電話対応が苦手な人だけがわかる心理!克服方法は?

電話と言えば、自分とは見えない相手と会話をする必要があるので苦手意識がついてしまいやすいです。 苦手意識から電話対応が芳しくないものになってしまいやすく、さらに苦手意識が深まるとされています。 今回は電話対応の苦手意識を克服する方法についてご紹介します。

電話対応が苦手な人だけがわかる心理!克服方法は?のイメージ

目次

  1. 電話対応で悩む人は多い
  2. 対応が苦手の人には理由がある
  3. 電話が苦手な人の心理①一度失敗したことがある
  4. 電話が苦手な人の心理②緊張してしまう
  5. 電話が苦手な人の心理③メールの方が便利
  6. 電話が苦手な人の心理④見えないのが怖い
  7. 失敗したくない気持ちが大きな原因
  8. 克服方法は意外と簡単!
  9. 相手が良い人と思いこむ
  10. 素直に話す
  11. 自分に自信を持つ
  12. 回数を重ねる
  13. 「まとめ」電話対応の苦手意識は克服できる

電話対応で悩む人は多い

電話対応が苦手な人は年々増加

出典: http://hatarakikata-design.com

若い人を中心に苦手な人が増えている

皆さんはどのくらいの頻度で電話をかけますか?
電話をかけるのは慣れている人もいれば、電話対応が苦手な人も存在し、人によって得意不得意がありますよね。
私も元々電話が苦手でしたが、営業の仕事をする上で必須だったので、回数を重ねて何とか電話対応が苦手ではなくなりました。
しかし、実は電話対応が苦手な人は年々増加傾向にあるとされています。
これは電話利用する人が減少している傾向が原因で、総務省でも発表されています。
今回はそのような電話対応が苦手な人の心理や克服方法についてご紹介したいと思います。

対応が苦手の人には理由がある

出典: https://support.apple.com

原因は意外と明確

私も昔皆さんと同じように電話が苦手だった頃は理由が存在し、意外と理由が明確でした。
私の場合は電話対応が苦手だった理由は「失敗したくない」という気持ちや「人見知り」ということから電話をかけるのが怖いと感じる状態が多かったのですが、この理由以外にも電話をしたくないと感じる理由もあるとされています。
次は実際に電話対応が苦手な人の理由や心理についてご紹介したいと思います。

電話が苦手な人の心理①一度失敗したことがある

出典: http://tenshokutejun.com

過去のトラウマが邪魔をする

まず苦手な人が最も多いとされている理由は「一度失敗したことがある」です。
これは過去のトラウマが邪魔していることが多く、心理的にも不安が強い状態であることから電話をかけるのをためらってしまう場合が多いです。
心理的に不安を抱えた状態で電話をかけると、さらに電話中にも不安な事を考えてしまいやすいです。
そういったことからも一度失敗したことがある場合には電話が苦手な心理が働いてしまうことが多いとされています。

電話が苦手な人の心理②緊張してしまう

出典: http://freedom21.biz

緊張すると余計にぎこちなく

次に挙げられる電話対応が苦手な人の理由・心理は「緊張してしまう」です。
電話に慣れていない事がストレスになってしまう場合が多く、緊張してついついぎこちない通話になってしまうことが多いとされています。

これは普段慣れていない事への挑戦が原因である場合や、仕事でのプレッシャーなどが緊張を高める原因となっているのですが、ストレスを感じながら電話をかけてもやはり対応が悪くなってしまい、電話相手に嫌な気持ちをさせてしまう可能性が高いです。

緊張することによって自分にも余裕ができないので、一杯一杯の状態になってしまいやすいので、電話対応の苦手意識が強くなってしまう場合が多いです。

電話が苦手な人の心理③メールの方が便利

出典: http://www.appbank.net

LINEやメールを使う機会が増えた影響

次に電話が苦手な人の理由は「メールの方が便利」という理由です。
これは電話対応が苦手な人が増加したところの一番の原因とされているのですが、ラインなどの連絡手段が便利になってしまったことから電話をする機会が極端に減ったとされています。
LINEは使う人も多いのでご存知だと思いますが、仕事でもグループを作って利用する機会が多いです。
以前までは仕事でも何かあるとメールや電話の手段が多かったのですが、このラインが頻繁に使われるようになってから電話する機会が失われ、苦手な理由に大きな影響を与えていると言われています。

電話が苦手な人の心理④見えないのが怖い

出典: https://astrology.neoluxuk.com

見えないからこそかけるのが怖い

次に電話が苦手な人の理由は「見えない人が怖い」という理由です。
この電話相手は現状見えない人との通話なので、不安やストレスを感じてしまいやすく、怖いと感じる気持ちが膨れ上がることが多いとされています。
怖いからこそ電話をかけるのを躊躇ってしまいこのようなループが続いて次第に電話対応が苦手になる人が多いです。

失敗したくない気持ちが大きな原因

出典: http://takeda-kenko.jp

失敗したくないのがストレスに!

電話対応が苦手な人の理由や心理についてご紹介しましたが、苦手意識が高くなりやすい原因をまとめると「失敗したくない」という気持ちが大きな原因になります。

電話対応が苦手、怖いという気持ちから、電話をかける前にすでにストレスを強く感じてしまいやすく、不安な気持ちの状態で電話をかけて失敗する人が多いです。
電話をかけた後に後悔してしまうとさらに次の電話ができない意識が根付いてしまうので、失敗したくない気持ちが大きな原因で電話対応が下手になりやすいと言えます。

このようなマイナスイメージを解消することが電話苦手をなおすコツにも繋がりますので、前向きな気持ちを持ちながら電話をかけるようにしましょう。

克服方法は意外と簡単!

出典: http://seishin.upper.jp

克服できれば仕事も捗る!

電話対応が苦手な人は「失敗したくないという」気持ちが一番の要因ということをご紹介しましたが、実はこの電話対応が苦手という意識や心理を克服する方法があるとされています。
その方法とされているのが意外と簡単で、誰でも挑戦しやすいので、ぜひ電話が怖い、緊張してできないと悩んでいる方は挑戦してみていただけたらと思います。

相手が良い人と思いこむ

電話対応が苦手な人の克服方法①通話相手が良い人とイメージ

出典: http://funny-log.com

良い人と思うと勇気が出しやすい

電話が苦手でかけるのができないと悩んでいる人の克服方法は「通話相手が良い人」とイメージすることです。

というのも、電話で失敗したことがある人にも2種類存在し、自分がしっかりとした電話対応ができなかった理由の人と、相手がすでに怒っている状態で、さらにそこを刺激したことから失敗したという理由が多く挙げられます。

これは仕事やプライベートでも同じことが言えるのですが、最初から電話する相手が怖いというイメージを持っていては電話が苦手ではない人でも躊躇ってしまいやすいです。

そのため、クレーム対応などは中々難しいですが、そうでない場合には通話相手が良い人とイメージしてから電話をかけると電話苦手意識が徐々に克服されやすいです。

素直に話す

電話対応が苦手な人の克服方法②分からなければ素直に謝る

出典: https://denwadaikou.jp

謝ると意外と相手も優しくなる

次に電話が苦手でかけるのができないと悩んでいる人の克服方法は「素直に謝る」です。
こちらは仕事のクレーム対応などでも使えるのですが、電話をしている相手には自分が悪い場合にいは素直に謝るのが一番です。

というのも、対面して話す場合は相手にも自分の様子が映るので、次第にその様子を見て怒っている状態を鎮めてくれる人が多いのですが、電話では自分もそうですが相手も見えない分気持ちが伝わりにくく、すれ違いが起きやすいです。

そういったことを回避する意味も含めて素直に謝ると相手にも誠意が伝わりやすく、自分が間違った状態であればその気持ちが相手にも伝わるとされています。
電話では一度真剣に相手に謝ると相手も嫌な気持ちになりにくいので、怒りが静まる場合が多いです。

自分に自信を持つ

電話対応が苦手な人の克服方法③自分の方がリードする気持ちで

出典: https://thechange.jp

自分に自信をもってかけるとなんとかなる

次に電話が苦手でかけるのができないと悩んでいる人の克服方法は「自分に自信を持つ」です。
電話をかけるときは苦手意識からストレスを感じてしまいやすいのですが、できないと考えるのではなく、自分に自信をもって電話をかけると意外とできるようになることが多いです。

不安な気持ちから電話をしたくないと考え込む人が多いのですが、自分に自信を持った状態で会話をすると、会話の流れもリードすることができ、自分が考えている気持ちや伝えたい事を上手に説明できやすいです。

電話以外でもそうですが、自分が不安やストレスを感じている状態で話をすると相手にも伝わりやすく、相手は自分よりもさらに不安やストレスを感じてしまいやすいので悪循環になってしまうことがたくさんあるので、自分に自信をもって電話をかけるようにしていきましょう。

回数を重ねる

電話対応が苦手な人の克服方法④経験を積めば慣れる

出典: http://xn--l8ja0gwbbfud3xoqlg0ljkk814e.com

回数重ねれば自然とかけれるようになる

最後にご紹介する克服方法は「回数を重ねる」です。

これは荒療治と言っても過言ではないのですが、やはり人間慣れるもので、回数を重ねて電話をしていくと電話に対するストレスや不安は消えてしまいやすいです。
そのため、電話が最初は苦手だった人も、電話の回数を増やしていくうちに自然となれて、電話を自らかけられるようになります。

最初にもご紹介したように電話慣れしていないことが一番の理由であったりするので、電話が苦手な人はまず友人や家族にでもいいので、電話をかけて、通話することに慣れていくようにしましょう。

「まとめ」電話対応の苦手意識は克服できる

出典: http://online-english9.com

今回は電話の苦手な人の心理や理由、克服方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

若い人の間で電話の苦手な人が急増している現状となっていますが、克服方法は簡単で、意外とあっさり苦手意識が解消できてしまう人も多いです。
コールセンターやクレーム処理担当など仕事面でも電話をかける機会が多い人でも最初は電話が苦手だったという人も意外にいるようです。

そのような人たちも慣れないながらも電話を続けて不安やストレスを解消していった人が多いので、皆さんも電話が苦手意識を持ってしまっている場合は徐々にで大丈夫ですので、苦手意識を持たないように少しずつ電話に慣れるようにしていきましょう。

会話が苦手な人はこちらも!

説明下手な人に共通する特徴と「説明できない」を克服する改善方法・コツまとめ | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

春澪
春澪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ