「パイロットは全員UFOを目撃している」は本当なのか?【タブー動画】のイメージ

「パイロットは全員UFOを目撃している」は本当なのか?【タブー動画】

噂によると全てのパイロットはUFOを目撃したことがあると言われています。しかし、パイロットがUFOの目撃について公言する事はタブーだとも言われいます。これを踏まえて世界中のUFO目撃事件や日本の日航ジャンボ機UFO遭遇事件などを動画と一緒にまとめてみました。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UFOは存在するのか!?(動画あり)

出典: http://gph.is/2pBLmkV

出典: http://www.freaklore.com/hacker-finds-ufo-conspiracy

みなさんはUFOの存在を信じますか?もしくは過去にUFOを目撃したという経験がある人はいるのでしょうか?最近では映画やドラマの中で当たり前のように宇宙人やUFOが出てきて、当たり前のように人間が宇宙の惑星を行き来しています。
スマートフォンやカメラの発展により、YouTubeなどでも一般の人が撮影したであろうUFOの目撃動画を多数見つけることができます。しかし、これらは映画などでも見られるような映像技術によって”作り込まれた映像”で、本当のUFO目撃の動画ではないと言われることも多々あります。
果たして、本当にUFOや宇宙人は存在しているのでしょうか?

ほとんどの飛行機のパイロットは一度はUFOを目撃したことがある!

出典: https://flic.kr/p/brx4jX

風の噂では、飛行機のパイロットはみんな一度はUFOを目撃したことがあると言われてます。またパイロットがUFOを目撃したことを公言することはタブーとされ、実際にそれを公言したパイロットは、パイロットの職から地上勤務に左遷されるということがあるそうです。これは某TVバラエティ番組などでも紹介されましが、知らない人からしたら衝撃の事実です。果たして本当に飛行機のパイロットはみんな一度はUFOを目撃したことがあるのでしょうか?
ここでは、過去に飛行機のパイロットがUFO本当に目撃した記事や日本の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」など事件についてそれらを関連の動画と一緒にまとめ、検証していきたいと思います。

元アメリカ大統領オバマ氏の専属パイロットのUFO目撃談(動画あり)

出典: http://www.excite.co.jp/News/photo_news/p-3509354/

アメリカのデイリーニューズのインタビューに元アメリカ大統領オバマ氏の専属パイロットだった人物がでUFOの目撃体験について語ったという記事がありました。大統領の専属パイロットを務めれるほど優秀なベテランパイロットの話なのでそれなりの信憑性はあるかと思います。

1989年、カンザスシティ国際空港からウォータールーへ行く旅客機の副船長だったアンドリュー・ダンジガー氏は、上空15000フィート(約4600メートル)を飛行中にUFOを目撃したと言います。雲の間に見えた白い円盤タイプのUFOは飛行機と平行飛行し、そして數十分後には白い円盤から大きな赤色の球に変化したと彼は語っています。赤色の球になったUFOは夕陽のような光を放つと雲の中に消えて行ったらしいです。

アメリカにはUFOを目撃した時に報告する公式な機関がある!

出典: http://www.stthomastimesjournal.com/2016/05/16/the-truth-about-ufos-is-out-there

その後ダンジガー氏は連邦航空局(FAA)が定めているUFOを目撃した場合の報告先の全米UFO報告センター(NUFORC=National UFO Reporting Center)へ一連の出来事を報告したそうです。ちなみに、全米UFO報告センターによると1998年からカリフォルニア州が目撃情報が一番多く約1万件以上、次にフロリダ州とワシントン州での約5千件。全米UFO報告センターのウェブサイトにはUFOを見た場所や時間やその他の詳細が一般に公開されていると言います。一度チェックしてみてはどうでしょうか。

本当にあったパイロットのUFO目撃事件その①:ナッシュ・フォーテンベリー事件(パンアメリカン航空)

出典: http://gph.is/2pTWVXD

まずひとつめの目撃事件は1952年の話です。パンアメリカン航空のDC4便はマイアミからニューヨークへと飛行していました。バージニア州上空あたりを飛んでいる時にパイロットたちはオレンジ色の光を見たと言っています。それはものすごく強い光を放つ物体で、6つの物体が高速で飛行機の下を通過して言ったそうです。

本当にあったパイロットのUFO目撃事件その②:BOACラブラドール事件(英国海外航空)

こちらも1954年、英国海外航空がニューヨークからロンドンに向けて運行していた時にUFOをパイロットが目撃した事件です。機長は元英国空軍出身のパイロットで、エブリーボディーズ・ウィークリー誌のインタビューで、自分が見たのは単なる空飛ぶ円盤のようなものではなくクラゲのような矢の形状をしていたと述べています。しかもそのクラゲのような物体は飛行機の横を通り過ぎる時に形状を変化させていたそうです。この事件は着陸後すぐにパイロットがアメリカ空軍の事情聴取を受けたことにより有名になったそうです。軍の秘密の実験の可能性もありますが、興味深い事件ですね。

本当にあったパイロットのUFO目撃事件その③:バリローチェ事件(アルゼンチン航空)

1995年アルゼンチン航空の飛行機がバリローチェ空港に着陸する時に、パイロットたちが重力を無視して飛ぶUFOを目撃した事件です。このUFOは緑やオレンジにひかり、UFOにぶつからないように迂回した飛行機の機体にくっついて旋回してきたそうです。当時パイロットたちがUFOを目撃した時、地上の人や別の飛行機からも同様にUFOが目撃されていたらしいです。しかも、この日バリローチェは大規模な停電が起こっていたと言われています。

本当にあったパイロットのUFO目撃事件その④:エリー湖UFO事件(クリーブランド航空)

こちらも1995年、クリーブランド航空の管制がエアシャトル5959便とメサバ3179便の二機のパイロットからエリー湖上空あたりでUFOを目撃したとの報告を受けました。メサバ航空のパイロットはライトを点滅させてUFOとコンタクトをとろうとしたらしいですが、反応はなかったそうです。このUFOはレーダーにも写ってなかったためパイロットの見間違いだと言われていましたが、二機のパイロットが同時に目撃していることもあり注目されました。

本当か?嘘か?乗客が飛行機から撮影したUFO目撃動画!(動画あり)

出典: http://www.ufosightingsdaily.com/2016/10/ufo-over-guangzhou-china-causes-traffic.html

最近はスマートフォンなどで簡単に動画を撮ることができるようになったため、パイロットによるUFOの目撃事件だけではなく、乗客撮影したUFOの動画もyoutubeなどで見ることができます。映像技術の発展により一般の人でも簡単に合成映像を作れてしまう時代なので、信憑性はあまりありませんが中には撮影者の声なども入ってるいる動画もあって現実味が溢れています。

@kng_papiさんの投稿
18252443 1298512863602231 9139998475302207488 n
@u.f.o_hunterさんの投稿
18299514 268589440269955 8582017322300997632 n

元自衛隊パイロットがUFO目撃を告白!?

日本の元自衛隊のエリートパイロットがUFOについて書いた本があります。それは「実録・自衛隊パイロットたちが目撃したUFO」という講談社から出された本で、著者は防衛大学から航空自衛隊へ入隊後、パイロットを務め様々な戦闘機に乗り、通算38000時間という飛行経験をもつ元自衛隊の空将だというから驚きです。この方は、自衛隊に所属していたときに諜報活動の経験もあるそうで、なかなか信ぴょう性の高そうな情報を持っていそうです。

自衛隊でUFOの話はタブー!?地上勤務!?

出典: http://webronza.asahi.com/journalism/articles/2015053100005.html

日本の自衛隊内部ではUFOの話はタブー扱いになっているらしく、もともと著者がUFOを目撃したと言った部下が処分を受けたことがきっかけで調査をはじめ、自衛隊をやめた後も現役のパイロットなどから情報を集めて書いた本らしいです。地上勤務に左遷されたパイロットなどの話を集めるだけでいろいろな情報が出て来そうですね。

UFO目撃をパイロットが公言するのはタブー?地上勤務に左遷される!?

出典: http://gigazine.net/news/20080129_google_maps_taboo/

以上のように飛行機のパイロットがUFOを目撃しているというのは、よく聞く話ですが、パイロットがUFOの目撃について発言することはタブーになっているそうです。

精神異常者として地上勤務になってしまう!

出典: http://eigaflex.com/120/s120_162i.html

なぜタブーになっているかと言うと、これを公言すると精神異常者として扱いを受け地上勤務に左遷される可能性があるからだそうです。日本の自衛隊ではこのタブーを犯すと頭でもおかしくなったのかと一蹴され、過去には痛い目にあった人もいるそうです。後述する日航ジャンボ機UFO遭遇事件のパイロットも最終的には地上勤務に移動になっていますし、パイロットにとって地上勤務に移動になることは仕事を失うに等しいことですので、仮にUFOを目撃したことがあってもタブーを犯さないようにすることは必然なようにも感じます。

日本のパイロットが本当にUFOを目撃した可能性がある事件「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」

出典: http://karapaia.com/archives/51965284.html

日航ジャンボ機UFO遭遇事件の概要

日航ジャンボ機UFO遭遇事件とは、1986年11月17日日本航空の貨物飛行機がアメリカのアラスカ州の上空あたりでUFOに遭遇し、そのUFOに追跡された本当にあった事件のことを言います。ちなみに当時このUFOは、アメリカ連邦航空局のレーダーにも捕捉されていたと言われています。当時、機長が友人の記者に事件の詳細を話したために、この事件がメディアを通じて公に広まりました。

日航ジャンボ機UFO遭遇事件の飛行機

出典: http://flyteam.jp/registration/JA8132/photo?displaytype=detail

本当にあったパイロットのUFO目撃事件その①:ナッシュ・フォーテンベリー事件(パンアメリカン航空)

日航ジャンボ機UFO遭遇事件の機体は「ボーイング747-246F」
便名「JAL1628便」
飛行計画「パリ発アンカレジ経由東京行」

飛行機の操縦士
・機長:寺内 謙寿(事件当時47歳)
・副操縦士:為藤 隆憲(事件当時39歳)
・航空機関士:佃 善雄(事件当時33歳)

日航ジャンボ機UFO遭遇事件の詳細、パイロットが見たUFOとは!

出典: http://karapaia.com/archives/51965284.html

出典: http://karapaia.com/archives/51965284.html

日本航空のボーイング747-246Fの機長である寺内氏は「UFOは飛行機の3倍くらいに相当する球体で、1時間くらいの間旋回して逃れようとする飛行と並走するように移動していた」と言っていました。また、同氏はそのUFOは母船型と言っています。しかし副操縦士は光は見たと言っていますが、寺内機長の言っているような形は見ていないと証言しています。また、通常金属などの物体はレーダーに赤色でうつりますが、この時のUFOは緑色で雲と同じようにレーダーに写っていたそうです。このUFOはアメリカ連邦航空局の地上レーダー(アンカレッジ空港、エレメンドルフ空軍基地レーダー局)からも捕捉されていたと言う情報もありますが、隠蔽工作などによりレーダーには何も写っていなかったということになっています。

またこの時寺内機長は高度に発展した文明をもつ飛行体に対し何かをしたら、変な仕返しを受けるんじゃないかという理由により、アメリカ地上レーダー管制の調査のための空軍機の出動の依頼を断っています。ちなみに寺内機長はアンカレッジ空港に着陸したあとfaaから事情聴取を受け、飲酒などはしていないことが確認されています。酩酊

UFOはアラスカに向かうユナイテッド航空の飛行機とすれ違ったところで、今度は目標を変えてユナイテッド航空の飛行機を追いかけたと言われています。

日本人パイロットが目撃!日航ジャンボ機UFO遭遇事件後の報道とその後

出典: https://blogs.yahoo.co.jp/to7002/7587805.html

日航ジャンボ機UFO遭遇事件当時の記事

出典: http://s.webry.info/sp/mizu888.at.webry.info/201409/article_24.html

日航ジャンボ機UFO事件は寺内機長が友人の記者(共同通信)に話をしたことが理由で、世界各国に様々なメディアを通じて情報が拡散していきました。それにも関わらず、日航ジャンボ機UFO事件の結末は寺内機長が惑星の光をUFOの光だと勘違いしていたというマスコミによる解釈報道で幕を閉じました。これが、何かの力による隠蔽工作だと感じるのは私だけでしょうか。
しかしながら、この飛行機の副操縦士も航空機関士も光は見たが、飛行物体は見ていないと終始証言をしています。ちなみに寺内機長は光を照らされて機内に熱も感じたなどの証言もしており、この日航ジャンボ機UFO遭遇事件の前後でもUFOを目撃したと言い、最終的には地上勤務に移動になっています。

日本人パイロットが目撃!「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に関する隠蔽工作

出典: http://karapaia.com/lite/article/51965284/image/1109714

出典: http://earthian.seesaa.net/article/28621203.html

この事件を調べていくと、寺内機長一人がUFOを見たと言っており、彼が錯乱して虚言したような気がして来ますが、2001年にUFOディスクロジャープロジェクトで当時アメリカ連邦航空局で調査部長だったジョン・キャラハン氏が寺内機長の発言を裏付ける証言をしました。UFOディスクロジャープロジェクトとは1993年に発足したUFO関連の機密情報を公にすることを目的とした団体です。
キャラハン氏はアメリカ連邦航空局で日本航空の貨物機がアラスカの上空で遭遇したUFOをレーダーで視認したと言っています。そしてその時にアメリカ連邦航空局はそのUFOをレーダーで追跡し、機長への対応と記録をしていたと言っています。後にこの事件がマスコミによって広まり騒ぎになったことが発端で、政府関係者の判断によりCIAから緘口令が出され公式には存在しない事件となったと言われています。
これがUFOディスクロジャープロジェクトでのキャラハン氏の言葉です。

彼らは一様に興奮していましたが、すべてが終了したとき、CIA職員の一人が「私たちは秘密を誓わなければならない。そして、このミーティングは開かれなかったし、この事件は起こらなかったことにするように」と全員に言いました。私は「なぜですか?」と尋ねました。その時点で、その物体は単なる秘密の爆撃機と思っていたからです。彼は、「これはUFOがレーダーに記録された最初の事件だ」と言いました。それを聞いて、そこにいた人たちは色めきたちました。そして私が「一般にこのことを公表しますか?」と聞くと、彼は「いや、一般市民には伝えない。パニックになるからだ。私たちはデータを持ち帰って研究する」と言いました。そして私は、「そうか、彼らはそうするのだ」と思いました。

まとめ

「パイロットは全員UFOを目撃している」と言う言葉をキーワードにいろいろな情報をまとめてみましたがいかがだったでしょうか?日航ジャンボ機UFO遭遇事件のように日本の飛行機もUFOに遭遇した事件があったのはびっくりでしたね。記事の途中で紹介した元自衛隊空将によるUFOにかんする本も面白そうです。日本の自衛隊や飛行機のパイロットたちのあいだで、UFOの話をするのがタブーになっているのは、地上勤務に左遷される可能性もあるので、考えてみたら確かに公言しないようにするというのも分かりますが、もしパイロット同士が「こないだこんなUFO見たよ」って日常的に話してたりしてたら、夢が広がりますね。しかもこのパイロットのあいだでタブーになっているUFOの話や、実際に地上勤務に左遷されたパイロットがどれだけいるのか、また調べて見たい気もしますね。
地上勤務や誤解、隠蔽工作などUFO関連の話にはいろいろ世間のしがらみがあるので、何が真実で何が嘘なのか見分けるのが難しいですが、それもUFOのおもしろさのひとつとして楽しめるといいですね。

関連するまとめ記事

yama
yama

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ