ストレスで咳が出る?咳や吐き気が止まらないときは精神的原因かも【喘息】のイメージ

ストレスで咳が出る?咳や吐き気が止まらないときは精神的原因かも【喘息】

ストレスが原因で咳が出る、咳が止まらないということはあり得ます。ストレスによる咳が出る、止まらないという現象が継続し過ぎると、喘息になってしまいます。ストレス性の喘息に苦しむ現代人も多いですが、その実情や対策もまとめています。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスが原因で咳が止まらない

出典: http://genki-go.com/symptom/06.html

咳だけではありませんが、ストレスによって人間の体は多くの不調を抱えます。実際現代人にはそうのような形で体の不調に苦しんでいる人は多いです。

喘息で咳が出るし咳が止まらない

出典: http://topic-good.com/archives/1835.html/%E3%81%93%E3%81%A9%E3%82%82%E5%92%B31-2

喘息になると咳が出る、咳が止まらない、ということになります。喘息の原因はいろいろですが、まずは医師に相談して薬や漢方を処方するということになります。

咳が止まらないこととストレスの関係

出典: http://nanisore-club.com/otonazensoku-syoujyou-7989

咳が出る、止まらない原因は喘息であることが多いですが、そもそもその喘息の原因が何かという問題があります。
喘息はアレルギーや風邪からの合併症で引き起ることもあります。その場合には、薬や漢方による治し方も効果的でしょう。
しかし、ストレスが原因の喘息の場合は、薬や漢方では咳が出ることが止まらないはずです。

ストレス性の咳が悪化すると喘息の症状になる

出典: http://f-chiro.com/blog/2039/

ストレスが重なりすぎると咳だけではなくて自律神経全体が乱れていきます。咳や息苦しさや吐き気もストレスによる自律神経の乱れの症状の一つです。
咳や痰にだけ着目するのではなくて、ストレスそのものに向き合う必要があります。

ストレスが原因で人間の体は様々な悪影響を受けます。適度なストレスは人間にとって必要なのですが、咳が出る、咳が止まらないということや、息苦しい、吐き気があるという状況であれば、明らかに過剰なストレスが掛かっています。
そこまでのストレスは放置すると危険です。咳が出る、咳が止まらない、息苦しい、吐き気がひどい、ということであれば、ストレス解消のために時に休むことが重要です。
現代人は仕事が忙しいなどの理由でストレスが溜まっていますが、肉体や精神が崩壊すれば元も子もありません。頑張ることも必要ですが、ストレスに潰されそうなときには息苦しい環境から逃げることも必要です。

ストレスで喘息の症状が出る

出典: http://nanisore-club.com/aki-zensoku-7852

ストレスが原因の喘息は息も苦しいですし、頭も重いし起きていることも辛くなります。眠れる状況であれば、きついときは寝てしまった方がいいでしょう。
起きていても、精神的にも肉体的にも負担が大きくなります。

ストレスで喘息の症状が出るのは自律神経の問題

出典: http://www.men-eki.jp/2008/08/02.html

ストレスで咳が出る、咳が止まらないという症状は、ストレスによる自律神経の乱れが原因です。
自律神経が乱れるというと、交感神経と副交感神経のどちらがどう息苦しいことに作用しているのかという問題がありますが、入り乱れています。

交感神経が優位になることで吐き気や息苦しいことが多いですが、それは交感神経が活性化すると緊張状態になるからです。
緊張状態が続けば息苦しいですし、吐き気も出るでしょう。しかし、副交感神経ばかりが働いても自律神経のバランスの乱れが出るので、バランスが重要です。

自律神経が乱れると咳が出るし止まらない

出典: http://www.eye.heian-seitai.com/index.php?a%E8%87%AA%E5%BE%8B%E7%A5%9E%E7%B5%8C%E3%81%AE%E4%B9%B1%E3%82%8C

ストレスで咳が出る、咳が止まらない、という状況は非常につらい状況になります。咳払いしてもむしろ悪化する可能性がありますし、痰も取れません。
薬や漢方ですぐにできる治し方もなくて、ストレスに体が蝕まれている状態です。ストレスで苦しいのに、さらに体も咳や痰で苦しめられます。

ストレスでの自律神経の乱れは薬や漢方では止まらない

出典: https://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/general01.html

薬だけでストレスを解消することはできません。また、ストレスを解消しなければ自律神経の乱れの根本的な問題も解決しません。
結局のところ、ストレスを自力で解決するしかないということです。環境を変えたり、気分転換できるものを持つというようなことになります。特に肉体と精神は深く連動しているので、運動することはおすすめです。

ストレスが原因で咳や痰が出る場合には、ストレスを除去しなければ痰や咳は止まらないです。
ストレスに慣れて痰や咳が出ることがなくなることもあるかもしれません。しかし、痰や咳が止まらないままにストレスに負ける場合も多いでしょう。ストレス耐性という概念もたしかに重要なのですが、ストレスが強すぎると人は潰れてしまいます。

喘息や咳が止まらないのはストレスの問題なので薬や漢方での改善は難しい

出典: http://xn--lab-g73b1ca4z9ngkqgq341gfc7a.net/how_to_supple/yousan-kampo

痰や咳が出る、咳が止まらない、ということに対して、薬や漢方による治し方はそれほど有効ではありません。
痰や咳の原因によっては薬や漢方も有効なのでしょうが、ストレスが痰や咳の原因である場合には、薬や漢方よりもストレスの除去が優先です。

咳が出る、咳が止まらないという原因にはアレルギーなどもある

ストレスが原因の咳や喘息は自分でストレスが原因だとわかりやすい

出典: http://allergy72.jp/anaphylaxis/allergy.html

アレルギーが原因で痰や咳につながることはあります。この場合は薬の処方などの話になるので、ストレスはそれほど関係ありません。医師の処方が必要です。

本人がアレルギーが原因で痰や咳に苦しめられているのか、それともアレルギーが原因なのかということはわかる場合が多いでしょう。
痰や咳で夜も眠れないというのは相当のストレスなので、本人がわからない方がおかしいです。
もちろん気づかないうちにストレスに蝕まれることはあるでしょうが、痰や咳で夜も眠れないレベルというのは、明らかに鬱状態に近くなっているはずです。
そこまでのストレスを抱えていれば、当然わかりますし、苦しんでいます。苦しんでいるというのは、痰や咳の話ではなくて、ストレスによる苦しみです。

ストレスが溜まると咳が出る前に息苦しい症状や吐き気がある

出典: http://nodoiwakan.com/category6/

脂肪によって気道が圧迫されて息苦しいという場合もあります。この場合にも、咳や痰の症状が出ることがあります。
力士は筋肉も多いですが脂肪も多いので、痰や咳が止まらない症状に苦しむ力士もいます。命を削って戦う大変な競技です。

咳が出る止まらないの前にストレスで息苦しい期間があったはず

出典: http://kokoo.jp/stifling-reason

窒息死の苦しさは想像すればなんとなくわかりますが、息苦しい状態は人間にとって地獄の苦しみです。
痰や咳が慢性化すると、その苦しみと付き合わなければならなくなります。もちろん痰や咳で窒息死ほどの苦しみはないかもしれませんが、夜も寝られないレベルになるとそれなりに苦しいです。

ストレスで息苦しいことや吐き気が出ることはストレスの初期症状

出典: http://know01.com/234-4372

夜も咳が止まらず寝られないほどのストレスには初期症状があるはずです。まず最初に息苦しさや吐き気があるでしょう。
咳も出るかもしれませんが、咳が止まらないような状態になる前の段階があります。薬や漢方による治し方も利かないので、ストレスの根本をなくすか、耐えられるようになるしかありません。

吐き気や息苦しいという症状があるなら精神的ストレスを気にする

ストレスで苦しすぎるときには、休むことが重要です。現代人は忙しいので余裕がないかもしれませんが、スケジュールを無視してでも時には休息が必要になります。
あとからスケジュールに追われることを考えると、安易にそんなことは言えないかもしれませんが、精神と肉体が崩壊してしまっては元も子もありません。

精神的ストレスを気にすることは治し方ではないが休息のきっかけにはなる

出典: http://oda999.tea-nifty.com/blog/2006/10/post_b0a8.html

ストレスが原因で咳の症状に苦しんでいるのであれば、薬ではなくてストレスの根本を解消する必要があります。そうはいってもすぐにストレスの原因がなくなることはあまりないでしょう。

そういうときは、休息を取ってストレスをなくすことが有効な治し方です。本当にストレスで苦しいときは、開き直ってさぼることも必要かもしれません。

精神的ストレスによる吐き気で夜も眠れない、息苦しい

出典: http://www.zennsoku.info/

ストレス性の喘息が悪化すると、咳が出て止まらないということは当然あります。そうすると夜も眠れないでしょう。また、ストレスで朝起きるのも辛いはずです。

ストレスで咳は止まらないし、吐き気に襲われることが多いでしょう。吐き気だけではなくて、咳と一緒に嘔吐してしまうこともあるかもしれません。
この状況は非常につらく、夜も眠れません。しかし、夜寝なければ翌朝余計に体が息苦しくなり、それがまたストレスになります。
ストレス性の咳や息苦しいという症状は、負の連鎖を生み出します。

精神的ストレスで咳が出る、咳が止まらないときに漢方は役立つか

出典: http://www.kannpou-nagoya.com/nemurenainerenai.html

ストレスによる咳で夜眠れなくなると、余計に自律神経が乱れます。完全に悪循環になるので、夜は何とか寝る必要があります。
そういう場合は、一時的に漢方なども役立つ可能性があります。しかし、根本的な治し方にはなりません。
根本的なストレスの治し方はストレスの解消です。

薬や漢方による治し方はストレスに対してはそれほど有効な治し方ではないでしょう。夜も眠れないという場合には、一時的には体が楽になるかもしれません。
しかし、ストレスの根本的な治し方は、ストレス解消しかありません。

喘息はや咳は漢方による治し方は難しい

出典: https://atmentalhealth.jp/fumin/

夜眠れない原因がストレスである場合は多いです。喘息も咳もストレスが原因になることが多いですが、ストレスは薬や漢方で治すことが難しいです。

ストレスによる咳払いをしても治りませんし、咳払いしすぎると気道が炎症を起こす可能性が高くなります。気道が炎症を起こすと余計に苦しくなるので、咳払いは気持ち悪くてもやりすぎない方が良いでしょう。
咳払いを繰り返しても咳の問題は解消しません。

喘息や咳が出ることは体が精神的ストレスで限界なサイン

出典: http://nioi-shoshu.com/taishu/114/

咳で苦しいということは、ストレスのサインかもしれません。ストレスが溜まっていれば自分でわかるはずですが、本人が思っているよりもストレスで限界になっていることもあります。
咳はそのサインの場合もあるということです。

子供でも咳払いの多い子供がいますが、ストレスにさらされている場合もあります。
子供はまだ気道も細いので、ストレスで気道が炎症を起こすと大人よりも苦しみます。

無意識の咳払いも体が精神的ストレスで息苦しいと感じている場合がある

無意識に咳払いが多くなっている人もいますが、それはストレスで体の抵抗力が落ちているサインになっている場合があります。
精神的に過度なストレスが溜まると、免疫力も落ちますが、この状態は病気にもなりやすいです。咳払いは体内に入った菌への反応である場合もありますが、ストレスによって過剰になっています。

出典: http://www.appps.jp/232857/

咳払いが多すぎるなど、体に問題が発生している場合には、ストレスが溜まりすぎている可能性があります。
咳払いの問題だけではありませんが、ストレスに関してはチェックした方が良いかもしれませんね。

精神的ストレスで朝も夜も息苦しい、咳が止まらない、涙が出る

出典: http://tokumoto.jp/2016/09/18464/

ストレスの影響で咳払いだけでなく涙が止まらないということもあります。ストレスで辛くて泣くというのももちろんありますが、ストレスによる自律神経の乱れで涙が出る、止まらないということです。

出典: http://www.zakzak.co.jp/society/politics/photos/20140703/plt1407031532004-p1.htm

ストレスで咳払いや涙が止まらないということを書きましたが、泣くことはストレス解消に役立ちます。咳払いはストレス解消にはなりませんが、泣くという行為はストレスにはむしろ良いでしょう。
ストレス解消とは言っても、人前で泣きすぎるのは考え物かもしれませんね。しかし、たまには泣くという行為もストレス解消には必要です。

子供の喘息も精神的ストレスが原因の場合がある

呼吸に苦しんでいる現代人の子供も多いですが、そのなかには原因が精神的なストレスであることも多いです。現代人のストレスというと大人のイメージが強いかもしれませんが、子供もその影響を受けています。
現代人は運動不足で、また情報過多によって生きる方向性などに苦しんでいる人が多いです。そういったストレスが咳や喘息につながることも多いです。
生き方も息も苦しいということです。

咳が止まらない子供は精神的に苦しんでいる可能性がある

出典: http://cocorocom.com/column/cocoiku/

子供はあまりストレスが溜まらないと思っている人もいるかもしれませんが、もちろんそんなことはありません。

子供はストレスに鈍感な面もありますが、大人よりも子供の方がストレスに敏感な面ももちろんあります。
子供もストレスを感じていますし、それが咳につながっていることもあります。そういった点は、親も子供のことを気に掛ける必要があるかもしれません。

咳が出る、止まらない子供はそのまま喘息になってしまう可能性が高い

出典: http://blog.goo.ne.jp/nohohon-3939/e/0b9f7a531ab30dbab37db42593b491be

咳が続く状態を放置すると、喘息になる可能性が高まります。

ストレス性のものであってもそうでなくても、咳を繰り返すことで炎症が起こります。自律神経も咳をしている段階で乱れている可能性がありますが、その状態を放置すると咳の症状が悪化していく可能性があります。
咳の原因がわからないのであれば特定する必要がありますし、咳の原因がストレスなら環境を変える必要があります。

大人も子供も精神的なことが原因で喘息になるケースは多い

出典: http://ninelol.jp/img/illust1.jpg/

ストレスが原因で苦しむ人が多いですが、うまくストレスを解消できている人もいます。
どのようにストレス解消しているかは人によりますが、考え方の問題かもしれません。他には、趣味なども影響するでしょう。
個人でできる趣味も、複数人でできる趣味もあるといいかもしれませんね。
個人でできる趣味があると、一人でもストレス解消することができます。運動は特に脳内の神経伝達物質を整えるので、喘息の症状が許す限りで運動も行うと自律神経が整います。
あとは、日の光を浴びることも、セロトニンの分泌を促すので重要になります。

精神的ストレスによる喘息の治し方は精神的ストレスの除去

精神的なストレスは精神的に解決する必要があります。環境を変えたり、運動によって脳内をすっきりさせることも精神に良い影響を与えるでしょう。
そうすれば、咳が治る場合もあります。咳が長引くとつらいですし、そもそもストレス自体が辛い状態なので、策を練る必要があります。

出典: http://xn--l8jir6i4g.net/archives/5925.html

現代人はストレスに蝕まれ、咳が出たりその他にも体に異常をきたしてしまう人が多いです。ストレスの上に体の不調が重なるとさらなるストレスにつながるので、非常に悪循環です。

まとめ

ストレスによって咳が出て喘息になる現代人は多いです。しかし、すぐにストレスを解消できる方法はありません。
生活のためには仕事を辞められないことも多いでしょう。精神や体が完全に壊れてしまう前に、休息を取ることも必要です。

関連するまとめ記事

peach
peach

新着一覧

最近公開されたまとめ