キーボードクラッシャーの動画まとめ。通称キボクラの現在の姿が…[空耳]のイメージ

キーボードクラッシャーの動画まとめ。通称キボクラの現在の姿が…[空耳]

キーボードクラッシャー(略称:キボクラ)は、ゲームをやりながらキーボードを破壊する空耳動画で有名になった海外の少年のこと。キボクラの元ネタや空耳動画などは現在もしっかり残っている。抱腹絶倒必至のキーボードクラッシャーの当時の元ネタ~現在の姿などを紹介しよう。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. キーボードクラッシャーとは?~過去から現在まで~
  2. キーボードクラッシャーの元ネタ動画(翻訳ver.)
  3. キーボードクラッシャー空耳語録【イスラエルにトルネードスピン/タピオカパンなど】
  4. キーボードクラッシャーvsドナルドウイルス
  5. 元ネタ顔負け!?キーボードクラッシャー逆再生Ver.
  6. 元ネタ並みの破壊力!?キーボードクラッシャーの「天国と地獄」
  7. MAD素材としてのキーボードクラッシャーの空耳
  8. 倍数について語るキボクラ少年
  9. ついに元ネタを超えた!?キーボードクラッシャー字幕最終形態【空耳と原文と翻訳】
  10. キボクラだけじゃなかった!!笑撃の空耳動画
  11. キーボードクラッシャーことキボクラ少年のその後~現在は?
  12. かつてのキーボードクラッシャーことEchter Gangster君の現在
  13. まとめ ~過去の黒歴史、現在を経てその先の未来へ~

キーボードクラッシャーとは?~過去から現在まで~

出典: https://twitter.com

キーボードクラッシャーとは、怒りながらキーボードを破壊するドイツ人の少年である。
キーボードクラッシャーの他にもKBC、キボクラ、キークラ、クラッシャーなどの数々の略称がある。
動画内では、所々「ホワァー!」と夥しい奇声を上げながらキーボードをテーブルに叩きつけながら、終始興奮状態でネットゲームに打ち興じている。
初出はネット上でSNSが浸透する以前の05年末頃~で、当時14歳の少年の「キーボードクラッシャー」と銘打たれたこの動画は、youtubeやニコニコ動画などをはじめ、数々の動画サイトで伝説化している。
なお、関連動画には元ネタとなるオリジナルの他にも日本語に翻訳されたものから「逆再生」や「vsドナルド」「天国と地獄」などがある。

キーボードクラッシャーの元ネタ動画(翻訳ver.)

出典: http://gph.is

まずは参考までにこちらの元ネタ動画をご覧いただきたい。
元祖の翻訳バージョンが焼き直されたものだが、この動画の少年こそが、その後「キーボードクラッシャー」としての異名を欲しいままにする本人その人である。
アドレナリン全開で息を弾ませながら「アンリアルトーナメント」なるネットゲームをプレーし、迫真の演技とも本気ともつかないほどの狼狽ぶりを発露しながらキーボードを乱打し、最終的には木端微塵に破壊する。
ネット上の動画サイトには、オリジナル動画の他にも本家顔負けのクオリティを誇る数々のキボクラ動画やMADが存在する。

初出時はまだ「石橋釣り」、「タピオカパン」、「イスラエルにトルネードスピン」など数々の空耳を残すことになるとは誰も、鼻息を荒げているキーボードクラッシャー本人すらも知る由もなかった……。

キーボードクラッシャー空耳語録【イスラエルにトルネードスピン/タピオカパンなど】

続いてはこちらの動画。
キーボードクラッシャーことドイツの少年は、終始母国語で取り乱していると見られるが「パンパースまだ?」「マンマンフ○ラ」「イスラエルにトルネードスピン」「倍数知ってる?大久保死んだ?おいしいの?」「タピオカパン」「忘れてたぜー」「お○んこ恥ずかしいーーー」「脂っこい銅」「お前の彼女は関係ねぇ」「童貞ちゃう!」「いつパン買いに行く?」「松下さん(松下主任)」「先生、大輔君のこと好き…かも」「モスバーガーとお○○こバーガー」「アイツはポジティブ、ガス欠とかするな」「ああ、キノコが取れちゃった」「落ちた…終わったチクショー」「落ちた、壊した、頭ン中整理して」「運動会プロテインパワー」「朝ごはんソーセージだけ…」「天皇陛下バンザーーーイ!!」など、その発言の多くが日本語の空耳に聞こえる。

出典: https://gifmagazine.net

ホワアアアーーー!!!!

数ある空耳の中でひと際耳に残るのが「タピオカパン」というフレーズ。
キーボードクラッシャーの怒りのボルテージが最高潮に達した時の破壊力は凄まじいものがある。
それにしても、タピオカパンはどこに行けば購入できるのだろうか……。

なお「タピオカパン」はドイツ語で「ぶっ殺してやった」の意で、現地での使用はあまりおすすめしない。
「キーボードクラッシャー」として強烈なインパクトを残し、大流行を果たしたその後もキーボードクラッシャーに関してはオリジナルの元ネタ動画以外にも数多くの空耳動画が作成され、今でもネット界隈をざわつかせることがある。

キーボードクラッシャーvsドナルドウイルス

キーボードクラッシャーvsドナルドの世紀の一戦。
vsドナルドもとい、正しくは「ドナルドウイルス」に感染してしまい、撲滅しようとするキーボードクラッシャー。
しかし結局何もできずに、いつもの調子でキーボードを「パン!」「パン!」と叩いて取り乱します。

元ネタ顔負け!?キーボードクラッシャー逆再生Ver.

矢継ぎ早に張り上げる蛮声とともに叩きつけられるキーボードが何故か壊れない。それどころかみるみるうちに修復していく。
逆再生の空耳はより難解さと不気味さを増し、変態ぶりに拍車を掛ける。
ここまでくるとまるでホラー映画のよう。

元ネタ並みの破壊力!?キーボードクラッシャーの「天国と地獄」

文明堂のCMなどでもお馴染みの「天国と地獄」を口遊むキーボードクラッシャー。
キボクラ関連のMADはバリエーション豊富だが、この「天国と地獄ver.」はキーボードクラッシャーシリーズの中でもキボクラファンの間では1、2を争うほどのインパクトを誇る。
見ればたちまちにして腹筋クラッシュされること間違いなし…!?

MAD素材としてのキーボードクラッシャーの空耳

マリオをプレーするキボクラ

職人の手により精巧に作り込まれたキーボードクラッシャーのマリオプレイ動画のMAD。
一連の流れから最後は結局「くたばれえーーー」とキーボードを叩きつけるまでのお約束は変わらないが、オチが分かっていても結局笑わされてしまう。

倍数について語るキボクラ少年

本家とは別動画の上機嫌なキーボードクラッシャー。
「知ってる?倍数…」と、動画内で倍数についてラッパー調でリズミカルに語り掛けるキボクラ少年。
紛れもなくかつての「キーボードクラッシャー」と同一人物だが、動画が流行った当時よりも少しだけ大人っぽくなり青年期を迎え、当時よりもややふっくらとした姿が印象的だ。

ついに元ネタを超えた!?キーボードクラッシャー字幕最終形態【空耳と原文と翻訳】

10年代に入り、ただでさえ目覚ましかった技術がさらに変態的に進歩するとともにキーボードクラッシャー動画のクオリティも上昇。
バラエティ番組顔負けのダブルテロップが見事だ。

キボクラだけじゃなかった!!笑撃の空耳動画

出典: https://gifmagazine.net

キーボードクラッシャーだけでなく、ネット上には様々な空耳動画が落ちている。

稀に映画などでは作品によって、所々日本語の空耳に聴こえるシーンがある。

こちらはバーレーンの日本語にしか聞こえない実況映像。
観客一同、今か今かと待ち望む中、試合終了間際、バーレーンの選手がゴールを決める。
すると「一点入りよる!」「一点入りよる!」と急に嬌声を轟かせ、テンションが最高潮に達したかと思えば、その後再三に渡りここぞとばかりに日本語の空耳を連発する実況者。
ロスタイムギリギリで「一点入りよる」試合内容も然ることながら、約4分を費やし丸々畳み掛けるような空耳でしゃべくりまくる実況者も見事。
「マグロ切り身にして半値」「茂原まで自動で!」「ブロッコリーまだかな?」など、肝心のサッカーを連想させる空耳は少ないが、キーボードクラッシャーの「イスラエルにトルネードスピン」「タピオカパン」と並び空耳動画の永久保存版。

キーボードクラッシャーことキボクラ少年のその後~現在は?

出典: https://twitter.com

現在のキボクラ

数々の動画サイトにアップされた「キーボードクラッシャー」で、あっという間に知名度を上げたキボクラ少年。
今度こそ、心を入れ替えて真っ当な人生を歩んでいくのだろうと期待してみるがその後の動画を見る限りでは、相変わらず米製冬彦さんのような狂気は健在か…。

かつてのキーボードクラッシャーことEchter Gangster君の現在

出典: http://fox.2ch.net

キボクラ少年の本名はEchter Gangster君。
かつて動画で「タピオカパン!」「イスラエルにトルネードスピン!」と発狂していた少年の成長した姿は、かの「厚切りジェイソン」を彷彿とさせる。

出典: https://gifmagazine.net

タピオカパンチ!!

少し大きくなったキーボードクラッシャーさんの姿。
無垢なかわいい犬のぬいぐるみに渾身の右ストレートをかます。

まとめ ~過去の黒歴史、現在を経てその先の未来へ~

活発な子供が、純粋に物事に没頭する姿には思わず微笑ましさを覚えるもの。
しかし、動画の中で発狂するキーボードクラッシャーのように、のめり込む対象を間違えると取り返しのつかないことになってしまうこともある。
動画は本人曰くあくまでも「本気ではなく演技」とし、モニターを通じてネット依存の恐ろしさを知ってもらうのが真の狙いだったようだが、仮に演技だとしても「お前らもこのままいくと、そのうちこうなるぞ!」と言わんばかりの本物のネット依存症者顔負けのメッセージ性を秘めた迫真の演技でもって世界中にその危険性を訴えかけていることは紛れもない事実だ。
いずれにせよ「イスラエルにトルネードスピン」「タピオカパン」などの数々の空耳は、今も当時のネット黎明期に一世を風靡した「キーボードクラッシャー」を知る人々から時代を超えて現在の若者まで語り継がれ、数多くのネット民たちの頭の片隅に焼き付いていることだろう。

出典: https://gifmagazine.net

パンダさんも

出典: https://gifmagazine.net

オウムさんも

出典: http://takotakosan.blog.jp

Why crush keyboard!?
なぜ人はゲームでイライラするとキーボードクラッシャーと化してしまうのか……?

関連するまとめ記事

関連するキーワード

よく読まれている記事

jimmy block2
jimmy block2

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ