玄倉川水難(DQNの川流れ)事故、その後は?裁判や死者13名の暴言まとめのイメージ

玄倉川水難(DQNの川流れ)事故、その後は?裁判や死者13名の暴言まとめ

玄倉川水難事故のまとめ。その後DQNの川流れと呼ばれる水難事故、玄倉川水難事故でDQNたちの名前、暴言、騒ぎ、DQNのリーダーと思われる男の名前や会社名、その後裁判を起こしたらしいがその結果などをまとめます。DQN達が起こした端迷惑な水難事故を忘れてはならない2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめの前に……玄倉川水難事故とは

出典: http://bakaboardersmm.naturum.ne.jp

玄倉川水難事故とは子ども4人を含む13名の人が亡くなった水難事故です。18名の方が来ており、生き残りはたったの5名という大惨事になりました。

日本最大級の水難事故は他にもあるのですが、この玄倉川水難事故は水難事故の被害者たちがあまりにも自然をナメていたことと、暴言やその後の態度にも非常に問題があるということで、その後俗にDQNの川流れ事故と呼ばれることとなりました。

この頃はまだネットがそこまで普及していませんでしたが、名前や会社名などほとんどがバレています。それを一通りまとめます。

玄倉川水難事故でDQNの川流れしたDQNたちの名前 まとめ

出典: http://dic.nicovideo.jp

暴言と騒ぎを起こす事だけはご立派なDQNどもの名前!

出典: http://jin115.com

松尾 利美さん、松尾 理恵さん、松尾 歩ちゃん、松尾 駿兵ちゃん。

加藤 裕二さん、加藤 美江さん、加藤 優香ちゃん。

梶ヶ谷 剛さん、織立 亜希子さん、高橋 直人さん、小野崎恵子さん。

原田 敬介さん、原田 千佳ちゃんの13名が亡くなりました。

子供はともかく、誰が暴言を吐いて誰が吐かなかったのかは分からないので、全員の名前を載せました。リーダー格は2人ほどいたようです。

その後まとめますが、DQNたちがしっかり忠告を聞いておけば、DQNの川流れしなかったものを……。

調べてみると会社名が同じな人間が多いので、会社内で家族を交えて遊びに来ていたと思われます。

5人生き残りのDQNの名前はこいつらだ!

出典: http://bokete.jp

加藤直樹さん、加藤朝香さん、加藤一樹さん、平野幸男さん、平野嗣富さんの5名が生き残りの名前です。加藤朝香さんと加藤一樹さんは子供です。

この方々で数人、玄倉川水難事故のその後にもDQNな騒ぎを起こしているようです。

玄倉川水難事故の経緯まとめ 異常気象

出典: http://samcamp.exblog.jp

水の力で車だってひっくり返る

札幌の気温が那覇を上回る異常気象が……

出典: http://blog.goo.ne.jp

玄倉川水難事故があった時期は、異常気象とも言える気象状況であり、見出しにもあるように、沖縄那覇よりも北海道札幌の方が気温が高いという状態もありました。

台風ではなかったもののそれに比するくらいの、いや異常気象なのでそれを上回る騒ぎとなっていました。

ダムの水を放流することを通達もDQNたちは聞かず、その後……

出典: http://item.rakuten.co.jp

当時は大雨も降るときが続きました。玄倉川の上流にダムがありますが、増水すればダムの水を放流することは自明の理です。しなければ許容の貯水を越えて意図せぬ場所に水が溢れてしまい、最悪の場合はダムが決壊するからです。

その後ダム操作に問題があり、水難事故に繋がったのではとする騒ぎにもなりましたが、これは全くの的外れと言うことになります。

ダム職員、警察、地元住人が警告するが暴言吐きまくり 暴言まとめ

出典: http://sei-slo.blue

玄倉川水難事故は数々のチャンスを逃し続けたDQN側の落ち度が大きい

出典: http://www.jp.playstation.com

こんな大掛かりなトラップを仕掛けられたわけではありません。ただ自爆しただけ

玄倉川水難事故がDQNの川流れと名前を付けられたる所以は、心配して警告してくれた地元住人に対して、暴言を吐き続けたところからも言われています。

仕事に関してもDQNが働くと言われるような職種であったことも大きく後押ししているかもしれませんが。

最初の警告も鼻で笑って暴言を吐いて追い返す

出典: http://d.hatena.ne.jp

リーダー格を筆頭に一瞬ハナで笑ったことが死んでからもずっとハナで笑われるハメになってしまった

ダムの水を放流するので、早く非難するようにとダム職員と警察がDQNたちに警告しますが、「早く失せろ、殴るぞ」等の暴言を吐いて聞き入れようとはしませんでした。

その時に21名居ましたが、3名がその警告に素直に従い、中州から退避しました。この時にその後の運命が大きく変わることに、DQNたちはまだ気づいていませんでした。

田舎の人間は意地が悪いと暴言 暴言まとめ2

出典: http://chomatome.com

暴言と見下しを続けて、DQNの川流れに一直線の愚か者

出典: http://www.excite.co.jp

先ほど書いた警告の時点で既にダムの放流は始まっていました。本当に抜き足ならない状態でした。そもそも大雨降ってる時点でデッドラインに入ってますが。

いくらDQNとは言えども放っておいてはその後何言われるか分かったものではありませんし、その後の寝覚めも悪いです。子どももたくさんいますし、放って置けるわけがないので、再び警告に行きます。

しかしリーダー格が「放っておいてくれ、楽しんでるんだよ」と暴言を吐いたのを皮切りに「地元の人間は臆病者、田舎者は他人のプライバシーを侵すのが趣味」と極めて侮辱的な暴言を吐き、仕方なく今回も警官は退避しました。

三度目の正直ならず 仲間も警告に戻るもDQNはその後を知る由もなく最期の就寝

出典: http://earthjp.net

悪天候でこんな場所にヘリを飛ばせるはずもなく

警官が三度目の警告に行きますが、相も変わらず反抗的な態度で暴言を吐き続け、退避する気配は見せませんでした。二度目の後に本格的な放流を開始しており、無知か自殺志願者でなけりゃ残らないような状態になっていました。

最初の警告で素直に避難した仲間も心配し、警告に行きますが、やはり拒否しました。

二度目の警告で、見張りを置くと言っていたようですが、その処置すらしていなかったようです。まあ見張りを置いたところで水難事故を防げたとは思いませんが。

DQNが気づいた時には玄倉川の水位は取り返しのつかないことに

暴言吐いてその後就寝、起きたらテントに水ドバーで助けて!

出典: http://item.rakuten.co.jp

DQNたちの目覚めは朝の8時頃でした。もう既に玄倉川の濁流がテント内に押し寄せていた状態であり、寝ぼけ眼の中、DQNたちは窮地に陥っていることになりました。

しかし自然はDQNたちの事情などお構いなしに襲い掛かります。30分後には水深は1mを超えて、早い濁流で身動きが取れない、完全に中州に孤立した状態になってしまいました。

救助隊が来るが、自分たちのDQNぶりなどお構いなしの騒ぎぶり

出典: http://temyg3.blog.fc2.com

どうにもならない状態になってから、通報を受けたのか救助隊が到着しました。自業自得とはいえ、それが仕事ですから助けないわけにはいきません。

ですが写真を見てもらえば分かりますが、ひどい悪天候です。救助は難航します。それに腹を立てたDQNたち、特にリーダー格が騒ぎ始めます。自分たちを棚上げし、「仕事なんだから早く助けろ!」と暴言を吐き続けます。

TVの取材クルーもおり、ずっと撮影していたので、その暴言はしっかりとビデオに記録されていました。動画サイトなどで映像が転がっているので、動画サイトで玄倉川水難事故かDQNの川流れで調べればたくさん出てくると思います。

「ヘリを呼べ!」 どの口が言うのか……DQNの暴言と騒ぎぶりは止まらない

出典: http://kasegeru4.com

玄倉川水難事故のDQN暴言集で有名な発言で「ヘリを呼べ」と言うものがあります。実際に自衛隊は準備をしていたようですが、自衛隊を動かすには知事の指示が必要なようです。

更に玄倉川水難事故のビデオは全て地上からのものであり、おそらく撮影ヘリも飛ばせないような状態で、二次災害の恐れを加味して、自衛隊のヘリを派遣しなかったといったところと思われます。

必死の救助活動も虚しく、玄倉川水難事故は最悪のその後を辿る

救助ロープを発射するが、水圧で切れるなどし救助できない

出典: http://jare55.ti-da.net

ヘリコプターは天候不良で飛ばせないため、救助ロープでの救援活動を試みます。向う岸にロープを飛ばし、向う岸のロープを結び付けて、救助することを試みますが、木に引っかかるなどしてうまく行きません。

騒ぎ、暴言を吐き続けていたDQNたちも体力の限界が訪れて、さすがに静かになり始めました。

DQNの川流れ…… 玄倉川水難事故は最悪の結末に

出典: http://hitomoti.com

DQNの川流れ寸前の画像

水深は既に2m近く、大人の胸の辺りまで浸かるような有様となっていました。そして10時40分、救助隊員の努力も虚しく、大人も子どもも濁流にのみこまれて、流されてしまいました。

遂にDQNの川流れとなってしまいましたが、この玄倉川水難事故のみに関わらず、そういった自然災害での事故の後は、生存者、死亡者を含めて捜索活動をする必要が出てきます。

玄倉川水難事故はまだ終わらない、流されたDQN共の捜索活動へ

警察、消防、自衛隊など300人体制でDQNの川流れした奴らを捜索

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

DQNたちが水洗便所の如く(目撃者談)のように流された後、二次災害の恐れがあるので、叔父によって投げられて、救出の手助けに来ていたキャンプ客の決死な行動により救われた1人を除き、後の17人の行方が知れぬまま、撤収せざるを得ませんでした。

翌日9時に天候が落ち着いたこともあり、行方不明の17人のDQNたちの捜索に340人体制で臨むこととなりました。

その後DQNたちの希望通りヘリコプターも飛ばした

出典: http://fanblogs.jp

徒歩のみでは厳しいものがあるので、上空から生き残りを探すため、ヘリコプターも飛ばしました。

対岸に流れ着いて夜を過ごした4人を発見したので、その4人を保護し、生き残りのDQNはこれで全てです。あとは死亡者の遺体収容のみとなりました。

最後の遺体は2週間のちに幼児1人を発見し、玄倉川水難事故は一応の収束を見ました。

地元住人のおにぎりをまずいと言って叩きつけるリーダー格の暴言

出典: https://ameblo.jp

リーダー格?と思われる男の暴言。筆者なら楽しそうですねと皮肉を言いそうですが

救ってもらった後もしっかりと悪態をついて、救助隊に何らかの暴言を吐いているところを抜かれています。さらに4人の生き残りを救出後、地元住人たちがおにぎりを差し入れたそうです。

しかしあろうことか、リーダー格の男がまずいと言っておにぎりを叩きつけたそうです。更にリーダー格はこうも言ったようです。「テントを回収してたら返して」と……。

誰も死んでいないと思っているのか、別に悲しくもなんともなかったのか。ともかくそれを聞いて背筋が凍りました。

玄倉川水難事故でその後起きた論争など まとめ

玄倉川水難事故を受けてその後、とある評論家が救出隊を無能であると非難

出典: https://www.atusi-sora.com

危うく救出隊員を悪者にしかけた評論家の名前はすみません。分かりませんでした

DQNの川流れなどとネット上で非難され、今なお教訓とDQN嫌いの人間からはざまあみろと言われ続けている玄倉川水難事故ですが、とある評論家が救出隊が無能であったと非難したようです。

元より電話でかなり非難の電話があったようで、すっかり悪者扱いをされたようです。

しかし先に避難していたキャンパーがDQNたちの非を証言

出典: http://ameblo.jp

しかしそんな理不尽な扱いを受けていた救助隊員を見かねて、先に避難しており、救助の手伝いもしていて、実際に現場にいたキャンプ客がDQN側の非を認め、救助活動に関しても賞賛したため、一気に流れが変わりました。

元々DQN側の騒ぎぶりやDQNな暴言などをテレビでも音声付きで抜かれていたので、手のひらを返したように救助隊があちこちから賞賛されました。

玄倉川水難事故でDQNの川流れしたDQNたちの会社名は富士繫……

玄倉川水難事故で来ていたDQNたちは会社名 富士繁戸塚工場の人間

出典: http://fujishige.cocolog-nifty.com

富士繁戸塚工場の画像です。富士繁は人名ではありません。会社名です

DQNたちの勤務先の会社名も分かっています。富士繁戸塚工場に勤務する社員だったようです。

富士繁とは、産業廃棄物の処理等をしている会社です。その中でも富士繁戸塚工場は中々歴史の長い工場のようです。

地元住人によると、富士繁という会社はあまり評判は良くないようです。職に貴賎なしとは言いますが、正直ご立派なと言われることは少ない、DQNが多いとされやすい職ではあります。

会社名 富士繁が保険金掛けて殺したんではと疑われたらしい

出典: http://fujishige.cocolog-nifty.com

従業員が大量に亡くなったばかりか、会社名まで晒され、踏んだり蹴ったりな富士繁

撤収した仲間たちも居るのは前述の通りですが、リーダー格の1人が不自然なまでに中州に留まらせたことから、富士繁の経営状況を調べて、リーダー格がグループ生命保険にでも入れて、全員流させたのではと週刊誌の記者が疑ったほどだったようです。

しかし富士繁自身に裏は無かったようですが、あまりにも無知すぎる所以の結果に思わずゲスの勘繰りをしたといったところでしょう。

その後 玄倉川水難事故で裁判はあった?裁判あったとして結果は?

その後 玄倉川水難事故で生き残りのDQNが裁判を起こした記録はない

出典: http://gendai.ismedia.jp

その後DQNたちが裁判を起こした記録も、行政側が1億円とも言われる公費を投じたためその補てんを求めた裁判も起こした記録はありません。

DQNぶりが凄まじかったので、救助隊が無能だからとか言って裁判起こしてもおかしくないメンタリティな気がしましたが……。

DQNが実際裁判を起こしたところで裁判に負ける公算が大きいよう

出典: http://hikaritokage.ti-da.net

とある弁護士によると、仮にDQN達が裁判を起こしたとしても裁判で敗訴する公算が大きいようです。

行政の対応は問題なく、退避するように指導する必要はあるが強制しろとは書いていないようで、今回のDQN達のように、リーダー格を筆頭に騒ぎ、暴言を吐いて拒否されればそれ以上どうしようもないという理屈のようです。

まあこれで裁判して行政が敗訴したら物凄い批判になりそうですが。

その後も騒ぎを起こさなければ気が済まないらしい生粋のDQN共

生き残りの一人、加藤朝香がブログを書くもバレて削除

出典: http://ameblo.jp

救出当時の加藤朝香

たまにね私、ふとあの時の事を思い出すんだ。幼稚園の頃の事故あれは一体なんだったの?どうして私の家族なの? 小さい頃私がママを殺したんだ。私さえ居なければママは生きていたんだ。 パパがね私を抱いててママがパパに助けを求めていたんだ。 手を伸ばしてね一生懸命流されないようにしてたんだ。けどねパパまで水に連れていかれそうで怖かったんだ。だからねパパやめて!って言ったんだ。 そしたらパパがママの手を離したの。 そしたらママ水と一緒にいなくなっちゃたの。これって私のせいだよね。 ごめんね本当に…。ママに逢いたいです。小さい頃もずっとママが欲しかった。皆にはママがいて私には居なくて悲しかった。 今でもママが戻ってきてほしいと思っている。あと優香にも戻ってきてほしいんだ。私には妹がいたんだよ。 ママがいなくなっても明るい朝香でいてねって色んな人に言われた。 そう簡単に言うなと思ったよ。けど私なりに頑張ってきた。毎日明るく生きてる… ーーー

加藤朝香がブログ上で書いたとされる日記です(現在加藤朝香のブログは削除)

加藤朝香が書いたと言われているブログの日記です。自分に酔ってるとしか思えない文です。まあその頃は幼稚園児では仕方のないことですが……。フォローするとすれば、加藤朝香さん、別に貴女は悪くありません。

ただ周囲の大人があまりに無知であっただけです。人の話を聞かなかっただけです。

その後削除したのは書いたのが玄倉川水難事故の生き残りであること、状況的にこれを書いたのが玄倉川水難事故の生き残りである中で、加藤朝香以外にあり得なかった。

そのため玄倉川水難事故の生き残り、加藤朝香であるとバレてしまったからと思われます。

詳しい情報は不明も加藤朝香の弟加藤一樹も立派なDQNになったらしい

ネット民はおもちゃを見つけるとしつこいですから、そもそも書かないのが一番ですが、バレたら速攻で逃げた方がいいです。加藤朝香さん自身、それは身に染みていたんでしょうか?ならさすがに書かないか。

ちなみに加藤朝香の弟、加藤一樹も立派なDQNに育ったと報告されています。しかしこれに関しては何か情報があるわけではないようです。もしかしたら消えた加藤朝香ブログにはあったかもしれませんが。

玄倉川水難事故の経緯とその後のまとめ

DQNの無知と傲慢で引き起こされた玄倉川水難事故!

出典: http://www.thepicta.com

ほとんど同情できない水難事故として名高い玄倉川水難事故。18人の内、13人が亡くなったにも関わらずです。

その理由があまりにひどい暴言を吐き続け、善意で忠告した人たちを見下し、自分たちが危ないとみれば助けろと罵声を飛ばす。

結局流されて無駄な公費を使わせ、生き残りは善意の差し入れすら叩きつけて不味いと言い放つ傍若無人さが怒りを買いました。

今でも毎年夏の時期が近づくと、必ずと言っていいほど玄倉川水難事故の話題が出て、DQNの川流れを嘲笑する人間が出てきます。

名前や会社名などもその後全て暴かれた生き残りたち

名前に関しては全員一度は流されているので、名前は出されていると思いますが、会社名が富士繁の戸塚工場の人間がほとんどであるともバレています。

今よりもネットは発達していなかったと思いますが、特定班は恐ろしいです。富士繁側からしても社員がDQNな暴言を飛ばしまくった末に流されてほとんど亡くなり、会社名まで晒されたのですから、いい迷惑かもしれませんね。

更に生き残りの加藤朝香が書いたと思われるブログまで発見されました。今では削除されていますが。

自然は怖いことを如実に伝える玄倉川水難事故

出典: https://ameblo.jp

夏の時期が近づいてきました。キャンプに出掛けようという方もおられると思います。この玄倉川水難事故は自然の怖さ、それをナメた傲慢な人間は必ず報いを受けることを示した例だと思います。

しっかり調べて準備した上で、自然と触れ合うならば自然に対し謙虚でいることが大切だと思います。この事故をしっかり教訓にしましょう。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

Tetsuwanchan
Tetsuwanchan

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ