「スター・ウォーズ」シリーズ、どの順番で見るべき?全9作品の時系列とあらすじ解説

人気映画スター・ウォーズ・シリーズは9つのエピソードで構成され、これらを見る順番として、物語の時系列順か公開順で見るか意見が分かれます。 今回はスター・ウォーズ・シリーズのエピソードの見る順番として、時系列順か公開順かについて解説していきます。

「スター・ウォーズ」シリーズ、どの順番で見るべき?全9作品の時系列とあらすじ解説のイメージ

目次

  1. 映画「スター・ウォーズ」シリーズとは?
  2. 「スター・ウォーズ」シリーズ は、3つの三部作から構成されている!
  3. オリジナル・トリロジー(旧三部作)
  4. プリクエル(Prequel)・トリロジー(前編三部作)
  5. シークエル(Sequel)・トリロジー(続三部作)
  6. 2作のスピンオフ・シリーズ
  7. 「スター・ウォーズ」シリーズ はどの順番で見るべき?
  8. おすすめの見方は「エピソード4・5・6」から見ていく!
  9. 「スター・ウォーズ・シリーズ」の エピソード毎の登場人物とあらすじのご紹介!
  10. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード4 新たなる希望」の登場人物とストーリー
  11. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード5/帝国の逆襲」の登場人物とストーリー
  12. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード6/ジェダイの復讐」の登場人物とストーリー
  13. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード1/ファントム・メナス」の登場人物とストーリー
  14. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード2/クローンの攻撃」の登場人物とストーリー
  15. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード3/シスの復讐」の登場人物とストーリー
  16. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード7/フォースの覚醒」の登場人物とストーリー
  17. 「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード8/最後のジェダイ」の登場人物とストーリー
  18. 「スター・ウォーズ・スピンオフ:ローグワン」の登場人物とストーリー
  19. 「スター・ウォーズ・シリーズ:スピンオフ・ローグワン」のストーリー
  20. 「スター・ウォーズ」のアニメ版「 クローン・ウォーズ」も人気!
  21. まとめ:「スター・ウォーズ」シリーズ、どの順番で見るべき?

映画「スター・ウォーズ」シリーズとは?

出典: https://www.diverseabilitymagazine.com

映画「スター・ウォーズ/STAR WARS」シリーズは、ジョージ・ルーカス監督が脚本も自ら書いた壮大なスペース・ロマンの大作映画です。
そして第一作目の映画は今から40年以上前に公開され若い人からシニアの人に至るまで大人気のヒット作の映画となりました。

更に映画の最初に流れる「A long time ago in a galaxy far, far way....、:遠い昔、はるか彼方の銀河系で・・・」の定番の場面が、ジョン・ウイリィアムスの音楽に合わせて一緒に流れると、もう見ている人は皆、スター・ウォーズの世界にのめり込んでいきます。

「スター・ウォーズ」シリーズ は、3つの三部作から構成されている!

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:3つの三部作がある!

映画「スター・ウォーズ」の作品としてのストーリーは、正史(カノン)としての三部作・トリロジーの9作の映画と、2作のスピンオフ映画から構成され、さらに、多数のアニメ版「スター・ウォーズ」の作品があります。
これまで正史9作の映画の内、8作の映画が公開されています。

オリジナル・トリロジー(旧三部作)

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:現在まで8作が公開!

出典: https://spice.eplus.jp

「スター・ウォーズ」シリーズのポスター

現在まで「スター・ウォーズ」シリーズの正史の流れとしてエピソード9の内、8つの作品が公開されています。

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:第4話から6話までがまず公開!

・「スター・ウォーズ」正史の作品:オリジナル・トリロジー(正史:旧三部作)
[1] 1977年 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望

[2] 1980年 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

[3] 1983年 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐

プリクエル(Prequel)・トリロジー(前編三部作)

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:第1話から第3話まで!

・「スター・ウォーズ」正史の作品:プリクエル(Prequel)・トリロジー(正史:前編三部作)
[4] 1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス

[5] 2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

[6] 2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

シークエル(Sequel)・トリロジー(続三部作)

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:最後のエピソード!

・「スター・ウォーズ」正史の作品:シークエル(Sequel)・トリロジー(正史:続三部作品)
[7] 2015年 スター・ウォーズエピソード7/フォースの覚醒

[8] 2017年 スター・ウォーズエピソード8/最後のジェダイ

[9] 2019年 未発表(エピソード9)

これらの正史としての「スター・ウォーズ」の全作品を、公開年別の年表のような流れに沿って並べて一覧にしてみますと、以下のようになります。それぞれ日本語のサブタイトルが付いています。

・「スター・ウォーズ」正史の作品:オリジナル・トリロジー(旧三部作)
[1] 1977年 スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望
[2] 1980年 スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲
[3] 1983年 スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐

・「スター・ウォーズ」正史の作品:プリクエル(Prequel)・トリロジー(前編三部作)
[4] 1999年 スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス
[5] 2002年 スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
[5a]2008年 スピンオフ・アニメ映画『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』
[6] 2005年 スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

・「スター・ウォーズ」正史の作品:シークエル(Sequel)・トリロジー(続三部作)
[7] 2015年 スター・ウォーズエピソード7/フォースの覚醒
[8] 2017年 スター・ウォーズエピソード8/最後のジェダイ
[9] 2019年 未発表(エピソード9)

2作のスピンオフ・シリーズ

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:スピンオフとして2作!

・上記の正史の作品とは別に、スピンオフ・シリーズ、いわゆる番外編の作品として「アンソロジー・シリーズ」の名前で以下の2作の映画があります。この内、最初のスピンオフの「ローグワン」は2016年に公開され、傑作の作品として公開当時話題となり人気となりました。

[10] 2016年 ローグワン/スター・ウォーズ・スピンオフ(非正史)
[11] 2018年 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・スピンオフ(予定)

「スター・ウォーズ・シリーズ スピンオフ:ローグワン

出典: https://www.amazon.com

「スター・ウォーズ・スピンオフ: ローグワン」

2016年に公開されたスター・ウォーズ・シリーズの正史とは別の流れのスピンオフ作品、いわば番外編としての「ローグワン」は、公開後に傑作作品として人気となりました。
この「ローグワン」をエピソード4の前に見ると、物語の流れがより分って興味深いです。

「スター・ウォーズ」シリーズ はどの順番で見るべき?

スター・ウォーズ・シリーズ を見る順番は時系列か、公開順か?

「スター・ウォーズ」は、上記の作品の内、どれから見るべきなのでしょうか?

その見るべき順番としては、大きく2つあります。

・一つは、スター・ウォーズが公開された順番の流れの沿って、「エピソード4・5・6」→「エピソード1・2・3」→「エピソード7・8・9」という流れでの見方です。

・もう一つは「スター・ウォーズ」自体の物語の流れに沿って、ストーリーの時系列順(歴史順)の流れで見ていく方法で、「エピソード1〜3」を先に見てから「エピソード4〜9」という流れでの見方です。

おすすめの見方は「エピソード4・5・6」から見ていく!

スター・ウォーズ・シリーズ を見る順番は公開順に見ていく!

ここでおすすめする見方としては、公開された1作目の「エピソード4」からみて、順に「エピソード5・6」→「エピソード1・2・3」→「エピソード7・8・9」という公開された順番の流れで見ていく方法です!

もちろん、「スター・ウォーズ」のストーリーの時系列順(歴史順)に「エピソード1〜3」を先に見て、それから「エピソード4〜9」という流れに沿って見ていく方法もありますが、
「エピソード1・2・3」のストーリーは、『過去編』ですので、過去編の流れを先に見てしまうとストーリーが「ネタバレとなってしまい、「エピソード4・5・6」の作品を見る時に、物語の「伏線」が楽しめなくなる可能性があります。

それともう一つ、「エピソード1・2・3」の作品は「エピソード4・5・6」の作品より年代として後に作られた作品で公開も後になっており、CGなどの映画の特殊効果の技術がかなり進歩していますので、「エピソード1・2・3」の作品の映像を先に見てしまうと、「エピソード4・5・6」の作品の映像が、やや劣ってしまい、期待外れになってしまう恐れがあることです。

「スター・ウォーズ・シリーズ」の エピソード毎の登場人物とあらすじのご紹介!

ではここから、「スター・ウォーズ・シリーズ」の エピソード毎の登場人物とあらすじのご紹介していきます。
それぞれのエピソード毎のプロフィールが分かり、興味深いです。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード4 新たなる希望」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズ を見る順番は時系列?:エピソード4の詳細

出典: https://twitter.com

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード4 新たなる希望」

「エピソード4 新たなる希望」の登場人物

出典: https://www.vappingo.com

ルーク・スカイウォーカー

若きジェダイの騎士。
強力なフォースの使い手であり、またライトセーバーを武器として使いこなし強大な戦闘力を持つ。

出典: https://imgflip.com

レイア・オーガナ姫

宇宙を支配しようとする帝国軍に抵抗する、反乱軍の指揮者。

出典: https://otakaranet.com

ハン・ソロ

愛機ミレニアム・ファルコン号を操り、ルークやレイア姫を助ける。

出典: http://www.bandab.com.br

R2-D2

宇宙船などの操縦、電子、機械修理からソフトウエア航法ナビゲート・機関制御・暗号解読からクラッキング、ホログラムの映写、膨大な量のデス・スター設計図を丸々コピーするメモリー能力など、高度な電子頭脳を持つドロイド。

出典: http://starwars.wikia.com

C-3PO

600万を越す宇宙言語や暗号、各種族の儀礼に精通しているスペース・ドロイド。
口数が多く、周りからうるさがれることがある。また、ネガティブ思考ドロイド。

出典: http://www.craveonline.com

オビ・ワン・ケノービ

ルーク・スカイウォーカーにフォースの道を教えるジェダイ・マスター。

出典: http://www.dannychoo.com

ダース・ベイダー

帝国軍の指揮官。フォースの力を使いこなし、暗黒卿とも呼ばれ恐ろしい存在。

出典: https://jp.seaicons.com

チューバッカ

ハン・ソロの相棒で高い戦闘能力を持ち、ファルコン号の操縦など優秀なパイロット。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード4」のストーリー

【スター・ウォーズ エピソード4】あらすじ1

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

銀河系を圧政で支配している帝国軍が持つ最強兵器で、星ごと破壊してしまうという「デス・スター」の設計図を何とか入手した反乱同盟軍の宇宙船が、帝国軍の戦艦に捕獲されてしまう。
船に乗っていた同盟軍の指揮官であるレイア・オーガナ姫は、間一髪の所でデス・スターの設計図をドロイドのR2-D2に託し、相棒として人間型ドロイドのC-3POと共に砂漠の惑星「タトゥイーン」に脱出させる。

スター・ウォーズ エピソード4 あらすじ2

この惑星「タトゥイーン」には、かつて銀河にフォースを駆使し正義を行っていた「ジェダイの騎士」の生き残りであるオビ=ワン・ケノービが、帝国軍からの追跡を逃れて隠遁生活を送っていた。
そしてこの惑星に暮らしていたジェダイの騎士の末裔である少年のルーク・スカイウォーカーを見守っていた。

オビ=ワンは、R2-D2に託されたレイア・オーガナ姫からの助けのメッセージを受け、ルークと共に反乱同盟軍に加わることを決意する。
その後、並外れたパイロットスキルを持つ密輸業者のハン・ソロと知り合い、ソロの相棒チューバッカの操縦するメレニアム・ファルコン号に乗り、帝国軍の追撃を逃れて、反乱軍の拠点の一つである惑星オルデランに向かう。

スター・ウォーズ エピソード4 あらすじ3

しかし「惑星オルデラン」は、レイア姫や反乱軍への見せしめとして、彼らが到着の直前に、デス・スターにより破壊されたのであった。
そしてオビ=ワンとルークを乗せたメレニアム・ファルコン号は、デス・スターに近すぎ過ぎて拿捕されてしまう。

うまくファルコン号に隠れていた彼らは見つからずに、敵兵に紛れてデス・スター内に潜入し、捕えられていたレイア姫の救出と脱出に成功する。
しかしオビ=ワンは、そこで対戦したかつての弟子であり、ジェダイの騎士を裏切って「シスの暗黒卿」となっているダース・ヴェイダーに切られてしまう。オビ=ワンを失った失意に陥ったルークだが、レイア姫の励ましを受け、反乱軍の秘密基地がある衛星ヤヴィンに向かう。

スター・ウォーズ エピソード4 あらすじ4

反乱軍は30機程の戦闘機で編隊を組み、帝国軍を攻撃するためデス・スターに出撃していく。
しかし、ダース・ヴェイダー達の操縦する戦闘機の反撃に遭い、次々と落とされていく。遂に残ったのは、ルークを含めた三機だけになり、その二機も撃墜されてしまい、ルークの一機だけになってしまった。
そしてダース・ヴェイダーのターゲットにロック・オンされ、まさに撃ち落とされようとした時、突如現れたハン・ソロのファルコン号がダース・ヴェイダーと護衛機を撃退、その一瞬を突き、ルークはデス・スターの弱点部にミサイルを撃ち込む。それが見事命中し、デス・スターは木端微塵に吹き飛んでしまう。

基地に戻ったルークとハン・ソロは、デス・スターの破壊を讃えられ、レイア・オーガナ姫と反乱軍の最高指導者達からメダルを贈呈され、大いに祝福されたのだった。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード5/帝国の逆襲」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード5の詳細

出典: http://blog.livedoor.jp

スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード5/帝国の逆襲」の新たな登場人物

出典: http://www.phoenixnewtimes.com

ランド・カルリジアン

惑星ベスピンの執政官

出典: http://www.starwars.jp

ヨーダ

ジェダイ・マスター

出典: http://blog.livedoor.jp

皇帝パルパティーン

帝国軍の皇帝。別にダース・シディアとも名乗る。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード5/帝国の逆襲」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」あらすじ1

「デス・スター」を破壊されてから帝国軍は大規模な攻撃を開始し、反乱同盟軍は惑星ヤヴィンを追われ、氷の惑星ホスを新たな基地として反撃の機会を窺がっていた。
帝国軍は反乱軍のホスの基地の所在を突き止め、攻撃部隊を送り込み攻撃してくる。

反乱軍はこの基地から撤退せざるを得なくなり、ハン・ソロとレイアは、チューバッカ、C-3POと共にファルコン号で脱出し、ソロの昔の友達であり以前のファルコン号のオーナーであったランド・カルリジアンが執政官を務める雲の惑星ベスピンへと向かいます。
一方ルークはジェダイの修行をする為に、湿地帯の惑星ダゴバにいるかつてジェダイ・マスターに会います。

「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」 あらすじ2

一方、惑星クラウド・シティに着陸したハン・ソロ一行はランドから歓迎されますが、ランドはクラウド・シティの安寧を交換に帝国軍と取引し、ハン・ソロら拿捕してベイダーに引き渡します。その後、ソロは実験台としてカーボン凍結に掛けられてしまいます。

ソロたちの危機を感知したルークは、救出の為にクラウド・シティに向かい、遂にベイダーと相対して互いにライトセーバーを抜き対決します。
しかし、ベイダーの暗黒面のフォースに圧倒され、ライトセーバーにより右手を切断されてしまいます。
ルークはベイダーに「父の仇」と叫びますが、ベイダーはルークに「私がお前の父親だ」とショッキングな事実を伝えます。ルークは深く動揺しますが、更にベイダーは一緒にフォースの暗黒面を使って、皇帝を倒して2人で銀河を支配しようと呼びかけます。
しかし、ルークは誘いを断り、奈落の底へと身を投げます。

一方、ランドの操縦するファルコン号に乗り込んだレイアは、ルークを何とか見つけ出し救出します。
そして、反乱同盟軍の病棟に収容されたルークは傷に手当てを受けた後、レイアやC-3PO、R2-D2らと共にこれから起こることを思うように銀河を見つめるのでした。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード6/ジェダイの復讐」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード6のまとめ

出典: http://victoria-178.blog.so-net.ne.jp

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐」

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード6/ジェダイの復讐」の新たな登場人物

出典: https://imgflip.com

ジャバ・ザ・ハット

惑星タトゥイーンを牛耳る銀河の犯罪王

出典: http://ja.starwars.wikia.com

ボバ・フェット

悪名高い賞金稼ぎ

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

イウォーク族

惑星エンドアの森の中に住む原住民

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード6/ジェダイの復讐」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐」のあらすじ1

帝国軍は極秘裏に、破壊されたデス・スターを修復し、さらに強力な機能を追加した「第2デス・スター」を計画し、建造していました。
一方、レイアはカーボン冷凍されたハン・ソロの救出ため、惑星タトゥイーンを支配するジャバ・ザ・ハットの宮殿に潜り込み、何とかハン・ソロを解凍して助け出したのもつかの間、今度はレイアが捕まってしまいハットの奴隷になってしまいます。
またハットとの仲間の救出交渉に訪れたルークも捕まり、砂漠の底無し砂地獄の妖怪サーラックの巣に落とされ処刑されそうになりますが、ルークは一瞬の隙を見てライトセーバーでハットの部下を倒し、仇の賞金稼ぎボバ・フェットもサーラックに落とされ、レイアはハットを繋がれていた鎖で絞め殺します。

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐」のあらすじ2

ハット一味を殲滅させたルークはレイアやソロ達と別れ、ジェダイの修行を終えるために惑星ダゴバのヨーダの元に戻ります。
やがてヨーダは、余命命幾ばくもない状態で、様態が悪化しその生涯を終えました。
その後ルークは、オビ=ワンの霊と会い、初めてベイダーが実の父親であることを告げられ、さらにベイダーも知らない事実として、レイアはルークの双子の妹であることも告げられるのでした。

一方反乱軍は、デス・スターが森の惑星エンドアにある拠点からシールドによって防御されている情報を得て、この拠点攻撃し破壊する為に、ソロやレイアは突撃隊を組織し惑星エンドアに向かいます。

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐」のあらすじ3

ルーク達の攻撃隊は、エンドアの森の中で原住民イウォーク族と遭遇し、彼らをなんとか味方に付けることに成功します。
そして、ルークはレイアに自分が実の兄であること、そしてベイダーが自分たちの父であることを告げます。
その後、ルークはベイダーを暗黒面から救い出すため敢えて帝国軍に投降し、ベイダーに会おうとします。

ルークと会ったベイダーは、その成長をみとめますがルークの説得には応じず、皇帝の元につれていきます。
皇帝は、ルークを暗黒面に誘うべく暗示をかけ、ベイダーと戦わせます。ルークはベイダーと戦いその右腕を切り落とします。
皇帝は何とかルークを暗黒面に誘おうとしますがルークが断ると、フォースの電気を浴びせ殺そうとします。
それを見たベイダーは、親子の情が蘇り、皇帝を持ち上げデス・スターの反応炉の奥深くに突き落として殺害します。

「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの復讐」のあらすじ4

ソロやレイアは惑星エンドアの森の原住民イウォーク族の協力を得て、森の中にある帝国軍のデス・スターを防御しているシールドの基地を破壊します。
その後、ランドが操縦するファルコン号は防御シールドが解除されたデス・スターの中心にある炉を破壊すると、デス・スターは大爆発を起こして宇宙の塵と化して消滅してしまいました。

惑星エンドアに着いたルークは父の亡骸を火葬し、祝宴を挙げるハン・ソロやレイアなどの仲間と再会しました。
そしてルークの目には、自分たちを優しく見守っているヨーダやオビ=ワン、父のアナキンの霊の姿が見えるのでした。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード1/ファントム・メナス」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード1のまとめ

出典: https://www.suruga-ya.jp

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード1/ファントム・メナス」の新たな登場人物

出典: http://starwars.disney.co.jp

クワイ=ガン・ジン

ジェダイ・マスター

出典: http://kingdom-hearts-unlimited.wikia.com

オビ=ワン・ケノービ

ジェダイのクワイ=ガン・ジンに弟子入りしている若き日のオビ=ワン・ケノービ。

出典: http://blog.goo.ne.jp

パドメ・アミダラ

惑星ナブーの王妃

出典: http://www.starwars.jp

アナキン・スカイウォーカー

子供時代のアナキン(後のダース・ベイダー)

出典: http://cosmic-land.jp

ダース・モール

ダブルブレードのライトセーバーを武器として使用

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード1/ファントム・メナス」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のあらすじ1

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

銀河共和国の内部では、貿易連合と惑星ナブーの間で通商の税率をめぐって論争が続いていました。
この紛争の解決のため、ジェダイ・マスターであるクワイ=ガン・ジンと弟子のオビ=ワン・ケノービが特使としてナブーに派遣されます。

途中彼らは、通商連合によって攻撃され妨害されながらも、惑星ナブーの原住民の種族であるグンガンの若者である、ジャー・ジャー・ビンクスの援助を得て、逮捕され拘束寸前であったアミダラ王妃を救出します。

しかし惑星コルサントへ向かう途中に艇が破損し、やむ無く砂漠の惑星タトゥイーンへ不時着することになります。
そしてそこで、母親と一緒に奴隷となって働いていた少年のアナキン・スカイウォーターに出会います。
そしてジャンク艇のレースで勝利したアナキンの類いまれな才能を見抜いたクワイ=ガンは、アナキンを奴隷の身から解放し、将来ジェダイの騎士にするべく彼らと共に連れていきます。

ようやくコルサントに到着しますが議会は既に腐敗が蔓延しており何も決められず、憤りと焦りを感じたアミダラ王妃は一行を連れて惑星ナブーに帰還します。

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のあらすじ2

その後、長年対立関係にあったグンガンの協力を取り付け、共同戦線が開始します。
しかし、そうした彼らの前にはシスの暗黒卿ダース・モールが立ちはだかるのでした。
クワイ=ガンとオビ=ワンはモールにライトセーバーでの戦いを挑みますが、一瞬の隙を突かれてクワイ=ガンはモールに刺されてしまいます。
オビ=ワンは動揺を必死でこらえてフォースの力を味方につけ、モールの身体をライトセーバーで切り裂いて戦いに勝利しますが、致命傷を負ったクワイ=ガンは息を引き取ります。

アナキンは貿易連合軍のバトル・ドロイド制御艦を撃破した功績により、ジェダイ・ナイトに昇格します。
惑星ナブーでは祝勝会の式典が行われ、元老院最高議長になったパルパティーンはアナキンに一目を置くようになり、ボス・ナスに平和が訪れたことを宣言するのでした。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード2/クローンの攻撃」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード2のまとめ

出典: https://www.amazon.co.jp

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード2/クローンの攻撃」の登場人物

出典: http://www.zimbio.com

アナキン・スカイウォーカー

青年となったアナキン・スカイウォーカー。
ジェダイの掟に背き、パドメと恋仲になります。

出典: http://www.rebelshaven.com

パドメ・アミダラ

惑星ナブーの王妃。

出典: https://www16.atwiki.jp

パルパティーン最高議長

後に帝国軍の皇帝となっていきます。

出典: http://www.1999.co.jp

ジャンゴ・フェット

宇宙の刺客

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード2/クローンの攻撃」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のあらすじ1

「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」の物語から10年後、銀河共和国の執行機能は依然として機能していない。
この状況を打破すべく議会では共和国の軍隊保有の投票が行われ事になり、パドメ王妃は惑星コルサントへ向かいます。
しかし、この時に爆弾テロに遭遇し、今後のことを考慮しオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカはパドメ王妃の警護役に任命されます。

オビ=ワンは爆破の証人を殺した刺客を追うべく、惑星カミーノに向かい、クローンの遺伝子ホストであるジャンゴが証人を殺した刺客であることを突き止めますが、ジャンゴの拿捕には至りませんでした。
一方パドメ王妃と、ボディーガードのアナキンはジェダイの掟に背き、恋へと落ちていきました。

「スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」のあらすじ2

アナキンは気になっていた今だに奴隷となって働いている母を訪ねるべく、パドメ王妃と共に故郷へ向かいます。
しかし母は盗賊によって捕まっており、やっとの思いで見つけますが、衰弱がひどく息子の腕の中で息を引き取ります。怒りに逆上しアナキンは、部族ごと盗賊を殺してしまいます。

一方ジャンゴを追跡していたオビ=ワンは、惑星ジオノーシスに到着し、そこでドゥーク―伯爵に捕まってしまいす。
そしてそこへ、救出に来たアナキンとパドメ王妃も一緒に捕えられてしまいます。

3人の処刑が行われようとしていたところに、ジェダイ軍団が救援に現れます。しかし多勢に無勢、あわやジェダイ軍団も敗戦の色が濃くなった頃に、ヨーダによって率いられたクローン軍が到着し挽回します。
そうしてここで巻き起こったのが、クローン大戦だったのです...

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード3/シスの復讐」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード2のプロフィール

出典: https://www.amazon.co.jp

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード3/シスの復讐」の登場人物

出典: https://www.hollywoodreporter.com

オビ=ワン・ケノービ

ジェダイ・マスター。
弟子であったアナキンがダークサイドに堕ち、師弟対決をすることに。

出典: https://veralline.com

アナキン・スカイウォーカー

ダース・シディアスと師弟関係を結んでしまい、オビ=ワンとの師弟対決へ。

出典: https://ilesformula.com

パドメ・アミダラ

元惑星ナブー王妃。
アナキンとジェダイの掟破りの恋仲となり、子供を宿します。

出典: https://imgflip.com

パルパティーン最高議長/ダース・シディアス

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード3/シスの復讐」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のあらすじ1

クローン大戦から4年が経った銀河共和国では、他の独立したいくつかの惑星の軍により最高議長のパルパティーンが捕ってしまうという事態が発生します。
パルパティーンを救出すべくオビ=ワンとアナキン・スカイウォーカーは、捕えた軍の所へ向かいます。そこで首謀者のドゥークー伯爵と対決し、伯爵を倒します。
パルパティーンを無事救出した後、アナキンは、パドメ王妃が妊娠していたことを知り喜びますが、母を亡くしたショックからパドメも出産で失ってしまうかもしれないという悪夢に何度も襲われます。

一方ジェダイ評議会では、権力を振るって長い間最高議長の座に固執するパルパティーンに疑いの目を向けます。そして、裏に何かあるのではとアナキンに命じて探らせます。

「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」のあらすじ2

パルパティーンはアナキンがパドメの出産で悩んでいる事につけ込み、暗黒面のフォースの力でパドメを無事に出産させる方法があると説きます。
このことが契機となって、アナキンはパルパティーンが暗黒面のシス卿ダース・シディアスであることを確信し、評議会に報告します。
しかし一方で、アナキンはパドメ王妃を失ってしまうのではという悩みを払しょくできず、暗黒面の誘惑に勝てず、パルパティーンを逮捕に来た評議会の長を倒してしまいます。

その後暗黒面に堕ちたアナキンは、ジェダイの騎士たちを次々と抹殺していき、最後はジェダイのオビ=ワンとヨーダの2人のみとなってしまいます。

そうして遂にアナキンは生き残ったオビ=ワンと、究極の師弟対決をすることになるのです。

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード7/フォースの覚醒」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード7のプロフィール

出典: http://ja.starwars.wikia.com

スター・ウォーズエピソード7/フォースの覚醒

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード7/フォースの覚醒」の登場人物

出典: http://www.starwars.jp

レイ

砂漠の惑星ジャクーに住み、廃品回収で生計を立てながら「家族」の帰りを待ち続けています。

出典: https://www.eiganohimitsu.com

フィン

帝国軍ファースト・オーダーの脱走兵

出典: https://matteus45.wordpress.com

BB-8

くるくる回転する新ドロイドBB-8。
重要な秘密を託されたBB-8は、レイと出会い、フィンらと旅へ

出典: http://starwars.disney.co.jp

ハン・ソロ

再び密輸業者として登場、レイたちの窮地を救います。ミレニアム・ファルコンと共にレジスタンスへ参加。

出典: https://www.pastemagazine.com

最高指導者スノーク

帝国軍の残党ファースト・オーダーの最高指導者

出典: https://www.amazon.co.jp

カイロ・レン

ファースト・オーダーの戦士

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード7/フォースの覚醒」のストーリー

「スター・ウォーズエピソード7/フォースの覚醒」のあらすじ

時はエピソード6のストーリーから30年後。殲滅的なダメージを被ったとされていた帝国軍の残党が、ファースト・オーダーと名乗り、銀河系の星々の支配を着々と企んでいます。
一方銀河系には、新共和国が誕生しましたが、まだ発展途上であり、軍事面では装備も弱く、ファースト・オーダーに抵抗する為にレイアの率いる私設軍隊レジスタンスが、この新共和国を脇から支えています。

また銀河系を救った英雄ルークは、今はある出来事がきっかけで何処にいるのか不明となっていますが、ファースト・オーダーの最高指導者スノークや直轄の部下であるカイロ・レンなどが、ルークの行方を依然として追っています。
一方レジスタンス側も必死にルークの捜索を続け、その結果ルークの居所と思しき鍵を見つけ、パイロットのポー・ダメロンをその場所に派遣します。

砂漠の惑星において、廃品回収をして暮らしてる若き女性のレイは、まだ行方不明となっている家族との再会を待ち望んでいます。
そんな彼女は有る時、重要な秘密を託された球形ドロイドのBB-8やファースト・オーダーの脱走兵のフィンに出会い、ファースト・オーダーとの戦いに巻き込まれることになり、それが思わぬ旅の始まりとなるのでした...

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード8/最後のジェダイ」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:エピソード8のプロフィール

出典: https://twitter.com

「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード8/最後のジェダイ」の登場人物

出典: https://starwarsbu.com

レイ

ジェダイのフォースを身に着けたレイ

出典: https://alpha.wallhaven.cc

ルーク・スカイウォーカー

隠遁生活を送っているルーク

出典: http://japanese.engadget.com

レイア・オーガナ

反乱軍の指揮官

(レイア・オーガナを演じたキャリー・フィッシャーは本作が遺作となりました。)

出典: https://chadfredlott.com

カイロ・レン

ファースト・オーダーの副官

「スター・ウォーズ・シリーズ エピソード8/最後のジェダイ」のストーリー

「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のあらすじ1

伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーは銀河を帝国軍から守った後、ジェダイの騎士団を再建しようという試みが悲劇に終ったことにより、今では辺境の惑星オクトーの孤島にて隠遁生活を送っています。

そして同盟軍の必死の操作の結果を受けて、レイは遂にルークの住む孤島に辿り着きます。

強力なフォースの力を既に覚醒しつつあるレイは、ルークにジェダイの騎士となる為の修行と、進むべき道を教えて欲しいと頼みます。
しかし、ルークはその依頼を断りますが、レイの必死の懇願と、並外れたフォースを有していることを確信し、レイにジェダイの騎士としての道を教えます。

一方、祖父であるダース・ベイダーから暗黒面のパワーを受けついだカイロ・レンは、以前のレイとの対戦で敗北を喫して、顔に深い傷を残していました。
今はカイロ・レンの師であるファースト・オーダーの最高指揮官スノークによって、自己の持つパワーを認識し、心理面での弱点を克服すべく、自身の過去を葬り、蘇ろうと決意します。

「スター・ウォーズ エピソード8/最後のジェダイ」のあらすじ2

自分の父親であるハン・ソロを殺害したカイロ・レンが次に目標にしたのが、反乱軍を率いる指揮官でもある、母親のレイア・オーガナでした。
帝国軍の究極の兵器「スターキラー」の基地を破壊した反乱軍に対し、ファースト・オーダーのハックス将軍は反乱分子に対して執拗な追撃命令を出します。

そして戦闘が激化する中、ファースト・オーダの脱走兵であるフィンと、反乱軍の飛行整備士であるローズに、スター・デストロイヤー内部に潜入して追跡装置の暗号を解く人物を探すという、重大な指令が与えられます。

一方強大なフォースの力を覚醒させながらも、未だ戸惑いと迷いを抱えるレイは、闇にとらわれてしまうのか・・・?
また、反乱軍はうまく「スターキラー」の暗号を解読し破壊することができるのか?
そして、ファースト・オーダー軍と反乱軍の最後の戦闘には思わぬ結末が待ち受けているのでした...

「スター・ウォーズ・スピンオフ:ローグワン」の登場人物とストーリー

スター・ウォーズ・シリーズを見る順番は時系列?:スピンオフ・ローグワンのプロフィール

出典: http://top.tsite.jp

ローグワン :スター・ウォーズ・ストーリー

このローグワンはスター・ウォーズ・シリーズのスピンオフ・ストーリーとしてのいわばスター・ウォーズ・シリーズの番外編の映画です。

丁度エピソード3と4の間に位置する「ローグワン」は、反乱軍がデス・スターの設計図を苦心して入手する物語の作品として、公開時に話題となり人気となりました。


「スター・ウォーズ・スピンオフ:ローグワン」の登場人物

出典: http://www.cnn.gr

ジン・アーソ

科学者ゲイレン・アーソの娘。15歳の時に父親が帝国軍から追われてしまい家族と離れ離れになってしまう。ローグワンのヒロイン。

出典: http://starwars.disney.co.jp

ゲイレン・アーソ

ジンの父親で宇宙に関して深い知識を持った科学者

出典: https://verne.elpais.com

キャシアン・アンドー

反乱軍の情報将校で共和国の再建のために反乱軍に参加。
ジンの監視役として一緒に行動することになる。

「スター・ウォーズ・シリーズ:スピンオフ・ローグワン」のストーリー

「スター・ウォーズ・シリーズ・ローグワン」のあらすじ

銀河系全体を脅威に陥れる帝国軍の究極兵器“デス・スター”がついに完成しようとしていた。
一人で生き続ける女戦士のジン・アーソは、生き別れた科学者の父が“デス・スター”の設計に関わっている可能性があることえお知り、真相を確かめるべく、反乱軍の極秘チーム“ローグワン”の加入しその一員となる。

そして「デス・スター」の設計図を盗み出すという過酷な指令に自ら志願し、身を投じていくのだったが…

「スター・ウォーズ」のアニメ版「 クローン・ウォーズ」も人気!

「スター・ウォーズ」シリーズの中には、アニメでその世界を描いた以下のTVシリーズも存在します。

①『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(2008年映画版)』
②『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ(TVアニメ版)』
③『スター・ウォーズ 反乱者たち』がありますが、

そのうち正史の流れに属するのは『クローンウォーズ』の映画・TVアニメ版のみです。
これらは時系列の流れで言うと、エピソード2と3の間にあたります。
スター・ウォーズの世界をより詳しく知りたいという方は、こちらもおすすめです!

①2008年「クローン・ウォーズ」シーズン1は22話。

②2010年「クローン・ウォーズ」シーズン2(賞金稼ぎの台頭)22話。

③2011年「クローン・ウォーズ」シーズン3(暴かれた秘密)22話。

④2012年「クローン・ウォーズ」シーズン4(バトル・ライン)22話。

⑤2013年「クローン・ウォーズ」シーズン5 20話。

⑥2014年「クローン・ウォーズ」シーズン6(ザ・ロストミッション)13話。

今後も「クローン・ウォーズ」のシーズンとして制作・放映される予定です。


出典: http://ja.starwars.wikia.com

クローン・ウォーズの登場人物

クローン・ウォーズの登場人物は、基本的にはスター・ウォーズに出てくる人物と同じです。

ただクローン・ウォーズの中で、脇役として出てくるジェダイ・マスターが、このクローン・ウォーズでは大活躍します。
クローン・ウォーズでは、それぞれの任務や戦いにスポットライトを当てているので、クローン・ウォーズを見ている内にお気に入りのキャラクターが決まっててきたりします。

「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」のあらすじ

「エピソード2/クローンの攻撃」で銀河共和国と分離主義勢力が、惑星ジオノーシスで衝突して以来、クローン・ウォーズの戦火は銀河の各地に拡大した。

ジェダイが指揮するクローン・トルーパーによって構成される共和国軍と、バトル・ドロイドによって組織されたドロイド連合軍は各地でクローン・ウォーズとして激戦を繰り広げる。
そしてクローン・ウォーズを少しでも自陣営に有利にする為、共和国と連合は戦闘の他各地で活発な外交交渉をも敢行している。
それらの影響は各惑星に裏切りや暗殺と言った様々な形で現れるのだった。

アニメ版「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」の動画

アニメ版「スター・ウォーズ クローン・ウォーズ」の映像は下の動画のような感じで、多くのファンがいて人気となっています。

まとめ:「スター・ウォーズ」シリーズ、どの順番で見るべき?

「スター・ウォーズ」シリーズ、どの順番で見るべき?についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

人気映画「スター・ウォーズ」シリーズは、今から40年以上前に公開されましたが、今見ても新鮮で、若い人からシニアの人に至るまで見る人を引き付けています。
今回は、映画「スター・ウォーズ」シリーズの見るべき順番として、公開順か?物語の時系列順か?についてご紹介しましたが、これを機に一人でも多くの人が「スター・ウォーズ」を見てファンになてくれたらと思います。


関連するまとめ記事

fumiyama
fumiyama

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ