70年代ファッションの特徴を解説!流行スタイル・ブランド・髪型まとめ【画像集】

70年代ファッションの特徴を活かしたオシャレが日本でもアメリカでも流行っていますね!しかし、なんとなく70年代っぽいだけで、70年代のファッションがどんなものかを知らない方が日本でもアメリカでも多いようです!70年代ファッションをまとめましたのでご参考に!

70年代ファッションの特徴を解説!流行スタイル・ブランド・髪型まとめ【画像集】のイメージ

目次

  1. 70年代ファッションの特徴は?
  2. 70年代ファッションで流行ったスタイルは?
  3. 日本でも流行った「アランセーター」
  4. ベルボトムは日本で「パンタロン」「ラッパズボン」
  5. アメリカで流行ったホットパンツが日本に来た
  6. アメリカで花柄が流行った理由は知っておくべき
  7. 花柄の流れでアメリカにはヒッピーブームが来た
  8. アメリカから来たジーンズが日本で大爆発
  9. パンクロックバンド「セックスピストルズ」の流行
  10. 日本の70年代を作ったブランド「ケンゾー」
  11. カルバンクラインも70年代代表ブランド
  12. PRADAが魅せた70年代ファッション!
  13. GUCCIが作る70年代フィーチャーファッション!
  14. CHLOEが作る70年代ファッション!
  15. ニュートラファッションは日本の神戸から
  16. サーファーファッションも70年代から!
  17. 70年代スケーターファッションがかっこいい!
  18. 70年代に生まれたヒップホップが80年代に繋がっていく
  19. 1970年代に日本で流行った髪型は?
  20. まとめ~アメリカから日本に来たファッション~

70年代ファッションの特徴は?

70年代ファッションの特徴①大きな花柄

出典: http://dandyism-neco.com

大きな花柄が流行トレンドでした。

70年代ファッションを代表する柄が「花柄」です。
花柄の中でも特徴の強い、大きな花柄がポイントですね!

70年代ファッションをしてみたいと考えた際は、まずは大きな花柄を入れる事を意識してみましょう。
70年代ファッションがどういうものかを知っている人は、すぐに気がつくはずです!

70年代ファッションの特徴②ボヘミアン

出典: https://stylehaus.jp

ボヘミアンでヒッピーなスタイルも流行トレンド。

70年代ファッションを大きく代表する特徴的なファッションスタイルが、ボヘミアンファッションです。
アメリカらしさを感じますが、日本人がやっても民族っぽさが出てとても似合うのが特徴。

ヘアスタイルをボヘミアンファッションに合わせると、よりそれっぽさが上がりますが、ボヘミアンっぽくないヘアスタイルでも十分似合います。

70年代ファッションで流行ったスタイルは?

70年代ファッションで流行ったスタイル①デニム

出典: http://tabizine.jp

70年代と言えばジーンズが流行トレンド。

70年代ファッションを語る上で欠かせないのが、ジーンズです。
ジーンズは70年代からファッションとして受け入れられました。

今ではジーンズはファッションを語る上で当たり前のアイテムですが、60年代には全然見なかった事を考えると、結構新しいファッションですね。

70年代ファッションで流行ったスタイル②オーバーサイズ

出典: http://wear.jp

60年代のミニな流れとは逆に、70年代はビッグルックと呼ばれるスタイルが流行トレンドになります。

後述する日本人ブランド「ケンゾー」の創業者が生み出したオーバーサイズファッション。
70年代では「ビッグルック」とも呼ばれ、一世を風靡しました。

日本人が生んだビッグルックがパリを席巻し、日本のファッション界を盛り上げたのです。
日本人はあまりファッションに強くないイメージがあるかとは思いますが、凄い人もいたのですね!

70年代ファッションで流行ったスタイル③厚底ブーツ

出典: https://by-s.me

厚底ブーツは70年代のジーンズに合わせるのに欠かせないトレンドアイテムです。

70年代ファッションに欠かせないアイテムとして、厚底ブーツがあります。
厚底ブーツと聞くと、都会のギャルを思い出す方も多いかもしれませんが、実は70年代のファッションとして欠かせない物でした。

厚底ブーツは厚底ブーツ単体で輝くのではなく、当時の流行だったソウルミュージックの背景があってこそ輝きます。

日本でも流行った「アランセーター」

出典: http://funs-clothing.blogspot.jp

アランセーターは70年代、80年代とトレンドになり、今でも人気ですよね。

70年代ファッションと呼ばれてもピンとこないかもしれないのが、画像の「アランセーター」。
別名「フィッシャーマンセーター」とも呼ばれます。

とっても可愛らしさを感じるこのセーターですが、アランセーターも70年代から流行ったファッションです。
編み込みが特徴的ですよね。

ベルボトムは日本で「パンタロン」「ラッパズボン」

ソウルといえばベルボトム!

出典: http://www.deedeebellbottom.com

ソウルファッションに欠かせないベルボトム

ソウルミュージックのファッションとして欠かせなかったベルボトムも、70年代ファッションらしいアイテムです。
ベルボトムを履いた男性をイメージすると、ヘアスタイルもとてもこだわったメンズが思い浮かぶのではないでしょうか?

とても派手なファッションアイテムですよね。

ブーツカットってどういう意味?

出典: http://tabizine.jp

ブーツカットデニムは70年代に欠かせません。

このベルボトムは日本では「パンタロン」や「ラッパズボン」と呼ばれていました。
確かにラッパのような形をしていますが、ちょっとネーミングが、今からするとちょっとダサいかもしれませんね。(笑)

今ではブーツカットと呼ばれるシルエットですが、なぜブーツカットと言うか疑問に思った事はありませんか?
これは、厚底ブーツうぇお履くのに適したシルエットだからなのです。
厚底ブーツに合わせて、丈が長くて裾広がりなシルエットになっているのですね。

アメリカで流行ったホットパンツが日本に来た

出典: https://renote.jp

ホットパンツも70年代のトレンドアイテム。レディースファッションに欠かせません。

70年代ファッションは様々なアイテムが流行りましたが、ホットパンツもそのうちの一つです。
60年代にはミニスカートが流行りましたが、60年代から70年代へ切り替わるとミニな丈のパンツに切り替わったようですね。

70年代の古い映画でも、見た事がある方はいるかもしれません。
靴はブーツが合うようですね。

アメリカで花柄が流行った理由は知っておくべき

アメリカで花柄が流行った理由とは?

出典: http://blog.goo.ne.jp

武器より花をのスローガンを元に、ベトナム戦争に反対していた若者たち。

70年代ファッションは花柄が特徴的でしたが、なぜ花柄が流行ったのかに関してはちゃんと理由があります。
当時はベトナム戦争が起きていたのですが、ベトナム戦争に反対する若者がたくさんいました。

その若者達が訴えていたのは、「武器より花を」のスローガンでした。
武器より花を持って、平和な世界を作っていこうとしていたのですね。

アメリカの70年代花柄レトロファッション

出典: http://f-fiori-cafe.com

花柄ワンピースを1枚でバサっと着こなすのが70年代風。

70年代ファッションの特徴である花柄には、平和を願う気持ちが込められていました。
そんな背景を知った上で花柄をファッションに取り入れれば、とても幸せな気持ちになれそうですよね。

70年代ファッションが注目されている今、まずは花柄を取り入れてみませんか!

花柄の流れでアメリカにはヒッピーブームが来た

ヒッピーとは?

出典: https://www.pinterest.jp

ヒッピーとは、野生生活への回帰を提唱する人々のこと。60年代後半からアメリカで生まれたと言われるスタイル。

花柄が流行した流れでどんどん加速していったのが、ヒッピーブーム。
ヒッピーとは自然賛美の人達を指します。

ベトナム戦争に反対し、武器より花をと訴えていた若者達は、ヒッピーファッションに身を包み、自然回帰を願いました。

アメリカでは平和主義、自然賛美のヒッピーブームになる

出典: https://www.pinterest.jp

ヒッピーブームが大流行し、60年代から80年代を作っていきます。

アメリカで大きく流行したヒッピーファッション。
その裏にはやはりちゃんとした理由があったのですね。

現代はとても機械化が進み、ロボットが活躍する時代になってきた中で、自然を忘れない為にもヒッピーファッションを取り入れてもいいかもしれません。

アメリカから来たジーンズが日本で大爆発

出典: http://levi.jp

元々は作業着だったジーンズがファッションとして受け入れられたのが70年代.

70年代、アメリカで大きく流行となったジーンズは、やがて日本でも爆発的にはやります。
60年代はまだジーンズがファッションアイテムとして受け入れきれていなかったようですね。

そこから80年代に入っても、そして今に至っても、ジーンズはファッションアイテムとして欠かせない存在になりました。

パンクロックバンド「セックスピストルズ」の流行

不良パンクロック「セックスピストルズ」が大人気

出典: http://teru-mako-luna.blog.so-net.ne.jp

70年代のパンクロックバンドと言えばセックスピストルズですよね。バイクに乗りそうな雰囲気です。

70年代のロックファッションを語る上で欠かせないのが、「セックスピストルズ」の存在です。
ビリビリに破けた服や、安全ピンのついた服など、超特徴的なファッションをしていました。

今でもパンクファッションはしっかり残っていて、バンドが好きな方々に愛されていますね。

ヴィヴィアン・ウエストウッドを流行らせたバンド

出典: http://markethack.net

セックスピストルズはイギリスの国旗を使った「ゴッドセイブザクイーン」のイメージが強いのはないでしょうか。

セックスピストルズやパンクロックと聞くと同時に浮かぶのが、ヴィヴィアン・ウエストウッドというブランドです。
ヴィヴィアン・ウエストウッドの服を着てセックスピストルズは活動していましたので、セックスピストルズが好きな方はヴィヴィアン・ウエストウッド好きな方も多い様子。

今でもパンキッシュな精神で服作りを行うヴィヴィアン・ウエストウッドの姿勢はかっこいいです。
パンクファッションはやりすぎると引かれる事もありますので、ちょっと70年代を取り入れる程度に留めると受け入れられやすくておすすめ。

日本の70年代を作ったブランド「ケンゾー」

日本・中国・韓国・インドなどの海外からインスピレーション

出典: http://fashionpost.jp

パリのトレンドを引っ張った高田賢三 (たかだけんぞう)さんのブランド「ケンゾー」

70年代を代表する日本のブランドが「ケンゾー」。
創業者の高田賢三さんは、日本人でありながら、世界で活躍するブランドを作りました。

ファッションの既成概念を崩しまくったケンゾー

出典: http://www.ifuun.com

この雑誌モデルが着ているのがケンゾーの服。パリコレでも注目のブランドでした。

ケンゾーの服は、ファッションの既成概念を壊しまくったとして有名。
60年代まであった既成概念が、70年代になってとれていったのは、ケンゾーの力もあるのです。

画像はケンゾーの服ですが、とてもかっこいいですよね。

カルバンクラインも70年代代表ブランド

出典: https://www.pinterest.jp

カルバンクラインも70年代代表ブランドです。

70年代ファッションを牽引したブランドの一つが、カルバンクラインです。
カルバンクラインは今では誰もが知るブランドですが、当時はまだ若いブランドだったのですね。

PRADAが魅せた70年代ファッション!

出典: https://spur.hpplus.jp

大きな花柄でヒッピーさを特徴とした服。

こちらの画像は、PRADAの70年代風ファッションです。
大きな花柄と、原色的色使いが特徴的ですね。

ヘアスタイルもとても合っています。

GUCCIが作る70年代フィーチャーファッション!

出典: http://eatsleepdenim.com

高級ブランドGUCCIが提唱する70年代っぽいジーンズを使用したファッション。

超有名ブランドGUCCIが70年代風現代ファッションを作るとこうなります。
70年代ファッションと言えばジーンズということで、ジーンズを多用しました。

古さを感じつつも、新しいですよね。

CHLOEが作る70年代ファッション!

出典: https://www.vogue.co.jp

有名ブランドCHLOEも、ヒッピーさを感じさせる70年代ファッションを作りました。

こちらはCHLOEの70年代風ファッション。
ヒッピーな雰囲気がありながらも、現代風になっています。

70年代ファッションを今取り入れるなら、花柄、ヒッピー、ジーンズがキーワードとなりそうですね。

ニュートラファッションは日本の神戸から

アメリカなどの海外発ファッションだけではなく、日本生まれの70年代ファッションもあります。
それがニュートラファッション。

神戸から生まれたスタイルで、トラッドファッションなのが特徴的。

サーファーファッションも70年代から!

出典: http://www.officej1.com

70年代から80年代にかけて流行したサーファーファッション。

70年代ファッションを意識するなら、メンズはサーファーファッションも意識したいところ。
夏の70年代ファッションならポロシャツをとりあえず身につけたいですね。

70年代スケーターファッションがかっこいい!

出典: http://vintagematome.com

スケーターファッションがよくわかる画像

スケーターは歴史を重んじたファッションを愛する傾向があります。
70年代のスケーターファッションは、画像のように、ショートパンツ×ハイソックスがベターでした。

当時のアメリカのスケーターは皆このスタイルだったようですね。

70年代に生まれたヒップホップが80年代に繋がっていく

出典: http://hugonoblog.com

80年代を語る上で大切になるヒップホップは70年代生まれ。黒人がディスコに行けなかった為生まれました。東海岸で生まれ西海岸にも広がります。

70年代からのアメリカファッションを語る上で欠かせないのが、ヒップホップファッションです。
ヒップホップは70年代に生まれ、80年代に大きく成長する文化。

ストリートでアンダーグラウンドな雰囲気のファッションは唯一無二ですよね。
今のヒップホップファッションはとても先進的ですが、当時はパンクロックの影響が強く、レザージャケットを着ていました。
そこからアディダスジャージが流行り出して、どんどん現代的になっていきます。

1970年代に日本で流行った髪型は?

サーファーカットヘアスタイルは70年代の象徴

出典: http://yaplog.jp

70年代に日本でも流行ったサーファーカット。これが80年代の聖子ちゃんカットに繋がります。

70年代のヘアスタイルと言えば、サーファーカット。
アメリカでとても流行っており、日本にも影響しました。

今サーファーカットをやるとなると、アメリカ人でも無い限り顔負けしてしまいそうですが、少し取り入れれば70年代を意識しているのが伝わるでしょうね。

70年代っぽい姫カットヘアスタイル!

出典: http://girlschannel.net

姫カットも70年代生まれ。80年代から今にかけても姫カットはありますね。

日本の70年代ヘアスタイルでは、姫カットが生まれました。
姫カットのヘアスタイルは今でも残っていて、愛されていますよね。

ちょっとレトロなファッションに姫カットをすれば、たちまち70年代っぽくなります。

まとめ~アメリカから日本に来たファッション~

今回の「70年代ファッションの特徴を解説!流行スタイル・ブランド・髪型まとめ【画像集】」はいかがでしたでしょうか?

70年代に入って大きく成長したファッション業界。
アメリカなどの海外だけが牽引していた訳ではなく、日本人も頑張っていたのですね!

70年代ファッションが注目されている今、是非取り入れてみましょう!

ファッションが気になる方はこちらもチェック!

窪塚洋介のファッションセンスがヤバい!私服画像と着用ブランドまとめ | xtreeem[エクストリーム]
VAN創業者「石津謙介」日本メンズファッションを創った男がスゴい! | xtreeem[エクストリーム]
尾花大輔が考えるファッションとは?【N.HOOLYWOOD】 | xtreeem[エクストリーム]
杉野 貴信
杉野 貴信

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ