできない。
これぞ、匠の技。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド8:フラットヘッド

古き良き50年代のアメリカンテイストを基本としつつ、日本人のスタイルやファッションに合うようにアレンジした本格派有名メーカーブランド。

出典: https://item.rakuten.co.jp

SV-62:Price / ¥101,852-(+tax)

このドレープ感、光沢感、質感・・
これが上質なレーヨン100%サテン生地の魅力。
なんともおしゃれで贅沢極まる。

フラットヘッドとしてのクオリティを求めた至極の和柄刺繍。
決して、懐古主義にあらず。

ヴィンテージならではの風合いに重きを置きながらも、
より良い物に昇華させる物作りにおいて、刺繍も重要な課題である。

当時のスカジャンというとあくまでお土産としての役割であり、
重要なのは効率よく生産数を上げる事だった。

実際、刺繍としてのクオリティを求めた物など、ほとんど無かったそうだ。

しかし、フラットヘッドの求める刺繍は、
風合いを保ちながらも、一針一針の目が詰まっており、尚且つ硬すぎない、
非常にハイクオリティかつ立体感のある和柄刺繍を施している。

運針や角度をそれぞれ細かく指定されているので、
見る角度によって表情が変化する和柄刺繍となっている。

独自性のアイディアと高い技術、
そして質感、ファッション性、機能性
実に崇高なるスカジャンだ。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド9:ステュディオ・ダ・ルチザン

”自分たちの作品は、自分たちの手で作り上げる”
創業から決して変わることのない堅い信念を持つ有名メーカーブランド。
ブランド名である「STUDIO D'ARTISAN」とは「職人工房」という語意である。

出典: https://store.shopping.yahoo.co.jp

する賀てふ×助六:Price / ¥27,800-(+tax)

50'sのヴィンテージテイストを感じさせるハリとコシ。
心地良く肉厚のあるレーヨンサテン仕様。

リバーシブル仕様で、アイボリー&パープル
それぞれ異なる和柄刺繍を施している。

ダルチザンのマスコットとして人気の豚をデザインに取り入れ、
おしゃれで豪華な仕上がりとなっている。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド10:CBGB

CBGBは、70年代にHilly Kristai氏によって創設される。

NYパンクの流れを作った伝説的ライブハウスだ。
のちに、オルタネイティブ、アンダーグランド系の聖地となり名を轟かす。

下記は、CBGBオフィシャルブランドのスカジャンである。

出典: https://item.rakuten.co.jp

CBGB-801:Price / ¥26,800-(+tax)

スカジャンというものは和柄も良いが、洋柄も良い。

CBGBのスカジャンはギラギラした艶気が魅力的だ。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド11:ドライボーンズ

古着店からスタートしており、オリジナル衣料製作には1989年から行われている。
「懐古趣味紳士服店」として名を馳せる有名メーカーブランドだ。

「旧き良きモノ」をベースとし、そこにデザイナー独自の斬新な発想が加わって生み出されるブランドアイテムの数々。
新しさの中にも、懐かしさや温かさをも感じさせてくれる。

出典: https://www.amazon.co.jp

「どろろ」 (30着限定):Price / ¥165,900-(+tax)

手塚治虫の名作漫画「どろろ」の世界観をこんなにも見事に再現している。

漫画の一部分をくり抜き、単にコピーしてデザイン化したわけではない。
当時手塚プロダクションにてアシスタントをしていたスタッフにより、このためだけに、書き下ろしたブランドスペシャルデザインだ。

もちろん、手塚プロも公認している。
生地にしても、このスカジャンだけに織られた特別製。
この見事なまでの刺繍の迫力・・まるで色彩豊かな絵画のようだ。

兵庫県宝塚にある「手塚ミュージアム」にも寄贈されている。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド12:エヴィス

大阪発祥。
ジーンズのバックポケットに描かれたカモメペイントは世界中に知れ渡っている。
日本のジーンズ作りのレベルの高さを世界に知らしめた有名メーカーブランドだ。

もちろんレベルの高さはジーンズだけでは無い。
当然それはスカジャンにも見て取れる。
エヴィス独特、アクの強いデザインセンスがたまらない。

出典: http://shop.evisu.jp

ライオンスカジャン:Price / ¥150,000-(+tax)

「虎」といえば、よく見るスカジャンの和柄モチーフとして定番だが、
「ライオン」モチーフはエヴィスならでは。
今にも飛び出してきそうな迫力を兼ね揃えている。
エヴィスジーンズと合わせてコーデしたい。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド13:ヒューストン

ヒューストンは、日本初にてオリジナルのフライトジャケットを生み出し、
その後も数々の国内製ミリタリー商品を製造する有名メーカーブランドだ。

出典: https://wowma.jp

TOKYO×虎 :Price / ¥19,800-(+tax)

クセの無いシンプルな和柄デザインなので、コーデし易いおしゃれな一枚。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド14:イサム カタヤマ バックラッシュ

革へのこだわりをストイックに追求し、制作工程を何度も試行錯誤させ、至極のブランドアイテムを完成させる。

日本製にこだわっており、熟練職人の手により一つひとつ丁寧に作られているため、大量生産はできない。だからこそ唯一無二といえる商品を展開している。

革特有の可能性を、限界まで突き詰める有名メーカーブランドだ。 

今回紹介するスカジャンにいたっても、センス良く革を取り入れている。

出典: http://www.callingbacklash.com

1579-01:Price / ¥115,000-(+tax)

生地はシルク。
艶気ある光沢。
このシンプルなデザインが、
素材をより惹き立てる。

出典: http://www.callingbacklash.com

出典: http://www.callingbacklash.com

これがバックラッシュが表現する“虎”

バックラッシュのブランドイメージでは中々ないモチーフだ。
あえての“虎”と言える。

出典: http://www.callingbacklash.com

襟裏・袖裏は、カンガルーレザー。
艶めかしさをシンプルに惹き立てる。

[メンズ スカジャン]おすすめ人気ブランド15:テーラー東洋

出典: http://www.toyo-enterprise.co.jp

様々な有名メーカーブランドを取り上げてきたが、
締めは、やはり「テーラー東洋」だ。

THE・ORIGIN

スカジャンは、戦後、日本人が創造した最初の「洋服」である。

その発祥に関わる港商商会の時代から現在までテーラー東洋は、実に半世紀以上スカジャンを作り続けてきた。

スカジャンブランドを熱く語る上で、テーラー東洋は絶対に外す事は出来ない。
絶対的なブランドなのだ。

テーラー東洋こそ、スカジャンのTHE・ORIGINなのである。

出典: http://www.mil-mil.net

テーラー東洋 ~BUDDHA~:Price / ¥58,000-(+tax)

40周年モデル。
大仏の刺繍が大胆に施されたレアな和柄。

スカジャンの刺繍には鷲、虎、龍が多く知られているが、
実は、「寺社仏閣の風景」なども
日本の象徴としてモチーフにされることが多い。
しかし、「仏像」というのは、非常に珍しいモチーフだ。

出典: http://www.mil-mil.net

テーラー東洋 ~IOUJIMA~:Price / ¥58,000-(+tax)

海兵隊の兵士が星条旗を立てる、世界的な写真のモチーフ。

オークション等では
定価を大幅に上回って取引が成立されていたのを何度も目にした事がある。

出典: http://www.time-after-time.jp

テーラー東洋 ~INDIGO TIGER~:Price / ¥72,000-(+tax)

虎とMAP刺繍に加え、インディゴで染めるというスカジャンには珍しい仕様だ。
着込むごとに、美しく色合いがエイジングしてゆく。

出典: http://www.time-after-time.jp

出典: http://banbanbangohan.com

テーラー東洋 ~DRAGON&TIGER ~:Price / ¥58,000-(+tax)

先の選挙期間中
小泉進次郎議員が、テーラー東洋のスカジャンを着用していた件は記憶に新しい。
その影響で、当該モデルの売れ切れが続出した。

参考コーデ集

スカジャンはデザイン性が強いアイテムなので、他はシンプルにまとめた方がバランスの取れたコーデになるだろう。
色々な参考コーデ画像をまとめてみた。

出典: http://wear.jp

モノトーンコーデにスカジャン

出典: http://wear.jp

レトロ感を取り入れたコーデ

出典: http://wear.jp

シンプルなスカジャンコーデ①

出典: http://wear.jp

シンプルなスカジャンコーデ②

出典: http://wear.jp

シンプルなスカジャンコーデ③

斬新な着こなしだ。
今年のトレンドとして、オーバーサイズがおしゃれとされた。

出典: http://zozo.jp

シンプルなスカジャンコーデ④

出典: http://zozo.jp

シンプルなスカジャンコーデ⑤

おしゃれな色合い。

出典: http://zozo.jp

シンプルなスカジャンコーデ⑥

出典: http://zozo.jp

シンプルなスカジャンコーデ⑦

清潔感を感じる着こなし。

出典: http://www.feeetshop.net

古着①

背中で語る古着のスカジャン

出典: http://www.feeetshop.net

古着②

スカジャンとジーンズの組み合わせは鉄板。

古着スカジャンを羽織る際は、
比較的色落ちの少ない綺麗めのシンプルなジーンズと合わせ、
メリハリをつけてもおしゃれだ。

出典: http://www.feeetshop.net

古着③

50's スカジャン。

古着屋に行き、発掘したくなってくる。

出典: http://www.feeetshop.net

古着④

おしゃれな女性が着るスカジャンの古着コーデは、やっぱりカワイイ。
目の保養になる。

オーダーメイド

出典: http://www.laumi.jp

スカジャンをオーダーメイドするという選択肢もある。

日本とアメリカの雰囲気が融合した町、横須賀市本町。
そう、スカジャン発祥の町だ。

どぶ板通り商店街に、
昭和22年創業のスカジャン専門店
「プリンス商会」(☎046-822-3907)がある。
ここでスカジャンのオーダーメイドできるのだ。
ぜひ、店主に色々相談してみると良い。

サテンと別珍素材を使って製作され、
刺しゅうから縫製まで全て手作業。

温かみのある和柄刺繍には、
熟練職人の心意気が垣間見える。

あなたのセンスや発想を活かし、
この世でたった1つ
オリジナルのおしゃれなスカジャンをオーダーするのも一興だ。

※画像は、どぶ板通り商店街。
異国情緒が漂っている。

~ 最後に ~

今回、スカジャンに対する思いを馳せ、
胸をときめかせながら執筆させて頂いた。

スカジャンは実に奥が深く、
本当に素晴らしいアイテムだ。
何着でも欲しくなってしまう。

本当に良い物は、
流行り廃りなど関係無い。

『一生付き合える、己の相棒に成り得る』

そんなスカジャンとの素敵な出逢いの道しるべとして
この記事が、ほんの少しでも あなたのお役に立てたとしたら
こんな嬉しいことは無い。

出典: http://www.clutchmagjapan.com

関連するまとめ記事

方舟
方舟

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ