【中国】女囚の死刑執行が写真で公開される。処刑の様子と死刑囚の最後のイメージ

【中国】女囚の死刑執行が写真で公開される。処刑の様子と死刑囚の最後

中国で女性死刑囚が写真で公開処刑が行われました、彼女達は何をして死刑または公開処刑を執行されたのか。または中国の倫理観や女囚たちの執行前のまとめを書かせていただきたいと思います。中には閲覧注意サイトも有りますので、お気を付け下さい。2017年08月12日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執行前の女性死刑囚の様子はいかな物だったのでしょうか

死刑と聞いて恐怖で動けないなど我々は恐ろしい想像をしてしまうでしょう。しかし中国の刑務所における生活での囚人である彼女達は何をしていたのでしょうか。

国が違えば方が異なるのは当然のことで、まず最初に日本では死刑の光景は基本的に非公開で絞首刑がスタンダードなやり方です。そして囚人にはいつ執行されるのかも明かされず、今日なのか明日なのか…それすら伝えられません。

しかし中国では1980年までの旧刑法は銃殺とされていていましたが、現在では1997年に制定されて「銃殺及び注射等」裁判や地方によって裁定が増えていきました。

勿論罪を犯した囚人たちが何をされるのかが知らない人の方が少ないと思われます、だからこそ今は亡き彼女達の最後の生活がいかな物だったのかを見せたいと思います。

その時に食べたかった物や着たい物など、それぞれ支給されている姿が写真や映像として記録に残っています

出典: https://blogs.yahoo.co.jp/newport1462/8219696.html

死刑場に連れて行かれる女性

死刑執行が決まり、時間になったのか彼女は刑務所から護送されるようです。まるで最後に祈りをささげている様なもしくは自分の運命を達観をしているのか…その真意は誰にもわからないままです

出典: http://dragonrie.lovepop.jp/12jikan/

死刑執行前に赤い服を支給される囚人

最後の生活支給品は赤い服のようです、せめて死んでしまう時でも美人で居たい女心なのかそれともお気に入りの服なのか…どちらにしても笑顔がとても神妙に見えてしまいます

出典: http://kinbricksnow.com/archives/51761447.html

執行直前で怯えだす女囚たち

楽しく振る舞っていても死にたくないと言う恐怖の元に食事ものどが通らず、むせび泣いている囚人も居るようです。やはり死ぬ事が怖いと言う重みは映っていた彼女達に重くのしかかっていたことでしょう

まだまだ年若い少女にも見えていた死刑囚

日本では14歳以上で減刑されますが刑罰が下されます、中国では14歳以上18歳未満が少年法として成立はしていました。今は亡き少女達は公開処刑執行を見られて何を思っていたのでしょうね

彼女達を銃殺する際に特別な衣服は必要なくいつも通りの生活の服ないし好きな服を着て銃で撃たれてその死体を遺族に受け渡すようです。ただし体は拘束されて公開処刑である死刑として処されてしまう為どんなに綺麗に着飾ったとしても最後は血や臓器でベットリしてしまいそうです。

ちなみに中国に置いてこの死刑方法または処刑方法は年間1000名とされていますが実際には8000名も処刑されているようです、もしも霊感の強い人が居たとしたならば卒倒しそうな数になりそうですね…

出典: http://chinesestyle.seesaa.net/article/432191613.html

まだ年端もいかない少女たちの処刑前の姿

普段着からよそ行きの姿まで様々な服装で公開処刑を待つ彼女達、銃殺刑の執行を待つ恐怖はきっと最後まで今は亡き彼女達にしか解らないでしょう

出典: https://blogs.yahoo.co.jp/mqhdq538/62756996.html

死刑執行直前の少女

彼女は公安に連れられて「私は殺人を犯しました」と言う看板を付けて死刑上の中に跪かされいます、彼女が本当に罪を犯したかどうかはわかりませんが10代の少女にはとても酷な仕打ちです。リンク先に詳細は書かれていますが写真の閲覧には注意してください

出典: http://blog.sina.com.cn/s/blog_504c443c0102uzdw.html

縛り付けられて処刑場まで歩かされる女性

私は罪を犯しましたの立札に腕や手を拘束されて看守に監視されている若い女性です、上記のカメラを向けた様子と打って変わって悲壮な表情をしているのが見て取れます

処刑を終えた後の死刑囚が遺した臓器の行方

中国で行われた公開銃殺刑及び薬殺刑によって残った死刑囚の臓器もそのまま遺族へ渡るのでしょうか?中には疑問に残る人も居るでしょう。

中国では10年近く前から国家機関から容疑者から強制的に臓器を摘出していると言う疑いがもたれています、バチカン市国が行った国際臓器移植サミットによると中国側は疑惑とされていた臓器調達について「見直した」事を強調して居ました。

いっぽう、生命倫理の専門家らは「いまだに中国は収容者の臓器を奪取している」

生命倫理家側からは批判と問題点を指摘されており、臓器の調達問題については疑念と各々の持つ価値観の摺り合わせで未だに解決はされていないようです。 極端な話になるならば、死刑囚が居る刑務所はまるで臓器のストック置き場のような扱いなのではないかと考えてしまう過激派も少なからず存在はするので、完全な解決にはまだまだ時間が掛かりそうです

国際的な調査によると、臓器強制収奪の犠牲者の多くは、死刑囚ではなく、弾圧政策以後に大量に拘束され行方不明になった法輪功学習者や、ウイグル人、チベット人、地下教会信者など、共産党政権において「不都合な」人物であり、大多数は無実の人々「良心の囚人」と考えられている。

ただし、批判点や問題点だけではなく国や政府としての危険人物から守る為に刑務所に投獄された死刑囚ではなく国民の思想や生活を守る為に行われた場合や行方不明または身元不明の人間も含まれているので「犯罪者」の枠に限られた話でもないのが実際のようです

ただし、最近のサミットによると2017年2月15日の中国は、反臓器売買サミットに初参加をし、中国の臓器移植提供委員では1977年~83年に実施された臓器移植手術は、技術的な問題で58例に留まり、手術を受けた患者の多くは術後3か月に死亡しました。

90年代に海外留学した研究者が次々と帰国し、中国は臓器移植の第2次ブームを迎えたそうです。

出典: http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170216/Recordchina_20170216014.html

反臓器売買サミットにおけるカード

ドナーと同じように自らの意思で臓器を差し出す事を示すカードです、臓器売買目当てで執行される事や犯罪が侵されるのを防ぐ動きが見えると良いですね。

出典: http://www.epochtimes.jp/2017/02/26755.html

国際臓器移植サミットのブックレット画像

国際臓器移植サミットのブックレットの写真です。肺や肝臓、心臓など様々な臓器と人としての倫理の在り方について刑務所や行方不明となった人達へ何を思い、何を考えるのかを生活する上で大きなテーマになりそうですね

死刑執行された美人過ぎる死刑囚達

10億人以上いる中国で、その中で美人過ぎる死刑囚や少女も少なからずいるようです。彼女達の処刑または公開処刑執行前の写真と映像の一部をお見せしたいと思います

ちょっと年代の古いものから最近の物まで集めてみました、中国人で美人及び美少女と言われていた死刑囚を中心に刑務所の生活の映像の一部や銃殺刑を含め処刑前である最後の姿を集めていきたいと思います。生々しいものも含まれていますのでリンク先のサイトや映像には閲覧を注意してください。

出典: http://www.nananasokuho.com/archives/1017394550.html

うら若き美人が連行される姿

まだ少女と言っても差し支えない女性が考案に連行されているようです、泣いてるような怒っている様な…何とも言えない表情ですね

出典: http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/36087862.html

まだあどけない雰囲気を残した美女

年齢は不明ですが、まだあどけない顔をした美人が逮捕されている様子がこの写真です。じっと見つめる視線が凛々しいですが刑務所に行く際には銃殺刑かそれとも薬品なのか絞殺なのか…それを知るのは執行犯と本人のみぞ知る所です

出典: http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/36087862.html

笑顔で水商売もしていますが彼女も死刑囚でした

彼女は麻薬密売の罪で死刑が確定し、すでに亡くなっています。はにかんだ笑顔の美人ですが彼女に一体何を此処までさせたのでしょうか

出典: http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/36087862.html

看守に連れられて取調室から出る美人女囚

刑務所の中で手錠で拘束されて移動をしているようです、今後の彼女の生活がいかな物になるのかは解りませんが見たところとても若く10代後半の少女にも見えます。

中国の公開処刑に対する日本人の反応

中国で合法的に行われている公開処刑がネットで流れていますが、此処で気になるのが日本人の反応の一部です。

中国の女性死刑囚の海外の反応はもちろん日本人にも物議を醸しだしています、人の死とは何かを考える上では少々刺激は強いかもしれませんが今の我々日本人には特に安全で治安が良い国でもあるので「命のはかなさ」を知る上では賛否両論ですが考える分にはとても大事な事ではないでしょうか。

犯罪の抑止力として公開処刑を執行されているのが採用している事が示唆されています、お国柄と言う訳ではないですが其々の国で行われる方法が本当に違っていますね

日本人の反応の一部をピックアップをしましたが、中国のやり方や形式に疑問を呈している人も少なからず多いのが公開処刑による銃殺などの映像や過激な方法について「それで良いのか」や「映像や写真に残してアップロードするのはちょっと…」と言う中で「普段着で公開処刑を執行されてしまうのか?」と言う日本人のコメントが有りました。

我々日本人の場合だと犯罪抑制のためのパトロール強化など規制する方法が多く上記に比べ非常に平和的なのが伺えます。子供向けに作られた教育用映像はあれども生々しく残された映像を見て育つ日本人は限りなく少ないでしょうから。

では、中国での死刑(公開処刑)の基準は何処に?

此処までで中国の女囚の公開処刑について書かせていただきましたが、中国で何の罪を犯せば基本的に死刑になるのかをお伝えしたいと思います

大前提として日本と中国では倫理観や思想が違う事を考え、殺人や薬品などありとあらゆる基準や刑罰の重さが違う事を頭の片隅に置かなければなりません。

最後に日本での死刑の基準と中国での死刑の基準はいかに違うのかを比較してみましょう。

日本の裁判と死刑が執行される裁定について

私たち日本人で基本的に適応されている法律は現在ではこうなっています、御存じな方もいらっしゃるかもしれませんがそれを踏まえて中国の裁定も見てみましょう

日本において死刑判決を宣告する際には、永山則夫連続射殺事件で最高裁(昭和58年7月8日判決)が示した死刑適用基準の判例に従う。この基準は、永山基準と呼ばれ、第1次上告審判決では基準として以下の9項目が提示されている。 犯罪の性質 犯行の動機 犯行態様、特に殺害方法の執拗性、残虐性 結果の重大性、特に殺害された被害者の数 遺族の被害感情 社会的影響 犯人の年齢 前科 犯行後の情状

日本における死刑の裁定は遺族の感情と社会的な影響など、今後の治安と人間性を重点的に置いているようです。罪の裁量も勿論ですが法は人を守り犯罪に対する償いとして釣り合っているかどうかも判断基準に含まれても居るようです。

出典: http://xn--zck6a6a2l272op51e.jp/saibansyo/

日本の基本的な法廷の光景

被告と弁護人と裁判官でジャッジ・ガベル(裁判で叩く小槌)は持ちいらず、検察と弁護士で容疑者の動機や罪状を見て判決を決めるのが日本の法廷で、最高裁で最終判断として死刑とされる場合が多いです

出典: https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11125426341

日本の裁判の基本形式の詳細

上の画像をさらに詳細にして何処に誰が居るのかを細かくした画像が此方になります

中国の裁判と死刑執行される裁定について

上では日本の裁定について書かせていただきましたが中国ではどの基準で判決が決まるのでしょうか、改めて此処でおさらいと彼女達がしてしまったであろう罪を見てみたいと思います

2016年現在でも死刑制度を維持しており、執行件数は世界中で最も多いとされる。ただし、中国は死刑執行件数を公表しておらず、正確な件数は明らかとなっていない[1]。 中華人民共和国刑法では、 故意の殺人による生命を侵害する犯罪 に限らず、 国家機密の漏洩などスパイ行為による政治的犯罪 故意の傷害や放火、電力設備等破壊などの悪質な暴力・破壊行為 麻薬密輸・販売等の薬物犯罪 賄賂授受や業務上横領などの汚職行為 人身売買 性犯罪 武器、弾薬や毒性物質等危険物の窃盗 など、生命・身体の脅威になる薬物犯罪や人身売買の他にも、汚職など生命を奪わない犯罪にも死刑が規定されている。また、一部の犯罪に関して、死刑判決に執行猶予が付せられる規定(中華人民共和国刑法48条[2])がある[3]。

殺人は問わずに死刑とし、以上の罪を犯した物は死刑とされている為「理由はどうあれその基準に達した犯罪者は死刑」と言う特色がある為日本よりも犯罪の裁定が厳しく、文字通り死刑を執行した件数が多いと言うのも納得がいくでしょう

出典: http://tohoyukai.com/business/xunhuifating/

中国による民事裁判中の裁判官

田舎の民事裁判は庭先を借りて裁判官を派遣して裁判を始める場合がある様です。この画像ではジャッジ・ガベルを使用をしているようですね

出典: http://spser.com/board/index.php?action=profile;u=2;area=showposts;start=2415

被告人や書記官などが入った全体図

田舎における民事裁判中の様子です、日本では法廷へ民間人が行くのに対して中国の田舎の方では裁判官自らが来ると言うユニークなシステムとなっていますが山奥だと命がけのようです

日本では事情と罪状における情を用いれども中国では用いられる事は殆どなく「罪は罪として罰するべき」と言うある意味構成と言えるような采配と言えるでしょう、しかしながら貧しい人がお金欲しさに罪を犯して死刑と言う事も少なくないようで問題点も大いにあるのも特徴です。

ここまで見てくださって有難う御座いました、彼女達にご冥福をお祈りしたいです

関連するまとめ記事

anri
anri

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ