【Adobe体験版クラック】期限解除して永久に使い続けられる…CS6とCCのイメージ

【Adobe体験版クラック】期限解除して永久に使い続けられる…CS6とCC

Adobe体験版のクラックとは?Adobe体験版の期間を解除して永久に使い続けるって?クラックとは?dobeCS6とAdobeCCの違いは?CS6とCCの仕組みの違い。クラック版ソフト使用はウイルス感染する危険性が高い!2017年07月14日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe体験版のクラック

出典: https://japan.zdnet.com

「Adobe体験版のクラック」。
これは、Adobe(アドビ)製品のPhotoshopなどの無料体験版をクラックすることで、本来ならば月額制であるPhotoshopなどの体験版を無料で永久に使い続けることができてしまう方法である。
本来Adobeから製品購入(契約)をして使用するソフトを、抜け道を使って購入することなく体験版を永久に使い続けるという、AdobeからPhotoshopなどの製品購入をし正規で使用しているひとからすると白い目を向けられる方法と行為が「Adobe体験版のクラック行為」なのだが、昨今この方法が当然のように使われてしまっているといっても過言ではない…?

Adobeとは

出典: http://gigazine.net

「Adobe(アドビ)=Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ)」とは、情報・通信業界でデザイン、イメージング・パブリッシング用ソフトウェアの提供を行う事業であり本社はアメリカ。

有名なソフトが「Photoshop」などの画像編集ツールだ。ほかにも「Adobe Flash」といった動画やゲームを扱うための規格などが有名である。

出典: http://sitebk.com

クラックとは

出典: http://gigazine.net

「クラック」(Crack、クラッキング)とは、ネットワークに繋がれているシステムへ侵入する、またコンピューターシステムを破壊(クラック)するなどしてコンピューターの不正利用の方法を指すコンピューター用語である。
オンライン登録、シリアルチェックを回避して使用するなど不正にアプリケーションソフトウェアを改変(体験版の期限をクラックし改変、永久に使い続ける)する行為であり、クラック(クラッキング)は現在日本では刑事罰の対象となる行為とされる。

出典: http://uslab.jp

出典: https://support.gmocloud.com

Adobeの体験版とは

出典: https://helpx.adobe.com

Adobe製品の無償体験版というのは、Photoshopなどの製品の無料体験版をAdobeからダウンロードして使用する。体験版をダウンロードすると、製品ごとに7日間、14日間、30日間など決まった期間、無料で体験利用することができる。体験版のなかでの機能制限はなく、最新版製品の全機能を試用することができる。

~Adobe CS6~

Adobe CS6とは

出典: https://ja.wikipedia.org

「AdobeCS6」は「Adobe Creative Suite(アドビクリエイティブスイート)」の略称で、CS6は2003年に開発された初版の最新版(Creative Suite 6=CS6/2012年)である。2012年のCS6のリリースと同時に、月額制をとり各種オンラインサービスが利用できるサブスクリプション制度を導入したAdobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド=CC)が新設される。その後2013年にCSはCCに移行することとなり、このタイミングにてCSシリーズが新しく発売されることはなくなった。

出典: https://auctions.yahoo.co.jp

CS6 サポート終了

AdobeCS6は、CCに移行される前に作られたCSシリーズの最後の製品となる。製品の生産が終了すればそれに応じてサポートも終了していくので、CS6のサポートは2014年の7月で終了している。7月に終了したのは「ゴールドサポート」という有償サポートであり、ゴールドサポートの終了=CS6のサポートの全面終了ということとなる。

出典: http://www.kgem.co.jp

~Adobe CC~

出典: https://ameblo.jp

Adobe CCとは

AdobeCCとは先述したようにAdobe Creative Cloud(アドビクリエイティブクラウド=CC)の略称であり、CS6の最新版のリリースとともにCCが作られ、その後CSシリーズから完全移行したものがCCである。CCは月額制になっており、ソフトの購入自体はない。月額を支払うことでAdobe製品が使えるCSシリーズ時代の「Master collection」のシステムとなっており、CSシリーズでソフトを購入することで使えた「Master collection」が月額制として使えるようになったのだ。

出典: https://ameblo.jp

CS6とCCの違い

CCの内容はCS6のMaster collection

AdobeCS6とAdobeCCとの違いは、CSシリーズの場合は購入したシリーズ(例えばCS6Master collection)のバージョンのみに限定され、同じバージョン(CS6Master collection)のみの利用しか出来なかったが、CCの場合は購入したバージョンのみに限定されることなく、CCの旧・最新版などに関わらず、CCでリリースされたどのバージョンであっても利用することができる。

出典: https://auctions.yahoo.co.jp

CS6からCCへの乗り換え

CS6からCCに乗り換えることはできるが、あくまでも別製品なので新たにCCを購入し契約する必要がある。アップグレードという形式はなく、CCの月額契約への料金が必要となる。AdobeCCを契約している場合はAdobeCS6を引き継いで利用することができ、CCの最新版がインストールされていてもCS6などの旧バージョンをインストールすることができる。

「体験版の期限解除で永久に使い続けられる…?」

Adobe製品「Photoshop」体験版のクラック

では体験版のクラックとは?


説明にあったように、永久に使い続けるにはAdobe製品はすべて有償のソフトウェアであり、CCは月額契約をすることで永久に使い続けることができるものである。

体験版にはそれぞれ体験期間が決まっており、期間が終了すればPhotoshopなどのAdobeのソフトは使い続けることができない。クラックというのはこの「期間」を不正に解除する方法でソフトを永久に使い続けるために行う。

クラックの方法を熟知していてクラックを行い不正にソフトを使用するひとが多いなか、クラックのことをあまり知らずに無知のまま「Adobeのクラック版」や「Adobeの中古品」を入手してしまうパソコンがウイルスに感染してしまうといったケースもある。これは不正にクラックをした者がオークションサイトなどで「中古品」を謳い販売をするという方法。手口を知らずに「激安」に目がくらみクラック版を購入してしまうというケースだ。

出典: http://ameblo.jp

Adobe製品の代表「photoshop」のクラックする方法で使用するひとが後を絶たないという問題がある。Adobe製品のクラックを探ると最も多いのが「Photoshop」のクラックなのだ。Twitterで検索をかけてもクラックの方法でソフトを不正利用で永久に使い続けるという内容はものすごく多いのが現実。


そのなかには「Master collectionを激安で購入した!」「ヤフオクで約7万でMaster collection買えた!」などのクラック版を購入したひとの声も多い。CS6のMaster collectionを定価で購入すると、約33万円。これはたとえクラック版とわかっていても手が出てしまうものなのだろう。

Adobe製品「Photoshop CS6」(旧製品)体験版

Photoshop CS6は2012年に発売されたCSシリーズ最後のPhotoshopである。(Master collectionのなかに含まれる)

出典: http://www.manicyouth.jp

Adobe製品「Photoshop CC」体験版

Photoshop CC(14.0)はCSがCCに移行をした2013年に発売されたCCシリーズ初のPhotoshopである。現在最新版は2015年に発売されたPhotoshop CC(15.0)。

出典: https://blogs.adobe.com

PhotoshopのCS6旧製品とCCの新製品を比べてみるとその違いは歴然としている。とにかくCCの処理速度の速さは感動モノだとか。不要オブジェクトの消去の時間を比べてみても、CS6は約30秒、CCはなんと約2秒とソフトの進化が顕著に表れている。

Photoshopをはじめとしたソフトを使うことがメインの職業のひとも社会に多く存在している。
もちろんそのひとたちはAdobeから製品を正規購入したり月額を支払い契約をしてソフトを使用しているので、クラック行為で不正に永久にソフトを使い続けるひとを見て納得はできないだろう。ましてや無知のまま「安さ」に惹かれてクラック版を購入してしまいパソコンがウイルス感染してしまったら。不正にクラックをし永久に使い続ける方法も、クラックを行ってでっちあげソフトを販売する方法も、不正でしかないという評価は仕方のないことである。

Adobe製品を永久的に使い続ける方法とは?【シリアルクラック】

シリアル番号とは?

出典: http://blog.livedoor.jp

シリアル番号とは?
シリアル番号というものは製品ごとに割り振られており、その確認の方法は
・購入した製品に記載されたシリアル番号
・Adobe IDアカウントにあるシリアル番号
・ユーザー登録カードのシリアル番号
を見ることで確認ができるものとなっており、個人情報があっての確認方法が決められている。

シリアルクラックとは?

シリアルクラックとは?
シリアルクラックとは、正しいシリアル番号の入手をせずにクラックする方法や、「keygen」といったプログラムを使用して不正にシリアル番号を入手する方法のことである。
製品のシリアル番号をクラックやkeygenで不正に入手しこの項目をスキップする方法をとれば、体験版の期限解除を行い永久に使い続けることができてしまうということだ。

どうしてシリアルが割れてクラックされてしまうか

「keygen」とは?
keygenとはkeygeneratorの混成語で、ソフトウェアのシリアル番号などを生成するプログラム名。keygenはシリアル番号の要求があった際に逆アセンブルで解析しシリアル番号を入手する。keygenは基本どのソフトに対しても作れてしまう。keygenの使用は利用規約に反するものが殆どであり、犯罪となるケースもある。

出典: http://oshugyu.blog79.fc2.com

出典: https://www.hit2k.com

「amtlib.dllの書き換え」?
「amtlib.dllの書き換えってなに?」「amtlib.dllってそもそも何?」と、「amtlib.dll」といった言葉を耳にしたことがない方も多い。「amtlib.dll」とはファイル名であり、ライセンスを得ないで不正にソフトを使用する方法で使われるファイル。いわゆる「割れ物」とされる。「amtlib.dll」はAdobeをクラックするためのファイルである。以前まで有効とされたクラック用ファイルの「hosts」に対策するソフトが増え、ある箇所を「amtlib.dll」に書き換えることでクラックをするという方法だ。「amtlib.dll」ファイルは「怪しい」ルート経由で手に入るといわれる。

出典: http://www.adobe.com

関連するまとめ記事

関連するキーワード

kawase
kawase

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ