150ccバイク10選&おススメの理由!スズキGIXXER他、スクーターまでのイメージ

150ccバイク10選&おススメの理由!スズキGIXXER他、スクーターまで

150ccのバイクの魅力とおすすめポイントを紹介します。また、おすすめの150ccバイク10選を紹介しています。150ccのバイクは、走行できない道がないので、おすすめのバイクです。120ccのバイクで物足りなさを感じている方は、参考にしてください。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150 ccのバイクとは?

150ccのバイクとは、簡単に言ってしまえば、バイクに搭載されているエンジンの排気量を指しています。この排気量によって、税金や保険、走行できる場所などが変化してきます。
ちなみに、スクーターと原付が同じと思っている方も多いそうですが、原付は「原動機付自転車」の略称で普通免許を取得すると50cc以下の原付を運転することができます。
原付でも、90cc以下や125cc以下といった原付は「小型自動二輪車」として免許が必要になります。
スクーターには、様々な排気量があり、250~400ccクラスのビックスクーターと呼ばれるモノもあります。ですので、スクーターの一種に原付があると思ってください。

出典: https://autos.goo.ne.jp/bikecatalog/suzuki/4121/

原付とスクーターが同じと考えている方も多いですが、同じではないので覚えておいてください。
画像は、150㏄のスクーターです。

出典: http://news.mynavi.jp/news/2014/04/30/092/

150㏄のバイクでも、スクーターではないバイクもあります。

150ccのバイクは新車価格が安い!

150ccのバイクは、価格が安いのが魅力のひとつになります。新車で同じモデルの200ccや250ccのバイクと比較すると、数十万円単位で安く購入することができます。
中古の場合は、150ccのバイクは需要が少ないのか、250ccのバイクなどに比べると高くなってしまう傾向があるので、新車で購入を考えたとき限定ということになります。

出典: http://outbreak.sakura.ne.jp/

新車価格が安いのは魅力です。後ほど紹介しますが、維持費が若干かかってしまう場合があるのが、残念な点です。
また、中古で購入する場合は、250㏄のバイクでも安いモノがあるので、中古価格は、150㏄の方が高くなってしまう場合があります。

150ccのバイクは車両がコンパクトで使いやすい!

150ccのバイクはコンパクトで小回りが利くので、便利という点もメリットだと思います。また、250ccなどのバイクに比べてコンパクトなので、小柄な方でも扱いやすいのではないかと思います。
駐車場選びにもあまり気にする必要がありませんので、駐車場などで場所を限定される方におススメです。

出典: http://jin115.com/archives/52148193.html

150ccのバイクは、女性でも乗りやすいのが良い点です。メーカーも「ホンダ」「ヤマハ」「スズキ」など主要なバイクメーカから発売されているので、じっくり選んでみてください。

150ccのバイクは高速道路なっどの「自動車専用道路」を走行できる!

150ccのバイクは、125ccのバイクと同程度の大きさでありながら、高速道路などの自動車専用道路を走行できます。ちなみに、125ccのバイクでは、高速道路を走行することはできません。
ツーリングなどに出かけるとき、高速道路などを利用する時があると思います。一緒に出掛ける人が高速道路を使えないと、周りの人に迷惑をかけてしまうこともありますよね?
150ccのバイクなら、高速道路を走行できるので、そんな心配をしなくて大丈夫です。

出典: https://genn2.com/zidousyasennyoudouro/

高速道路などの自動車専用道路を走行できるので、おすすめです。

こんな特徴のある人は、150ccのバイクがおすすめな人!

150ccのバイクがおススメの人には、下記のような特徴のある方だと思います。
・ツーリングをする人。
・通勤・通学車など、仕事・通勤通学の際に高速・有料道路を使う必要がある人。
・メンテナンスやちょっとした整備など苦にならない人。
・250ccでは大きいと感じる女性や小柄な人
・5年ぐらいは乗換えを考えない人。

出典: https://himadai-video.com/hulu-or-unext/

項目に当てはまった方は、150㏄バイクの購入を検討しても良いかもしれません。125cc以下のバイクと比較して、維持費がかかってしまうので、維持費を気にしない方限定になります。

150㏄バイクのデメリット

125cc以下のバイクに比べて保険の価格が高くなる

150ccのバイクの難点は、保険の価格です。125cc以下のバイクでは、車の保険のバイク特約が適応されますが、150ccのバイクではバイク特約が適応されないので、ほぼ車の保険と変わりません。
車を持っていない方にはあまり関係ありませんが、車とバイクを所有している場合は、150ccのバイクだと、「車の保険+バイクの保険」ということになり、保険の価格は、2倍になってしまいます。

出典: http://www.sjnk.co.jp/kinsurance/automobile/jibaiseki/pop4/

損保ジャパン日本興亜の保険料比較です。バイク単体の保険料でも125㏄以下に比べて150㏄は少々保険の価格が高くなります。
そのため、維持費が高くなってしまいます。一番のデメリットは、維持費かもしれません。
ちなみに、125㏄以下のバイクは、車を持っている方なら、バイク特約で保険に加入することができます。

出典: http://www.tossnet.or.jp/tabid/93/Default.aspx?itemid=4894&

150㏄のバイクは重量税がかかるので、維持費が高くなってしまいます。税金と保険料を合わせると、125ccのバイクより2倍弱の維持費がかかる計算になります。

高速走行が難しい

150ccのバイクは、250ccのバイクなどと比較すると高速走行が難しくなります。排気量が低いので、当然と言われれば当然ですが、高速走行ができないということは、高速道路などを利用するときに、少しストレスを感じてしまうかもしれません。
150ccのバイクは、高速道路を走行できるのに、高速走行が難しいという、矛盾が出てしまうのが難点ですね。

出典: https://ameblo.jp/skylocus/entry-11922834436.html

150ccは125ccのバイクと同程度の大きさですので、車体が軽いです。高速走行の際に受ける風の影響によって、少々恐怖感を覚えてしまうかもしれません。

売却価格が安い

売却価格が安くなってしまうということも、デメリットかもしれません。しかし、新車の購入価格が安いので、我慢できるポイントだと思います。

出典: https://www.navikuru.jp/kaitori/articles/satei-knowledge/94/

売却価格が安いのも少し残念な点です。新車で購入するときの価格が安いので、当然と言えば、当然ですが…
中古の購入価格が高くなってしまう可能性があるので、新車で購入して、乗りつぶすのもアリかもしれません。

二輪免許が必要

デメリットという程ではありませんが、普通二輪免許が必要になります。125ccのバイクでも小型二輪免許は必要ですので、そこまで気にする人はいないと思いますが、少々面倒と思う方もいると思います。
その点、50ccの原付は、車の免許で乗ることができるので、楽ですよね。

出典: http://shinza.exblog.jp/1102066/

150㏄のバイクは、普通二輪免許が必要になりますので、どうせなら大型二輪免許を取っても良いかもしれません。

おすすめ150ccバイク10選!

おすすめ150㏄のバイクを紹介します。価格も紹介しますので、購入を考えている方は、参考にしてください。中古車価格は、違いが大きいので、新車価格のみ紹介します。中古で購入を考えている方は、目安として参考にしてもらっても良いと思います。

おすすめ150ccバイク① 「スズキ GIXXER」

おすすめは、スズキのジクサーです。ジクサーは、150㏄にがっしりしたフレームと存在感のあるエキゾーストなど、他にはないジクサーだけの魅力が満載で人気のある車種です。
また、ジクサーのサスペンションはモノサスで7段階の調整機能が装備されており、街乗りからオンロードまで快適な走行が期待できます。ジクサーであれば、ツーリングもストレスなく行うことができそうなので、おすすめです。

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsx150l7/style_price

スズキ GIXXER(ジクサー)

一番のおすすめは、スズキのジクサーです。ジクサーは2017年1月に国内の販売開始となっています。
ジクサーのメーカー希望小売価格(消費税8%込み)は、316,440円です。
海外で人気の高いジクサーを購入してみてはいかかでしょうか。

おすすめ150ccバイク② 「ホンダ CBR150R」

ホンダ CBR150R(シービーアールヒャクゴジュウアール)は、本格的な作りこみがおおすすめです。安さを感じさせないので、乗り手としては嬉しいポイントとなります。
新型のCBR250RR同様に、複雑な形状のカウルが採用されています。

出典: http://www.tandem-style.com/bike/5610/

ホンダ CBR150R(シービーアールヒャクゴジュウアール)

ホンダ CBR150Rの参考価格は、43万920円(消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク③ 「ヤマハ YZF-R15 」

ヤマハ YZF-R15は、海外市場でスポーツモデルとして2008年に発表されたバイクです。日本では、2012年から発売されています。
2017年に発売された新型の車格は、2012年モデルに比べて若干大きめの仕様となっています。
照明にLEDが採用されてヘッドライト・テールランプなど前後に装備されているようです。
また、2012年モデルはアナログメーターでしたが、2017年に発売される新型のメータ機器は、デジタル化されて視覚的にも見やすくなっているので、おすすめです。

出典: https://www.ysp-members.com/lineup/foreign/yzfr15/

ヤマハ YZF-R15 (ワイゼットエフ アールワンファイブ)

画像は、ヤマハ YZF-R15 の2012年モデルです。2012年モデルの参考価格は、369,360円(消費税込み)です。

おすすめ150ccバイク④ 「ヤマハ M-SLAZ」

「ヤマハ M-SLAZ(エム・スラッツ)」は、YZF-R15のエンジンとフレームをベースに、アグレッシブな外装デザインを組み合わせたストリートスポーツタイプのバイクです。
独創的な見た目と、YZF-R15ベースのため、走りの完成度が高いことがポイントです。ライポジには多少の慣れが必要ですが、、軽快で素直なフットワークと十分なパワーを楽しめます。
最高速も時速130㎞程度まで伸びるので、高速道路150㏄バイクのデメリットである、高速走行の際に、ストレスを感じずに乗ることができることが一番の魅力です。

出典: http://www.tandem-style.com/bike/5291/

ヤマハ M-SLAZ(エム・スラッツ)

ヤマハ M-SLAZの参考価格は、46万3,320円(消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク⑤ 「カワサキ NINJA150RR」

「カワサキ NINJA150RR」の魅力は、新車で2ストに乗れることです。カワサキといえば、2ストですよね。ちなみに、2ストは、2つの行程(ストローク)で燃焼(爆発)を完了させることです。
カワサキファンなら是非乗りたいバイクです。

出典: http://www.msl-japan.com/ss/ninja150rr/standardspec_2015.html

カワサキ NINJA150RR(ニンジャ)

カワサキ NINJA150RR(グレー)の画像です。
参考価格は、553,500円(消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク⑥ 「ホンダ PCX150」

「ホンダ PCX150」は、150㏄のスクータータイプです。2014年にフルモデルチェンジが行われ、燃料タンクが8Lに拡大されたことによって、走行性能が増しました。ツーリングもこなすバイクとして人気があるので、おすすめです。

出典: http://www.atlas-kk.co.jp/bike_detail.php?bike_no=210

ホンダ PCX150(ピーシーエックス)

ホンダ PCX150の参考価格は、329,400円です。

おすすめ150ccバイク⑦ 「ヤマハ MAJESTY S」

「ヤマハ MAJESTY S」は、150ccのスクーターです。スポーティな走行性能と扱いやすいコンパクトなボディサイズが魅力的です。また、コンパクトなボディサイズによって利便性が高いこともおすすめポイントになります。
スクーターらしからぬ新世代を予感させるスタイリングがカッコいいと思いますよ。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/majesty-s/index.html

ヤマハ MAJESTY S(マジェスティエス)

ヤマハ MAJESTY sの参考価格は、349,920円 (消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク⑧ 「ピアッジオ Vespa Sprint 150 ABS」

「ピアッジオ Vespa Sprint 150 ABS」の特徴は、なんといってもヘッドランプです。個性的な150㏄のスクーターを選びたい方におすすめなバイクです。特に、若者に人気があるそうですよ。

出典: http://vespa-japan.com/sprint.html

ピアッジオ Vespa Sprint 150 ABS(ベスパ スプリント)

ピアッジオ Vespa Sprint 150 ABSの参考価格は、486,000円(消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク⑨ 「スズキ GZ150」

「スズキ GZ150」は、ボディサイズが250ccのアメリカンタイプのバイクとほとんど変わらないという、大きめの150ccバイクになります。その分エンジン部分が若干スカスカな感じになってしまいますが、見た目の迫力は段違いです。
また、ギアが1速とか2速とかデジタル表示されるのもおすすめなポイントです。
車種としては若干古いので、中古購入の方が探しやすいと思います。購入を考えている方は、中古購入も検討してみてください。

出典: http://gz150.com/

スズキ GZ150(ジーゼットヒャクゴジュウ)

スズキ GZ150の参考価格は、229,950円(消費税8%込み)です。

おすすめ150ccバイク⑩ 「スズキ GSX-R150」

「スズキ GSX-R150」は、コンパクトな車体に147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを搭載したストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」の新型モデルです。
シリーズ共通のイメージとなる低く構えたデザインを残していますので、カッコいいです。

出典: http://www.suzuki.co.jp/release/b/2016/1102/

スズキ GSX-R150(ジーエスエックス-アール)

スズキ GSX-R150の参考価格は、356,400円(消費税8%込み)です。

まとめ

150㏄のバイクは、維持費が多少かかってしまうのが我慢ポイントですが、走行できない公道が無いことや、小回りが利くので乗りやすいことなど、メリットも多いと思います。
参考までに、一番のおすすめは、ジクサーです。ジクサーは、フォルムがカッコいいだけでなく、ツーリングなどにも適しているので、多用途で活躍すると思います。
また、今回は、ジクサーの他に、おすすめな150㏄のバイクを紹介したので、150㏄バイクの購入を考えている方は参考にしてくみてください。

関連するまとめ記事

kyouさん
kyouさん
こんにちは。自己啓発が趣味の30代です。皆さんに参考にしていただける記事を書きたいと思っています。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ