【ニューバランス修理】ソールリペアで蘇る!対象型番や料金、店舗を紹介!のイメージ

【ニューバランス修理】ソールリペアで蘇る!対象型番や料金、店舗を紹介!

いまや知らない人がいないほど絶大な人気を誇るニューバランス。スニーカーである以上は履き込んでいくうちに劣化していくものですが、修理できるリペアサービスがあるとの情報をキャッチ。ニューバランスを修理できる店、リペアサービスについて詳しく解説していきます。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ニューバランスの修理について

出典: http://shoeoflife.blogspot.jp/2016/01/2-new-balance-nb-new-balance-nb-2000.html

街中で目にする機会の多いニューバランス。
特徴的なフォルムでいてシンプルな構造ですが、経年劣化などで壊れることが多いニューバランススニーカー。
スニーカーのアッパーやソールが壊れたり、インソールが破れたりすると修理できないと思ってる人は多いかと思います。
どのような部位なら修理できるのか、各項目ごとに解説していきます。
修理すればまだまだ履けるニューバランスのスニーカーを捨ててしまう前に、ぜひとも一読してみてください。

ニューバランスのリペアサービス1.かかとの修理

出典: http://www.salaryman-butuyoku.com/fashion/2800/

スニーカーを履く上でもっとも多いのがかかとの摩耗です。
ニューバランスに限らず、スニーカーのソールは消耗品です。
左右のバランスが崩れるほど凹凸がなくなる前にかかとを補修すれば、より長く履き続けることができます。
かかとの色は数種類から選べるので、オリジナルのデザインに近い状態で修理を依頼することができます。

ニューバランスのリペアサービス2.ソールの修理・張り替え

出典: http://northrim.cc/blog/?p=476

ソールが全体的に減ってきても修理ができます。
ニューバランスで特に多いのが、ミッドソール部分の劣化です。
また、ニューバランスのミッドソールはウレタンを使用しているモデルが多く、劣化しやすいです。
もしもソールを張り替える場合には、オールソールで修理できます。

ニューバランスのリペアサービス3.ベロの修理

出典: http://rongo-rongo.net/shopblog/wp-content/uploads/01825.jpg

スニーカーを長いこと履いているうちに、ベロの縫製が剥がれてしまうことがよくあります。
ニューバランスのベロはアッパーと同様に本革製のものが多いので、定期的にメンテナンスやクリーニングできれいにしておくのがオススメです。
また、セルフメンテナンスが意外と難しいスエード素材もリペアサービスではクリーニングすることができます。

ニューバランスのリペアサービス4.履き口の修理

出典: http://ameblo.jp/bestrollcake/entry-11355154035.html

シューズを履いた時にかかとが接触する履き口は、擦れによる消耗が激しい部分でもあるので、大きく破れる前に修理しましょう。
特に、ニューバランスのスニーカーの履き口は他のメーカーに比べて破れやすいとも言われています。
ニューバランスに限らずスニーカーの履き口を潰して履いている人がいますが、これはスニーカーの寿命を短くする一因となるのでオススメしません。
また、店舗によっては履き口を修理の対象としていないリペア専門店も極稀にあります。

ニューバランスのリペアサービス5.アッパーの修理

出典: http://bodymovin427.blogspot.jp/2014/06/new-balance-m576-glass-leather-repair.html

メーカー修理では対応できないアッパーの補修を行っているリペアサービスもあるようです。
ニューバランスで特に多いのが、つま先(親指付近)部分のスエードの破れや傷みです。
これもかかとと同様、履き込んでいるうちに負荷がかかる部位のひとつです。
リペアサービスでは、こういった部位が破れてしまった場合でも張替は可能です。
アッパー革も部分張替の場合は両足同時をオススメします。
また履き方や履いた期間によっては、アッパーのステッチがホツれてくることもあります。
そういった際にはリステッチ(縫い直し)がオススメです。

ニューバランスのリペアサービス6.ソールの修理

出典: http://hoprepair.blog.fc2.com/blog-entry-1168.html

加水分解によるソール剥がれもかなり多い修理依頼のひとつです。

ニューバランスのソールはナイキほど剥がれやすくはありません。
尚、これについては

・アッパーが本革のものが多いこと

・スニーカーの作りが非常にシンプルなこと

が主な理由として挙げられます。

それでももしソールが剥がれてしまったら、リペアサービスでの接着をオススメします。一般の修理屋さんではすぐに剥がれてしまうことが多いスニーカーの接着ですが、健全なリペアサービス店による修理ではそう簡単に剥がれることはまずありません。

ニューバランスの修理にかかる料金

上記の修理対象となる部位のリペアにかかる相場料金です。
(※修理にかかる料金は各部位の状態によっても前後することがあります。)

・オールソール(両足):7000~12000円

・クリーニング(両足):2000~4500円

・履き口部補修(両足):4500~6000円

・アッパー革の張替(両足):6000円~

・リステッチ一式:2000円~

・ソールの再接着(両脚):2500~4500円

株式会社ニューバランス ジャパン お客様相談室 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビル ・ご購入頂いた商品に関するお問合せ 0120-85-7120 ※電話機自体に「184」発信を設定されている場合は、予め設定を解除の上おかけください。 ・広告、記事等掲載商品に関するお問合せ、販売店ご案内など 0120-85-0997 ※電話機自体に「184」発信を設定されている場合は、予め設定を解除の上おかけください。 お問い合わせ受付時間 月~金曜日 10:00~17:00(土・日・祝日および弊社休業日は除く)

ニューバランスシューズ 修理対象品番一覧

出典: http://blog.kuuki-yomi.com/2015/02/new-balance15m1300j.html

履き込んだニューバランスのM1300J。
かかとや履き口などは、あまりにボロボロになり過ぎると無駄に料金がかかったり、修復自体が困難になることもあるため修理のタイミングの見極めは大切です。

ニューバランススニーカーのリペア対象モデルの一覧です。
大抵のお店では下記のモデルはリペアサービスを行っていますが、東京以外のお店ではモデルによっては一部リペアサービスの対象外になっていることもあります。

M1300J
M1300CL
M1300JP
M1400
M1500/1500UK
M1700/M1700UK
M996 RD/WA/GB/WW
M576 LC/CD/CHJ
M576 K/W/G/P/C
M576 NV M576GY
M576 JN/JW
M576 TKシリーズ SF/CO/MO
M577/M577UK KCB/CBB
LM576UK/M576UK

出典: http://sato-suke.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/newbalance-m130.html

ニューバランスM1300J

出典: http://lathrills-kawasaki.blogspot.jp/2010/06/newballancem1300m1300cl.html

ニューバランスM1300CL

出典: http://www.pololife-sneaker.jp/entry/20150106-new-balance-m1300-jp

ニューバランスM1300JP

出典: http://sato-suke.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/newbalance-m130.html

ニューバランスM1400

出典: http://sato-suke.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/newbalance-m130.html

ニューバランスM1500UK

出典: http://www.selectshop-jp.com/?pid=97389462

ニューバランスM1700

出典: http://www.abc-mart.net/shop/g/g5274130001047/

ニューバランスM996

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%82%B9%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC-M576-RED/dp/B01L9BP3YG/ref=pd_sbs_309_1/356-5040383-0607547?_encoding=UTF8&refRID=VQAAPJQX19S58KZ3BKGF

ニューバランスM576

出典: http://blog.kuuki-yomi.com/2015/02/new-balance15m1300j.html

モデルによって交換用のソールユニットも様々です。

出典: http://blog.kuuki-yomi.com/2015/02/new-balance15m1300j.html

修理の際に、どのソールを使用するかは対象モデルの型番によって決まります。

お客様相談室のリペアサービスについて

出典: http://doekrepair.blogspot.jp/2014/05/blog-post_3.html

ニューバランスシューズの修理に関しては、お客様相談室でも案内しています。
下記問合せ先にて詳細をお聞き下さい。

(株)ニューバランスジャパン お客様相談室
電話:0120-85-7120
受付時間・・・午前10:00~午後17:00
土・日・祝日および弊社休業日は除く)

東京でニューバランスのリペアができる修理専門店

出典: http://ameblo.jp/rifareosaka/entry-11560177447.html

東京で靴のクリーニングやリペアサービスを行っている店を紹介します。
多くの店舗でニューバランスのスニーカーもリーズナブルな料金で修理対象に含まれているので近隣店舗に問い合わせてみましょう。

東京都 店舗一覧|靴・バッグの修理・クリーニングなら靴専科

靴専科は全国に100店舗以上あり、北は北海道~南は広島県まで出店しており、特に東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の1都3県には多くの店舗があります。
修理にかかる料金も比較的リーズナブルです。

The shoe of life 靴修理とバッグ修理
靴の修理・合カギ作製[全国に約300店] | MISTER MINIT

かかとや甲の痛みとおさらば!今さら聞けないシューレースの結び方を解説

出典: https://pixabay.com/

ニューバランスに限らず、スニーカーのシューレースは履いているうちにすぐに劣化して汚れてしまったりします。
また、結び方が甘いと解けてしまい、履き口と皮膚が接触して甲やかかとを痛めてしまう人も多いようです。
ここでは、靴紐の結び方がわからない人や、現行の結び方に疑念がある人のために、おさらいも兼ねてスタンダードな靴紐の結び方を紹介します。

Standard Shoelace Knot(蝶結び)

Standard Shoelace Knot(蝶結び)は読んで字の如く、私たちが普段無造作に実践しているもっとも簡単でオーソドックスな靴紐の結び方です。

出典: https://www.fieggen.com/shoelace/standardknot.htm

図のように、左から右への始点の結び目を結び、それを元に戻すだけで右(青)の端を「ループ」にします。

出典: https://www.fieggen.com/shoelace/standardknot.htm

黄色い紐の端を右に回し、青のループの後ろに移動させます。

出典: https://www.fieggen.com/shoelace/standardknot.htm

黄色を青の後方から一周させてループを作り、反対側に引っ張ります。

出典: https://www.fieggen.com/shoelace/standardknot.htm

4

黄色を作られた隙間にねじ込みます。

出典: https://www.fieggen.com/shoelace/standardknot.htm

5

最後に青と黄のループを両サイドから引っ張ればできあがりです。

Standard Shoelace Knot(スタンダードシューレースノット)の他にも、Ian's Shoelace Knot(イアン・ノット)、Ian's Secure Shoelace Knot(イアンセキュアノット)、Two Loop Knot(ツーループノット)など、靴紐の結び方には他にも様々なパターンが存在します。
踵のスリップや甲への負担を軽減する結び方もあるようです。

お客様相談室も注意喚起!!意外と多いニューバランスの偽物

現在、お客様相談室でも注意喚起を促していますが、東京都内に限らずネットショッピングなどでも全国的にニューバランスの偽物が多く発見されているようです。

出典: http://blog.2035.biz/oxiare/newbalance-nisemono/

僕の買った方は、一番上の穴を線で結ぶと、996の文字が下に来てしまいます。本物はベロが長いので996の文字が重なっていますね。 本当に間違い探しをしているような感じですが、今回買ったM996が決定的に怪しいと感じてしまったのはこの部分でした。

ここまであからさまなケースは稀ですが、ニューバランススニーカーの偽物を掴まされないためにできるだけ国内正規店での購入をオススメします。 特にニューバランスは限定モデルやデッドストックになってくると3~5万円と高価になってきます。 間違っても偽物を修理に出してしまわないよう注意しましょう。

最近インターネット上の通信販売等(ショッピングサイト)や非正規品取扱店舗等においてニューバランス製品の模倣品(ニセモノ)が販売されていることを確認しております。 お客様には安心してニューバランス製品をお使いいただくため、ニューバランス製品は弊社公式オンラインショップ、直営店もしくは正規品取扱店舗でのご購入をお勧めします。

ニューバランス製品の模倣品に対するご注意

まとめ

出典: http://lequio-oki.net/?p=2007

ニューバランスのスニーカーは履き口、かかと(ライニング)、ソール、アッパーとどの箇所でも程度と品番によっては修理可能とそうでないものがあります。
ニューバランスジャパンのお客様相談室や、リペアサービスを行っている店舗に問い合わせる際には、シュータン(ベロ)の裏にあるタグに品番などの商品情報が記載されています。
修理に出す際に事前にチェックし控えておくと、担当者ともスムーズにやりとりすることができるのでオススメです。
また、ニューバランスの愛用者の中には本体価格以上の修理料金を出すほど情熱的なスニーカーマニアもいるほどです。
それほど長く履いてくれると靴としても本望ですね。

出典: https://pixabay.com/

株式会社ニューバランス ジャパン お客様相談室 〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビル ・ご購入頂いた商品に関するお問合せ 0120-85-7120 ※電話機自体に「184」発信を設定されている場合は、予め設定を解除の上おかけください。 ・広告、記事等掲載商品に関するお問合せ、販売店ご案内など 0120-85-0997 ※電話機自体に「184」発信を設定されている場合は、予め設定を解除の上おかけください。 お問い合わせ受付時間 月~金曜日 10:00~17:00(土・日・祝日および弊社休業日は除く)

関連するまとめ

jimmy block2
jimmy block2
よろしくお願い致します。

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ