怖い花言葉TOP45 ~不吉で悪い意味を持つ花まとめ~【死/復讐/悲しい】のイメージ

怖い花言葉TOP45 ~不吉で悪い意味を持つ花まとめ~【死/復讐/悲しい】

死や復讐を予感させる悲しい花言葉をご紹介します。花言葉は良い意味だけでなく、死、復讐、悲しい意味の言葉などの怖い意味も。怖い花言葉は、意外にたくさんあります。うっかり怖い花言葉がついた花を贈って復讐されないように注意しましょう!2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花言葉とは?

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0-%E8%A3%85%E9%A3%BE-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E5%BA%AD-%E5%B7%A5%E5%A0%B4-%E8%8A%B1-%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%8A%B1-800240/

花言葉には、花が咲く環境や季節、花の色や生息地などが由来となっているものから神話や伝承が元となっている花言葉まで様々な種類があります。たとえ、花言葉に確固とした根拠がなかったとしても、悲しい意味や死を連想させる花言葉がつけられた花は、できれば贈りたくないものです。怖い花言葉や、悲しい意味の花言葉にはどんな種類があるのでしょうか?記事の前半は不吉な花言葉の種類、後半は怖い意味の花言葉をランキング形式でお伝えします。

怖い花言葉や悲しい花言葉の種類

恨みや復讐心を感じさせる花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E4%B8%80%E8%88%AC%E7%9A%84%E3%81%AA%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%82%BD%E3%82%A6-%E5%BA%AD%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%AE%E3%83%A7%E3%82%BD%E3%82%A6-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E8%8A%B1-795976/

花言葉は、愛や夢にあふれたロマンチックなものばかりではありません。中には、恨みや復讐心が感じられるものもあります。たとえば、「恩知らず」(キンポウゲ)や「おせっかい」(キンギョソウ、ルコウソウ)のように、ののしりの言葉にしか思えない花言葉もあるんです。知らずに贈ってしまったらと思うと怖いですよね。怖い花言葉がつけられた花の伝説や背景を知ると、もっと怖いですよ。

ひたすら悲しい意味の花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%95%E3%82%A6%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%AB%E3%82%BA%E3%83%A9-%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B8%E7%A7%91-%E3%83%A0%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B8%E7%9B%AE-%E9%A2%A8%E8%88%B9-%E7%B7%91%E3%81%AE%E6%9E%9C%E5%AE%9F-%E8%94%93-170488/

花言葉には、とことん悲しい意味を持っているものもあります。フウセンカズラには「多忙」という花言葉があります。仕事に追われて忙しいと考えたら、悲しいですよね。贈られても悲しいし、贈るシチュエーションを考えるともっと悲しくなります。また、ハーブとして有名なラベンダーには、なぜか「不信感」という悲しい花言葉がついています。花が持つやさしさや美しさにはおよそ似つかわしくない「裏切り」や「悲しい別れ」を意味する花言葉も多いです。

国によって違う意味になる?裏の意味が悲しい花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E8%9C%82-%E8%8A%B1-%E6%98%A5-104628/

同じ種類の花でも国によって異なる場合があります。たとえば、日本人が大好きな桜。桜は日本だけでなく、海外でも人気が高い花です。日本では桜の花言葉は「高貴」や「しとやかな女性」などの良い意味がありますが、フランスでは桜には「私のこと忘れないで」と、いうちょっぴり悲しい意味の花言葉があります。桜の散り際の寂しさから悲しい意味の花言葉がついたと考えられます。桜が自ら訴えかけているような悲しさを感じる花言葉です。

復讐を感じさせる意味を持った怖い花言葉

相手に復讐されそうで怖い花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AA-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E5%BA%AD-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%82%A2%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%B5%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AA-1510520/

贈った相手に復讐心を燃やしているかのような怖い響きの花言葉もあります。フサスグリが持つ「あなたの不機嫌が私を苦しめている」という花言葉からは、恨みの深さを感じます。「すべてを打ち明けます」の花言葉を持つコキアと一緒に贈られたら怖さもひとしおです。

復讐心に燃える花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F-%E8%8A%B1-%E7%B4%AB-%E6%A4%8D%E7%89%A9-1530423/

アザミは、葉や花の周辺のガクにトゲがはえており、刺さると痛い植物です。そんなアザミには「復讐」という花言葉があります。植物のトゲにはヒイラギの葉に代表されるように魔除けの意味もありますが、相手に贈ると宣戦布告の意味に受け取られかねません。トゲがはえている植物の代表格のバラも、色によっては悪い意味があります。

復讐のきっかけを生みそうで怖い花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E6%A1%9C%E3%81%AE%E6%9C%A8-%E8%8A%B1-%E3%83%94%E3%83%B3%E3%82%AF-%E6%9C%A8-%E8%8A%B1%E3%81%AE%E6%9C%A8-%E6%98%A5-%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%8A%B1%E6%A1%9C-2196121/

桜は「おしとやかな女性」や「優美な女性」を意味する花言葉が多い花。花言葉は、ひとつの花にひとつだけではなくいくつもの花言葉がついている場合が多く、良い意味と悪い意味の両方を持っている場合も。桜も、いくつもの花言葉を持つ花です。

桜は春に咲く品種だけでなく冬に咲く種類もあります。寒桜は冬に咲く代表的な桜の品種で「きまぐれ」や「あなたに微笑む」という花言葉を持ちます。寒桜のように美しくきまぐれな女性は、男性を勘違いさせ復讐される原因を生みそうです。

死を連想させる悲しい花言葉

相手の死を望む怖い意味の花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B9%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%97-%E8%8A%B1-%E6%98%A5%E3%81%AE%E8%8A%B1-%E7%99%BD-%E6%97%A9%E6%9C%9F%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8F%E8%8A%B1-%E8%8A%B1%E7%93%B6-%E6%9C%A8-1263455/

怖い花言葉の中には、ストレートに相手の死を望む恐ろしいものもあります。見た目の印象からは想像もつかないようなものも。たとえば、スノードロップは、うつむいて咲く白い花の様子がかわいらしい花。名前もかわいいですよね。しかし、プレゼントとして誰かに贈るときは要注意。ひかえめで清楚な姿とは打って変わって「あなたの死を望む」という花言葉を持っています。

死や自殺をほのめかす悲しい花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%AC%E3%83%9E%E3%82%BA%E3%83%9F%E5%B1%9E%E3%81%AE%E6%9C%A8-%E6%89%8B-%E3%82%AB%E3%83%A4%E3%83%83%E3%82%AF-1733915/

ガマズミは、赤い小さな実を付ける花で「あなたに無視されたら死ぬ」と、いう悲しい意味の花言葉があります。そして、ガマズミと同じく赤い実が印象的なクワは「一緒に死んでほしい」という怖い意味の花言葉を持っています。赤い実をつける花は要注意かも?

直接的ではないけれど死や崩壊を予感させる悲しい花言葉

出典: https://pixabay.com/ja/%E5%A2%93%E5%9C%B0-%E5%A2%93-%E5%BB%83%E6%A3%84-tombstone-%E5%8F%A4%E3%81%84-%E5%B2%A9%E3%81%AE%E5%BD%AB%E5%88%BB-%E6%AD%BB-%E6%AE%8B%E3%82%8A-2149137/

アイビーは、ツタの一種で壁に這いながら生えます。アイビーが壁面にしがみつく様子から「死んでも離れない」という花言葉を持ちます。アイビーはポピュラーで強健な品種なので、アレンジメントによく使用されます。古い建物に張り付いたアイビーを無理に引きはがそうとすると、根が深く張り込んでいるために建物が崩壊することもあります。アイビーには「結婚」や「不滅の愛」などのいい意味の花言葉もありますが、愛も行き過ぎれば破滅することを示唆するようなちょっと怖い花言葉です。

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%93%E3%83%BC-%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88-%E8%8A%B1-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E7%9F%B3-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E9%89%A2%E6%A4%8D%E3%81%88%E3%81%AE%E6%A4%8D%E7%89%A9-781676/

アイビーは人気の観葉植物であり、日本でポピュラーな品種にウコギ科ヘデラ属のアイビーやブドウ科の大きな葉をつけるアイビーがあります。その他にも、アイビーには小説「最後の一葉」に登場するカンガルー・アイビーなどの様々な品種があります。

怖い!悲しい!復讐や死を予感させる不吉な花言葉ランキング

・45位:しだれ桜・・「ごまかし」

しだれ桜には「優美」や「美しさ」をあらわす素敵な花言葉の陰に、実は「ごまかし」という悪い意味の花言葉を持っています。桜の樹は種類によって花言葉が違います。アイビーと同じく、良い意味の陰に不吉な意味の花言葉を持っている花です。しだれ桜がごまかそうとしているものとは、一体どんなことなのでしょうか?想像力をかきたてる花言葉です。

・44位:朝顔・・「儚い恋」

朝顔はアイビーと同じくツルを伸ばして成長する植物です。良い意味の花言葉もありますが、朝に咲き午前中にしか花が見られないことから「儚い恋」という悲しい花言葉がついています。

・43位:牡丹浮草・・「恋の悲しみ」

牡丹浮草はサトイモ科の植物で、葉が放射状に広がっている形が牡丹の花に似ていることから名づけられました。牡丹浮草は繁殖力が旺盛なため日本の生態系に打撃を与えかねない植物であるため、特定外来生物に指定されています。

・42位:キブシ・・「嘘」

キブシは日本原産の低木。春になると素朴な小さな花を咲かせる植物ですが、そんなキブシの花言葉は「嘘」。嘘の一文字が人間に与えるイメージは決していいものではありません。相手の嘘をとがめているのか、キブシの存在が嘘なのか、この1文字からだけでは読み取ることはできませんが、何らかの嘘が潜んでいることだけは想像できます。嘘の他にも「出会い」「待ち合わせ」などの花言葉があります。

・41位:アジサイ・・「冷酷」「高慢」

人気のギフトフラワーでもあるアジサイには「冷酷」「高慢」などのネガティブな花言葉も。裏の意味を勘ぐられないような贈り方が必要ですね。

・40位:ジキタリス・・「不誠実」

ジキタリスの葉には毒性があります。もし、ジキタリスを贈るなら「愛」や「優しさ」という意味の花と一緒には贈らない方がいいでしょう。もし相手が花言葉に詳しければ「この愛は嘘です」という意味に受け取られるかも?

・39位:ゼラニウム・・「あなたの愛情を信じない」

ゼラニウムは強健な種類なので育てやすい植物ですが、白いゼラニウムの花言葉には愛情を疑う意味があります。

・38位:黄色いユリ・・「偽り」

ユリは色によって花言葉が異なります。黄色いユリの花言葉は「偽り」。嘘偽りのない愛情を伝えたいならわざわざ黄色いユリを選ばない方がいいかもしれません。

・37位:ベラドンナ・リリー・・「私の裸を見て欲しい」

ベラドンナ・リリーの花言葉は、男女間で贈るとエッチな意味にとられかねないため、ある意味怖い花言葉です。ベラドンナ・リリーを贈る相手は選びましょう。ベラドンナ・リリーはヒガンバナ科の植物で、ナス科のベラドンナとは別物です。

・36位:ホオズキ・・「偽り」「ごまかし」「欺き」

夏のイメージがあるホオズキ。嘘や言い訳をイメージさせるような悪い意味の花言葉を意外に感じる人も多いかもしれませんが、ホオズキは漢字で書くと鬼灯。かわいらしい印象とは裏腹に不吉な漢字が使われています。

・35位:椿・・「罪を犯す女」

椿の花言葉は「ひかえめな優しさ」ですが、実は椿にはオペラ「椿姫」から連想された「罪を犯す女」という怖い裏の花言葉があります。椿は色によって花言葉が異なり、ほとんどが椿の外見そのものの可憐な女性を連想させる花言葉を持っています。椿は、枯れる際に花首ごとぼとりと地面に落ちるため、可憐な雰囲気とは裏腹に不吉な印象を抱かれやすい花です。

・34位:牡丹・・「恥じらい」「人見知り」

牡丹は、中国原産ですが椿や桜と同じく古くから日本で人気の高い花です。牡丹も椿と同じように、花が頭からもげるように地面に落下して枯れるため、花言葉自体に怖い意味はなくても不吉なイメージを抱かれやすい花。「牡丹灯篭」という日本の伝統的な怪談からも、怖いイメージを連想します。牡丹の花言葉には「富貴」といういい意味もあります。牡丹の花の巨大さや豪華さからつけられた花言葉です。

・33位:チョウセンアサガオ・・「偽りの魅力」

隠された嘘を暴こうとするかのような怖さを感じる花言葉です。

・32位:黄色いバラ・・「愛情の揺らぎ」

バラは女性への贈り物として人気の花ですが、黄色は恋人には贈りたくない色。

・31位:黄色いカーネーション・・「軽蔑」

カーネーションは豊富な種類や色がありますが、色によって全く異なる花言葉を持ちます。黄色や複色のカーネーションには相手に対する不快感をあらわす意味があるため注意。

・30位:オダマキ・・「愚か」

日景でうつむき加減に咲く様子は淑女を思わせますが、花言葉は悲しいです。

・29位:カンナ・・「疑惑」「妄想」

夏に咲くカンナは、すっと伸びた花茎が美しい花ですが大型になる種類の花です。見た目の印象から生まれた花言葉だと思われます。

・28位:クリスマスローズ・・「中傷」

人気の園芸品種のひとつであるクリスマスローズには「思いやり」という花言葉がある一方で、こんな物騒な花言葉も。キリスト教にまつわる伝承の中で、少女が流した涙を由来とする説があります。

・27位:しだれ柳・・「悲哀」

しだれ柳の花言葉は、旧約聖書の中に登場するユダヤ人女性の悲しみが元になっているとする説があります。

・26位:オシロイバナ・・「臆病」「小心者」

オシロイバナは夕暮れ時になると開花することから、こんな悲しい花言葉がついたと考えられます。

・25位:月桂樹・・「裏切り」

ギリシャ神話や中国の伝説など、様々な物語に登場する月桂樹は神聖な樹木として知られます。神話の中では「勝利」や「栄光」などを象徴する植物として描かれています。

・24位:ブラックキャット・・「孤独な主張」「邪悪」

花の色と形が黒猫に似ていることから名づけられたタシロイモ科の植物。高価で希少な観葉植物として知られています。不気味な姿から連想されたと推察できる花言葉です。

・23位:アリウム・・「深い悲しみ」

ネギ属の植物、アリウムはたくさんの小さな花が鞠のように集まった姿が印象的。嘆き、佇む人間の姿に見えることがこの悲しい花言葉に由来していると考えられます。

・22位:トケイソウ・・「狂信」

めしべとおしべの形状が時計の短針と長針に見えることから名づけられた花。どことなくグロテスクな印象を持つせいか、怖い花言葉がつけられています。

・21位:ウシノシタクサ・・「あなたが信じられない」

ウシノシタクサは青いかわいらしい花を咲かせるムラサキ科の植物。別名はアフリカわすれな草。贈られたら「あなたって嘘つき」と、言われたも同然かもしれません。

20位:黄色に注意?復讐の意味を持つ黄菖蒲

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%B9-%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%83%BC-%E8%8A%B1-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E9%BB%84%E8%89%B2%E3%81%AE%E8%8A%B1-1519959/

黄色は人間を興奮させる性質を持っているためか、黄色い花にはなぜか不吉な花言葉が多いです。黄菖蒲には「幸福」や「音信」などの花言葉の他に「復讐」があります。

19位:悪意を贈って復讐されないように注意したいロベリア

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%AD%E3%83%84%E3%83%8D-%E8%9D%B6-%E3%83%AD%E3%83%99%E3%83%AA%E3%82%A2-%E8%8A%B1-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB-%E6%98%86%E8%99%AB-%E5%BA%AD-518870/

ロベリアは清楚で愛らしい青い花をつけますが「悪意」を意味する花言葉がつけられています。縁起を気にする人には、うっかり贈らないように注意したいですね。

18位:面白い名前なのに実は怖いマンサク

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%AF-%E3%83%8F%E3%83%9E%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%A2%E3%83%AA%E3%82%B9-%E6%97%A9%E6%9C%9F%E3%81%AB%E5%92%B2%E3%81%8F%E8%8A%B1-%E8%8A%B1-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E9%BB%84%E8%89%B2-244996/

マンサクの一種であるアメリカマンサクには、西洋の魔女が呪術に用いたという伝説があることから「呪い」や「魔力」などの不吉な花言葉があります。

17位:背景や由来が怖いザクロ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B6%E3%82%AF%E3%83%AD-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%B3-%E3%82%B3%E3%82%A2-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%84-logistica-196800/

ザクロの実を人肉に例え「ザクロの実は血の味がする」や「ザクロのように頭が割れた」など物騒な形容詞として使われることも多いザクロ。花言葉は「愚かしい」です。鬼子母神という女神が人間の子供を捕らえて食べていたところ、お釈迦様に咎められザクロを肉の代用品として食べたという伝説があります。もしかしたら、鬼子母神の行いの愚かしさに関係した花言葉なのかもしれません。

16位:花のイメージと違う!悲しい花言葉を持つマリーゴールド

出典: https://pixabay.com/ja/%E8%9D%B6-%E8%8A%B1-%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8-%E7%BF%BC-%E8%9D%B6%E3%81%AE%E7%BE%BD-%E5%A4%8F-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC-%E8%9D%B6%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%83%E3%82%AF-1629320/

明るい黄色やオレンジが印象的なマリーゴールドの花は「絶望」「悲しみ」などの不吉で悲しい花言葉を持っています。

15位:死を象徴するイチイの樹

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A4-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E3%83%84%E3%83%AB%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%8B%E3%83%81%E3%82%BD%E3%82%A6-%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%A4%E3%81%AE%E5%AE%B6%E6%97%8F-185279/

イチイの花言葉には「死」「残念」「悲哀」など、悲しい単語がたくさん。イチイは美味しい実をつけることで知られますが、実以外には毒があります。また、墓地に植えられることもあることから、死を象徴する樹といわれています。

14位:死の前兆を予言するパセリ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%91%E3%82%BB%E3%83%AA-%E8%AA%BF%E5%91%B3%E6%96%99-%E7%B7%91%E3%81%AE%E5%85%9A-%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%83%80-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3-%E8%91%89-%E9%A3%9F%E5%93%81-%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88-261039/

パセリは食用のものだけでなく品種改良された園芸品種も出回っています。花束やフラワーアレンジメントなどに混ざっていることも多いため注意が必要。なぜか「死の前兆」というまがまがしい花言葉がついています。

13位:悲しい逸話を持つアネモネ

出典: https://pixabay.com/ja/%E9%9D%92-%E7%B4%AB-%E8%8A%B1-%E3%82%A2%E3%83%8D%E3%83%A2%E3%83%8D-%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%99%E3%83%83%E3%83%88-%E3%83%86%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%A3-%E8%8A%B1%E3%81%B3%E3%82%89-%E5%A4%8F-%E8%89%B2-2086543/

アネモネは春に花を咲かせるキンポウゲ科の植物です。アネモネの花言葉には「儚い恋」や「恋の苦しみ」などがあります。ギリシャ神話に出てくる女神アフロディーテと少年の悲恋がもとになっている花言葉だといわれています。少年が流した涙でアネモネの花が生まれたという悲しい由来があります。アネモネの花言葉の由来には諸説ありますが、いずれもギリシャ神話がもとになっているもので、アネモネという名前の女神を由来とする説もありますが、どちらも悲しい恋の物語です。アネモネは椿と同じく色によって花言葉が異なり、赤いアネモネの花言葉は「君を愛する」です。恋人に送るなら赤いアネモネを選んだ方がよさそう。ちなみに、アネモネの和名は、牡丹一華です。

12位:明るさが逆に悲しい?ひまわり

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%AF%E3%83%AA-%E3%81%B2%E3%81%BE%E3%82%8F%E3%82%8A-%E9%BB%84%E8%89%B2-%E8%8A%B1%E5%BC%81-%E8%8A%B1%E3%81%B3%E3%82%89-%E8%8A%B1-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0-%E9%96%8B%E8%8A%B1-268015/

元気でポジティブな印象がある夏の花、ひまわり。「偽金貨」「偽りの富」という花言葉と持ちます。この悲しい花言葉には、ひまわりを神聖な花と考えていた古代インカ帝国の滅亡が関係しているといわれています。ひまわりの明るいイメージとのギャップが、悲しい気持ちにさせる花言葉です。

11位:悲しい気持ちを呼ぶ黒いチューリップ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97-%E8%8A%B1-%E7%82%B9%E6%BB%B4-670643/

黒いチューリップの花言葉は「私を忘れてください」です。悲しい気持ちにさせる花言葉ですが、黒が喪に服す色であることからつけられた花言葉だと考えられます。

10位:トゲトゲで復讐する怖い花アザミ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88-%E3%82%A2%E3%82%B6%E3%83%9F%E3%81%AE%E8%8A%B1-%E7%BE%8E%E5%AE%B9-libar-%E8%87%AA%E7%84%B6-%E6%A4%8D%E7%89%A9%E6%A7%8B%E9%80%A0-1568609/

9位:名前も花言葉も不吉なシクラメン

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%B7%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A1%E3%83%B3-%E8%B5%A4%E3%81%84%E8%8A%B1-%E8%8A%B1-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E8%8A%B1%E5%BC%81-%E3%82%AE%E3%83%95%E3%83%88-%E8%91%89-%E3%83%AA%E3%83%9C%E3%83%B3-%E8%B5%A4-581962/

縁起が悪い花や、不吉なイメージを持つ花としてよく知られるシクラメン。「死」や「苦」を連想することから、贈り物としてはふさわしくないと考えられています。シクラメンは、アネモネや椿のように色によって花言葉が異なり、赤いシクラメンの花言葉は「嫉妬」や「疑いを持つ」。華やかで人気の花色だけに、贈り物にシクラメンを選ぶ場合は注意しましょう。

8位:裏切りは死?悲しい花言葉を持つハナズオウ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%82%BA%E3%82%AA%E3%82%A6-%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%9B%E3%83%9E%E5%B7%9E-%E7%8A%B6%E6%85%8B%E3%83%84%E3%83%AA%E3%83%BC-%E8%A8%98%E5%8F%B7-%E8%87%AA%E7%84%B6-104910/

キリスト教における使途の一人である「ユダ」が首をくくった木といわれ「疑惑」「裏切りは死」という怖い花言葉を持っています。

7位:かわいいのに怖い!復讐の意味を持つクローバー

出典: https://pixabay.com/ja/%E9%9B%A8-%E4%B8%89%E3%81%A4%E8%91%89-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC-%E6%BB%B4-%E6%B0%B4%E6%BB%B4-%E8%BC%9D%E3%81%8F-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%82%B3-%E7%B7%91-1359075/

土手や公園などで繁茂しているクローバーにはかわいらしいイメージがありますが、三つ葉のクローバーの花言葉は「復讐」です。

6位:相反する2つの意味が怖いクロユリ

出典: http://www.pref.ishikawa.lg.jp/hakusan/kuroyuri/kuroyuriinf/h19/h190801-02.html

クロユリもアイビーと同じで良い意味と悪い意味の花言葉を持ちます。クロユリの花言葉は「愛」と「呪い」。愛も過ぎれば呪いになるという意味でしょうか?ユリもアネモネ、椿、牡丹などと同様に、花の色の違いで怖い意味の花言葉に変わる花です。

5位:死や恨みの意味を持つ黒バラ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%90%E3%83%A9-%E9%BB%92-%E6%BA%80%E9%96%8B%E3%81%AE%E3%83%90%E3%83%A9-%E8%8A%B1-%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%BA-%E9%BB%92%E3%81%84%E8%8A%B1-1460773/

黒バラの花言葉は「美しい死」や「あなたを死ぬまで憎む」です。黒い花には不吉な花言葉が多いことが特徴。

4位:復讐や恨みの意味を持つオトギリソウ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%AA%E3%83%88%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%82%BD%E3%82%A6-st-%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%92%E7%A9%BF%E5%AD%94%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99-855483/

ゲームのタイトルにもなったことがあるオトギリソウは、秘薬の製法を漏らした弟が切り殺されたといわれる花。小さな黄色い花はかわいらしいですが、背景に似合う怖い花言葉を持っています。

3位:毒薬にも使われた死や呪いを感じさせるベラドンナ

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%99%E3%83%A9%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%8A-%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-%E6%AF%92%E6%80%A7-%E6%A4%8D%E7%89%A9-%E9%AB%98%E5%B1%B1-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%82%A4%E5%9C%B0%E6%96%B9-%E5%B1%B1-173808/

ベラドンナは西欧に自生する多年草。様々な園芸品種があります。ベラドンナの和名はオオカミナスビ。ベラドンナの花言葉は「沈黙」「死の贈り物」「あなたを呪う」などの不吉なものが多数。ベラドンナは中世に魔女が秘薬として使っていたという逸話があります。ベラドンナには毒性だけでなく薬効があり、治療薬に使われることも。毒性は強くベラドンナを食べて死ぬ家畜もいるそうです。

2位:死にまつわる悲しい逸話が多いヒガンバナ

出典: https://pixabay.com/ja/%E5%BD%BC%E5%B2%B8%E8%8A%B1-%E3%83%92%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%90%E3%83%8A-%E6%9B%BC%E7%8F%A0%E6%B2%99%E8%8F%AF-%E8%B5%A4%E3%81%84%E8%8A%B1-higanbana-1248715/

ヒガンバナの花言葉は「あきらめ」「悲しい思い出」など。ヒガンバナは飢餓の時代に根の部分を食用していたという逸話があります。また、ヒガンバナには毒性があり土葬した遺体を掘り起こすモグラを避けるために植えられたという話も。地方によって呼び名が異なり「オヤシネコシネ」という物騒なものも。

1位:復讐と死の予感に満ちた怖い花トリカブト

出典: https://pixabay.com/ja/%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88-%E9%9D%92-%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB-%E7%B4%AB-%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%96%E3%83%88napellus-3385/

トリカブトは、強力な毒を持つ毒草です。名前のように兜がつらなったような形の青紫の花を咲かせます。花言葉は「敵意」「あなたは私に死を与えた」「復讐」など。トリカブトが持つ毒の恐ろしさがそのまま花言葉になっています。日本の山野に自生し、入手しやすいことからも怖さが増大。

まとめ

不吉な意味を持つ怖い花言葉や、悲しい花言葉をご紹介しました。復讐や死を予感させる不吉な花は、案外たくさんあります。同じ花でも色によって不吉な花言葉を持っていることも。黒、黄、赤の花には注意した方がいいかもしれませんね

関連するまとめ記事

関連するキーワード

vまかろんv
vまかろんv

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ