布団のダニ対策は?乾燥機や掃除機など退治法&グッズまとめのイメージ

布団のダニ対策は?乾燥機や掃除機など退治法&グッズまとめ

一日の疲れを取るためにも睡眠は大事ですし、その睡眠を快適にするために布団をキレイにしておきたいですよね?ダニがいる布団なんて以ての外。でもダニって繊維の奥深くにいるからどう対策すべきか…。ここではダニ対策についてご紹介します!2017年03月31日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダニが原因になりえる健康被害

出典: https://papimami.jp/42620

一般的な家庭にいるダニの種類は5種類もいます。
布団などに生息するダニはチリダニと呼ばれるものです。別名ヒョウダニとも呼ばれていますね。
このダニ、噛みついたりしないのですが死骸やフンなどが原因でアレルギー性鼻炎になったり、喘息の原因になったりします。
大人になってからも油断はできません。
長年ダニの死骸やフンに囲まれていれば急にアレルギー性鼻炎や喘息などを引き起こす可能性もあります。

布団の中には32万匹

皆さんが毎日使っている布団、もしくはベッドの中には32万匹のダニがいるんですよ?
ダニはホコリや人間のフケ・垢などが主なエサです。
さらに高温多湿の環境で増殖するので布団なんてうってつけの巣ですね。

布団にいるダニ対策には「熱」と「吸引」が大切

出典: http://www.chintai.net/news/2013/12/11/251/

布団を干すとどうしても叩いてホコリを出してしまいますね。

みなさんは布団やベッドのダニ対策、どのようにしていますか?
干して叩けばいいんじゃないのか?って私は思っていたのですが布団を干して叩くだけではダニの退治・駆除は十分ではありません。
逆に死骸やフンが舞い上がってアレルギーの原因を吸ってしまう可能性があります。
布団のダニを駆除するなら「熱」と「吸引」が大切です。
そこで、ダニを退治・駆除する方法をご紹介したいと思います。

ダニの駆除には50度の熱が必要!

ダニは高温多湿な環境を好みますが、50度の熱で死滅します。
干しただけでそんな温度出るわけないので、布団乾燥機やスチームアイロンを活用しましょう!
布団乾燥機とスチームアイロン以外でも活用できるものがホットカーペットです。
ホットカーペットの上に布団を敷いているだけでも効果はありますよ。

スチームアイロンでのダニ対策

出典: http://www.videlicio.us/articles/TQasD

最近ではハンディタイプのスチームアイロンもありますね。

上記でスチームアイロンを活用しましょうと書きましたが、スチームアイロンでダニの退治・駆除は手間がかかります。
でも乾燥機もホットカーペットもないという方がいると思うのでスチームアイロンでのダニの退治・駆除方法をご紹介したいと思います。

ダニの退治・駆除のやり方

1)部屋を暗くする
ダニは薄暗いところで活動しますので部屋を暗くすると表面に出てきます。
1時間ぐらい待つのがいいでしょう。

2)当て布を当てる
当て布はきつくしぼった濡れたものを用意しましょう。
ダニを退治・駆除するためには同じ個所に数秒アイロンを当てることになるので生地が焦げないようにするために必要です。

3)スチームアイロンを当てる
取扱説明書か絵表示の温度に合わせてアイロンをかけましょう。
アイロンをかける。と言うよりはスチームを当てるような感じです。
温度によってスチームを当てる時間が異なりますが5秒ぐらいを目安にかけてみてください。

ダニが温度の低い方に逃げて行く可能性があるのでスチームアイロンでの退治・駆除は手間がかかりそうですね。
また、スチームをかける際は布団の頭の方から足の方に向かってスチームをかけていくのがおススメですよ。

布団のダニや死骸、フンは掃除機で対策!

出典: http://gigazine.net/news/20120615-airsis-mc-sxd410...

布団クリーナーという布団専用の掃除機がありますが、新しく買うのはちょっとなぁという方もいますよね?
掃除機でも工夫すればちゃんと吸えますのでそれをご紹介したいと思います。

ダニは死滅しても布団またはベッドの中にはダニの死骸やフンさらには卵が残っている可能性があります。
それらを取り除かなければ折角ダニを退治・駆除しても意味がありません。
ダニの死骸やフン、卵を取り除くには掃除機で吸うのがいいでしょう。

布団のダニを掃除機で上手に吸い取る方法

ただ掃除機をかければいい。なんて思ったら大間違いですよ。
ダニの死骸やフン、卵は繊維の奥深くに絡まっているのでただ掃除機で吸っていても取れません。
掃除機で吸い取るのにも工夫が必要です。

掃除機はゆっくり丁寧にかけることがポイントです。
1メートルを20秒ぐらいかけて吸いましょう。この時、スチームアイロンの時にも書きましたが頭の方から足の方に向かってかけていきましょう。

掃除機をかけるときは専用のものに交換!

出典: http://www.smile-mommy.com/clean/dani/

さて、掃除機をかけると言いましたが…掃除機で布団とか布を吸うとなんかすごいことになりますよね?私はしょっちゅうカーペットでやらかしてしまいます。
そんな時は、布団専用のノズルヘッドに取り換えましょう!
ダニを退治・駆除できると言っても布団専用のノズルに取り換えなくては布団の布を巻きこんでしまいます。
布団用のノズルは布を巻きこみにくいだけではなく、繊維に絡みついているダニやフンなどをかき出す機能がついていることがありますので布団用のノズルに交換してから掃除機をかけましょう。

大抵の場合、購入した時セットで付いていると思いますが、どこにしまったのかわからない、またはそんなものないという場合はノズルを買うのをおすすめします。
ノズル買うのももったいないと思う方は、布団専用ノズルに比べると劣ってしまいますが、普段使っている掃除機のヘッドにストッキングを被せて代用ができますよ。

ダニを撃退!?布団乾燥機での対策

出典: http://item.rakuten.co.jp/k-home/273076/

私は布団乾燥機を持っていないのでサイズなどはよくわかりませんが色々あるみたいですね。自分に合った布団乾燥機を探すのもいいかもしれませんね。

ダニの駆除をするなら乾燥機が一番手っ取り早いのではないでしょうか?
乾燥機があれば天気を気にすることなくいつでも布団を乾燥させることができるので便利ですよね。
そんな布団乾燥機は60度近くまで温度が上がるので50度の熱で死滅するダニには効果的です。
ですが、折角の布団乾燥機をただ単に使うのはもったいないです。
そこで、布団乾燥機でより効果的にダニの駆除ができる方法をご紹介したいと思います!

布団乾燥機でダニの対策方法

1)乾燥マットを挟むように二つ折りにします。
二つ折りにすることで、乾燥マットが全体にいきわたります。するとダニの逃げ道を防げます。

2)上から布団をかけましょう。
上から掛布団をかけることで熱を内側に留めることができます。こうすることでダニを効果的に駆除できます

この状態で30分~1時間程置いておけばダニはほぼ死滅すると言われています。
乾燥機をかけて「ハイ終わり」ではありませんよ?最後の仕上げに両面に掃除機をかけましょう。掃除機の掛け方は前述しましたよね?頭から足元にかけてゆっくりとかけてください。
頭の所や隅の方は特にダニが集まりやすいので念入りにかけましょう。

ダニや死骸、フンなどを取り除けば綺麗な布団になりますよ!
布団クリーナーなども効果的ですが、前述した通り掃除機でも十分対応できますので、ぜひ試してみてください。

布団乾燥機使うならコインランドリーがおススメ

出典: https://search.yahoo.co.jp/image/search?p=%E3%82%B...

前述した通り布団乾燥機を使ってのダニ対策ですが、ご家庭用の布団乾燥機では滅茶苦茶効果がある!と言うわけではないようです。
布団乾燥機を使うならコインランドリーのがおススメです。
コインランドリーの乾燥機は家庭用の乾燥機と違い、80~120度の熱で乾燥させるので確実にダニが死滅しますよ。

布団やベッドのダニを一網打尽!?ダニ対策グッズ

さて、今までは家電などでのダニの駆除退治をご紹介してきましたが、今度は防ダニ対策グッズをご紹介したいと思います!

防ダニ対策グッズって一言にいっても色々あります。
そんな中でどれがどういった効果を発揮し、どのようなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう!

初めての防ダニ対策グッズはスプレーがおススメ

出典: http://www.reviewke.com/archives/36/

防ダニスプレーといえばやはりダニアースではないでしょうか?
使ったことはないのですが、個人的に気になる防ダニ対策グッズの一つです。

最近では防ダニスプレーも見かけますが、それはどれほどの効力があるのか買って使ってみないとわからないと思いますが、はっきり言って防ダニスプレーの効果は一定です。
常に効果を発揮するわけではないので定期的にスプレーをかける必要があります。
価格も安いですし、最初の防ダニに使うにはいいかもしれません。

防ダニスプレーを使うにあたっての注意点

防ダニスプレーを使うにあたっていくつか注意すべきことがあります。

小さいお子さんがいるご家庭や、ペットを飼っているご家庭では使い方に注意しましょう。
防ダニスプレーには殺虫成分が入っていますので小さいお子さんやペットに影響を及ぼす可能性がありますので使うときは周りにお子さんやペットがいないのを確認してから使いましょう。

「ダニがいなくなるスプレー」というものがあります。
このスプレー比較的安全な成分が入っているスプレーなので、殺虫成分が入ったスプレーと比べると効果は少ないです。

スプレータイプの防ダニグッズを使うのに抵抗がある場合、後でご紹介しますが「ダニ取りマット」を使うと人体への影響は全くと言っていいほどありません。

布団のダニの増殖抑制率100%がある!?ダニ捕りマットでの対策

出典: http://www.matsukiyo.co.jp/store/p/4960517300504

前述した通り、ダニ捕りマットは人体への影響が全くと言っていいほどありません。
小さいお子さんがいるご家庭やペットのいるご家庭で、安心して使えるのでスプレータイプの防ダニグッズより使いやすいかと思います。
ですが、そんなダニ捕りマットは意外にも高価です。かと言って安いものを使っても効果は期待できません。

どんなダニ捕りマットが有効?おススメもご紹介!

ダニ捕りマットを買うにあたってどこを見るべきか、あなたはご存知ですか?
「捕獲データ」を見てそのダニ捕りマットがいいか見ましょう!
しっかりとした会社ならばきちんと実験をしてしているので信用していいでしょう。
しかも、自社ではなく第三者(一般家庭など)で実験を行っているところなどが注目すべきところです。

ちなみに、「ダニ捕獲ロボ」はダニの増殖抑制率が100%みたいですよ。

ダニ捕りマットで対策する前に…

ダニ捕りマットを使うにあたって注意すべき点があります。

まず、ダニ捕りマットは生きているダニに対して有効なので、フンや死骸には全く効果を発揮しません。
ですので、ダニ捕りマットを使う前に前述してきたダニの退治・駆除を行ってからダニ捕りマットを使用すると防ダニ対策グッズとして効果的ですよ。

でも、ダニ捕りマットならベッドにも使えて便利ですよね?
ベッド派の人はぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

防ダニ布団買うより防ダニカバーで対策

出典: https://stylehaus.jp/articles/309/

ここまで様々なダニ対策グッズを見てきましたが、ダニが入りにくい布団を買えばいいんじゃないのか?と、思ているそこのあなた。
防ダニ布団って意外にお金がかかるし必ずしもダニが発生しないとは言い切れません。そんなお布団を毎日洗ったりするのはとても大変でめんどうと思いませんか?
布団を買うより防ダニカバーまたはシーツを買うことをおススメします。

防ダニカバーの魅力

手軽に洗濯ができて布団より安いと言うのはもちろんですが、防ダニのカバーまたはシーツは繊維が織り込んでありますのでダニやホコリを通さないようになっています。

ちなみに、「帝人のミクロガード」というものがおススメです。
防ダニ防塵の寝具でロングセラー商品となっています。
アレルギー持ちの方々の間では有名な布団カバーらしいです。
薬品による防ダニ加工をしていないので体にも悪影響がなく、高密度に織り上げているのでダニを遮断する特徴を持ったカバーです。

防ダニカバーのデメリット

防ダニカバーで注意すべきことが一つだけあります。

防ダニカバーは表面のダニ…侵入しようとしたりするダニですね。それらは防げますが、中身のダニを防ぐことはできません。カバーだから仕方ないですけど…。
ですので、表面のお手入れを定期的に行うようにしましょう。

元々使っていた布団に防ダニカバーをかけるならそのお布団のダニをできるだけ駆除・退治してからカバーをかけるのもいいかもしれませんね。

布団やベッドの手入れの頻度

出典: http://googirl.jp/lifestyle/1503huton041/

ここまで様々なダニ対策をお教えしましたが、毎日布団やベッドの手入れをするのは大変ですよね?
布団やベッドを手入れする頻度は一体どの程度なのか…。

ダニの寿命は2~3ヵ月程度と言われています。
その間毎日のように卵を1~3個程ずつ産み、2週間で卵が成虫に成長します。

このサイクルで考えると週に一回お手入れをすることをおススメします。

ダニの繁殖対策

ダニの退治と対策グッズをご紹介するだけにしようと思いましたが、ついでに繁殖を防ぐ方法を高価なダニ捕りマットを使わない方法もお教えしようと思います!

タオルやバスタオルを使う

出典: http://www.rakuten.ne.jp/gold/imabaritowel/

ダニをタオルに移動させて、ダニが移動したタオルを洗うってわけですね!

肌に触れる部分にタオルなどをかけて、タオルなどをかけた方を2~3日に一回程度洗濯しましょう。
流石に布団を頻繁に洗濯することはできませんが、タオルなどを使えば手軽に洗濯できます。

湿気がこもらないように注意!

布団に湿気がこもらないように起きたらすぐ布団をしまうのはやめましょう。
起きた直後の布団、またはベッドには汗や熱気が残っています。汗や熱気が残っていると言うことは湿度も高くなっていると言うことです。
起きて直ぐ、寝ていた場所の通気性を良くして、被っていた布団などは場所を変えて干すなどして湿気対策をしましょう。

湿度が低い晴れた日は布団またはベッドのある部屋の窓を開け、空気の入れ替えをするのも効果的です。

ダニ対策した布団のしまい方

出典: http://haushalt88.com/1162.html

私はベッド派なので布団を押し入れにしまうと言うのは冬を過ぎたころでしかしたことないですね。

さてさて、ダニもあらかた退治できたお布団。特に羽毛布団とか毛布とかって冬以外で使わないですよね?
そんな羽毛布団や毛布をそのまま押し入れに入れたりしていませんか?
それでは折角綺麗になったお布団がまたダニだらけになってしまいますよ!
ということで、最後に上手な布団のしまい方をご紹介したいと思います。

ダニ対策した布団の収納はやっぱり圧縮袋

出典: http://taffy1101.blog102.fc2.com/blog-entry-298.ht...

圧縮袋って便利ですよね。
私は布団だけじゃなく冬の服とか圧縮してしまってます。

今まで紹介してきたダニ対策をした布団をそのまま押し入れに入れては結局ホコリがついてダニが増えるばかりです。
そこで役に立つのがお馴染みの圧縮袋です。空気を抜くのでダニもホコリも寄せ付けませんね!
もっと効果的にダニを寄せ付けないためにはダニよけを入れるといいですよ。

布団のダニ対策は様々

皆さんはどんなダニ対策駆除の方法がいいと思いましたか?こう色々あると迷ってしまいますね。
気持ちよく布団やベッドで寝るためにもダニの対策は重要だと今回執筆して思いました。個人的に布団乾燥機が気になってます。
ダニを100%駆除することは難しいです。でも、アレルギーを引き起こす原因を多少減らすことは可能になると思います。
たかがダニ、なんて思って甘く見ているといつかアレルギーになってしまうかもしれません。そうなる前に今回ご紹介したダニの駆除方法や防ダニ対策グッズなどを試されてはいかがでしょうか?

関連するまとめ記事

関連するキーワード

minaduki
minaduki

新着一覧

最近公開されたまとめ