Fate Zero & Stay Nightの聖地巡礼:冬木市のモデル「神戸」を舞台探訪した!

あの人気のアニメ「FateZero」の聖地の舞台となっている冬木市のモデルとなっている場所は、どうも明石や神戸の周辺のようです。今回は、そんな「FateZero」聖地の舞台、冬木市とモデルとなっている場所を、巡礼してきましたので、各聖地をご紹介します。

Fate Zero & Stay Nightの聖地巡礼:冬木市のモデル「神戸」を舞台探訪した!のイメージ

目次

  1. Fate Zero & Stay Nightの聖地巡礼:冬木市のモデル「神戸」を舞台探訪した!
  2. Fate Stay NightとZeroの聖地、摩耶観光ホテルはアインツベルンの屋敷のモデル
  3. Fateの中で冬木市でバーサーカーと初めて会ったモデルの舞台
  4. Fateの聖地巡礼冬木市にあるどこかのトイショップの舞台
  5. Zeroで冬木市の新都へのモデルの舞台へ聖地巡礼
  6. Fateの聖地巡礼、冬木市にある衛宮邸と遠坂邸がある間の交差点と学校の坂道のモデルの舞台
  7. Fateにでてくる衛宮邸の近くにあるスーパーのモデルへの舞台へ聖地巡礼
  8. Fate/Zeroの冬木市のモデル22話の円蔵寺へ舞台へ聖地巡礼
  9. Fate/Zeroの聖地巡礼、焼け野原のモデルになった石神井公園
  10. Zeroの23話の冬木市の舞台へ聖地巡礼
  11. Zeroの6話、10話、14話のモデルの聖地巡礼
  12. Zeroで冬木市のどこかで凛が預けられた舞台
  13. Zeroで切嗣が冬木市の新都をバックに歩いているシーンのモデル
  14. Zeroでウェイバーとライダーが話していた冬木市の曲がり角の舞台のモデル
  15. Fateの本当の冬木市の聖地は九州?
  16. Zero & Stay Nightのアニメと映画の聖地とモデルについて
  17. Fateシリーズのまとめ

Fate Zero & Stay Nightの聖地巡礼:冬木市のモデル「神戸」を舞台探訪した!

私の好きなアニメに「Fate/Stay Night」というアニメがあります。
もともとはゲームで3人のうちの1人づつとヒロインと英霊(英雄の幽霊みたいなもの=サーヴァント)が力を合わせて聖杯というなんでも願いをかなえるものを奪い合う、というノベライズ形式のゲームで選択肢もあります。
そんな「Fate/Stay Night」とその前の「Fate Zero」の舞台を聖地巡礼に行ってきましたので、ご紹介します。

Fateの聖地

冬木市のモデルは兵庫県の神戸市と明石市といわれています。
「Fate / Stay Night」「Fate Zero」の舞台も同じ冬木市です。また、聖杯戦争が始まったのも神戸市と明石市といわれています。
今回はこれらの場所に実際に行ってみたいと思います。

このページの内容

出典: http://jin115.com

Fateシリーズの舞台をめぐる

「Fate/Stay Night」と「Fate/Zero」の聖地巡礼をしていく過程を記事にしたものです。

Fateのモデルになった場所を巡礼

士郎と切嗣が住んでいた衛宮邸のモデルになった家を巡礼

Fateの聖地や舞台、モデルといわれている場所は、地図上では兵庫県の神戸から明石までの間にFateの聖地として存在します。

まず、主人公の衛宮士郎が住んでいた衛宮邸。
「Fate Zero」ではアイリスフィールと衛宮切嗣の隠れ家ですね。今回は、その外壁が見れましたので、まずは感動しました。

もともとは織田家の長屋だったそうです。JR明石駅から30分のところにあります。
また地図では、周りに明石公園があり、その公園内のお堀の近くから5~10分程度の所にあります。
衛宮邸は外観(外の木の部分)しか、見れませんがとても人通りの多いところです。
衛宮邸は昔ながらの古い家屋でとても風情がありました。

生きて帰ってきた士朗がまた襲われたのも衛宮邸でしたね。衛宮邸ではいろいろなイベントの舞台だったんですね。

Fate/Stay NightとZeroのパソコン版の衛宮邸の舞台のモデル

パソコン版の衛宮邸。そっくりですね。まさに聖地!

冬木市にあったFateの衛宮邸の聖地の正面の舞台のモデル

衛宮邸の正面です。これもそのままですね。中には入れないようです。

趣のある外壁

士郎と桜、慎二が通った弓道部の舞台のモデル

Fateの舞台となった弓道部のモデル

士郎はもともと弓道部でした。しかし、左肩を怪我したせいで弓道ができなくなり(正確には桜の兄の執拗な嫌がらせのせい)退部しましたが、部にはちょくちょく顔をだしていたようです。

実際には兵庫県立弓道場が舞台になってます。地図上では明石公園内にあり衛宮邸の近くにあります。といっても地図で言うと1.5キロ~2キロ位離れています。重要なFateの舞台でもあります。

モデルとなった弓道場

私の知り合いにも弓道をやっている友達がいますがこんな感じなのでしょうか。
(まだ友達の弓道をやっている所を見た事はありませんが。)

Fate Stay NightとZeroの聖地、摩耶観光ホテルはアインツベルンの屋敷のモデル

次のFateの舞台。
このモデルは廃墟なので中には入れませんでしたが、外観はアインツベルンの屋敷そっくりでした。
ここがモデルなんですね。ここでギルガメッシュと士郎や凛と戦ったかと思うとなんとなく舞台の感じで、実感がわいてきます。
あの、大きなバーサーカーを暴れさせるにはちょうどいい大きさだと思います。
冬木市の聖地ではありますが、実際は廃墟となっているので、中に入っての撮影などはやめましょう。

Fateの異人館の舞台は冬木市にある遠坂邸がモデル

Fateの異人館の風見鶏の舞台に聖地巡礼

ヒロインの1人の遠坂凛がStay Nightでは1人で住んでしたのですが「Zero」では父の時臣と住んでいた遠坂邸の舞台です。

しかし、時臣は「Zero」の時の聖杯戦争のときに殺されました。
そんな遠坂邸の聖地は地図上でいうところの異人館で一番有名な風見鶏の館の冬木市舞台、モデルです。

外観はそっくりでした。当たり前ですね。ちなみに入るのに500円かかります。
凛の部屋や食事をとる場所は違うところなのでそこから地図を見ながらいくと西に行き、北へ進むとうろこのような屋敷が見えます。

中に入ると…おお!ここは遠坂邸でアーチャーが上から落ちた遠坂邸とこではないですか!
遠坂邸の内装はは同じ異人館にあるうろこのような外壁をもつ、「うろこの家」というところです。
うろこの家は美術館が併設されているので入館料として1000円します。
2階にあがるとまさに、遠坂邸!
凛とアーチャーがお茶してそうな机と椅子!(上から落ちてきて一夜で壊して直したけど)
私も遠坂邸で凛とお茶したい!

遠坂邸を違う方向から見た時のモデルの舞台

出典: http://blog.livedoor.jp

遠坂邸を違う方向から見てみた舞台

この方向からだと遠坂邸にみえますね。うん。納得しました。

遠坂邸内装の聖地のうろこの館モデル

うろこの家にあった遠坂家内装です。ここで凛とアーチャーは過ごしたんですね。召喚に失敗してアーチャーがここに落ちてきたんですよね。

Zeroでも聖地の冬木市の冬木教会(言峰教会)モデルの聖地巡礼

聖杯戦争の監督役の言峰父子が住んでいた教会の聖地のモデルです。
サーヴァントと契約したことを報告する場所でもあり、もし、サーヴァントが殺された場合、逃げこむ教会でもあります。

この教会でもいろいろありました。拘束されたり、殺されたり。
ちなみにこの場所は「ホテルモントレ神戸」の入り口から入ったすぐの場所です。教会(チャペル)もあり結婚式もできるようです。ここで結婚式あげればよかった・・・。ここは北野異人館ではないですが三ノ宮駅から10分くらいで行けます。

教会の奥のところから言峰神父がでてくる中庭にもありました。ここで言峰神父が監督役の地位を利用し、いろいろ悪だくみを考えていた教会なのですね。

教会には言峰神父の部屋も同じところにありました。また、死体の山があったところも・・・。ちょっと怖いですね。

また、「Zero」で言峰神父とギルガメッシュが禅問答を繰り返した、通称「愉悦(ゆえつ)部屋」、遠坂時臣がギルガメッシュを召還した場所もありました。冬木教会の地下(ホテルモントレ神戸ロビーチャペルスぺランサ)で時臣はギルガメッシュを召喚した教会です。
教会の大聖堂はロビーから地下に入るので面倒くさい人は最初にロビーから大聖堂に行ってくださいね。

「ホテルモントレ神戸」は2017年12年末日で閉館し、2020年春に新装開店するそうです。そうなると、内観も変わってしまう可能性もあるので注意しましょう。

Fateの教会の中庭のモデル

Zeroの冬木教会の中庭の舞台でモデル

ここから言峰神父がでてくるわけですね。下は神父の部屋になっています。

Zeroの教会の下のモデル

冬木教会の下はこうなっています。つまり「愉悦の間」のモデルです。

本物の「愉悦の間」の舞台

本物は一段と迫力がありますね。

Fateの中で冬木市でバーサーカーと初めて会ったモデルの舞台

地図で見ると三ノ宮駅から地下鉄に乗り変えて新神戸へ行きます。
駅前から続く北野通りを登っていくとバーサーカーとイリアが会った坂道が見えます。ここで大きな戦いがったんですね。まさに聖地!

霧がかった夜、後ろを向くと・・・、いた!なんてことはないので安心してください。
この道の先を行くと神戸市北野町になります。そして冬木市深山町となり、衛宮邸がある場所です。
周りは若干違いますが少しアレンジしたようですね。
北野通りと不動坂がぶつかる交差点を右に曲がると、桜とギルガメッシュが話していたところにでます。

出典: http://www.appbank.net

冬木市士朗たちがギルガメッシュとあった坂道のモデルの舞台

作中で凛と士朗が帰るときにギルガメッシュとあった道です。
なんか出そうですね。

Zeroの聖地巡礼で様々な決戦が行われた冬木市の大橋の舞台

この大橋では、「Stay Night」ではセイバー対ギルガメッシュ、
「Zero」ではライダー対ギルガメッシュなどの大きな伝説の大戦が行われました。

ここは三ノ宮駅から電車で10分で行けます。ちにみに「神戸大橋」というそうです。凛とデートしたりセイバーとデートしたり雨の中、桜を追いかけたりした舞台ですね。

地図をみると最寄り駅は「中公園」というところで三ノ宮駅からポートライナーという線で10分くらいの距離にあります。駅からはすでに神戸大橋が見えていて5分くらいでつきます。
「北公園」というところで写真では海と地面が区切られていませんが、Stay Nightでは海と陸地が切り離されています。
夜の風景にして橋を消すと作中の桜編で最初にライダーが人を襲っていたその舞台によく似ています。

地図を見ながら北公園から「冬木大橋」こと神戸大橋へと行きました。作中に出てきた、大橋を通ってマンホールのある歩道を探して市街地方向へも行ってみました。そうしたら大橋の近くに作中にでてきた大橋に似た場所で、実際にマンホールを発見しました。

出典: http://blog-imgs-49.fc2.com

Fateのゲーム版の冬木市の大橋の舞台

せっかくなのでゲーム版のFateの冬木大橋も載せてみました。

Fateの聖地巡礼冬木市にあるどこかのトイショップの舞台

神戸市内にトイザらスは2か所しかありません。なので順番に回ってみました。

1か所目はここのぬいぐみコーナーは、作中に結構似ています。
天井の色が違うのはアレンジとしても、ぬいぐるみの陳列の仕方などそっくりです。

2つめはJR神戸駅前の、トイザらス「神戸ハーバーランド店」。天井が低すぎて、陳列棚の上すれすれまで天井が来ていました。
Stay Nightの舞台の「どこかのトイショップ」というのは「トイザらス」をモチーフにしたようです。

冬木市にあるどこかのトイショップの舞台のモデル

こちらがブラウザ版です。

本物のトイショップのモデルの聖地

本物とブラウザ版よく見ないと見分けつきませんよね。

Zeroで冬木市の新都へのモデルの舞台へ聖地巡礼

ワールドビジネスガーデンと、手前の低いのがプレナ幕張。

橋を渡り新都の舞台になったプレナ幕張(手前の低いビル)&World Business Garden(奥の高いビル)が見えてきました。
士郎が拾われた場所(Zeroから Stay Night)の舞台ですが地図では東京だそうです。ちょっと遠いかなー。

海浜幕張駅の南口に回って、「新都の駅前」があります。二つの高いビルは、ワールドビジネスガーデン。手前の低いのが、プレナ幕張。
「Fate」の背景画像ではワールドビジネスガーデンの左側のビルが消されて、1つだけになっていますが・・・。
駅前広場のこれ以上ないぐらいの端っこです。それでも背景画像と比べると、撮った写真は右はじが少し欠けてしまっています。
士郎たちが通った穂群原学園は千葉の日本基督教短期大学がモデルです。
最初のアーチャーとランサーの戦闘シーンの場所もあります。ゲーム内では小さく見えますが本当はもっと広いです。

Zeroの新都のモデル

新都も高さが違うだけでほとんど変わりません。
ちなみに上がブラウザ版、下が本物です。

Fateの聖地巡礼、冬木市にある衛宮邸と遠坂邸がある間の交差点と学校の坂道のモデルの舞台

アニメの序盤で大量殺人が行われていたところです。
士朗や凛が衛宮邸や遠坂邸からここを通って学校に行っていたわけですね。その先には地図ではStay Nightで士郎たちが坂を登ったら学校があります。
ここは、左側の電柱と、右側のマンホールを入れるのがポイント。作中にも出てきました。これもFateの細かいモデルですね。

Fateにでてくる衛宮邸の近くにあるスーパーのモデルへの舞台へ聖地巡礼

出典: http://www.planning-estate.jp

地図上での大田区梅屋敷駅付近は「Fate」の商店街そのもの。
道路左側の不動産屋手前の空き地は、既にビルが立っていました。
ところで、ゲーム中に「トヨエツ」という名前のスーパーが登場するが、実は地図の通りにこの通りをまっすぐ200~300mほど行った所に、スーパー「マルエツ」があります。

Fate/Zeroの冬木市のモデル22話の円蔵寺へ舞台へ聖地巡礼

切嗣が座っていた場所やセイバーが立っていた場所などがありました。

Fate/Zeroの聖地巡礼、焼け野原のモデルになった石神井公園

出典: https://www.tokyo-park.or.jp

石神井公園の池

地図では東京の南田中団地というとこが舞台です。ここで火災が起き、焼け野原になりました。
春には、桜並木がキレイです。

出典: http://naka803.blog31.fc2.com

南田中の桜並木と石神井川

Zeroの23話の冬木市の舞台へ聖地巡礼

出典: https://ja.wikipedia.org

有楽町マリオン

ライダーとウェイバー(ライダーのマスター)が会話するシーンです。
住宅街でした。最寄駅は稲城長沼ですが上り坂が多いため稲城からのほうが楽です。
ライダーは現在の文明に興味津々で「大戦略」とかかれたTシャツを着たりテレビゲームを買ってきてウェイバーと対戦したりしていました。
映画もいったらしくライダーと一緒に観た映画の中に登場する映画館。
場所は、有楽町にある有楽町マリオンです。観る映画を二人で迷うシーンで使われたところもありました。
聖杯のことを忘れてなんだかんだいって付き合ってたウィエバーも楽しそうでした。マスターとサーヴァントという垣根をこえて友達のようでした。

Zeroの6話、10話、14話のモデルの聖地巡礼

出典: https://www.hibiya-lsp.com

アパホテル&リゾート東京ベイ幕張

ワールドビジネスガーデンが破壊されたのが印象的でした。
ワールドビジネスガーデンを見るカットはアパホテル&リゾート東京ベイ幕張内にあるアプレシオ東京ベイ幕張店が一番安かったのですが残念ながら閉店してしまいました。
アパホテル&リゾート東京ベイ幕張最上階にあるラウンジ&バースカイクルーズが現在見ることができる可能性がある場所となりますが昼しか入れずまた休日はすぐ満席になることから予約を入れた方が良いでしょう。

Zeroで冬木市のどこかで凛が預けられた舞台

Zeroで遠坂凛が預けられた場所が発明王豊田佐吉の弟の佐助が住んでいました。
当時、長堀町佐吉邸、白壁町に豊田喜一郎邸と豊田利三郎邸がありましたが今、現存するのは豊田佐助邸のみとなっています。

Zeroで切嗣が冬木市の新都をバックに歩いているシーンのモデル

出典: http://www.gaitosampling.info

海浜幕張駅

ここの新都のバックは海浜幕張駅南口です。Stay Naightでも士朗が酒屋でばいとしていたとこの近くです。

Zeroでウェイバーとライダーが話していた冬木市の曲がり角の舞台のモデル

出典: http://livedoor.blogimg.jp

曲がり角の舞台

正式名称は「藤澤山無量光院清浄光寺」といういますが長いので「遊行上人のいるお寺」ということで「遊行寺」といわれています。私はあまり覚えていませんがウェイバーとライダーは何を話してたのでしょうね。

Zeroでウェイバーとライダーが立っていた冬木市の舞台

出典: https://matome.naver.jp

Zeroで冬木市でライダーとウェイバーが話していた舞台

ライダーとウェーバーが上の写真にはいるとこうなります。ライダーとウェイバーってこんなに体格差あったのですね。

出典: https://matome.naver.jp

冬木市にある柳洞寺のモデル(これはアニメ画像ですが)

さきほどの道をいくと柳洞寺につきます。士朗の唯一ともいえる友人生徒会長の柳洞一成(りゅうどういっせい)の住んでいるところです。

出典: http://starfort.cocolog-nifty.com

ウェイバーのふるさと、イギリスの時計塔は魔術学校のモデル

ウェイバーはイギリスの「時計塔」の生徒でしたが先生のIDを盗み日本の冬木にきました。
そこで、老夫婦の孫という暗示をかけ、もぐりこみライダーを召喚しました。

Zeroの2クール目22話「この世のすべての悪」の舞台

ずっと神戸や明石や関東近辺なのにいきなりの札幌です。ここでも戦いが行われたんですね。

Zeroで23話の「最果ての海」の冬木市へ聖地

ちょくちょく改装されていますがセイバーがイリアをバイクに乗せて走った場所ですが、実際に走れる場所はありません。ずっと樹海の近くだと思っていました。
そんな危ない場所じゃなかったんですね。

Fateの本当の冬木市の聖地は九州?

スマホアプリゲームに「Fate/Gornd order」というものがあります。Fate Zero & Stay Nightの外伝みたいなものです。
一番最初が「冬木市」なのですが冬木をタップするとすーっと地図が出て日本の九州(詳しい場所まではわからない)の方に行きます。
なので、最初私は九州のどこかがかとおもっていました。
でも、兵庫の明石市や神戸市だと聞いてびっくりしています。

出典: http://d.hatena.ne.jp

Fate1話のオープニング、英霊召喚の場所

たいていの寺院や教会は撮影禁止ですがここは何枚でもOK!うれしいですね!
ここはドラマや映画だけでなくアニメにも使用されているみたいです。
場所は愛知県犬山市博物館明治村だそうです。

Zero & Stay Nightのアニメと映画の聖地とモデルについて

今、映画でやっている「Fate/Heavn's Feel」は「Stay Night」のうち間桐桜ルートを3部作にしています。去年、第1部が映画館でやっていますね。

しかし、10年くらい前に放送された「Fate/Stay Night」はラストやメインストーリーが違い、かなりの不評でした。劇場版「Fate/Stay Night」が上映されました。これは評判が良かったです。私もDVDを持っています。

次に「Fate Zero」が放送されました。夜中でしたがこれもリアルタイムでみていました。これは「Fate/ Stay Night」の1つ前の聖杯戦争の話です。毎回召喚されるサーヴァントやマスターは違うのでとても面白かったです。

その後、「Fate Stay Night【UBW】」はシナリオライターの那須きのこさんが監修をしてできあがったものです。これはとても評判が良かったです。私もリアルタイムで見ていたのですがとても面白かったです。

出典: https://www.amazon.co.jp

Fateの新作間桐桜のルート「Heaven's Feel」について

まだ私は見ていませんがDVDで見る予定です。
映画館だとどうしても寝てしまうので。一応「Fate」では桜ルートもやりましたがもう忘れています。
もうあれから10年近くたってますからね。2部も楽しみですし、FGOのアカウントをもっていると礼装(装備みたいなもの)が1週間毎にもらえます。
パンフレットは1日で売り切れ、なかなか入荷しなかったので転売屋から買いました。次は初日に行ってgetします。

Fateシリーズのまとめ

出典: https://mantan-web.jp

いかがでしたでしょうか?

衛宮邸や遠坂邸がまじかに見れたのが、とても感動的でした。
また神戸大橋はおすすめのスポットの1つです。
あとは遠坂邸のモデルのおいしい紅茶を飲み、衛宮邸でおいしいご飯が食べてみたいです。

あと、私が気に入っているシーンは「Zero」の冬木大橋(神戸大橋)でウェイバーとライダーが話すところです。
大橋から最後の戦いに向かうライダーに令呪を3つも使って「絶対勝て」と願ったウェイバーは本当にカッコよかったです。
今までずっと陰気で嫌味な人、聖杯ばかり気にしていていつもイライラしている男というイメージでしたが、素直じゃない口下手な男だけど、言うべき時は言う男というイメージに変わりました。
そして漢と約束をしてライダーを見送るのです。令呪がなくなるということはマスターではなくなるということ。
すごく勝ちにこだわっていたウェイバイバーですが一皮むけて大人のように見えました。彼にはもう聖杯はいらないかもしれませんね。

どれも同じ聖杯戦争の話ですがそれぞれの立ち位置からみた聖杯や聖杯戦争は全く違うものでした。ほかの人(見てる側)からみた聖杯ってどう映るんでしょうか?気になります。

ほかにもいろいろありますが、話したらきりがないのでこのくらいにしておきます。
最後に聖地巡礼をするのはいいのですが、人の家に無断で入ったり、プライバシーを侵害するような写真は撮らないようにしましょうね

関連するまとめ記事

ちくわ(florairecielo)
ちくわ(florairecielo)

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ