免許の初回更新時にチェックすべき内容や手順の流れとは?【初めての更新】のイメージ

免許の初回更新時にチェックすべき内容や手順の流れとは?【初めての更新】

運転免許の初回の更新の時は内容や流れがわからず誰しも不安になると思います。少しでも流れや内容を知っていれば更新しに行きやすいですよね。今回はそんな運転免許の初回の更新が来る方に参考にしていただけるよう違反や講習、何をしたらいいかなど詳しくご紹介していきます。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしたらいい?運転免許の初回更新!

出典: http://toyokeizai.net/articles/-/86602

都会の人の人ももちろんですが、地方の方は交通のために車やバイクの運転免許証を多くの方がもたれていると思います。

ただ車やバイクの運転免許証をもらうときはだいたいが若い時に取るので
初回の運転免許証の更新通知が来た時にどのようにしたらいいかわからないと思います。

今回はそんな運転免許証の初回更新について違反や講習を踏まえながらご紹介していきます。

運転免許証の初回更新の通知が届いたら何をするべき?届いてからの流れ

出典: https://xn--94qw00l56cisb.net/?p=1

運転免許証を更新しないといけない人は現在住んでいるご自宅に更新連絡書が届くと思います。

自分の運転免許証に有効期限が明記されていると思いますが、だいたい更新期間は誕生日前後1か月とされています。

この運転免許証更新連絡書はその更新期間の前に届くようになっているので、自分の都合に合わせて初回更新に挑まないといけないので更新期間はしっかり確認するようにしましょう。

運転免許証更新連絡書の内容は何が書いてある?行く前に確認しておくこと

出典: http://www.ju-janaito.com/blog/archives/2010/03/post_712.html

先ほどご紹介したように運転免許証更新連絡書が届いたら更新に必要な事項が明記されているのでしっかり把握して更新をしに行く必要があります。

特に講習区分や講習時間なども詳しく明記されていますので日程も組みやすいですし、手数料もかいていますのでしっかり準備していきましょう。

次は運転免許証更新連絡書に記載されている確認するべき点を押さえていきます。

運転免許の初回更新や通常更新の時の内容や把握しておくべき確認事項①更新期間

出典: http://6shogi.com/calendar/calendar_import/

先ほども何度も挙げましたが、まず初回更新や通常更新の時にも把握しておくべき確認事項は「更新期間」です。

この初回の時や何度目かのときも更新期間の間に必ず行くようにしましょう。期間が長い分油断してしまいやすいので注意が必要です。


もしもこの更新期間の間に行けなかったとしても1か月は無条件で猶予があるとされています。

ただその期間よりさらに過ぎたら免許証が失効されます。

更新日よりさらに6か月までは正式失効ではないですが、違反を行い警察に検挙されると無免許運転扱いされるので要注意です。

運転免許の初回更新や通常更新の時の内容や把握しておくべき確認事項②更新申請場所と受付時間

出典: http://books-make-your-life-happier.com/chronostasis/

次に初回更新や通常更新時に把握しておくべき確認事項は「更新申請場所」や「受付時間」です。

初回の時は特に感じるのですが以外に運転免許の更新は時間がかかります。

さらに地域によっては受けれる場所がかなり限られているので、自分の日程を調整して更新に挑むようにしましょう。

ちなみに私の地域では土日祝は開かれておらず、郊外なので30分から1時間程度車でかかったりと遠かったりするので場所の確認も重要です。

運転免許の初回更新や通常更新の時の内容や把握しておくべき確認事項③違反がないか?講習区分や講習時間

出典: http://mainitinetatyou.blog.so-net.ne.jp/2014-03-11

次に初回更新や通常更新の時にも把握しておくべき確認事項は「違反」や「講習区分」、「講習時間」です。

違反を行っていると、講習区分が優良運転者ではなくなり、免許証の色も金ではなくなってしまいます。

違反はポイントの合計や累計が免許更新の初回だけでなく溜まっていくので違反の数が多いと免許停止や免許失効という形を取られるので、違反はもちろんしないようにしましょう。

さらに大きな点として初回講習の時は2時間講習時間があります。

初めて講習を受けるときは免許の更新日を時間が長くとれる日にしましょう。

初回以降の講習時間は講習区分によって大きく変わり、最低講習時間は30分程度で一番長い講習時間は初回講習と変わらない2時間の講習があります。

30分の講習と2時間の講習ではしんどさも全然違ってくるので一番短い講習を受けるだけでいいように違反をしないようにしましょう。

講習区分が「優良運転者」だと誇らしいものです。

初回だけでなく常に気を付けたい!講習や違反がないように内容の把握と安全運転の心掛け①

下記より主な交通違反の詳細をご紹介していきます。
最初は違反すると大変危険な高得点の違反ですので起こさないように細心の注意が必要です。

交通違反の種類 ①大型 ②普通 ③二輪 ④原付 運転殺人等・危険運転致死【特定違反行為】62点 ①か⑤まで罰則1 運転傷害等危険運転死傷【特定違反行為】 治療期間3ヶ月以上又は後遺障害 55点 ①から⑤まで罰則2 治療期間30日以上3ヶ月未満 51点 ①から⑤まで罰則2 治療期間15日以上30日未満 48点 ①から⑤まで罰則2 治療期間15日未満・建造物損壊 45点 ①から⑤まで罰則2 酒酔い運転【特定違反行為】35点  ①から⑤まで罰則3 麻薬等運転【特定違反行為】35点  ①から⑤まで罰則4 救護義務違反【特定違反行為】35点 ①から⑤まで罰則3 共同危険行為等禁止違反 25点   ①から⑤まで罰則5 過労運転等 25点       ①から⑤まで罰則7 無免許運転 19点 酒気23/25  ①から⑤まで罰則7 酒気帯び運転 酒気13/25    ①から⑤まで罰則4 大型自動車等無資格運転 12点 酒気19/25 ①から⑤まで罰則9 仮免許運転違反 12点 酒気19/25 ①から⑤まで罰則9 無車検運行 6点 酒気16/25 ①から⑤まで罰則8 無保険運行 6点 酒気16/25 ①から⑤まで罰則6 罰則1・・・1年以上20年以下の懲役 罰則2・・・15年以下の懲役 罰則3・・・5年以下の懲役又は100万円以下の罰金 罰則4・・・3年以下の懲役又は50万円以下の罰金 罰則5・・・2年以下の懲役又は50万円以下の罰金 罰則6・・・1年以下の懲役又は50万円以下の罰金 罰則7・・・1年以下の懲役又は30万円以下の罰金 罰則8・・・6月以下の懲役又は30万円以下の罰金 罰則9・・・6月以下の懲役又は10万円以下の罰金 罰則10・・・6月以下の懲役(過失の場合は3月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金 罰則11・・・3月以下の懲役又は5万円以下の罰金 罰則12・・・5万円以下の罰金

上記のポイント一覧は主に一回行うだけで免許停止になりかねない違反です。

運転の違反のポイントが高いだけでなく、点数が高い分かなりの危険性が、あるので自分だけでなく他の人にも迷惑が掛からない運転をする必要があります。

さらにここの違反をすると講習を受けることなく免許を取り消しされる可能性があるので危険です。

初回だけでなく常に気を付けたい!講習や違反がないように内容の把握と安全運転の心掛け②

次は速度超過に関する交通違反の種類です。

速度超過 ①大型 ②普通 ③二輪 ④原付   50km以上12点 酒気19/25 ①から⑤まで罰則10 40km以上50km未満6点 酒気16/25 ①から⑤まで罰則10 30km以上35km未満6点 酒気16/25 ①から⑤まで罰則10 25km以上30km未満3点 酒気15/25 ①2万5千 ②1万8千 ③1万5千 ④1万2千 20km以上25km未満2点 酒気14/25 ①2万円  ②1万5千 ③1万2千 ④1万円 15km以上20km未満1点 酒気14/25 ①1万5千 ②1万2千 ③9千円  ④7千円 15km未満 1点 酒気14/25  ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 ※罰則10・・・6月以下の懲役(過失の場合は3月以下の禁錮)又は10万円以下の罰金 ※違反をした場合に酒気を帯びていたときは、「酒気帯び点数」の点数になります 。点数の表記では左側が呼気1リットル中のアルコール濃度検出量0.15mg以上0.25mg未満時、右側が0.25mg以上時を指します。

速度超過の違反は最も多い違反と言っても過言ではありません。

特に高速道路の運転を行った後に通常の道路を走ると感覚が鈍って速度超過をしてしまいやすくなります。

そのようなことがあまりないように長時間の運転は避けるとともに、通常の道路でも速度を意識しながら運転しましょう。

ここでも速度超過しているだからといって油断はできない点数です。1回速度超過をするだけで講習区分が変わってくるので講習時間ももちろん変わります。

講習区分が変わるとゴールド免許でもなくなるので優良運転者講習を受けれるように気を付けましょう。

初回だけでなく常に気を付けたい!講習や違反がないように内容の把握と安全運転の心掛け③

次は大きな事故につながる可能性がある速度超過以外の交通違反の種類です。

交通違反の種類 ①大型 ②普通 ③二輪 ④原付 警察官現場指示違反 2点 酒気14/25 ①から⑤まで罰則11 警察官通行禁止制限違反 2点 酒気14/25 ①から⑤まで罰則12 信号無視(赤色等) 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 点滅 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 通行禁止違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 歩行者用道路徐行違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 通行区分違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 歩行者側方安全間隔不保持2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 急ブレーキ禁止違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 法定横断等禁止違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 追越し違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 路面電車後方不停止 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 踏切不停止等 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千 ③7千円 ④6千円 しゃ断踏切立入り 2点 酒気14/25 ①1万5千 ②1万2千 ③9千円 ④7千円 優先道路通行車妨害等 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 交差点安全進行義務違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 横断歩行者等妨害等 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 徐行場所違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 指定場所一時不停止等 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 放置駐車 駐停車禁止場所等 3点 ①2万5千 ②1万8千 ③1万円 ④1万円 駐車禁止場所等 2点 ①2万1千 ②1万5千 ③9千円 ④9千円 駐停車違反 駐停車禁止場所等 2点 酒気14/25 ①1万5千 ②1万2千 ③7千円 ④7千円 駐車禁止場所等 1点 酒気14/25 ①1万2千 ②1万円 ③6千円 ④6千円 積載物重量制限 超過 10割以上 6~3点 酒気16/25 ①罰則11 ②3万5千 ③3万円 ④2万5千 5割以上10割未満 3~2点 酒気15/25 ①4万円 ②3万円 ③2万5千 ④2万円 5割未満 2~1点 酒気14/25 ①3万円 ②2万5千 ③2万円 ④1万5千 整備不良 制動装置等 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 尾灯等 1点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 安全運転義務違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 幼児等通行妨害 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 安全地帯徐行違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 騒音運転等 2点 酒気14/25 ①7千円 ②6千円 ③6千円 ④5千円 携帯電話使用等(保持)1点 酒気14/25 ①7千円 ②6千円 ③6千円 ④5千円 携帯電話使用等(危険)2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 ④6千円 消音器不備 2点 酒気14/25 ①7千円 ②6千円 ③6千円 ④5千円 高速自動車国道惜置命令違反 2点 酒気14/25 本線車道横断等禁止違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 高速自動車国道等運転者遵守事項違反 2点 酒気14/25 ①1万2千 ②9千円 ③7千円 免許条件違反 2点 酒気14/25 ①9千円 ②7千円 ③6千円 ④5千円 罰則11・・・3月以下の懲役又は5万円以下の罰金 罰則12・・・5万円以下の罰金

違反の種類も人身事故や速度違反から始まり、最近では騒音運転や携帯電話使用などでも多くのポイントが足されたりします。

足されすぎると先ほども挙げたように免許停止処分や免許失効処分を受けるほか周りの人に事故を巻き込んでしまったり、単独事故を起こしたりしかねないので安全運転を心がけるようにしましょう。

運転免許の初回更新や通常更新の時の内容や把握しておくべき確認事項④更新手続き時に持参するもの、講習時に必要な物

出典: https://minne.com/items/3726866

次に初回更新や通常更新の時にも把握しておくべき確認事項は「更新手続き時に持参するもの」です。

運転免許を更新する時は次のものが主に必要とされています。

①現在の運転免許証
②講習や更新時に必要な手数料
③運転免許証更新連絡書(ハガキ)
④必要な方で眼鏡や補聴器など

上記のものが必ず必要になってきます。
特に眼鏡やコンタクトは初回だけでなく免許更新時に視力検査を行うので忘れないようにしましょう。

運転免許取得時と住所が違う場合は次のようなものが必要です。
○住民票(コピー不可)
○保険証
○公共料金明細
 
本籍や氏名が免許取得時と変わる場合も次のものが必要です。
○住民票(コピー不可)

交通違反の違反点数の仕組みや知っておくべきこと

出典: http://radiolife.com/security/police/2049/

運転免許をもらうときの講習や初回更新時の講習で安全運転についてのビデオ講習を受けたり、説明講習を受けたりすると思いますが、交通違反の違反点数は加算計算です。

ただ講習の時に説明を受けたと思いますが、2年間無事故無違反の場合は優良ドライバーとみなされ、ちょっとした違反であれば講習の時に倣うように優遇制度をうけることができます。

だいたい3点以下の違反であれば3か月の間に再び違反を起こさない限り0点になることがあります。

初回の運転免許更新では何をする?どのような流れで更新するのか

出典: http://ichibanyasui-kurumahoken.com/4040.html

次に運転免許の更新では何をするか、運転免許の手順についてご紹介していきます。
滞りなく行うことによって運転免許の更新ミスを防げるのでご参考ください。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ①申請書類の作成

出典: http://www.kokuchpro.com/event/161120/

初回だけに限らず、運転免許証の更新に行ったときに最初にする必要がある手順は「申請書類の作成」です。

場所によっては入口の目の前にあったり、受付の所にあったりするので免許更新所についた場合は更新手順として申請書類を作成しないといけないので書類のある場所を探すようにし記入しましょう。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ②更新手数料支払い

出典: http://www.aozorabank.co.jp/kojin/products/use/cashcard_plus/column/question-on-settlement/d_note-way-of-convenience-store-settlement/

次に免許更新所に着いて行う更新手順は更新手数料の支払いです。

運転免許証更新連絡書に記載されている免許更新時に必要な金額を用意して支払う必要があります。

ここで注意したいのが出来れば運転免許証更新連絡書に記載されている手数料のぴったりの金額を持っていくことです。

というのも時期によって変わりますが、免許更新は行く日によってかなり混んでいる日や空いている日があります。特に学生たちの春休みや夏休み、冬休みといった時期に該当する場合は免許センターも一杯で中に入れなかったりするほどです。

そのような事態の中免許更新の時におつりが多いと無駄な時間もかかり、他の人に先を越されてしまうことが多くあります。少しでもそういったことができると周りも円滑に進むことができるので、できるだけ免許更新の事前にお金の用意をするようにしましょう。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ③視力検査

出典: http://www.nidek.co.jp/visitor_general/eyestory/entry-2440.html

次に免許更新所で行う必要手順は視力検査です。

この視力検査の適正に通らないと再度自分にあった視力補正が入っている眼鏡やコンタクトレンズを持ってくるようになりますのでかなりの無駄です。

片目だけでも0.7以上は必須なので心配の方は免許更新の前に必要な準備をするようにしましょう。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ④申請書の提出・登録受付

出典: http://okazakigumi-gr.jp/recruit/business/

免許更新時の視力検査の後にすることは申請書の提出と登録受付です。
この時に不備があれば訂正を受けます。

ただ確認のしようがないこと(本籍や氏名がはがきが届いた後に変わる等)の場合はそのまま免許証が作られますので間違えないように注意してください。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ⑤写真撮影

出典: http://www.chuko.co.jp/doba/blog/2012/07/post-31.html

次に免許更新時に行う手順は写真撮影です。
免許取得時の初回と同様に取り直しは基本出来ないのです。
さらにその写真入りの免許証を何年も使用するので身なりはよくしていくようにしましょう。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ⑥初回講習と必要講習

出典: http://www.fujita-hu.ac.jp/~rehabmed/contents/s_fim/

次に免許更新時に必要な手順は講習です。
初回更新の場合は基本初回講習が2時間程度あります。
半分は運転に関する講習で、もう半分はビデオなどの映像を観て学ぶ講習です。

地域によっては映像講習の時に寝てしまったりすると受けなおしを受けるところもあるらしいので起きているようにしましょう。

免許更新時に実際受けないといけない講習の区分と講習の時間の違い

出典: http://www.koryu-kanagawa.com/?page=page3

免許更新時に受ける講習は初回講習を除いて主に4種類あります。

①優良運転者講習 講習時間30分程度
5年以上無事無違反の人はこの「優良運転者講習」に該当します。
優良運転者であるがゆえに講習時間も30分程度と短くなっています。
講習内容は主に道路交通法の変更点の講習やビデオなどの映像による最近の事故事情講習といった講習が行われます。
優良運転者は講習も簡素化されていますのであっという間に終わると思います。

ちなみにこの優良運転者講習を受けることによって免許証が俗にいう「ゴールド免許」となります。

このゴールド免許は優良講習を受けている証でもあるのでこの講習が受けれるようにしましょう。


②一般運転者講習 講習時間1時間程度
ここに該当する人は5年以上の間に3点以下の違反を1回行っている人です。
講習時間も優良運転者とは違って約倍の時間もかかります。
講習内容は道路交通法の変更点の講習やビデオによる映像の講習、さらに事故を起こさないように運転する時の心構えなどの講習を受けます。

やはり優良とは違って事故を起こす可能性があるかもしれないと判断されているので講習項目も増やされています。講習を受けた後は違反をしないようにしましょう。

③違反運転者講習 講習時間2時間
ここに該当する人は5年以上の間に3点以上の違反を1回以上行っている人です。
講習時間も一般の時よりもさらに長い2時間となっています。
講習内容は道路交通法の変更点の講習やビデオなどによる映像講習、事故を起こしてしまった時の対応講習、未然に防ぐための講習、最近の事故事情の講習と講習項目がかなり多いです。
 
④違反運転者講習 講習時間2時間
こちらも先ほどの③と同様ですが、こちらは5年未満の人の違反運転者です。

③と④の講習内容は一緒で次回も違反をする可能性が高いとみなされて講習項目を増やされています。必然的に講習時間も長いです。

このように講習区分が違うだけで講習時間もかなり大きな差があります。
講習時間が長いのが嫌だからというわけではないですが、講習項目を少なくて済むように心がけ、講習の時間は真面目に聞くようにしましょう。

運転免許証更新の時は何をする?更新手順の流れ⑦新免許証の交付

出典: http://gazoo.com/car/pickup/Pages/daily_150907.aspx

短い講習の人や長い講習を受けた人、初回講習を受けた人と様々な人が居ると思いますが、講習が終わるといよいよ新しい免許証の交付です。

最初はブルーからですが先ほども挙げたように優良運転者講習を受けるとゴールドになれるし講習時間も短いので目指すようにしましょう。

初回の免許更新が済んだ後に。

出典: http://magazine.premoa.co.jp/inemuribousi/

今回は初回の運転免許の更新について詳しくご紹介していきましたが最後に気を付けないといけないのが更新が済んだ後です。

講習が2時間と長く、ビデオ映像などによる講習もあるので目が疲れていることが多く、免許更新所を出てすぐに事故を起こしたということが意外に多くあります。

そのようなことになると2時間受けた講習もほぼ意味なく、次回も長い講習を受けないといけないですし、自分や他の人の身も危ないですので、できれば目が疲れているなと少しでも思ったら少し休憩してから帰るようにしましょう。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

春澪
春澪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ