説明下手な人に共通する特徴と「説明できない」を克服する改善方法・コツまとめ

説明下手な人は共通点や特徴が存在し、改善方法を知らないと苦労することが多いと思います。 説明な苦手な人は仕事や私生活にも影響があり、不便ですよね。 説明下手が治る改善方法やコツをご紹介しますので、特徴に当てはまる人や説明が苦手な方はぜひ参考ください。

説明下手な人に共通する特徴と「説明できない」を克服する改善方法・コツまとめのイメージ

目次

  1. 説明下手・苦手な特徴がある人は損をすることが多い!
  2. 説明下手には特徴や共通点が存在
  3. 説明したい事を把握しきれていない
  4. 頭の中で整理できていない
  5. 早くて言っている意味が分からない
  6. 何について言いたいのか分からない
  7. 伝わりにくい言葉を使う
  8. 説明が下手な人は思いやりが欠けている
  9. 説明下手が損すること
  10. 説明が上手な人の話し方・方法は?
  11. 改善方法・コツ①話す前に内容を整理する
  12. 改善方法・コツ②5W1Hを意識する
  13. 改善方法・コツ③伝えたいキーワードを考える
  14. 改善方法・コツ④句読点をはっきりさせる
  15. 改善方法・コツ⑤動作でフォローする
  16. 改善方法やコツをまとめると?
  17. 説明下手・苦手な人の特徴は「病気」でもある?
  18. 「まとめ」本人の意思があれば苦手や下手なのも治せる

説明下手・苦手な特徴がある人は損をすることが多い!

説明下手・苦手な人は特徴的

出典: https://kabupota.com

損をし続けた人生を歩んでいるかも?

説明が得意な人と説明が下手な人がいると思いますが、説明が苦手な人は自分の思いを最後まで伝えても相手には伝えきれず、自分が想像していたことと違う行動された経験はないですか?
説明が下手な人は意外と損をすることが多く、自分の気持ちも伝わらないので、ストレスを感じやすくて悩んでいる人が多いです。
実はこの説明が下手な人はコツや改善方法が分かれば克服すつことができ、人によっては話し方も変わる人も多いとされています。
説明できない状態だと大変なことが多いので、今回はそのような説明できない人にぜひご紹介したい、改善方法・コツについてご紹介したいと思います。

説明下手には特徴や共通点が存在

下手な人苦手な人の特徴の共通点「改善方法がわかっていない」

出典: https://lineblog.me

克服できないと辛いことがたくさん

説明できない人や説明下手な人は主に共通点があります。
その共通点と言うのが「改善方法が分かっていない状態」ということです。
これは何かというと、説明下手な人や説明が苦手な人は自分は説明が得意でない事はわかっています。
しかし、そこから改善しようとする人が少なく、相手の理解力の無さが悪いと判断する人や、自分が今回も諦めたらいいやと考えて挫折してしまう人が多いのです。
そのため、一向に説明できないのを克服することができず、次第と自分の周りが理解できないのが悪いと感じるようになってしまいます。
この状態になってしまうと、克服が中々難しく、辛い事や損することが多い状態になってしまいがちです。

改善したい・克服したいと考えている場合には今回は改善方法をご紹介していますので、ぜひ挑戦していただけたらと思います。
まずは、説明できない人、下手な人の特徴についてご紹介していきたいと思います。
当てはまれば、当てはまるほど説明が下手である可能性が高いので要注意です。

説明したい事を把握しきれていない

説明が苦手な人の特徴①意味が分かっていない

出典: https://ameblo.jp

話の内容を深く掘られると返せれない

まず最初に挙げられるのが「意味が分かっていない」です。
これはどういうことかと言うと、説明が下手な人は話の本質を分かっていないことが多いということです。

分かりやすく例えると、多くの方が学生の頃勉強をしてきたと思うのですが、勉強が苦手な人は必ずしもどこかで躓いてしまうと思います。
これは問題に対する解決方法が分かっておらず、脳がパニック状態になっているため問題が解けないことが多いです。
しかし、授業は個人に合わせず淡々と進められるため、脳がパニック状態になっているのにさらに新しい知識を入れられたらパンク寸前になると思います。
勉強ができなくなっていくのはこの現象のせいで、わからなくなった所で一旦意味を考え、自分で納得していないから次同じこと問題が来てもわからないという状態が続きます。

説明もこれと同じです。問題の解き方がわかっていないのに、それを説明しろと言われても苦手な人からしたら不可能だと思います。

このようなことからわかるように、説明下手な人は問題となる会話の意味を分かっていない状態が起こっているため説明できない状態になっている可能性が高いです。

頭の中で整理できていない

説明が苦手な人の特徴②内容がまとめられていない

出典: https://www.voice-produce.com

まとまっていない状況に質問されるとパンク寸前

次に挙げられるのが「内容がまとまっていない」です。
これは先ほどと内容が似ているのですが、頭の中の整理ができていない状態で会話しても、ほとんどの人が説明ができない状態になります。

ほとんどの人は会話されたことの意味や内容を把握してから話をする人が多いのですが、説明が下手な人は頭の中が整理できていないのに会話をしてしまうことが多いとされています。
そのため、他の人からはちんぷんかんぷんで、何を言っているのか意味が分からないと言われることが多いです。
このような人は、逆に他の人に分かりやすく説明されることによってはじめて意味が分かる人が多いです。

そういった意味からもわかるように、説明や会話を続ける上では随時頭の整理をしていく必要が重要となります。

早くて言っている意味が分からない

説明が苦手な人の特徴③早口

出典: https://allabout.co.jp

話すスピードが速い人

次に挙げられるのが「早口」です。
説明が苦手な人は早口の人が比較的多いです。
これは早く自分の考えていることを伝えようとして早口で喋ってしまう人や、意識してなくて自然と早口になる人がいます。
しかし、早口で言われると当然多くの人が理解できなく、話の内容についていけない人が多いです。
そのため、内容が相手に入ってこないので説明が下手と思われることが多いです。

この場合の人は自分の中では意味が理解できていることが多いので、話のスピードを気をつけると克服しやすいです。

何について言いたいのか分からない

説明が苦手な人の特徴④主語や述語がない

出典: http://itpro.nikkeibp.co.jp

何についてかわからない

次に挙げられるのが「主語・述語がない」です。
主語述語については小学校か中学校の時に国語の時間で習うと思いますが、会話をする上ではとても重要なことです。
意外とこの主語述語を抜けて会話をしてしまう人が多く、説明された方は何のことについて言っているのか理解できないことが多いです。

主語と述語はできるだけ会話の中で距離が短い方が伝わりやすく、距離が遠ければ遠いほどわかりにくいです。
主語と述語の距離が遠いということは、話が簡潔でないということなので、だらだら話をしてしまう状態を指します。
そのため、話が長いと結局何を伝えたいのかわからなくなるので、説明したされた人は、説明をしてきた人に下手と思われる可能性が高いです。

伝わりにくい言葉を使う

説明が苦手な人の特徴⑤専門用語を使う

出典: http://www.itmedia.co.jp

自分だけが分かっても意味がない

次に挙げられるのが「専門用語を使う」です。
これは当然と言えば当然の話なのですが、説明が下手な人は専門用語を多く使ってしまいやすいです。
これは仕事なら仕方がないのでは?と考える人もいると思いますが、専門用語の内容になって大きく変わります。

というのも、専門用語と言っても状況がすごく重要で、仕事場全員が把握している言葉なら専門用語でも伝わると思います。
しかし、説明が下手な人は自分がわかっているからといって自然と専門用語を使い、多くの人に意味が分からない状態にさせることが多いです。

わかりやすくいうと、学校の先生たちが科学の授業などで専門用語などを教えてくれると思いますが、先生が博識感を出そうと授業に関係ない専門用語を言ってくると多くの生徒がパニックになると思います。

このように、説明をするのは相手に分かってもらうためなので、自分だけが分かっているような言葉をいっても伝わりにくい、理解してもらえにくいです。

そのため、専門用語はなるべく控えて、多くの方がわかりやすい言葉を使うと説明が上手になりやすいです。

説明が下手な人は思いやりが欠けている

特徴的な人は物事の道筋が見えていない

出典: http://k-bouken.com

目の前が真っ暗な状態で歩くのと変わらない

説明が下手な人の特徴についてご紹介しましたが、説明が下手な人は「思いやり」が欠けていることが多いとされています。
というのも、説明をするということは相手にわかってほしいために話をすることが多いです。

自分が分かっていない状態は目の前が真っ暗な状態で歩いているのと同じで、その状態で話をするということは真っ暗な中をただただ走り続けて相手を道連れにするのと一緒です。

そのため、相手にもわかりやすいように、まず自分の中で話の道筋を立てて、相手に伝わりやすく、話をしていくことが大切とされています。

相手に伝えるには思いやりが重要なので、伝えるときには相手の事を考えてから説明するようにしてください。

説明下手が損すること

会話が下手なので仕事の効率が悪い

出典: https://reli-a.com

仕事が捗らない

説明が下手な人で損をする事と言えば、「仕事の効率が悪くなる」です。
というのも、説明しても相手に理解してもらえないと前に仕事が進みずらく、ミスの原因にも繋がります。
そのため、説明がいまいち伝わらなければ再度話し方や内容をまとめるために再度自分の中で考える必要があります。
そういったことからも仕事の遅延につながるので、わかっていない状態で相手に伝えると効率が悪いです。

同僚や上司、部下の仲間が少ない

出典: https://miidasu.com

次第に人が離れていく

説明が下手な場合は同僚や上司、部下などの仲間も少なくなりやすいです。
というのも、説明が下手な人は相手に気持ちが伝えれにくいので、コミュニケーションが成立しにくいと思われやすいです。
そのため、自然と自分の周りから人が離れてしまいやすいです。

自分の気持ちを最大限伝えれない

出典: http://present-it-to-her.com

充分相手に理解してもらえない

説明が下手な人は何度もご紹介しているように自分の気持ちが最大限まで伝えることができにくいです。
そのため、相手に理解してもらえないので他の人と気持ちのすれ違いが起きやすく、人間関係が上手くいかなかったりすることが多いです。
話し方を変えたり、克服するだけで気持ちの伝わり方が雲泥の差ぐらい違うので、ぜひ克服することをおすすめします。

コミュニケーションの方法がない

出典: https://www.rosei.jp

コミュニケーション方法が途絶えていく

説明が下手な人はさらにコミュニケーション方法がなくなってしまいやすいです。
これは何かというと、相手に理解してもらいたいと考えて伝えるものの、相手に毎回理解してもらえなければ相手も嫌な気持ちになりますし、自分も嫌な気持ちになりやすいです。
そのため、伝えるものの、分かってもらえず苦痛になり、次第とコミュニケーションを避けるようになってしまいがちです。
このことからもわかるように、説明ができない人は他の人とのコミュニケーションを避けてしまいやすいので、コミュニケーション方法がなくなっていくことが多いです。

説明が上手な人の話し方・方法は?

説明が得意な人の特徴や方法は下手・苦手な人より考えている?

出典: http://yuryohaken.info

苦手な人は改善方法やコツを注意すれば治ることも!

説明が苦手な人の改善方法やコツを知らない人が多いと最初にご紹介しましたが、説明が上手い人はこの説明のコツや話し方を知っている人が多いです。
これは自然と話し方のコツが身につく人も多いのですが、説明が得意な人は自分のなかで納得して話している人が多いです。
主語や述語はなるべく話さないほうがいいとご紹介しましたが、説明が上手な方は会話の中で主語や述語以外にも動詞を上手に使います。
さらに、話し方もゆっくり話す人が多く、会話のスピードがゆっくりな人が多いです。

このような上手になるには話し方やコツを練習するだけで意外と改善できるようになったりします。
次は実際に改善方法やコツをまとめたものをご紹介しますので、練習する際の参考にしていただけたらと思います。

改善方法・コツ①話す前に内容を整理する

説明下手にならないように整理してから話す

出典: https://chigai-allguide.com

物事を整理する

まず最初に改善方法やコツとして挙げられるのが「話す前に内容を整理する」です。
これはとても重要なことで、自分が内容を把握していない事を相手に伝えることにはほぼ不可能と言えます。
そのため、話をされた段階で納得できないことは相手に再度聞くことが理想的です。
私が営業時に使っていたおすすめの技としては相手に同じことを被せていうと効果的です。

というのも相手が話してくれていることをもう一度復唱のように言うことによって、相手には自分の話を聞いてくれていることが伝わり、自分では復唱することによってもう一度相手が言っていることを確認できるので、かなりの効果があります。
この時に間違っていたら相手が否定してくるので、再度わかりやすく説明してくれる可能性が高いです。

あまり何回も聞きすぎると聞いてないのかと思われやすいですが、ある程度の回数ならば確認の意味も込めれるので、おすすめです。

改善方法・コツ②5W1Hを意識する

相手に分かりやすいように要点をまとめる

出典: https://naturalenglishonline.wordpress.com

5W1Hができれば改善ができるのももう少し

次に改善方法やコツとして挙げられるのが「5W1Hを意識する」です。
5W1Hについてはご存じだと思いますが、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「なぜ」「どのように」というように、わかりやすくまとめると相手に説明できやすいです。
話の内容をまとめることによって自分にもわかりやすいですし、相手に伝えるのも簡単です。
そういった意味でも5W1Hに話の内容をまとめると相手に要点だけ伝えることができるので、説明できないのを克服できやすいです。

改善方法・コツ③伝えたいキーワードを考える

伝えたいポイントを用意する

出典: http://yuuto-ads.com

キーワードを分かってもらうだけでも違う

次に改善方法やコツとして挙げられるのが「伝えたいキーワードを考える」です。
これは先ほどの5W1Hにも似ているのですが、相手に会話の中で伝えたいと思っているキーワードを最初に考えておくことによって説明をしている際でもキーワードを伝えればわかりやすいです。
しかし、先に話す内容をまとめて伝えたいキーワードを考えるのはいいのですが、話が長くなるほど効果が薄れやすいので、キーワードを伝えて話を短くすると最も伝わりやすいです。
説明できない人はキーワードが言えていても話が長くなる人が多いので、その部分だけは注意して話の内容をまとめましょう。

改善方法・コツ④句読点をはっきりさせる

簡潔にして伝える

出典: https://eigajournal.wordpress.com

句読点を意識すれば文も短くなる

次に改善方法やコツとして挙げられるのが「句読点をはっきりさせる」です。
句読点と言えば「てん、」と「まる。」ですが、これを上手に使い分けることによって相手に説明しやすいです。
文も実際に「てん」や「まる」があると見やすいと思います。

説明する上でも「てん」や「まる」があると説明しやすいので、まとめる意味でも頭の中で「てん」や「まる」を意識しながら話すと説明できやすいです。

改善方法・コツ⑤動作でフォローする

口下手、説明が苦手ならジェスチャーで補う

出典: http://koureisya-blog.info

言葉がダメなら視覚で伝える

次に改善方法やコツとして挙げられるのが「動作でフォローする」です。
説明の改善方法やコツを知っても仕事が忙しいと中々練習ができないという人も多いです。
そのような方は動作をつけて最初は初めて行くのがおすすめで、動作をつけることによって言葉では説明できない部分を補うことができます。
さらに、仕事でもこのジェスチャーは使え、ジェスチャーもつけることによって仕事に対する説明の内容もわかってもらいやすいです。
すぐに克服できるならば問題ないのですが、克服は時間をかける必要があるので、話し方の一つの方法として動作をつけて伝えるのがおすすめです。

改善方法やコツをまとめると?

改善方法をまとめると「相手に優しくわかるような話し方」

出典: https://tkids.tsite.jp

小学生が理解できるような内容・話し方だと伝わりやすい

改善方法やコツについてご紹介しましたが、まとめると次のような点を気をつけるといいです。

○説明をする前に話の内容を頭の中で整理する
○話をする時はジェスチャーがつけれるならジェスチャーを
○説明する時は5W1Hを意識する
○簡潔に話をまとめる

このようになっています。
理想としては小学生に理解してもらえるような話し方、内容にするとほとんどの人に伝わりやすいとされています。

説明下手・苦手な人の特徴は「病気」でもある?

改善方法でも治らないと場合は病気かも

出典: http://monkuma-nets.com

発達障害の病気かも?

改善方法やコツについてご紹介しましたが、それでも克服できない、説明できない人はひょっとしら病気という可能性もあります。
どのような病気かと言うと、説明できない人の病気は主に発達障害とされ、子供の頃から説明を避けて通ったらなりやすいとされています。
脳の障害・病気でもあるので、学習障害でもあり、病気の場合は克服するのが大変です。
しかし、この病気の学習障害出会った場合には脳を使わなかったのが原因であるので、脳を使っていくうちに次第と病気の治療となっていく可能性が高いです。
そのため、病気かもしれないと思っても、しっかりと練習することによって改善することも可能とされていますので、ぜひ練習していただけたらと思います。

「まとめ」本人の意思があれば苦手や下手なのも治せる

出典: http://terpee2.xsrv.jp

今回は説明できない人の特徴や改善方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。
説明ができないと仕事に支障が出たりするので不便なことが多いです。
しかし、仮に病気であったとしても練習すれば徐々に回復できて説明ができるようになるとされていますので、ぜひ諦めずに挑戦していただけたらと思います。

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

春澪
春澪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ