三重県の売春島『渡鹿野(わたかの)島』は現在は?日本に実在する風俗島のイメージ

三重県の売春島『渡鹿野(わたかの)島』は現在は?日本に実在する風俗島

三重県の売春島「渡鹿野島」は日本屈指の売春島としてひそかにその名が知られています。三重県の渡鹿野島は昔から日本でも有数の売春地域ですが、現在はどうなっているのでしょうか。過去の渡鹿野島から現在の渡鹿野島までを記事内ではまとめています。2017年05月17日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三重県の売春島「渡鹿野島」日本にそんな理想郷があるのか

三重県の売春島「渡鹿野島」では島に付くと風俗の客引きがたくさん

三重県の渡鹿野島とは、三重県志摩市にある通称売春島です。なぜ三重県渡鹿野島が売春島と呼ばれるのかというと、もちろん売春が盛んだからです。
渡鹿野島のファンがネット上にいろいろ書いているのですが、志摩市から船で渡鹿野島に行くと、島に着いた途端に風俗のキャッチがあるとの噂です。
風俗好きの男性なら、一度くらいは渡鹿野島に行ってみたいと思うでしょう。
そういう意味では、売春島である渡鹿野島は「男の理想郷」と言えるでしょう。

三重県の売春島「渡鹿野島」では風俗にコンパニオンに男の天国

三重県志摩市の渡鹿野島はコンパニオン遊びも盛んとの噂です。シーサイドホテルつたやというホテルが有名で、そこではコンパニオンと遊んだり風俗嬢を呼んで売春遊びも自由に行えます。
三重県志摩市の渡鹿野島は男性の団体客が多く、コンパニオン遊びや風俗遊びで盛り上がるという観光地だそうです。

三重県の売春島「渡鹿野島」のシーサイドホテルつたやはコンパニオンがいっぱい

シーサイドホテルつたやはコンパニオン遊びや売春遊びに最適なホテル

シーサイドホテルつたやは売春島で有名なホテルで、コンパニオンや風俗遊びをしたい男性の団体客の定番スポットでした。つたやがコンパニオンや風俗嬢を積極的に紹介してくれて、そこから訪れた男性たちは自由にコンパニオンや風俗嬢を選んで売春します。
まさに風俗好きの男たちのための「風俗天国」の島です。売春島というとブラックな雰囲気がしますが、どちらかというとコンパニオンや風俗嬢が多い島というイメージです。児童買春などを行っている違法性の高い島ではありません。

シーサイドホテルつたやは現在営業停止中

ここまで荒廃していませんが、つたやは現在廃業中です。この理由は後述しますが、渡鹿野島全体の状況が関係しています。
渡鹿野島はつたやが廃業しているように、現在はかつてのような「売春天国」というわけにはいきません。

三重県の渡鹿野島は日本屈指の売春島として有名だった

三重県志摩市の渡鹿野島は、「売春島として有名だった」のです。残念ながら過去の話です。コンパ二オンやつたや風俗の話もすべて過去の話です。
現在三重県志摩市の売春島の話はあまり耳にしないはずですが、それもそのはずです。なぜなら「現在渡鹿野島は売春島ではない」からです。
風俗好きの男性には非常に残念なお知らせになります。つたやも廃業しましたし、コンパニオンももういません。

三重県の渡鹿野島は江戸時代から日本屈指の売春島として名を馳せていた

三重県の渡鹿野島は船乗りたちにとって日本有数の売春島

三重県志摩市の渡鹿野島は、江戸時代から船乗りが頻繁に寄港する島でした。そして、志摩の渡鹿野島は江戸時代から遊楽街で、船旅で疲れた男たちを主に性的に癒す場所でした。
船乗りたちは、渡鹿野島で売春するのを楽しみに船旅をしていたとの情報もあるくらいです。

三重県の日本有数の売春島「渡鹿野島」の現在

現在は三重県志摩市の渡鹿野島を訪れてリポートしているジャーナリストも複数います。ジャーナリストは志摩市渡鹿野島の様子をいろいろな手段で情報配信しているのですが、どう考えても廃れている状況です。
風俗産業が廃れているというだけでなく、渡鹿野島全体が潰れて放置されたホテルなどが複数あるような状況です。かつて数百人いた風俗産業の女性も数人になっていますし、ジャーナリストの情報からは渡鹿野島にかつての夢はもうありません。
今の渡鹿野島は「荒廃した観光地」です。荒廃した観光地は言い過ぎかもしれませんが、少なくともつたやのように廃業しているホテルは数多いです。
今も観光業は行われているので、はいふうのように現代向けのホテルはありますが、観光客も減っています。

2013年に「渡鹿野島安全・安心街づくり宣言」が出された

要するに、現在志摩市の渡鹿野島は風俗産業を廃止して、家族連れや高齢者が訪れやすい街にするという方針で動いています。そして、実際そうなっています。

つたやの廃業もそれが大きな理由ですし、現代の観光客のニーズに合うように渡鹿野島全体を改良していくということです。
これは風俗を期待している男性にとっては改悪で、観光客の層は大幅に変わっています。徐々に志摩市渡鹿野島の風俗作業は廃れていったのですが、10年くらい前はまだ風俗の色が残っていました。
当時志摩市渡鹿野島を訪れたジャーナリストは、風俗営業法の規制が入っているものの、ひそかにまだ風俗産業も盛んだというような情報を流しています。

10年前の志摩市渡鹿野島の正確な風俗産業のデータがあるわけではないのであくまでもそのジャーナリストの主観なのですが、今とは方向性が異なります。今は渡鹿野島自体が風俗を辞めようとしていますが、10年前は風俗でやっていこうとしていました。今の渡鹿野島は世の男性にとっては特に行くメリットがないかもしれませんね。

三重県の売春島「渡鹿野島」はかつては数百人いた売春婦が現在は数名

昔の情報と現在の渡鹿野島の状況はまったく異なりますが、今は今で良い部分もあります。風俗産業目当てで訪れるのではなくて、純粋に旅行を楽しむということであれば、田舎の観光地感覚で訪れることができます。

「楽園」というわけにはいきませんが、余暇としてはいいということです。人気の旅館は「はいふう」ですが、露天風呂やエステのサービスが人気です。はいふうは女性もターゲットにしているというよりは、はいふうは女性をメインのターゲットにしています。サイトのトップページも女性客です。
このはいふうの例からもわかるように、現在の渡鹿野島は完全に普通の観光地になっています。
最近渡鹿野島を訪れたジャーナリストの情報もブログなどで配信されていますが、軽い観光のようになっています。

今人気の旅館ははいふうという旅館で、ここは女性客も家族連れも高齢者も利用しています。はいふうは料理と温泉もまたエステもつているという旅館です。はいふうはかつての風俗宿のような感じではありません。

かつての日本屈指の売春島「渡鹿野島」は現在は高齢者の観光客が多い

現在は高齢者の観光客が多いとの情報が出ています。具体的な統計があるわけではありませんが、ジャーナリストが現地の風俗嬢に聞いた情報がブログに書かれていました。
風俗産業は廃れてはいますが、一応細々とは続いています。そして、ジャーナリストが風俗嬢にインタビューした情報では、風俗の利用者もほとんど高齢者との情報です。

風俗客が高齢者のため、風俗嬢は楽だという情報もジャーナリストから提供されていました。こういった高齢者の方は、昔渡鹿野島で風俗巡りをしたことが懐かしくて訪れている場合が多いです。
これは渡鹿野島での思い出を持つ高齢者のブログからわかった情報です。

現在は三重県渡鹿野島は高齢者の思い出の売春村

今は高齢者でも、昔は若かったのです。当たり前の話ですが、若い時は性的にも元気な人が多いので、売春島で楽しんでいたということです。
そういった高齢者の方は昔性的に発散した売春島を懐かしんでいるので、今は廃れていても訪れる人が多いということです。20年以上前の売春島の画像と現在の売春島の画像を比較しているジャーナリストもいました。
渡鹿野島は現在はジャーナリストが画僧を出すほどの情報があるわけではありませんが、荒廃した建物の画像などを出されています。

三重県の売春島「渡鹿野島」の今後

渡鹿野島を調査するジャーナリストは今後減るでしょうが、観光客の人数自体がどうなるかはわかりません。風俗産業が衰退することは確実なのですが、観光業が成功する可能性はあります。
少なくともかつての売春島とはまったく別の島としての観光収入を狙うことになります。今まで風俗での収入が多かったのですが、それが観光業になります。

渡鹿野島が今から観光業以外の収入源を確保することは難しいので、観光業がうまくいくかどうかで渡鹿野島の未来が決まります。
実際今のある意味それほど観光客の多くない静かな感じが好きな観光客も存在します。しかし、観光客でにぎわうようにならなければ収入を確保できません。
渡鹿野島はどんどん若い島民が島を出ており、島内は高齢化が加速しています。

日本ではかつての三重県の渡鹿野島のような売春島は現在減っている

渡鹿野島に限らず、風俗への需要自体が減っています。風俗好きな世代も高齢化していきますし、若い男性はあまり風俗に関心がないケースが多いです。
手軽にインターネットでアダルトな画像を入手できますし、それなら無料で性処理できます。手軽に画像などで性処理できてしまうので、風俗に行かないという選択肢になるようです。
草食系の人が増えていると言われていますが、それは性欲がないということではなくて、現実の女性ではなく画像などのアダルトコンテンツに向かっていくということです。
若い世代はお金もないですし、画像で処理すれば風俗に行く必要はないと考えます。そういう状況なので、風俗業界全体の売り上げが減っていきます。

日本の観光地は家族や高齢者向けに生まれ変わっている

日本は高齢化社会によって三重県の売春島「渡鹿野島」のような売春島の需要が減っている

上述のように画像で性欲処理する男性が増えているので、わざわざそのために行動するということが減っています。
そして、観光業界は高齢者や家族連れの人に向けてのアピールが多くなっています。若い人はインターネットで画像や情報を得るので、実際にどこかに旅行するという人も減っています。

しかし、高齢者は時間があるので旅行に行きますし、家族連れも旅行に行くケースが多いでしょう。若い男性は仕事でも疲れているので旅行はパスという判断になりますが、家族サービスの一環としてであれば旅行に行きます。
そのため、高齢者や家族連れに対して観光業界がアピールすることが多くなっているのです。

現在は日本人男性の草食化によって売春島の需要がない

とにかく性欲処理のために女性に対峙することを避ける男性が多いという状況です。金銭的にも時間的にも余裕がないですし、また人と深く関わる負担を避ける傾向にあります。
時間とお金を現実の女性に掛けるのであれば、画像でいいということです。画像だけで射精すれば簡単に性欲処理ができるので、風俗産業は儲かりませんし、若い世代の恋愛も進みません。
実際これは各所でかなり問題になっています。また若い男性の間で射精を禁じることもブームになっていて、実際これは効果があると言われています。
射精は無駄でむしろ体にとってマイナスになるという意見が多数あるので、女性に対して消極的になり、むしろ画像で自分で性欲処理もしないという人も増えています。

現在の日本では出会い系の流通によっても風俗産業が衰退化している

草食系の若者もいますが、肉食系の若者もいます。そして、肉食系の若者は風俗に行かなくても、ネットで簡単に出会いがあるという時代です。そうするとわざわざプロの人にお金を支払うのではなくて、素人の女性の方が良いという発想になります。
その結果、昔のように風俗に行く人が減るでしょう。昔はネット上で相手を探すということができなかったので、性欲処理は風俗になります。またインターネット上のアダルトコンテンツも少なかったでしょう。
しかし、今はアダルトコンテンツが容易に入手できますし、そうでなくてもネット上で相手を探すことができます。
これによって、渡鹿野島のような性産業に力を入れている地域は衰退していくことになりました。

日本では現在売春島だけでなく風俗産業が衰退化している

趣味に生きる人は、トイレに行く時間も惜しいと言います。仕事の時間以外を趣味の活動に当てなければならないので、風俗に行っている場合ではないでしょう。
また、素人の女性とも遊んでいる暇はありません。トイレもペットボトルに住ませて趣味の活動に専念したい人も多いということです。
ネットゲームの廃人はここ数年多いですが、最近はスマホのソーシャルゲームの廃人も多いです。若い世代の人はそういう感じの人が多いので、当然性産業は廃れます。
また女性と遊びたい人は、上述のようにネットを活用するのであまり風俗利用をしません。

渡鹿野島は現在衰退しているが今後観光客を増やせるのか

渡鹿野島は海に面しているので業業はそれなりに盛んです。そのため、旅館での料理は売りになります。はいふうでもそういったアピールをしています。
昔はつたやでコンパニオン風俗遊びでしたが、現代でははいふうで海鮮を楽しむような感じです。昔と今では人々の楽しみ方が大きく異なりますが、渡鹿野島はもろに昔のビジネスモデルでした。
社会の変革に対応するのが大変だった島と言えるでしょう。

三重県渡鹿野島のかつての観光客と現在の観光客は客層がまったく違う

昔は風俗目当ての男の団体客でしたが、今は女性や高齢者や家族連れが多いです。特に家族と高齢者に積極的にアピールしていく必要があります。

現在の三重県渡鹿野島は今でも勘違いされている

youtube動画でも渡鹿野島の解説をしている動画がありますが、youtube動画は案外ネット記事を省略してまとめているだけのものも多いです。
ネット上の記事もyoutube動画も広告料目当てでまとめてあるのですが、yotutube動画の方が情報が少なくなる場合が多いです。そのため、youtube動画は情報が欠落している場合があります。
この渡鹿野島のyoutube動画に関しても、明らかに情報が欠落しているので、このyoutube動画を見た人は今でも渡鹿野島の性産業が盛んだと勘違いするかもしれません。

三重県渡鹿野島は高齢者の観光には良いのかも

渡鹿野島は子どもに向けてもアピールしていますが、明らかに迷走している感じがします。
高齢者は現在の落ち着いた感じの街並みを好む場合も多いでしょうし、昔から知っている人は変化が楽しいということもあるでしょう。
とはいっても家族連れにアピールしたいということは当然あります。今はパクリキャラでなんとか子供に向けてアピールしているような状態ですが、今後は変わるかもしれません。

まとめ

渡鹿野島はかつては売春島でしたが、現在はまったく違います。普通の観光地で、はいふうなどの旅館も売春用の旅館ではありません。はいふうは温泉や魚介類を楽しむ宿です。
youtube動画でも渡鹿野島についてまとめられていたりしますが、上で載せたyoutube動画のように説明が足りていない場合があります。
今後渡鹿野島は観光地として栄えるかもしれません。

関連するまとめ

関連するキーワード

peach
peach

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ