昔懐かしのお菓子大全集!昭和かおるパッケージ画像たち【年代別】

お菓子はみんなが好きなもので、人間にとってかなり身近なものですよね。そんなお菓子も年代と共に変わってきました。昔の懐かしいお菓子が今となっては恋しい!どんなものがあるか気になりますよね。今回は昔の懐かしいお菓子を中心に様々なお菓子・パッケージをご紹介します!

昔懐かしのお菓子大全集!昭和かおるパッケージ画像たち【年代別】のイメージ

目次

  1. お菓子だいすき
  2. 日本のお菓子と言えば「駄菓子」
  3. 時代によってお菓子は変化している
  4. 昔のお菓子の有名メーカーってどんなところがある?
  5. 昔の懐かしいお菓子を支えてきた定番お菓子メーカー
  6. 昔のお菓子のCMもたくさん放映された
  7. 昔の懐かしいお菓子CM
  8. 様々なお菓子が色々な年代を駆け巡ってきた!
  9. 年代別昔の懐かしいお菓子を見てみたい!
  10. 昔懐かしいお菓子のパッケージ一覧
  11. <年代別>昔の懐かしいお菓子一覧
  12. <1960年代>昔の懐かしいお菓子一覧
  13. <1970年代>昔の懐かしいお菓子一覧
  14. <1980年代>昔の懐かしいお菓子一覧
  15. <1990年代>昔の懐かしいお菓子一覧
  16. <2000年代〜>昔の懐かしいお菓子〜現在のお菓子一覧
  17. 昭和と平成でお菓子も変わってきた!
  18. <2018年>最新の人気お菓子一覧
  19. これからも新しいお菓子が出てくることに違いない!
  20. これからもお菓子と一緒に年を取っていく

お菓子だいすき

出典: https://www.pinterest.jp

どの時代にもお菓子ってありますよね。
お菓子は人間にとって必要不可欠なもの!
食事とは違う、食の楽しみをお菓子で感じることができます。
そんなお菓子ですが、時代と共に色々な変化を見せてきました。

お菓子があるかないかで生活はかなり変わってくると思います。
お菓子のない世界は一体どうなるのだろうか…なんて考えたこともあると思います。
実際かなり身近にあるものなので、手放すということがなかなか想像できない存在ではありますよね。
お菓子と共に大きくなってきたといっても過言ではないと思います。
そのようにお菓子と聞けば年代を感じるものなのです。

お菓子が無いと生きていけない!

出典: https://www.pinterest.jp

お菓子が無いと生きいけない!
なんて思っている人もたくさんいますよね。
実際お菓子がなくても、生きていくのはできます。
でも、お菓子ってどちらかというと心の癒しでもあります。
お菓子のお陰で素敵な日々を送ることができます!
実際全くお菓子がない環境に行ってみてください。お菓子の大事さがよくわかります。

日本のお菓子と言えば「駄菓子」

出典: https://www.pinterest.jp

日本のお菓子の代表といえば「駄菓子」ですよね!
駄菓子は長い間日本人のお菓子界を支えてきました。
駄菓子屋さんに小さいころ行ったという人は多いのではないでしょうか。
そのくらい駄菓子は日本人にとってとても身近なものです。

小さいころは100円を握りしめて、駄菓子屋さんで駄菓子をたくさん買った記憶があるのではないでしょうか。
駄菓子って安いものは5円からあるものもあるので、100円だと大量にかえますよね。
駄菓子の種類もたくさんあって、ガム、クッキー、チョコ、ビスケットなどがあります。
駄菓子の代表としては蒲焼きさん太郎など海外の人からしたら不思議なものも多いです。

そのくらい駄菓子は日本のお菓子として強い位置にいるのです。
そんな駄菓子だからこそ、日本の魅力をたくさん伝えてきたのですね!

昔の時代から駄菓子はたくさんありましたが、平成になった現在でも駄菓子は日本人にとって大事なお菓子です。駄菓子がなくなることはないと思いますが、それくらい駄菓子はかなり重要なお菓子なんです!

時代によってお菓子は変化している

出典: https://www.pinterest.jp

駄菓子の説明をしてきましたが、実際お菓子は駄菓子のみならずたくさんの種類があります!
しかも様々な味を楽しめるのがお菓子の醍醐味でもありますよね。
お菓子は味ももちろんですが、何よりパッケージやおまけのおもちゃがついていたりすることもあるので、そういう部分でもとても楽しめるんです!

今となっては懐かしい昔のお菓子もたくさん

出典: https://www.pinterest.jp

今となっては昔のお菓子は見なくなったというものもありますよね。
反対に昔のお菓子がリニューアルされたものもたくさんあります。
昔のお菓子といわれて、どのようなお菓子が思いつきますか?
昔のお菓子の代表格でもあるのが、グリコや明治のチョコやビスケット。
味は甘いものが昔のお菓子では多かったと思われています!

昔のお菓子がとにかく懐かしい!

出典: https://www.pinterest.jp

とにかく昔のお菓子が懐かしくなることがありますよね。
平成になった今、平成も終わろうとしています。
そんな中で様々なお菓子が誕生していますが、依然と形を変えない昔のお菓子も存在します。
しかし、やっぱりなくなった昔のお菓子もたくさんあります。
そんな昔のお菓子が懐かしいと思ったりしますよね。
昭和の時代の昔のお菓子はたくさんのお菓子がなくなってしまいました。
そんなとき、ふと「昔のお菓子が懐かしいな〜」なんて思ったりすることもあると思います。

昔のお菓子の有名メーカーってどんなところがある?

出典: https://www.pinterest.jp

様々なお菓子が存在しますが、お菓子のメーカーはどんなものがあるかご存知ですか?
おなじみのお菓子もあれば最近のお菓子もあります。
しかし意外とお菓子のメーカーがどこかは忘れがちなものになります。
ここで、定番のお菓子メーカーをいくつかご紹介します!

昔の懐かしいお菓子を支えてきた定番お菓子メーカー

お菓子の有名メーカー①グリコ

出典: https://www.pinterest.jp

昔の年代からお菓子界を支えてる代表会社は「グリコ」
グリコのロゴマークに見覚えがある人も多いと思います。
グリコはお菓子に初めておまけ付きのお菓子を作った会社であり、昭和から平成までどんな年代でも空かれているお菓子会社です。グリコは長い間お菓子界を支えてきましたが、現在もお菓子界の最先端で活躍しています。様々な種類のお菓子があるのも特徴で、飴やキャラメルなどが代表格のお菓子です。
グリコの味は懐かしいなんて思わせるほど、長い間愛されているお菓子会社なのです!

お菓子の有名メーカー②ブルボン

出典: https://www.pinterest.jp

ブルボンもお菓子界を支えている大きなお菓子会社。
ブルボンも昔の年代からあるものなんです!
現在はチョコ商品を中心に、平成感覚に合わせたお菓子を開発していますが、昔の時代の良さもなくさずに愛されています。
10代の人でも楽しめるようなお菓子作りのみならず、20代、30代、40代、50代とどの年代の人でも楽しめる味を作り出しているのです。

お菓子の有名メーカー③不二家

出典: https://www.pinterest.jp

お菓子好きなら外せないのが「不二家」
不二家のメインキャラクターでもあるのが、ペコちゃんですよね。
昔の年代から大人気のペコちゃんのキャラメルは、重大のキャラメルとは異なりミルク味のキャラメルが人々の心を掴みました。
パッケージにはペコちゃんがいたり、とても可愛いパッケージになっています。
特にペコちゃんは可愛いキャラクターでとてもキャッチーだといわれていました。
現在も不二家のケーキ屋さんがあったり、昔の時代から今の年代までお菓子界を支えています。

お菓子の有名メーカー④ロッテ

出典: https://www.pinterest.jp

韓国のお菓子企業「LOTTE」は日本でも大人気!
コアラのマーチなどもロッテのお菓子なんです!
ビスケットとチョコを混ぜた絶妙な味を開発し、瞬く間に人々の心を掴みました。
ロッテも昭和から平成まで愛されているお菓子会社で、味の品質改良に全力を尽くしている会社です。
ロッテのCMはかなり印象的と思っている人も多いと思います。
コアラのマーチのようなパッケージがキャッチーなものだと、パッケージが目に引かれますし、買いたくなりますよね!

お菓子の有名メーカー⑤明治

出典: https://www.pinterest.jp

そしてこちらもお菓子で忘れてはいけない「明治」
明治のチョコレートは今でも大人気ですよね!
バレンタインの時期が近づくと、昭和の時代から明治のチョコが大量に売れるといわれてきました。
チョコの味も工夫して、甘くない味のチョコや甘い味のチョコ、ホワイトチョコ味の白いチョコも開発してきました。
明治のチョコのパッケージは想像もすぐつきますよね。
それくらい長年愛されているお菓子メーカーなのです。

昔のお菓子のCMもたくさん放映された

出典: https://www.pinterest.jp

それぞれのメーカーを紹介してきましたが、これらのメーカーはお菓子商品そのものはもちろん、CMも怠りませんでした。
お菓子はCMが大事で、味やパッケージはもちろん、どのようにしたらキャッチーなCMが作れるか工夫をしてきました。
今では懐かしいCMもたくさんあると思います。

昔の懐かしいお菓子のCMから現代のモダンなお菓子のCMまで

出典: https://www.pinterest.jp

おまけがついているからお菓子を買ったや、定番のお菓子だからこのお菓子を買ったなど、無意識に当たり前のお菓子を購入する人は多いと思いますが、実際にお菓子をどのように購入していたか覚えていますか?
きっと多くの人はCMに引かれて、お菓子を買った人が多いと思います。
CMがとてもキャッチーで味を試してみたい!と思った人もたくさんいると思います。
様々なお菓子のCMが人々の好きな味を引き寄せたのです!

昔の懐かしいお菓子CM

昔の懐かしいCMって覚えていますか?
きっと一度でも見たら思い出すCMもたくさんあると思います。
パッケージにいるキャラクターなども、実際にCMで動いているところを見て買いたくなったという人も多いと思います。
例えば、カールおじさんのカールはパッケージにいますが、CMで動いているところを見て、もっと味を知りたくなったという人も多いのではないでしょうか?
カールおじさんは懐かしく感じますが、現在も現役のお菓子です!

昔の懐かしいCM:玄光社

1119peat0628さんの投稿
24331825 816674805171632 534109806374420480 n

玄光社はお菓子のCM界を支えていた放送会社。
昭和時代のお菓子CMの定番ともいえる存在です。
昭和時代を生きていた人なら知らない人はいないともいえる、お菓子の放送会社でした!

昔の懐かしいCM:東ハト

tanuki_zさんの投稿
19429370 477295625997078 6412990376042299392 n

今ではほとんどCMを見ないのが「東ハト」のCM。
キャラメルコーンは子供が大好きなお菓子。
子供のみならず、大人も大好きな人が多いと思います。
東ハトのCMも懐かしいCMのひとつとなっています。
でもどの時代もキャラメルコーンのパッケージはとってもかわいいですよね!
シーズン毎にパッケージが変わるので、子供にとても人気なのです。

様々なお菓子が色々な年代を駆け巡ってきた!

様々なお菓子が多くの年代を駆け巡ってきました。
おまけ付きのお菓子は今でも形を変え残っています。
おまけ付きと聞いて思いつくのは「チョコエッグ」が多いと思います。チョコエッグをキライな人はいないのではないかと思うくらい大人気のお菓子でした。
チョコエッグにはおまけがついていて、そのおまけも子供が好きそうなキャラクターだったりします。
あとは、女の子に人気だったのがおもちゃのアクセサリーがついているおまけ。実際おまけがメインみたいになっているお菓子もあるくらい、お菓子界もおまけに力をいれていました。昭和のころから続いているおまけ付きお菓子は現代も続いています。

年代別昔の懐かしいお菓子を見てみたい!

出典: https://www.pinterest.jp

年代別に流行ったお菓子は違いますよね。
昭和時代のお菓子から現代のお菓子の人気も大分変わってきました。
昭和時代からあったお菓子でもパッケージをかえて、新しく登場しています。
それぞれの年代のお菓子は何が人気だったか気になりますよね。

昔懐かしいお菓子のパッケージ一覧

出典: https://www.pinterest.jp

今では全くと言っていいほど見ない「サンキストレモンタブレット」
パッケージから昭和の匂いが感じられます。
レモンの黄色さをものすごく表現したお菓子ですよね!
子供たちはサンキストのレモンタブレットに夢中になっていたみたいです!

出典: https://www.pinterest.jp

こちらは昭和にかなり流行ったお菓子「コーラアップ」
コーラのグミです。
現代ではグミと言えば様々な種類がありますが、昭和時代のコーラグミを支えていたのは紛れもないコーラアップなのです。
パッケージに値段が書いてあるのも年代を感じますよね。

出典: https://www.pinterest.jp

どんな時代もアイスクリームは子供達の大人気お菓子。アイスクリーム無しにお菓子は語れません!そんなアイスクリームですが、昭和の時代ももちろん大人気でした。
2018年の今、アイスクリームの値段は高騰し、ひとつのアイスクリームでも100円以上はしますよね。
でも昭和のアイスクリームは、何と10円で食べることが出来たんです!そのアイスクリームとは「ホームランバー」
現在もホームランバーアイスクリームはありますが、昭和時代のホームランバーアイスクリームは何と言っても10円。子供たちの味方でもありました!
しかもパッケージが可愛いのと、ホームランバーアイスクリームは、3本で1本当たると当たり付きのアイスクリームだったんです。そのため、10円という安さから大人買いする子供も多数いました。昭和のお菓子を代表するホームランバーアイスクリームは、多くの子供たちから愛されてきたお菓子です。
ホームランバーアイスクリームはパッケージも可愛く、男の子が野球をしている様子を描いています。現在はほとんどホームランバーアイスクリームの入荷はありませんが、昭和時代から生き残っているアイスクリームのひとつです!
今でもホームランバーアイスクリームの味が忘れられないという人は多いはず!

出典: https://www.pinterest.jp

もしかしたら平成でもこのお菓子を見たことがある人がいるのではないでしょうか?
そうこのお菓子「ドンパッチ」は昭和を代表するお菓子で、口のなかでぱちぱちはじけるわた飴になっています!
パッケージからもわかるように、様々な味があり、80円という安い値段で売られていました。
今でも平成ではあまりみかけないお菓子にはなってしまいましたが、昭和で大人気だったお菓子のひとつです!
駄菓子屋さんでドンパッチは必ず置いてありました。

出典: https://www.pinterest.jp

パッケージからかなり年代を感じますね!
これはチキンラーメンの駄菓子用ラーメン。
パッケージには完全殺菌と下に小さく10エンと値段が表記されています。
この値段でかなり美味しいチキンラーメンのお菓子を食べれると評判になり、昭和時代の子供の心をあっという間に鷲掴みにしました。
現在ではラーメンさん太郎がこのベビーチキンラーメンに似ている駄菓子として販売されていますが、昭和感が漂うパッケージが懐かしいですよね!

出典: https://www.pinterest.jp

出典: https://www.pinterest.jp

小さいころにこのドリンクを飲んだことがあるという人は多いのではないでしょうか?
中の粉を水に混ぜるだけで、メロンソーダができるというお菓子です。
パッケージには「シャンペンソーダ」と書いてあることから、昭和時代の香りがかなりする商品になっていますよね!

こちらのパッケージも懐かしい!と思う人は多いのではないでしょうか。
森永のハイソフトの昭和のパッケージです!
色からかなり印象的で、ハイソフトも昭和を代表するお菓子だったと言えるでしょう。
今ではほとんど見られませんが、このハイソフトのパッケージを懐かしむ人は大勢いると思います!

出典: https://www.pinterest.jp

昔から普遍のチョコベビー。
でも昔のパッケージを見ると今とは大分違うことがわかりますよね。
現代でも昭和時代のお菓子の復刻版はたくさんありますが、なんだかんだ昭和時代のパッケージがすごく恋しいという人は多いと思います。

年代別でもどんなお菓子が昔はあったか知りたい!

出典: https://www.pinterest.jp

様々な昔のお菓子のパッケージを見てきましたが、実際にどの年代にどんなお菓子があったのか気になりますよね。
今回は年代別で流行ったお菓子を色々ご紹介します!

<年代別>昔の懐かしいお菓子一覧

出典: https://www.pinterest.jp

それでは年代別に人気だったお菓子を見ていきましょう!
おまけやパッケージのみならず、味やCMでお菓子は引きつけられてきました。
懐かしいお菓子やおまけ、パッケージを年代別で見ていきましょう!

<1960年代>昔の懐かしいお菓子一覧

60年代の代表でもあるのが「マーブルチョコ」
マーブルチョコは今でもパッケージが変わって残っています。
懐かしいCMとお菓子でかなり懐かしい気分になった人もいるのではないでしょうか?
実際昔のCMはモノトーンだったので、パッケージの色とかわかりませんが、実際に買ってパッケージを見ようという人もいました。

不二家のミルキーキャラメルは昭和からある老舗のお菓子。
CMがとにかく可愛くて、パッケージもとってもかわいい。
しかもキャラメルを包んでいる袋も可愛いですよね!

コーラキャラメルも60年代の代表。
昭和の代表のキャラメルです。
今では全く見ない伝説のお菓子となっています。

<1970年代>昔の懐かしいお菓子一覧

明治のチョコは70年代から人気になりました。
懐かしいパッケージのチョコで、懐かしく思う人もいると思います。
年代を見るといかに明治のチョコが大人気で、今も愛されているかわかりますよね!

70年代は空前の駄菓子ブーム!
懐かしいお菓子といえば駄菓子が多いという人も。
おまけ付きお菓子も70年代に多く登場し、お菓子の宝庫といわれた時代です。
パッケージもかわいいものばかりで、キャッチーなお菓子がたくさんありました。
この動画に70年代のまとめがありますので、チェックしてみてください!

<1980年代>昔の懐かしいお菓子一覧

アイドル時代ともいわれる80年代。
日本が最も豊かだった時代といわれています。
CMもカラフルになり、お菓子のCMも気合いが入っています。
松田聖子がCMを務めたCECiLのチョコは80年代の代表のお菓子。
美味しそうにお菓子を食べる松田聖子が印象的なCMで、当時大人気のお菓子となっていました!

昭和時代のお菓子は菓子パンのお菓子がとても多かったです。
ビエネッタは昭和時代の子供の心を掴みまくった商品。
見た目も美味しそうだし、味もカンペキだったお菓子なのです。
現代では見られない懐かしのお菓子ですよね。

<1990年代>昔の懐かしいお菓子一覧

90年代は記憶にも新しいお菓子も多いと思いますが、懐かしいお菓子もたくさん。
グリコが特に大人気だった時代です。
この時代もおまけ付きが大人気で、おまけを求めてお菓子を買いにくる子供たちがたくさんいました。
現代に比べて値段もかなり安かったので、お菓子を買うのが簡単な時代でした。
懐かしいお菓子は今でもあるお菓子がたくさんあります!

この動画は90年代の人が懐かしくなるお菓子をまとめたもの。
これを見て、懐かしいのが「チューイングガム」
今ではたくさんの種類のガムがありますが、昭和時代のガムといえばチューイングガムという長いガムでした。懐かしいガムですよね!

<2000年代〜>昔の懐かしいお菓子〜現在のお菓子一覧

そして現代の2000年代のお菓子はCMもかなり変わってきました。
懐かしいお菓子も形をかえて今でも健在です。
例えばポッキーは今でも大人気の商品ですが、昭和時代から人気が高かったのです!

お菓子のCMのマーケティングもかなり本格的になり、昭和のCMとのクオリティとは格段に違うもの。
現代のお菓子は昔の懐かしいお菓子を参考にしているものも多く、昔の懐かしさを忘れずに取り入れているものも多いのです!

昭和と平成でお菓子も変わってきた!

昔の懐かしいお菓子派

出典: https://www.pinterest.jp

たくさんのお菓子を紹介してきましたが、人々のなかには「懐かしいお菓子の方が好き」という人もいます。
昔の懐かしい感じを忘れない味がずっと変わらず好きという人もいますよね。

大人になってふと駄菓子が食べたくなることはありませんか?
今ではなかなか昔の懐かしいお菓子を手に入れることは難しくなってきましたが、駄菓子の味って忘れないものですよね。
今でも駄菓子を食べればかなり幸せな気持ちになれるという人も多いと思います。
昔の懐かしいお菓子はまだ存在するけど、昔のパッケージが忘れられないという人もいると思います。

現代のお菓子派

出典: https://www.pinterest.jp

昔のお菓子もいいけどやっぱり現代のお菓子が良いという人も多いと思います。
昔のお菓子にはゼリーや北海道のシベリアキャラメル、沖縄のお菓子など日本全土でそれぞれのお菓子がありましたが、現代のお菓子は全土共通のものが多いです。その分どこに行っても、手に入れられ得るお菓子に魅力を感じている人は現代のお菓子派の人が多いと思います。
今のお菓子は30円などで買えるものはほとんどありません。その分、内容が多かったり、病み付きになってやめられないお菓子などもあります。
ポテトチップスやじゃがりこは中毒性がかなりあるもので、食べるのをやめられない!なんて人も多いのではないでしょうか。

昔の懐かしいも好き。現代のモダンな感じも好き。

出典: https://www.pinterest.jp

やっぱり昔のお菓子も今のお菓子も大好きという人もいると思います。
どちらの時代のお菓子もそれぞれ違う良さがたくさんありますよね。
ひとつになんて絞れないなんて人も多いと思います。
そんな人はやっぱりどちら派でもありますよね。
お菓子は年代と共に様々な形に変わってきています。どんなお菓子でも愛せる存在は素敵ですよね!

<2018年>最新の人気お菓子一覧

出典: https://www.pinterest.jp

現代のお菓子は味に注目しているものが多いです。
新しいお菓子を開発するというよりかは、既存のお菓子の味を増やしていくという会社が多くなってきました。
例えば、ジャガビーは平成の大人気お菓子。
ジャガビーの定番といえばうすしお味。しかし現在は焦がしバターなど他にも様々なお菓子の味を開発しています。
元々あるものをもっと良いものにするということに力を注いでいる会社が多く、ジャガビーはどの味も大人気のヒット商品です。

出典: https://www.pinterest.jp

カルビーのポテトチップスはどんな時代でもお菓子界を支えてきた大事な存在です。
カルビーのポテトチップスなしには人生は考えられません。
小池屋とカルビーが日本のポテトチップス業界をほとんど占めていますが、日本人でポテトチップスをキライな人は見たことがありません。
そのくらいポテトチップスはお菓子界を支えているのです。
そんなポテトチップスも定番な味に期間限定で様々な味を開発しています。
例えば画像のようなゆず塩チキン。たまにはこんな味も食べたいという思いで開発されました。
実際いつもない味のほうが、人気は増します!でも定番な味も安定に売れているのです。

出典: https://www.pinterest.jp

お菓子は少し域を越えてきました。
フライドポテトは海外では食事の枠に入りますが、日本ではお菓子に入ることもあります。
この画像のお菓子はただのフライドポテトではありません。アンチョビ味のフライドポテトなんです!
味が不思議だと人は試したくなります。
しかもパッケージがかなり魅力的。
こんな美味しそうなフライドポテトをお菓子で食べれるなら買っちゃいますよね。
パッケージの大事さがどれだけのものかよくわかります。

これからも新しいお菓子が出てくることに違いない!

出典: https://www.pinterest.jp

これからも私たちの生活には様々なお菓子が生まれてきます。
既存のお菓子ももちろんこれからも続いていくと思いますが、それ以上に新しいお菓子もたくさん出てくると思います。
どんな時代でもいつでも懐かしいと思えるお菓子が生まれると嬉しいですよね。
お菓子と共に自分の年代もわかっちゃうのはすごいですよね。
それくらいお菓子と共に生きているのです。

これからもお菓子と一緒に年を取っていく

出典: https://www.pinterest.jp

最後に、ジャガビーにはガーリックシュリンプ味もあるんです!
こんなに美味しそうなパッケージ、ついつい手に取っちゃうという人も多いのではないでしょうか。
味もパッケージもクオリティは昔に比べたら、今の時代が格別高いものになっています。
お菓子は生活で欠かせないものだからこそ、自分だけのお気に入りのお菓子を見つけたいですよね。
そして自分が年を取ったときに、自分と一緒に年を取ったお菓子があると何だか嬉しいですよね。
これからもお菓子と共に素敵な美味しい人生を送りましょう!

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

lillily147
lillily147

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ