スーツのクリーニングの頻度は?夏や冬、就活や営業マンでも違う!のイメージ

スーツのクリーニングの頻度は?夏や冬、就活や営業マンでも違う!

スーツと言えば就活の時は仕事や食事会の時に着たりと大事な場面で着ますよね。スーツは人によって着る頻度が変わりますがいつクリーニングに出したらいいかわからないものです。今回はそんな就活時や仕事など着る頻度によっていつクリーニングに出したほうがいいかまとめました。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツは大事にすればかなり長持ちする万能服!

出典: http://www.suit-select.jp/fs/suitselect/c/Suit

スーツと言えば就活の時はもちろんですが、食事会や行事ごとでよく着たりしますよね。
急な冠婚葬祭の時も礼服がない場合は黒スーツで対応する人も多いと思います。
もちろん営業職に就いたら身だしなみが肝心なので毎日着る人もいたりとスーツは人によって着る頻度がさまざまです。
今回はそんなスーツのクリーニングに出すタイミングやスーツを長持ちさせる方法についてご紹介していきます。

スーツは着る人によって頻度が全然違う!

出典: http://fashion-basics.com/suitcoordinate-30-10250

スーツは着る人によって頻度が全然違います。もちろんスーツを着る回数が違うと手入れやクリーニングの回数も変わってきますので、スーツを着る上で適切な手入れ、クリーニング回数を把握する必要があります。

スーツを着る場面は普通の人は就職活動の時や、食事会や行事ごとの時に着ることが多く、就職活動中で月1~4回、多い人で月10回程度で食事会や行事ごとでも1年で5回あったら多いほうです。

その一方営業職の人はほとんどの方がスーツを着ていると思いますが、週5日以上など着る人は1年のほとんどをスーツで過ごしていると思います。

このように着る頻度が違うと汚れる可能性ももちろん増えるので洗濯やクリーニング、お手入れの回数方法を分野に分けてご紹介していきます。

①就活時ぐらいに着る頻度の人のスーツのクリーニングや管理方法は?

出典: http://toyokeizai.net/articles/-/98323

スーツを就活ぐらいに着る程度と、ある一定の時期に着る程度の頻度の人は普段の人よりあまりクリーニングに出さなくて大丈夫です。

就職活動と言えば高校生や大学生、中途採用を探している人が着ると思いますが、営業職の人のように頻繁に着ることも少なく頻度が少ないと思います。

さらに就活用のスーツは一般的に冬用が多く、外で歩いたり、営業活動をしたりしないのであまり汗もかかず比較的綺麗な状態で着ると思います。

そのためクリーニングにはそこまで出さなくて大丈夫ですが、やはり面接のときは第一印象が大切なのでパリッとしたズボンに折り目があるようなスーツが好ましいです。

そのような場面でも着ていけるように、就活時ぐらいに着る頻度の方は着用した後はブラシでブラッシングを行い、針金ハンガーではないきちっとしたハンガーにかけて保存しましょう。

クリーニングは就職活動が終わった後や着ている途中にひどい汚れ、スーツのクリーニング後にできる折れ線などが消えたら出すような程度で大丈夫です。

②食事会や行事ごとに参加する時に着る人のスーツのクリーニングや管理方法は?

出典: http://wakabakai-shiga.com/?p=1584

次にご紹介するのは食事会や行事ごと、冠婚葬祭時の礼服の代用として着る頻度の人のスーツのクリーニング回数や管理方法です。

こちらも人によるとは思いますが、食事会や行事ごとなどは1年に多くて5回~8回程度と頻度としては比較的かなり少ないと思います。

ただ先ほどの就活時と同様に綺麗な服装で参加するためにスーツを着ることが多く、やはりクリーニングに出したときにできるようなパリッとしたズボンに折り目がついてる綺麗な状態のスーツを着ることが好ましいです。

こちらは冬用と夏用どちらでもよく、季節に合わせて着ることがおすすめです。

というのもスーツは夏用や冬用で素材が違うのはもちろんですが、背抜きされているところや場面によってスーツの上からコートなどを着用したりすると思います。
夏などに冬用のスーツを着用するとパッと見はいいのですが分厚いですので汗をかきやすく、スーツが傷んでしまいやすかったりします。

このような傷んだスーツを着続けるとさらにスーツがダメになりやすく、長く着れないようになったりします。

このように比較的着る頻度がかなり少ない人は回数が少ない場合は半年や1年に1回程度のクリーニングで大丈夫で、ブラッシングなど埃を取っておく程度の管理で大丈夫です。
クリーニングは最低限で大丈夫なので手入れの方を重視しましょう。

③営業の時に着る人のスーツのクリーニングや管理方法は?

出典: http://www.huffingtonpost.jp/masahiro-isogai/sales-person_b_8858300.html

次にご紹介するのは営業時に着る人のスーツのクリーニングや管理方法です。

営業職と言えば一般的にスーツの方を連想すると思いますが営業職だけならず、事務作業をしたり管理職の人も着る頻度が非常に高いです。
とくに外回りの営業の方は仕事の日は毎日来ていると言っても過言ではありません。

このような高頻度でスーツを着る人は基本的に1シーズンに1回または2回のクリーニングで大丈夫です。
ただし営業職の人、特に外回りの営業の人は最低でも6着のスーツを持っておくことが理想的です。
そうすることにより、スーツが傷むのも減るとともにクリーニングに出す回数も減るのでクリーニング代も普通の人より浮き、トータルするとスーツ1着代もまるまる浮いたという人もいます。

交渉や接待をする場面が多いと思いますのでもちろん上着やズボンなどにしっかり折り目が付いているのが好ましく、外回りをすると思いますがズボンが汚れていないものを着るようにしましょう。

夏用と冬用スーツのは使い分けるのが理想的!クリーニングの頻度はどのくらい?

出典: http://rakuma.rakuten.co.jp/item/f0775933904283518716

夏用と冬用について具体的に言うと営業で外回りの人は特に夏用のスーツ3着と冬用のスーツ3着が好ましいです。
なぜならスーツは基本的に毎日同じスーツを着ることはご法度です。外回りすることにより、空気中に漂う塵や誇り、細菌などを拾うので一日着るだけでスーツは傷みます。
特に夏場だと、冬場と違って外の気温が暑いので汗をかきやすく汗や脂(油)がスーツに少しずつ染み込みスーツがダメージを負っていきます。
それを毎日使いまわしするとすぐに傷んでしまい、丁寧に扱ったスーツは何年も持つのに対して着回しすると1年でだめになったりします。
スーツやクリーニング代は意外と高いので1年でダメになってはスーツ代やクリーニング代のお金もばかにならないですよね。

営業職でない人も冬用、夏用と1着又は2着ずつもっていることが理想的で汗などがついていないようにきれいに管理するようにしましょう。

スーツの理想的な管理日数は1日着たら2日休ませるようにするのが理想的で、やはり夏用、冬用各2枚~3枚ずつ持っておくのがお勧めです。このようにすることにより、5年10年と長持ちしている人もいます。

管理方法はブラッシングはもちろんですがしっかりとしたハンガーにかけて型崩れしないように注意を払いましょう。
最近では洗濯できるスーツも増えてきていますが洗濯の回数が多いと生地を傷める可能性が高いので汚れがひどい時などに洗濯するようにしましょう。

頻度問わず!クリーニングに出すまでの基本的なスーツの管理方法!

出典: http://wakkanai-recyclekan.com/1015_1181.html

次にご紹介していくのは頻度問わずにクリーニングに出すまでの基本的なスーツの管理方法です。
長持ちさせるためにはより普段より丁寧に管理することを心がけましょう。
そうすることによって愛着も湧くとともに長持ちもしてくれます。

クリーニング要らずの第一歩!スーツの管理方法①ブラッシング

出典: http://gqjapan.jp/fashion/wardrobe/20130802/suits-brush

スーツの管理がよかったらクリーニングに出す頻度がすごく減りますが、まずスーツを着た後にやっていただきたいのが「ブラッシング」です。

スーツは繊維が細かいので空気中の塵や埃や汚れなどを拾いやすく、一日外に着ていくだけで表面上はあまり見えなくてもだいぶ汚れていたりします。

その汚れを落とすために最初にしたほうがいいのがブラッシングで、スーツにブラッシングをかけることにより外から拾った塵や埃を落としてくれます。
さらに夏場だと汗などで汚れたりするので水拭きをするとより効果的です。

こうすることにより、愛着はもちろん湧きますのでより大切にすることができます。

クリーニング要らずの第一歩!スーツの管理方法②暗所で風通しがいいところに!

出典: http://shimashima790.blog.fc2.com/category25-1.html

ブラッシングの後は管理場所が重要です。

せっかく塵や埃を落とした後でも管理場所が悪かったら菌が繁殖していつのまにかすごく傷んだスーツになってたりすることがあります。

そういったことがないように、スーツは「暗所、風通しが良い所、湿気が少ないところ」に保管するようにしましょう。

クリーニング要らずの第一歩!スーツの管理方法③ハンガーは針金ではなくしっかりしたものを!

出典: http://only.co.jp/order/system/

次に場所がしっかりした所に保管できるようになったらスーツをかけるハンガーは針金ではなくしっかりとしたプラスチック製などのハンガーにかけるようにしましょう。

せっかく大切に扱っているのに型崩れをしては意味がなく、雑に扱うと上着やズボンの折れ目もなくなります。

そのようなことがないようにハンガーにかける際は要注意です。

できればカバーがあればカバーをかけるのが理想的です。

高頻度や中頻度でスーツを着る人で気を付けたほうがいいこと!

出典: http://www.weddingpark.net/magazine/4327/

次は高頻度や中頻度でスーツを着る人が気を付けたほうが良いことをご紹介してきます。

夏場は汗や脂(油)などの汚れは要注意!ひどい場合はクリーニングに!

出典: http://c-tanaka.net/%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%84%E3%81%AE%E6%B0%B4%E6%B4%97%E3%81%84%EF%BC%88%EF%BD%97%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%EF%BC%89%EF%BC%8Dring-jacket%EF%BC%88/

最初に挙げたように夏場は外ではかなり暑くスーツを着ていると汗がすごく出たりすると思います。
夏用のスーツでもやはりシャツだけとは違って重ね着をするので暑くなりやすいです。

そのようなときに汗をかくと思うのですがそのままほっておくとシミなどの汚れの原因になり、傷みやすいです。

傷みがひどい場合はクリーニングにかけても治らない場合があるので、汚れが気になる場合はクリーニングに早急に出すようにしましょう。

高頻度でも長く着れる秘訣は自分に合ったサイズ

出典: https://www.ny-onlinestore.com/special/131002_pantsQ_A/

次に気を付けていただきたいのは自分のサイズに合ったスーツを着用することです。
というのも自分にあったサイズでないと身だしなみも整わないのもありますが、ズボンの裾を引きずって歩いているとズボンの裾の部分が汚れますし、削れたりしてズボンがダメになってしまうことがあります。

せっかくスーツを着るならビシッと決めたいのでスーツを長持ちさせる意味も込めて自分のサイズに合ったスーツを着るようにしましょう。

スーツをクリーニングに出しすぎるとダメになりやすい!

出典: http://bbl-shop.com/?mode=f1653

さらに気を付けて頂きたいのはスーツをクリーニングに出す頻度です。
スーツを1日着るたびにクリーニングに出す人がいますがこれはあまりお勧めできません。
というのもスーツをクリーニングに出すと一見もちろん綺麗に見えるのですがクリーニングに出しすぎるとスーツに負担がかかるので逆に傷んだりします。

そのようなことがないように日ごろからきちんと手入れしてクリーニング回数も最適な回数で出すことが長持ちさせるコツです。

頻度が多くても少なくてもクリーニングに出す必要がない手入れを!

出典: http://yukipapanohibi.blog98.fc2.com/blog-entry-44.html

今回はスーツのクリーニングや管理方法についてご紹介しましたが手入れをしっかり行われているスーツはいくつになってもキレイに着用することができます。

さらに大人になると身長の伸び縮や横の広がりも極端にはないのでサイズ変更もあまりすることがないので長く着れます。

ぜひみなさんもスーツは大切に扱っていただいて長く着れるようにしていきましょう。そうすることによって無駄にクリーニングに出す必要もなく節約にもつながりますよ!

関連するまとめ記事

春澪
春澪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ