New Balanceの定番は?おすすめ型番と種類の違いや特徴まとめ【メンズ】のイメージ

New Balanceの定番は?おすすめ型番と種類の違いや特徴まとめ【メンズ】

ニューバランスの定番からおすすめ商品をご案内します!ニューバランスは種類が豊富なので全ての種類を網羅するのは至難の業。初心者からコアなファンまで楽しめる定番の王道シリーズ。そして更に人気のおすすめシリーズをご案内します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ニューバランス(New Balance)の歴史 誕生から現在へ
  2. ニューバランスがニューバランスたる理由
  3. ニューバランスのスニーカーには名前がない!
  4. ニューバランスのスニーカーの種類ってどれくらいあるの?おすすめは?
  5. 型番300番台モデル - おすすめは「CRT300」
  6. 型番400番台モデル - おすすめは「U420」
  7. 型番500番台モデル - おすすめは定番の「M574」
  8. 型番600番台モデル - おすすめは「MT610」
  9. 型番700番台モデル - おすすめは「770」
  10. 型番800番台モデル - おすすめは「878」
  11. 型番900番台モデル - おすすめは定番の「996」
  12. 型番1000番台モデル - おすすめは定番の「1300」
  13. 型番2000番台モデル - おすすめと言うよりもKing of ニューバランス!
  14. ニューバランスの定番おすすめ スニーカーの種類1つ目に登場するのは!
  15. 定番おすすめ 2つ目の型番の種類は!
  16. 定番おすすめ 3つ目の型番の種類は!
  17. いや!定番じゃなく、個性があるおすすめはないの?
  18. ニューバランスのスニーカー購入時おすすめアドバイス
  19. ニューバランスという種類自体がおすすめなのである。
  20. まとめ

ニューバランス(New Balance)の歴史 誕生から現在へ

1906年、ボストンにて偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして誕生しました。まさにニューバランス巣社は偏平足の人が新しいバランスを味わえる「新しい(New)バランス(Balance)」を得ることが出来る靴という元に命名されました。
1972年、ジェームス・S・デービスがニューバランス社を買い取ります。現取締役会長です。そこからニューバランスのエンジンが本格的に点火されたといっても過言ではないでしょう。ジェームスは理想のランニングシューズを求め、研究し、1970年代後半に理想のランニングシューズを発表します。瞬く間にニューバランスの名前は広まり現在に至ります。

出典: https://www.newbalance.co.jp/aboutus/history/

当初は小さな6名の従業員でスタートしたニューバランス社。それを買い取り自ら走ることでランニングシューズの研究に携わって来たジェームス。

ニューバランスがニューバランスたる理由

「雲の上を歩いているようだ」と、かのラルフ・ローレンが絶賛したようにスニーカーとして他のメーカーよりも履き心地をいかに重要視しているかを、はかることが出来ます。魅力の一つとして、世界で初めて採用した足の負担を軽減する為に採用している「ウィズ・サイジング」。これは、通常のスニーカーであれば、靴紐で足を固定するものですが、この方法を採用したスニーカーの特徴は、ヒール部分とサイド部分で足全体をホールドし、後のちょっとした調整を靴紐で行うという構造になっています。
それが、ラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と表現したというものです。

ニューバランスのスニーカーには名前がない!

他のメーカーは各スニーカーの名前がついている場合が多く、その名前を伝えることで、欲しいモデルが選べたりしますが、ニューバランスは全て数字や、型番で、色や特徴の違いを表示しています。
数字の違いを知っているとスニーカーを選ぶ際にその特徴など把握出来、更にベターなスニーカー選びが可能になると思います。

出典: http://item.rakuten.co.jp/0101marui/ww738367040101/

このようにベロの部分(足の甲のカバー)に数字が記載されている。

ニューバランスのアルファベットの種類一覧

・M---------正規のラインで製造されたもの
・CM-------Mの廉価版や復刻版として製造されたもの
・UK-------イングランドで製造されたモデル
・J----------日本で製造されたモデル
・MR-------メンズランニングシューズ
・WR-------ウィメンズランニングシューズ
・MW-------メンズウォーキングモデル
・WW-------ウィメンズウォーキングモデル
・U---------ユニセックス用
・MX-------メンズクロストレーニング用
・WX-------ウィメンズクロストレーニング用
・MT-------メンズトレイル用
・WT-------ウィメンズトレイル用
・MO-------メンズアウトドア用
・WO-------ウィメンズアウトドア用
・KJ--------子供用ランニングシューズ
・KV-------子供用ランニングシューズ(マジックテープ)
・KT-------子供用テニスモデル
・RC-------競技用モデル

ニューバランスの色の種類の記号一覧

・NV-------ネイビー色
・DG-------ダークグレー色
・ER-------グレイレッド色
・GN-------グレイネイビー色
・NR-------ネイビーレッド色
・B--------ブルー色
・RGS------レッド色&ホワイト色/スエード素材
・PSW------パープル色/スエード素材

等が主な色の表記となります。

ニューバランスのスニーカーの種類ってどれくらいあるの?おすすめは?

出典: http://nyubaransu.jugem.jp/?eid=13

200番台~2000番台まで型番モデルが存在し、それぞれの数字によって特徴の違いがあります。型番を見ることによって、あなたのニーズに応えるようになっています。ランニングシューズが欲しいのか、ウォーキングシューズが欲しいのか等、それぞれの特徴をみていきましょう。またメンズ・ウィメンズとカラー等で分かれているので、店頭に確認してください。
こちらは、フラッグシップモデルの細長いラインが特徴的な1000シリーズの「1400」モデル。

同じ型番だと思っているのに値段が全く違う!なぜ?

箱などに貼ってあるシールに記載してありますが、頭に「M」だと正規品で、主にアメリカ、イングランドでの製造で職人が手作業で作っているので当然値が高くつきます。ですが、頭に「CM」と記載してあれば、こちらも立派な正規品なのですが、製造ラインが主にベトナム、中国となります。人件費だけの問題ではなく、素材自体使っているものが違う場合がありますので、こちらのチェックはお忘れなく。安いからという理由で購入してしまって後で見れば、「CM」表記だったなんてことはないようにお願いします。

型番300番台モデル - おすすめは「CRT300」

300番台の種類

出典: http://sneakerbalance.seesaa.net/category/23316595-1.html

1979年発売の300番台モデル。現在では復刻版として「CRT300」が販売されています。こちらの型番は時代により流行りがありますが、薄い感じで履きこなしたいという方には人気のモデル。価格もお手頃でランニングシューズとまでは言えないので、シティー向きと言えましょう。

出典: http://www.hanakou.net/newbalance/w362-bk.html

「362」

素材は人工皮革と合成繊維を使用。中敷きは取り外し可能です。ニューバランスの中でもっとも価格がお手軽なシリーズ。クッション性能はいまいち。ただ「N」ロゴは間違いなく入っているので、574よりも先にまずはファッションアイテムとしてニューバランスを履いてみたいという方におすすめ。仮にニューバランスの履き心地を300シリーズにて感想を言ってしまうのであれば、履かない選択をおすすめします。ただ、かわいい色もそろってるので、様々な楽しみ方が出来るのは間違いありません。

型番400番台モデル - おすすめは「U420」

様々な種類のカラーバリエーション

出典: http://sneakerbalance.seesaa.net/category/23096152-1.html

1980年代を代表するランニングシューズの一つ。日本においてはあまりなじみがない型番になりますが、現在ではメンズ・ウィメンズの垣根のないユニセックス用として「U420」として販売されています。300シリーズよりもかなり形が違い、女性にも人気で、色もこちらの色が出荷本数が多くでています。

出典: http://www.buyma.com/item/24510915/?ba_af=recommend_at_itemdetail

420 Stone/RoseGold

メンズには少し可愛すぎるこのアイテム。こちらを紹介させて頂いたのは、同じシリーズを大切な彼女とお揃いで履いてみるのはいかがでしょうか。どのようなファッションかにもよりますが、基本的にニューバランスは基本構造はごつごつとしたオフロード用モデルが多く存在する中で、こちらの400シリーズはかなりオンロードを意識したモデルとなっています。イギリス直輸入の限定アイテムになるので、入手困難かも?

型番500番台モデル - おすすめは定番の「M574」

出典: http://item.rakuten.co.jp/estpremium/m575sgg/

人気シリーズの500番台モデルの初代575。この次の2代目576モデルが人気に火をつけます。トゥの部分が丸みを帯びているのが特徴で300、400シリーズとは全く趣向が違います。足元にボリュームが欲しい方に大人気。
ただ、丸みを帯びている分サイズ選びは0.5cm大き目を選択されてはいかがでしょうか。上方向にボリュームはありますが、細長くないのでいつも普通に履いているスニーカーよりも小さくうつります。

500番台の種類

出典: http://sneakerscholar.com/colorways/new-balance-575-navy

初代500シリーズ「575」

このユニオンジャックがなんともいい味わいを出しています。オフロード用にて開発された500シリーズ。その初代が1987年に登場する「575」ですが、ソール部分もかなり厚めに作られています。その翌年の1988年、言わずと知れた「576」がついに登場します。

出典: https://www.sneakerfreaker.com/sneakers/nike-air-safari-court-purple/

1988年登場の「576」

スウェード素材を主に使用し、オフロード用のイメージからオンロード用へと進化を遂げる。更に他メーカーとのコラボ、ショップとのコラボにより様々なバリエーションが登場し、街ゆく人々がこの「576」を手に取りファッションアイテムへと台頭していきました。

出典: https://www.allikestore.com/default/new-balance-m577-fw-flying-the-flag-pack-light-grey.html

1990年発表の576の後継者「577」 

前面スウェード素材の贅沢ライン。他の577とは違いこちらの577fwは数量限定という一品。ヒール部分のユニオンジャックがかっこいい!
しかし、あまりにも「576」が売れすぎている為残念ながら、他の500シリーズは「574」と「576」以外影に隠れてしまっている感は否めません。

出典: https://www.allikestore.com/default/new-balance-m530-rwb-grey-stone.html

1993年発表の「530」

全体的なフォルムは556を受け継いでいる形ではるもの、新世代ランニングシューズとして一気に都会派のシューズへと進化を遂げる。

出典: http://item.rakuten.co.jp/footmonkey/nb-mrt580-cw/

2000年発表の「MT580」

576、577との一番の違いはソール部分にあります。クッション性能の約束を更に実現する為に、かなりソールが分厚くなっていることが、写真を見てもわかります。「580」は足元を大きく見せれる為、この「580」をアクセントにしてファッションスタイルがまた変化します。500シリーズの中で「580」が特徴を出すことが出来ているので、ひそかにファンが増えているようです。こちらのモデル、実はここでは紹介していませんが、米国、英国をメインに販売されていた「585」を日本が改良し販売開始した一品。隠れたメイドインジャパンがここにあります。

型番600番台モデル - おすすめは「MT610」

ニューバランスの底力

出典: http://www.sarenza.nl/new-balance-mt610-s775077-p0000050618

1980年代中盤に多くの指示をを集めた670。500シリーズとそこまで大きな違いはありませんが、トレイルランニング用途のシューズとして進化したモデル。その中でも「MT610」の特徴は、防水性、透湿性に優れ、更にゴアテックス搭載というまさに悪路を進むトレイルランニング用。またベーシックなカラーは、デイリーユースにも幅広く対応できるので、ファッションアイテムとしても使用可能です。

出典: http://www.kicksusa.com/new-balance/w696-navy-red-wl696hg.html

「696」Women

ファッション性をかなり意識したシリーズ。細長く、薄い作りの一品。ただそこはニューバランス。ソール部の作りもしっかりしていますし、足元のホールド感は非常に優れたままのファッションアイテム。クオリティはそのままに、かわいさも伴う力は流石です。あまりメジャーではない「696」ですが、一部の女性ファンには愛されています。みんなが履いていないシリーズを彼女にプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。

型番700番台モデル - おすすめは「770」

ニューバランスの強さ

出典: http://luxtx.com/ニューバランã‚%05b9-774-c-1379_1389.html

写真は2014年発売のランニングシューズ「774」。「770」の性能がアップしたグレードとなる。こちらも人気のアイテムの一つ。700番台の特徴は、ランニングを重視したバランスのとれたシリーズ。

出典: https://www.amazon.co.jp/Balance-HRL710-GE-%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-TAN-%E3%82%B0%E3%83%AC%E3%83%BC-%E7%99%BB%E5%B1%B1-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0-%E5%B1%B1%E9%9D%B4-26-0cm/dp/B01HJ8WZRG/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1490319448&sr=8-3&keywords=new+balance+710

HRL710GE

スウェード素材を使用したアウトドアスニーカー。Dリングレーシングシステムを採用(紐を通す所がDの形になっています)。がっちりと固定される足元に安心感さえ漂う一品。見た目は重そうではあるものの、REVliteミッドソールを使用することで、軽量化されているので、デイリーユースにも勿論しています。いつもと違うアクセントを取り入れたいという方は是非。

型番800番台モデル - おすすめは「878」

出典: http://www.euantait.co.uk/new-balance-whiteconcrete-878-90s-running-uk9844474-nb-mens-lifestyle-p-468.html

800シリーズは日本ではあまりみかけないシリーズ。大体が並行輸入品として扱われている。特徴としては、ウォーキング、ランニング等に向いておりクッション性が非常に優れている点。Abzorbを装備している。abzorbとは、足が受ける衝撃を吸収することは勿論のこと、その受けたショックを押し返し、反発弾性を備えているクッション素材のことである。

型番900番台モデル - おすすめは定番の「996」

出典: http://www.pascal-sneaker.jp/SHOP/nb3.html

900番台モデル

今やニューバランスを代表する人気ロングセラーの型番。1980年代後半を席巻。996の発売により人気を不動のものとした。ENCAPとC-CAPを組み合わせたクッション性は素晴らしいものがある。更に900シリーズはスニーカー自体が細身に仕上がっている為にランニングシューズの中でもよりスタイリッシュな仕上がり。500シリーズよりも値はするが、どんな場面でも対応可能な900シリーズは秀逸。色はグレーが一番人気。

型番1000番台モデル - おすすめは定番の「1300」

昇華していくニューバランス

出典: http://www.pascal-sneaker.jp/SHOP/nb3.html

1000番台は、メーカーのフラッグシップモデルとして登場。こちらは特に人気の高いM1300のグレー色。1985年に発売された1300の特徴は革新的なミッドソール構造が生み出す卓越したフィット感と安定性。他シリーズとの違いが圧倒的。初めて「ENCAP」を搭載し、ラルフ・ローレンが雲の上を歩くようだと表現したスニーカーがこれ。ただし、現在の1300はM1300CLで廉価版が多いのでその違いに注意。また1300は1985年から5年ごとに限定生産されるため入手は極めて困難です。

定番という名の伝統

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-M1400-MG/dp/B01BGJUMR4/ref=cts_sh_2_vtp?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_p=408379649&pf_rd_r=EJ6HVM4XFMT2HGRJHQ82&pd_rd_wg=LDHkl&pf_rd_s=desktop-detail-softlines&pf_rd_t=40701&pd_rd_i=B01BGJUMR4&pd_rd_w=3sKSB&pf_rd_i=desktop-detail-softlines&pd_rd_r=EJ6HVM4XFMT2HGRJHQ82&_encoding=UTF8

M1400

フラッグシップモデルとして、安定感抜群のモデルとしては間違いのないライン。こちらは全面スウェード素材を使用。1985年発表の「1300」に続いて発表する予定も、当時の技術では量産が出来ずに、断念。だが、技術革新により1994年に発表。フォルムはごくごくノーマルなフォルムですが、トレンドに左右されずに長く履くことの出来るまさに定番の一品。

型番2000番台モデル - おすすめと言うよりもKing of ニューバランス!

出典: http://sneakerbalance.seesaa.net/category/20751219-1.html

1000番台でスニーカーのロールスロイスとまで謳われたものが更にグレードアップ。違いが歴然です。REV LITE搭載のENCAPミッドソールとねじれを防ぐカーボンファイバーが特徴。最上の履き心地を提供しています。

定番になっているENCAP, C-CAP。それって何?

どちらもEVA素材(クッション素材)に変わりはなく、違いとしてはENCAPよりも更にC-CAPの方がクッション性能をレベルアップさせつつ、当然履き続けることによりクッション性能が落ちてきますが、C-CAPは耐久性も更にアップしている素材となっています。初めて装備された1300モデルは発売当初、「雲の上」の表現が適切であると思います。

ニューバランスの定番おすすめ スニーカーの種類1つ目に登場するのは!

ニューバランスへの入口!定番の種類のおすすめはやっぱりこれ!「574」

出典: http://seesaawiki.jp/newbalance574/

人気型番574

大人気ロングセラーM576の廉価版。違いは主に生産している国、素材、そしてソール部分が違います。574では主にENCAPソールを使用しています。
ただ、カラーバリエーションが豊富で、且つお値段もお手軽で何足も買い揃えられる魅力があります。トゥー部分が丸みを帯びているのでスタイリッシュというよりは、かわいいイメージが先行する500シリーズ。初めてのニューバランスには最適では?

定番おすすめ 2つ目の型番の種類は!

定番の種類 おすすめワンランクアップ型番の「996」

出典: http://bristy1995.blogspot.jp/2015/04/996.html

人気型番グレードアップ996シリーズ

900番台の3モデル目。この996が世に出てから900シリーズが認知されたといっても過言ではないほどに996の完成度は高いものであった。その分576と比べても少々値段は高くなるものの、履き心地などを加味するとその特徴と違いが分かるはずです。価格と性能のバランスの良さが996の人気を不動のものとし、更にスタイリッシュなデザインから圧倒的人気を誇ります。

定番おすすめ 3つ目の型番の種類は!

定番種類 おすすめ「靴のロールスロイス」とはこいつのことだ!型番「1300」

出典: http://giver.jp/archives/8624

定番おすすめの最上級クラス1300

この上に2000シリーズがまだあるにはありますが、当時のランニングシューズの最高傑作と言えます。またこの次に発売された「1400」シリーズは一度お蔵入りになったもの現在まで続くロングセラーとなり1300と1400は圧倒的な人気を誇ります。またこのカラーバリエーションは「N」ロゴが非常に見えやすくインパクトがあることから人気のカラーにもなります。

いや!定番じゃなく、個性があるおすすめはないの?

定番ではない。だが、現段階ではニューバランスの王様 「M2040v2」

出典: https://www.newbalance.co.jp/products/M1300/1000/

全てにおいて敵なし「2040v2」

2012年に発売されたM2040の最高峰モデルのV2。REV LITE採用のENCAPミッドソールと安定性を高めるカーボンファイバーを搭載していることに違いはないが、特徴としてはオールレザーバージョンでのアップデートとなっています。

定番どころか入手困難?こだわり派におすすめモデル「ML1978」

出典: http://springs.lt/en/online/men-shoes/new-balance-ml1978-bk-grey-mens-sneakers/

「990」モデルからVibram社との共同開発された洗練されたフォルムML1978

写真からは分かりにくいかもしれませんが、とにもかくにも軽くて薄いという印象。が、しかし、ソールはしっかりクッション性能に優れており軽量化された洗練されたデザインも注目度間違いなし!

こんな種類もあります。「CT288」ビジネスシーンにおすすめ

出典: http://www.gogatewaygo.nl/kopen-new-balance-m574-heren-sneakers-online-donkerblauw-cixbqcql.html

他のシリーズとは、一線を画している?「CT288」

まず、見た目に明らかに違う点はソール。ソールがこちらのモデルでは、ガムソールを採用。もともとテニスプレイ用に生産されている為にグリップ性を重視。また上品な豚皮スウェードを使用。スニーカーというよりもビジネスシーンでも活躍できそうな高級感溢れる一品です。

出典: https://sneakersbr.co/news/new-balance-traz-o-247-luxe-pack-para-o-brasil/

Luxe Pack MRL247

2017年春に発売。2016年にこの「247」シリーズが発表され、この名前の由来は、「24時間7日間」と人のサイクルを意識したといわれています。上質なレザー仕上げが大人の男を見事に演出してくれます。他のラインとはかなり違いのあるアイテムですが、ビジネスシーンにも活躍できるので、目立つこと間違いなし!

定番でも、カラーバリエーションの種類で「差」をつける!こんなおすすめも!

出典: http://shop.newbalance.jp/products/newbalanceml999nb.html

こちらは「999」登場から20周年での限定モデル

メンズ、レディース問わずカラーバリエーションが豊富なので、同じ型番であったとしても、欲しい色を見つける出会いがあります。このような限定エディションは入手が難しい場合もありますが、ひょんな所で出会ったりすることもできます。

ランニングシューズの種類としての最高ランク「RC1300」

出典: https://www.shopstyle.co.jp/p/new-balance-nb-rc1300-d/454058251

ニューバランスという選択。

実に重量約165gという究極の軽量化に加えマラソンの為に生み出された「RC1300」。大幅な軽量化、卓越したグリップ性、今まさにマラソンランナーがタイムを縮めようとした時にはこのシューズを手にとることでしょう。この「RC1300」をあえてデイリーユースにしていまうことでアピール度満点です。

ニューバランスのスニーカー購入時おすすめアドバイス

出典: http://free-illustrator.com/26scrape/03-scrape.html

スニーカーは緻密なサイズ構成なので、国内製造であればあなたのサイズそのままで、海外ブランドであれば0.5cmほどダウンがおすすめです。

また、復刻版などかなり多く出回っているものや、限定品など事前にチェックをしてからショップにお買い物に行った方が的確にあなたの欲しいアイテムを間違いなく手に入れることが出来ると思いますので、こまめなチェックをお忘れなく。

ニューバランスという種類自体がおすすめなのである。

今や知名度も広がり当然のごとく広まっているニューバランス。以前の一般的な見識としては、ランニングシューズの一つであり、それ以上でも以下でもなかったことでしょう。ですが、ランニングシューズ用というイメージを払拭し(勿論、本業はこちらですが)、レディース等様々なカラーバリエーションが用意され、女性にも人気を博したことによって、いちランニングシューズメーカーから、若者から年配の方まで使えるファッションアイテムとして支持を得ることとなりました。今では、お洒落なセレクトショップに一足は必ず置いてあると言っても過言ではないほどに、ファッションとの融合がなされています。ビジネスシーンにおいても、かのアップル創始者スティーブ・ジョブズがニューバランスのランニングシューズを履いていたことも有名です。

まとめ

いかがだったでしょうか。ニューバランスという名前は今や誰もが知っている人気のメーカーですが、意外とこの型番の特徴が知られていません。ですが、型番を知らなければダメだというものでは一切ありません。上記にあるようにおすすめはしていますが、何よりも靴選びはあなたがその靴と出会った時のインパクトで決まります。あなたのお気に入りのニューバランスと出会えることを祈っています。是非この機会にショップを覗いてみませんか?

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ