『日航機墜落事故』生存者その後は?7人の現在や証言まとめ【JAL123真相】のイメージ

『日航機墜落事故』生存者その後は?7人の現在や証言まとめ【JAL123真相】

日航機123便墜落事故についてと、 日航機123便墜落事故の生存者についてまとめました。生存者たちのその後、現在についてを独自調査で追います。生存者たちはあの凄惨な事故のその後、現在は何をしているのでしょうか。是非ご覧ください。2017年06月03日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 現在でも有名な日航機墜落事故とは

出典: http://www.jiji.com/jc/d4?p=jal123-000_SAPA970102093630&d=d4_disaster

日航機墜落事故とは、1985年(昭和60年)8月12日、羽田空港を18時12分に発着した伊丹空港行きのJAL123便が、18時56分に群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落した事故のことです。
このJAL123便に搭乗していた乗員乗客524名のうち520名が死亡し、生存者はたったの4人だけだったという大きな事故で、この死者数は日本国内で発生した航空機事故の中で最多、単独機の航空事故としても死者数が世界最多となっています。

日航機墜落事故生存者は7人?

7人と言われていた生存者は間違い! 7人ではなく4人だった!

報道当初、生存者は7人と言われていました。しかし、7人というのは間違いで、実際は7人ではなく4人だったのです。
どうして7人という報道がなされたのかというと、報道に次ぐ報道によって、4人だった生存者が繰り返し数えられ、実際の数よりも多い7人になってしまったのです。

そのため、タイトルには7人とありますが、7人と言われていた生存者は4人であったため、7人ではなく4人の生存者たちの証言やその後について書き記していきます。

日航機墜落事故の様子

出典: http://www.jiji.com/jc/d4?p=jal123-jlp01124846&d=d4_disaster

離陸から12分が経った18時24分、JAL123便の垂直尾翼が後部圧力隔壁の破壊によって破壊されます。垂直安定板の下部半分しか残されておらず、油圧委系統すべてが制御不能となります。
この故障によって、両主翼にあるエンジンの推力調整だけで飛行することになりました。

機内では飛行機部品の破壊時の衝撃音が響いた後、各座席に用意された酸素マスクが落下、緊急放送が流れました。機内は大きな混乱もなく、異常発生から墜落まで、全員が冷静に行動できていたそうです。

その後、クルーの必死の努力にもかかわらずJAL123便は降下を続けます。
18時56分14秒に対地接近警報装置が作動し、一瞬はわずかに上昇したものの、18時56分23秒に機体後部と右主翼が樹木に接触しました。そして18時56分30秒に高天原山の斜面に、前傾姿勢で反転するようにして衝突、墜落しました。

この事故の原因は、運輸省(当時)航空事故調査委員会の発表によれば、墜落より7年前に発生したしりもち事故のときにボーイング社が行った修復にミスがあり、それが原因となって客室と期待尾部を隔てる降雨圧力隔壁が破壊されたことにあると認定されました。

出典: http://nekotomo.at.webry.info/201210/article_7.html

日航機墜落事故生存者での救助活動 その後はどうなった?

出典: http://www.jiji.com/jc/d4?p=jal123-jlp01305316&d=d4_disaster

墜落から約20分後の19時15分頃、アメリカ空軍のC-130輸送機がこの墜落現場を発見して通報しました。アメリカ陸軍救難ヘリを現場に誘導したものの、日本側の要請によって救助開始の寸前に活動の中止を命じられました。
その後19時21分ごろに航空自衛隊のF-4戦闘機の炎上するJAL123便を発見して通報、墜落から約2時間後の20時42分に百里基地救難隊のKV-107ヘリコプターが現場の上空に到着しました。
しかし、このときには本格的な夜間救難装備がないことなどを理由に、救難員が降下しての救助活動は行われませんでした。
その後14時間が過ぎた明朝8時30分ごろ、長野県警機動隊員2名がヘリコプターから降下し、続いて陸上自衛隊第一空挺団員がJAL123便に向けて降下、救助が開始されました。

このことが救助体制の不備や緊急時における縦割り行政の問題点ということで、大きなバッシングを受けることになります。

出典: http://urano.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/812-c71f.html

日航機墜事故に残る謎 生存者の証言

出典: http://www.jiji.com/jc/d4?p=jal123-jlp10430005&d=d4_disaster

この事故には多くの謎が残されています。
・なぜすぐに救助活動が行われなかったのか。本当に証言通りの理由で救助活動が遅れてしまったのか。
・機体の故障原因は本当に修理のミスだったのか。機体の大半は未回収で、その破壊過程は特定できないはずであり、そもそも尾翼の捜索自体が十分に行われていない。

様々な謎が残ることから、以下のような陰謀説がささやかれています。
・米軍機が誤射によってJAL123便を墜落させてしまった。
・自衛隊機が誤射によってJAL123便を墜落させてしまった。
・JAL123便には核兵器が積載されており、その運搬の証拠を隠滅するために様々な謎が残った。
・日本初のOSであるTRONの研究者17名を暗殺するためにJAL123便の墜落を誘発させた。

真相が明らかにされていない謎の事故であるため、様々な憶測が飛び交っています。

出典: http://sekainoura.net/nikkou-oumu.html

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追うと謎が謎を呼ぶ事態に……

出典: http://www.jiji.com/jc/d4?p=jal123-jlp10402810&d=d4_disaster

残された謎はまだまだあります。
・なぜ証拠として重要であるはずのボイスレコーダーが秘密裏に廃棄されかけたのか(のちに公開されています)。何か秘匿したい証拠があったのではないか。
・本当に墜落した当日に救助活動はできなかったのか。JAL123便の墜落場所が特定できなかったというのは本当なのか。
・なぜ米軍の救助要請を断ったのか。
・なぜ故障個所であるはずの垂直尾翼がいまだにすべて回収されていないのか。
・なぜ修理を担当したボーイング社は捜査に協力的でなかったのか。

これらの謎はいまだに解明されておらず、謎のまま残っています。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 川上慶子さん

出典: http://www.geocities.jp/y190804/genba3.html

奇跡的に生存した4人のうちの一人、川上慶子さんは当時12歳でした。
川上慶子さんたちは家族4人で北海道旅行へ行った帰りの便で、大阪の親戚宅に寄るため羽田空港へ戻り、キャンセル待ちののちJAL123便に搭乗しました。
この墜落事故の時の様子を、当時の川上慶子さんはこう語っています。

川上慶子さんの証言
・気が付くとまっくらで、あたりには油のにおいが漂っていた。
・子供の泣き声をはじめ、乗客のざわざわとした声が聞こえた。
・手足を動かすと、足の下に空間があり動かすことができた。
・自分の体を触って確かめると、欠損個所はなく、自分は生きているのだと感じた
・自分以外の家族は生きているか確かめるため、名前を呼ぶと父親と妹が返事をしたが、母親からの応答はなかった。
・父親に手足を動かすよう言われ、動かしてみると靴が脱げそうになったため、手を足へとのばしたところ、足首がぬるぬるとしていたため、血だな、と思った。
・父親が右わきから下半身にかけて乗りかかっており、身動きが取れない状態だった。無理に動こうとすると、自分の腹部がとても苦しかったため、「お父ちゃん、お父ちゃん、苦しい、苦しい。すごく痛い」と言っているうちに、父親は動かなくなってしまった。
・妹に聞くと、母も父も冷たくなって死んでいると言った。
・その後妹と話をしていると、妹が突然苦しみだした。その後妹はゲボゲボと吐くような声を出し、会話が途絶えた。
・一人になってしまったという思いを抱き、明朝まで意識が消えたり戻ったりした。

出典: http://www.geocities.jp/y190804/genba3.html

川上慶子さんは墜落事故当時のことをこのように証言しています。
この証言から当時の川上慶子さんらの様子をはじめ、各乗客のすさまじい状態が思われます。
この後、救助された川上慶子さんは、そのときの様子をこう語ります。

川上慶子さんの証言
・ヘリコプターのパタパタという音によって意識が戻った。
・目の前を遮っていた飛行機部品の間から日本の木が見え、光が差し込んできたことに、生きていることを実感した。
・なんとか外に出て、発見されるように努力したが、試行錯誤しているうちに部品がずれ落ち、顔と部品との隙間が狭くなった。
・「中学になってから慶子は根気が亡くなった」という日ごろから言われていた言葉を思い出して頑張って脱出を試みた。
・人の気配がし、「生きている人は手や足を動かして」と声がしたため、足を動かすと救助の人が近付いてきた。ぼさぼさの頭とショートパンツで勘違いされたらしく、「男の子だ!」と言われた

出典: http://www.geocities.jp/y190804/genba2.html

墜落事故から14時間もたっていても、何とか生存していた川上慶子さん。救助隊がどれだけ彼女の希望の光となったかは想像以上だったでしょう。

このような辛い思いをした川上慶子さんは、現在は何をしているのでしょうか。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 川上慶子さんの現在

出典: http://www.geocities.jp/y190804/genba2.html

墜落事故の後、慶子さんは祖母と兄との三人で生活していました。
彼女の周りには励ましの声とともに、好奇心からくる迷惑行為も殺到していたといいます。ストーカーまがいの行為や、嫌がらせの電話が頻繁にかかってくるなど、そのような行為に長年苦しまされたようです。
そのような状態が10年近くも続き、川上慶子さんは「こんなことをされるのならあのとき家族と一緒に死ねばよかった」と漏らすこともあったそうです。

しかし、そのような行為にも健気に耐え続け、保健師だった母親の遺志を継ぎ、川上慶子さんは看護師となります。
兵庫県の病院で働き始めた川上慶子さんは、1995年の阪神淡路大震災でけが人の手当てに当たりました。

その後趣味のスキューバダイビングのために訪れたアメリカで、川上慶子さんは運命の人に出会います。
その人とは2002年に国際結婚を果たしました。

事故後数年間、川上慶子さんは飛行機に乗れなかったそうですが、今では乗ることができるそうです。しかし、事故の話をするとなるとPTSDの症状が出るため、やはり今も川上慶子さんの心の傷は癒えてはいないようです。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 落合由美さん

出典: http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/11/jal123-accidents_n_5670403.html

日航機墜落事故の際、アシスタントパーサーをしていた落合由美さんは、当時私用で日航機123便に乗っていました。
日航機墜落事故で生き残った川上慶子さんら4人のうちの一人です。
事故のあと、落合由美さんは一度日航で事故関連の仕事についていたようです。
その後落合由美さんは定年となり、日航を退職し、おそらく主婦として生活しているといわれています。

落合由美さんはメディアに顔を出すことがほとんどなかったため、その後の消息があまりつかめません。
しかし、落合由美さんの行動も真っ当なものなのです。川上慶子さんのようにインタビューを受けたせいで、その後嫌がらせを受けた生存者の方もいらっしゃいます。
そう考えると、取材を受けない落合由美さんの行動も至極正しいものだと思われます。
落合由美さんの生活に平穏が訪れることを願ってやみません。

日航機墜落事故に残された謎 謎の飛行物体

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

川上慶子さんら以下4名の生存者の一人である落合由美さんの、仕事仲間の方はこのように証言しています。
「墜落する前に、オレンジ色の物体がJAL123便に向かって飛んでいたのを見た人がいる」この飛行物体が自衛隊のものだという説があります。
実際、川上慶子さんや落合由美さんの乗っていたJAL123便にはオレンジ色の塗料が付着していたといいます。
落合由美さんの同僚の方によれば、その飛行物体を写真を撮った人もおり、証拠品として提出もしたそうです。
しかしそのような報道や報告は一切ありません。

落合由美さんの仕事仲間の方のこの証言は、いったい何を意味するのでしょうか。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 吉崎博子さん

出典: http://sekainoura.net/nikkou-oumu.html

生存率1%以下、川上慶子さんら4人しか助からなかった日航機墜落事故日航機墜落事故のJAL123便墜落事故で生存した吉崎博子さん、吉崎美紀子さん親子の母親である吉崎博子さんは、当時5人家族で暮らしていました。夏休みに兵庫県から実家のある東京に里帰りし、その帰路で件の事故に巻き込まれました。
家族全員で機内の後部座席に乗っていましたが、夫の優三さん、長男の充芳さん、次女のゆかりさんの三人が亡くなり、吉崎博子さんと当時8歳だった吉崎美紀子さんの親子二人だけが生存しました。

事故から10年たち、東京の実家に移り住んでいた吉崎博子さんは、某誌の取材にこのように答えています。

出典: http://www.geocities.jp/y190804/genba2.html

「離陸してしばらくすると、パーンという音がして、機体が右へ左へと激しく揺れ始めました。私は具合が悪くなった長男の面倒を横で見ていましたし、パニックになる余裕はありませんでした。いよいよ墜落という時のことも覚えています。まるでジェットコースターが真っ逆さまに急降下していくような感じです。ドーンとなったところで意識はなくなりました。暗闇の中で目を覚ますと、ヘリコプターのサーチライトが見えました。その時は、まだガヤガヤと人の声も聞こえていたんです。自分が生きているんだから、みんなも助かったんだと思っていましたね」

出典: http://planz.blog62.fc2.com/blog-category-12.html

事故の様子をありありと垣間見るようなこの証言は、吉崎博子さんの事故の傷をまだ癒えていないことを表しているようです。
現に、娘の美紀子さんと一緒に親子で都内で暮らしている吉崎博子さんは、事故以来飛行機に乗っていないそうです。
一度北海道の温泉旅行に誘われた時も、飛行機での移動を考慮して断ったとおっしゃっています。

墜落事故から27年がたった現在になっても、吉崎博子さん、吉崎美紀子さん親子の傷は未だに癒えていないのです。

吉崎博子さんは当時34歳でした。入院当時の吉崎博子さんの症状は、右側の肋骨が骨折、鼻の骨を骨折、血圧の低下という大きなものでした。
現在では吉崎博子さんは元気を取り戻し、親子で普通に暮らしているそうです。

吉崎博子さんの現在の職業は主婦で、吉崎博子さんと吉崎美紀子さんの親子で都内に住んでいます。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 吉崎美紀子さん

出典: http://sekainoura.net/nikkou-oumu.html

当時8歳だった吉崎美紀子さんは、吉崎博子さんと親子で救助されました。4人しか助からなかった日航機墜落事故で生き延びたうちの一人です。
墜落事故から年月が経った現在、親子で都内に暮らしています。
親子で墜落事故に巻き込まれたという凄惨な経験から、母親である博子さんと同じように飛行機に乗ることを避けているようです。

美紀子さんは事故後に通っていた小学校で、顔に残った傷のせいでいじめに遭ったといいます。

美紀子さんの入院当時の怪我の様子は、左右大腿部骨折、左側の肋骨を骨折、血圧不安定、ショック状態、あご挫傷という親子ともにひどい様子だったようです。

親子でそろって日航機墜落事故に遭い、その後も事故の記憶に悩まされた親子二人、その後は何事もなく生きられることを願うばかりです。

日航機墜落事故で犠牲になった元宝塚団員 北原遥子さん

出典: http://sekainoura.net/nikkou-oumu.html

日航機墜落事故では、助かった川上慶子さんら4人のほかにも、犠牲となったたくさんの人たちがいます。その中には著名人の方々もいらっしゃったようです。
その中の一人が、元宝塚団員の北原遥子さんです。
宝塚を退団してからは女優として活躍しており、宝塚以外の場面でもその活躍の場を広げていました。
宝塚での活躍は『宝塚春の踊り〈花の子供風土記〉』/『ファースト・ラブ』で宝塚の初舞台に立ちます。その後宝塚歌劇団『うたかたの恋』/『ハッピーエンド物語』まで、宝塚をやめる1984年まで約3年間宝塚で活躍します。

北原遥子さんは宝塚随一の美女と呼ばれ、順調に娘役として宝塚で脚光を浴びました。
しかし、最後にはテレビ出演をしてしまうという宝塚の禁止事項に触れてしまい、宝塚を退団することになります。

日航機墜落事故のあとに生存者へ行われていたというひどすぎる仕打ち

出典: http://planz.blog62.fc2.com/blog-category-12.html

この事故のあと、4人が生存者として生き残りました。しかし、その4人の生存者たち以外の犠牲者の方々は、実は事故の時点では生存者として生き残っていたという説があるのです。
つまり、生存者は川上慶子さんら4人だけではなく、もっと大勢いたのですそれが川上慶子さんを含む4人だけになってしまったのには、何らかの理由があるとする説です。

日航機墜落事故のその後 殺された生存者たち

出典: http://planz.blog62.fc2.com/blog-category-12.html

日航機墜落事故の際、実は生存者が100名近くいたという証言があります。
しかし最終的に生き残っていたのは川上慶子さんら4人だけ。
では、何十名もの犠牲者はどのようにして出たのでしょうか。

実は、日航機墜落事故の犠牲者の一部は、大型のアーミーナイフを用いて、自衛隊員が殺していたという証言があるのです。
川上慶子さんを含む生存者4人だけがこの抹殺にあわずに残されたというのです。

証言によれば実際に自衛隊員の持ち物の一つにアーミーナイフがあったようで、それがこのような悲惨な使われ方をされたというのです。
もしもこの証言が本当のことであったら、やはり日航機墜落事故の裏には大きな秘密がありそうです。

日航機墜落事故のその後 毒ガスによって殺された生存者たち

また、川上慶子さんら4人以外の乗客の一部は毒ガスによって殺されたという証言もあります。
この証言によれば、国家機密を握っていたJAL123便の被害者たちは、特殊部隊の手にかけられて処分されたというのです。
また、証言では毒ガス以外にも、火炎放射器を用いて、生きたまま焼かれて死んでいった生存者もいたといいます。

やはり日航機墜落事故には大きな秘密が絡んでいるのでしょうか。

日航機墜落事故生存者のその後・現在を追う! 現在も残っている生存者4人の座席リスト

出典: http://planz.blog62.fc2.com/blog-category-12.html

出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%88%AA%E7%A9%BA123%E4%BE%BF%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85

この事故の生存者である川上慶子さんらは、実は固まった座席に座っていました。言ってみれば運命の座席というわけです。
これらの座席に座っていた生存者たちの共通点は、女性であることや、子どもであることです。
女性や子ども特有の柔らかい体が、衝撃に耐えられた要因の一因と考えられています。

また、事故当時の座席を見てみると、すべて最後尾の座席に集中していることがわかります。特に座席の真ん中のあたりに生存者が多く、座席におけるポイントは後部座席であることと真ん中寄りの座席であることだとわかります。

生存者たちは事故のその後 現在に至るまで苦しんでいる

生存者たちの現在を追ってみると、事故のその後も苦しんでいることが明らかになりました。
しかし、その中でも懸命に生きて幸せを勝ち取った人もいます。
彼女たちの幸せを願うばかりです。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

goto
goto
ライター一年生の新米です。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ