岡田有希子の脳みそ遺体写真の真相!飛び降り自殺直後の現場がフライデーに…のイメージ

岡田有希子の脳みそ遺体写真の真相!飛び降り自殺直後の現場がフライデーに…

岡田有希子といえば人気だったにもかかわらず飛び降り自殺したアイドルです。遺体からは脳みそなども出ていたのですがなぜ自殺をしたのか真相がまだわかっていません。今回はそんな岡田有希子の飛び降り自殺の真相や遺体から出てる脳みそ写真の真相を含め推測していきます。2017年07月26日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自殺にて早くしてこの世を去った岡田有希子とは

出典: http://yaplog.jp

ポスト松田聖子と期待されていたアイドル、岡田有希子の自殺

ご存知ない方もいるかもしれませんが、次のポスト松田聖子と言われていたほどの人気アイドル「岡田有希子」がいました。
しかし、この岡田有希子は原因不明の飛び降り自殺を行い、世間で一瞬で時の人となってしまいました。
この飛び降り自殺の原因、真相はまだ分かっておらず、フライデーなどで自殺直後の現場写真なども流出したほどで当時のファンの人もこの岡田有希子が亡くなったことのショックから後追い自殺をする人もいたほどです。
今回はそんな岡田有希子がなぜ飛び降り自殺をしてしまったのかの推測をしていきたいと思います。

80年代を賑やかにした輝かしいアイドル「岡田有希子」のプロフィール

出典: http://y240.exblog.jp

原因不明の飛び降り自殺を行った岡田有希子

芸名:岡田 有希子(おかだ ゆきこ)
本名:佐藤 佳代
生年月日:1967年8月22日
生存:1967年8月22日~1986年4月8日 (没年18歳)
身長:155cm
血液型:O型
出身地:愛知県一宮市
所属:サンミュージック所属
日本のアイドル歌手兼女優でした。
80年代に人気絶頂のアイドル歌手として活躍し、「次期ポスト松田聖子」とみんなが確信するほどの人気でしたが、急な原因不明の飛び降り自殺を行いこの世を去りました。
この岡田有希子が飛び降り自殺を行ったことにより、岡田有希子達のファンは衝撃、混乱が巻き起こり、後追い自殺を行う人も数多く出て社会問題ともなったとされています。

社会問題をも巻き起こしたアイドル歌手岡田有希子の実力

出典: http://itigoitiewaku2.blog.so-net.ne.jp

テレビでも現場でも盛り上がるアイドル歌手岡田有希子

1984年(昭和59年)にアイドル歌手として活動を始めた岡田有希子ですが、シングル曲として「ファースト・デイト」を出したことによって世間で知れ渡りました。
このファーストデイトは当時の若者をはじめ、大人の心まで響いた曲となり、着々と様々なテレビ番組に出演するようになって人気をあげていきました。
もうこの頃から人気が高かったので、事務所の先輩でもある松田聖子と比較されることが多くなり、「次期ポスト松田聖子」と誰しも思ったと言われています。
しかし、岡田有希子本人自身は「松田聖子のものまね」「自分は自分である」と思われたいということからこの「次期ポスト松田聖子」と言われるのはあまり心地よくなかったとされています。

出典: http://yase-momo.blog.so-net.ne.jp

曲を出すたびに人気が出る歌姫

岡田有希子の代表曲で、-Dreaming Girl- 恋、はじめましてを出したと共に東京にて岡田有希子のコンサートが行われて盛り上げを見せました。
この曲をきっかけにさらにブレイクし、グリコのCMソングに起用されたり、「哀しい予感 」で「かぐや姫・とんで初体験」の主題歌を歌ったり、くちびるNetwork ではオリコンチャート1位という快挙を達成したとともにカネボウ化粧品のCMソングにも起用されたほどの活躍、人気ぶりでした。
岡田有希子は1984年には音楽祭、日本レコード大賞の最優秀賞をはじめ、数多の賞を取ったほどの実力とされていました。

岡田有希子が自殺をしたのはいつ?なぜ自殺したの?原因、真相は?

現場では脳みそ遺体から考える岡田有希子の自殺について

出典: http://bittersweethome.blog.so-net.ne.jp

岡田有希子の突然の自殺。原因、真相共に不明

岡田有希子のアイドル歌手としての実力でもご紹介しましたが、熱烈なファンが何千人もいるほど大人気の岡田有希子でしたが、まだ若くしてその最後は突然に訪れました。
1986年の4月5日には全国コンサートを始めた岡田有希子ですが、突如として異変が起き、3日後の4月8日には自宅マンションにて自らリストカットを行った上にガス自殺未遂を行ったとされています。
この全国コンサート開始からの3日間で何か起こったのか、それ以前から何か問題が起きていたのか、なぜそのような事をしたのか正確な原因真相はまだ明かされていません。

出典: http://www.akb48matomemory.com

岡田有希子のガス自殺未遂から飛び降り自殺までの真相

岡田有希子はリストカットを行ってガス自殺未遂をしたのですが、マンションの2階の住民の人が異変に気付き、管理人、管理人からレスキューにガス臭いことを伝えて通報すると、駆け付けたレスキューに岡田有希子が見つけられたとされています。
この時岡田有希子は泣きながら押し入れの奥にいたとされています。

押し入れで泣いている岡田有希子はそのまま北青山病院に搬送されて治療後事務所に戻されましたが、事務所に戻ってすぐに岡田有希子はなぜか事務所の屋上から身を投げ出し飛び降り自殺をしてこの世を去りました。

このことが次の日には脳みそ遺体写真と共にフライデーなどにも取り上げられ、自殺の理由や自殺をした直後の現場の写真、遺体写真がカラーで出回ったりと世間が騒ぐ原因となりました。

自殺直後の現場の岡田有希子の遺体写真には脳みそまでも飛び散り散乱していたので、かなりの高さから身を投げたのは言うまでもありません。

没年18歳というこれから活躍するだろうと期待されていた人物なので本当に惜しい方を亡くしたと思われます。

岡田有希子の飛び降り自殺後の世間への影響は?

脳みそ遺体写真も物語る、自殺後の後追い自殺の真相

出典: http://www.hochi.co.jp

「ユッコ・シンドローム」

1986年4月8日に岡田有希子が飛び降り自殺を行い、この世を去ってしまったのですが、この岡田有希子の自殺が原因で社会に大きな影響を与えました。
4月8日の同日岡田有希子の自殺の知らせを受けたフライデーなどのメディアたちは飛び降り自殺直後の現場、脳みそが飛び散った遺体などをテレビや新聞で使えるように写真、動画撮影しましたが、8日の段階ではまだ社会に大きな影響が出ることも踏まえて岡田有希子の自殺の公表はされませんでした。
岡田有希子の脳みそ遺体の写真はあまりにも無残で、見るに見かねない姿だったそうです。

9日になると、フライデーなどのメディアたちは新聞やテレビの公共電波を概して岡田有希子の自殺を知らせ、世間を大きく揺るがしました。
この報道で自殺した現場直後や脳みそ遺体写真のカラー映像での生々しさから岡田有希子のファンの若い人たちの間で「ユッコ・シンドローム」が起こり、後追い自殺をする人がかなりいたとされています。
この時の社会問題現象はカラーで映し出された岡田有希子の遺体写真とかよりも後追い自殺した人たちの状況がさらに無残な現場光景となったとされています。
後追い自殺者の人が出るほど岡田有希子の遺体写真、自殺は社会に大きな影響を与えたのです。
これが「ユッコ・シンドローム」後追い自殺の真相とされ、岡田有希子の自殺について真相の一部として語られ続けています。

岡田有希子が自殺した原因、真相と考えれる出来事

脳みそ遺体写真より自殺の原因、真相と考えられること①生活環境からの疲れ

出典: http://taroimo1969y.ti-da.net

芸能界、社会への疲れ

岡田有希子が自殺の原因、真相と考えられることの一つとして挙げられるのが生活環境からの疲れともいわれています。

なぜかというと、岡田有希子は若い頃から芸能界デビューしていることもあり、日々芸能界生活の激務に耐え忍んでいる状態だったからです。
特に岡田有希子は学生時代は成績ではほぼ5評価をもらうほどの優等生でありながら、根がまじめで学生の模範とも言ってもいいほどの子どもとされていました。
しかし、そんな性格からか、芸能界で激しい激務と戦うとともに、楽屋での挨拶でも様々な人が出入りするので誰々に挨拶したかどうかを考えるだけでも疲れるとぼやいていたともされます。
さらに、芸能界で生き残っていくために、水着撮影などの事も考えて一日一食しか食べないような生活を続けていたとされているので、とても厳しい環境下で生活していたと考えれます。

このことからわかるように、まだ若くしてこのような厳しい生活、苦しい環境下で生活を続けている様子だったので、生活、社会環境からの疲れで生きるのが嫌になった、辛くなったのではないかと考えられています。

脳みそ遺体写真より自殺の原因、真相と考えられること②交友関係

出典: https://ameblo.jp

遺書から露になった交友関係、岡田有希子と峰岸徹

次に岡田有希子がなぜ自殺をしたのかの原因、真相として考えられたのが交友関係でした。
岡田有希子が事務所の屋上から飛び降り自殺をしてなくなったのですが、現場直後には岡田有希子の遺体とともに、飛び降り自殺をする前に書いただろうとされる遺書が残されていました。

その遺書の中には峰岸徹の名前が記されていたとされ、そのことを知ったフライデーなどのメディアがすぐさま峰岸徹のもとに行きました。
しかし、峰岸徹自身も岡田有希子の自殺にはかなり驚いており、仲は良かったものの実際共演したのは「禁じられたマリコ」というドラマぐらいだったとされています。
峰岸徹自身のコメントでも、岡田有希子は妹みたいな存在としか認識しておらず、岡田有希子が峰岸徹への一方的な片思いではないかとも取られています。

このことについては岡田有希子自身にしかわからないですが、峰岸徹の元に「なぜ後追いしない」などといった様々な脅迫状が届いたり、岡田有希子を弄んだと誤解されたりしたので峰岸徹自身も大変だったと伺えます。

岡田有希子の母親も遺書の中に峰岸徹の名前が入っていたことは認めるものの、峰岸徹に対しては詫びていることもあり、峰岸徹だけが自殺の真相、原因とは考えにくいです。

峰岸徹自身も今ではこの世にいないので本当の真相も峰岸徹にもう一度聞くことはもうできません。

脳みそ遺体写真や周辺環境より自殺の真相で濃厚な線は・・・。

岡田有希子のような脳みそ遺体写真が出てくることがない世の中に

出典: http://meigen.keiziban-jp.com

今回は岡田有希子の自殺について原因や真相の推測を行いましたが、やはり今考えるべきはこのようなことを無くすことだと思います。
人生は生きていると辛いことだらけだと思いますが、身を投げ出してしまったり、後追いをしてしまったらあとに残された人はやはり嘆き悲しみます。
このようなことがないように、皆さんもストレスを抱えすぎることなく、注意して生活するようにしてください。

関連するまとめ記事

春澪
春澪

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ