ワインの注ぎ方&マナーをご紹介。注がれ方も!【動画】のイメージ

ワインの注ぎ方&マナーをご紹介。注がれ方も!【動画】

ワインの注ぎ方やワインに関するマナーについてご紹介します。ワインは注ぐ際のマナーが厳しいイメージがありますが一度覚えてしまえばそれほど難しくないです。ワインは注ぎ方も注がれ方も意味がありますのでそれらを踏まえて正しい注ぐ方法を覚えてみましょう。2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワインを注ぐ際のマナーを知っていますか?

ワインのマナーは難しい?

出典: http://wine-mellow.com/media/2017/04/14/377

ワインはパーティーや高級レストランだけでなく、大衆レストランやスーパーでも販売されていますので今や簡単に飲むことの出来るお酒です。しかしワインには昔からワイン本来の雰囲気や味を楽しむためのマナーが存在します。

ラベルを上にする、グラスを回すなどの簡単な知識は知っていても詳しい事まで知らない人がほとんどではないでしょうか。

知られざる注ぐ際のマナー

出典: http://unhouse.exblog.jp/15082177/

ワインは海外のお酒なので注ぎ方や注がれ方のマナーと言われても日本人にはピンと来ないかもしれません。そこで今回はワインの注ぎ方やワインに纏わるテーブルマナーについてご紹介します。

他にもワインの注がれ方やスパークリングワインの注ぎ方も動画でご紹介しますので、是非一度覚えてワインを注ぐ際のマナーを気を付けてみて下さい。

ワインボトルの持ち方

まずはワインを注ぐ前に気を付けなければいけない事、ワインボトルの持ち方についてご紹介します。

ボトルの持ち方①ラベルは上

出典: http://mitoyo-honmamon.seesaa.net/article/385921424.html

「ラベルを上にする」は基本ですね。

ワインボトルを持つ際のルールはラベルを正面にして手で隠さないように進事です。ワインを注ぐ際もラベルを上にして隠さないようにボトルを持ちます。これはワインだけでなくビールや日本酒のボトルの持つ際も同様です。

ちなみにレストランではソムリエが注ぐ前にラベルを見せて銘柄を教えてくれます。ラベルを見ることもワインの楽しみの一つです。

ボトルの持ち方②片手で持つ

出典: http://blog.livedoor.jp/count107/archives/633415.html

ワインを注ぐ際のボトルの持ち方は基本的に片手で持ちます。レストランのソムリエは全員片手で持っています。しかし絶対に片手でなければいけないというわけではないので、一般の方がワインを注ぐ際はボトルを両手で持っても大丈夫です。

ボトルの持ち方③無理なら両手でもOK

出典: http://www.bit.urayama.ac.jp/information/2013/07/post-575.html

ソムリエや上級者はボトルの底を持って注ぐことがあります。しかしこれはお客様を気遣っているだけなので必ずボトルの底を持たなければいけないというわけではありません。

むしろ慣れない人が無理して片手で持ってワインをこぼしたり、ボトルを落としたリしたら大惨事になってしまいます。そのため自信の無い人は両手で持ってボトルを安定させた状態でワインを注ぎましょう。

ワインの注ぎ方

ワインの注ぎ方:基本の流れ

出典: http://zexy.net/wedding/c_7770025768/blog/archives/201310.html

ワインの注ぎ方の基本的な流れとしては

注ぐ際はボトルをグラスに当てない

ワインが飛び散らないようにゆっくり注ぐ

ワイングラスの膨らんだ部分(3分の2程度)まで注ぐ

注ぎ終わったら注ぎ口を少し回して液だれを防ぐ

ボトルの口を拭く

となります。

注ぎ方①グラスに当てない

出典: https://www.youtube.com/watch?v=2GoSk4fbzEY

ワインボトルを注ぐ際にグラスに当てることはマナー違反になるので気を付けましょう。ワインを注ぐ位置はグラスから1~3センチ程度離れた場所が好ましいです。

注ぐ際のボトルの角度に細かいルールはありませんがワインが飛び散らないようにゆっくり注ぐように心がけて下さい。急いで注いでワインが飛び散ってしまうとカッコ悪くなってしまいます。

注ぎ方②グラスの3分の2程度注ぐ

出典: https://be-nurse.com/private-manner-wine-master/

ワインをグラスに注ぐ量はグラスの3分の2程度が好ましいです。この量が注ぎ終わった後でワインを回したリ香りを楽しむのに調度良い量と言われています。

注ぐ量の目安としてはグラスが膨らんだ所で止めるというのが覚えやすいでしょう。少なすぎると足りませんし、量が多すぎると回して風味を楽しめなくなってしまいますので気を付けて下さい。

注ぎ方③回して液だれを防ぐ

出典: http://wine-mellow.com/media/2016/01/01/94

ワインを十分注いだらボトルを横にして止めます。ワインが出なくなったら注ぎ口を少し回します。これはワインはボトルから垂れるのを防ぐためです。

ナプキンを持っている場合は注ぎ終わったら飲み口にナプキンを当てて垂れるのを防ぐのも良いでしょう。

スパークリングワインの注ぎ方・マナー

スパークリングワインの注ぎ方とマナーをご紹介します。基本的なルールはワインとほとんど同じですがスパークリングワイン特有のマナーが少しありますので気を付けて下さい。

注ぐ前に冷やす

出典: http://iewine.jp/article/437

スパークリングワインはまず飲む前に十分冷やしておく必要があります。スパークリングワインは冷やすと炭酸ガスの噴出を抑えることが出来るので泡が吹き出なくなります。温度が高いと二酸化炭素が膨張してガスが抜けてしまい、スパークリングワイン本来の風味が落ちてしまうので気を付けて下さい。

ちなみにスパークリングワインを冷やす際の目安ですが甘口なら4℃、辛口なら6~8℃が好ましいです。

ワインクーラーに入れて冷やす場合はワインクーラーに水と氷を3分の1ずつ入れて、スパークリングワインのボトルネックまで浸けて30分程経てば適温となります。

栓を抜く際の注意点

出典: http://www.riedel.co.jp/blog/others-blog/2014/cork-sparklingwine

スパークリングワインが冷えたらワイヤーとコルクを外します。ボトルの持ち方はボトルを斜めに向けて下さい。これはボトル内の液体が空気に触れている面積を広くするためです。液面が狭いと栓を抜いた際に泡が出やすくなってしまうので注意して下さい。

ワイヤーを外す際は外した瞬間にコルクも一緒に飛んでしまう恐れがあるので上からコルクに手を添えながらワイヤーを外してください。

ゆっくり栓を抜く

出典: http://www.riedel.co.jp/blog/others-blog/2014/cork-sparklingwine

次にスパークリングワインの最大の注意点とも言える栓の抜き方についてです。よく栓を抜く際にコルクを勢いよく飛ばすシーンを見かけますが、怪我をしたり思わぬ二次災害を引き起こす恐れがあるので控えて下さい。

栓を抜く際のボトルの持ち方は利き手でボトル、利き手と逆の手でコルクを持ちます。親指をコルクに当てて中指から小指の3本はボトルネックを握ります。この状態でボトルの方をゆっくり回します。

少しずつ回していくとコルクとボトルの間に隙間が生じます。そこからガスを抜いてコルクを静かに開けます。あくまでも静かに開けることを心がけて下さい。

注ぐ前に少し待つ

出典: https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Letronc_801/

スパークリングワインを注ぐ際は栓を抜いてからボトルの中の泡が落ち着くまで待ってください。こうすることで注ぐ際に泡が飛び散るのを防ぐことが出来ます。

もし栓口の部分に泡が付いていたらその間にナプキンで拭いておきましょう。

2~3回に分けて注ぐ

出典: https://item.rakuten.co.jp/sc-rkt/c/0000001239/

スパークリングワインの持ち方と注ぎ方はワインを同じです。ただしスパークリングワインは泡が立ちやすいので1回で注いではいけません。2~3回に分けて静かに注ぎます。グラスに注ぐ量は6分目辺りを目安にして下さい。

注ぎ終わったスパークリングワインはワインクーラーに戻して冷やしておきます。2回目以降に注ぐ際も1回目と同じ注ぎ方ですが、ワインクーラーから取り出した際に水滴が零れ落ちないようにナプキンで拭きましょう。

ワインの注がれ方

意外に知られていませんがワインを注がれ方にもマナーがありますのでご紹介します。

注意!グラスを持たない

@ho_ku_stagramさんの投稿
20686731 474306972949753 1251584380934029312 n

レストランでワインを注文した際はソムリエがグラスに注いでくれます。この時に最も注意するべき点はワイングラスを持たない事です。ビールや日本酒でお酌してもらう時はグラスを持つのが普通ですがワインではNGです。ソムリエが注ぎ終わるまで待っていましょう。

おかわりのタイミングは?

出典: http://seravi7.blog89.fc2.com/blog-entry-16.html

ワインを飲み終わっておかわりが欲しい時はソムリエに目線を配ります。そうすれば2杯目を注いでくれます。

この時の注ぎ足すタイミングですがイギリス式は完全に飲み干してから、フランス式は飲み干す少し前とタイミングが少し違います。日本では特に決まっていないですがフランス料理のレストランが多いことからフランス式を導入している店が多いです。

迷ったらソムリエに相談してみるのも良いでしょう。

いらない時は

@recizmさんの投稿
20687960 1601346829884569 3711663252044775424 n

ワインを飲み終わって「もういらない」というサインを送りたい場合はグラスの上に軽く指を添えます。手で覆ったりグラスを触ったりする必要は無いので軽く指を添えるだけでソムリエに意思を伝えることが出来ます。

ワインに関するマナー

ワインに関するマナーについてご紹介します。レストランでワインを注文した際には特に気を付けて下さい。

女性は男性に注がない

出典: https://winesuki.jp/article/tips/373/

以外に知られていないマナーですが女性が男性にワインを注ぐのはマナー違反です。食事の席ではワインボトルは男性側に置いて女性のグラスが空いたら男性が注いであげるというマナーがあります。

しかし日本では女性が男性にお酌してあげたり、会社の飲み会などでは女性から男性に注ぐというのが一般的なのでこのマナーを押し通すのは中々難しいでしょう。

その場合は「ワインは男性が女性に注ぐものだよ」という風に話のネタにする程度に留めておきましょう。

ソムリエに頼ってみる

出典: https://www.asahibeer.co.jp/enjoy/wine/know/enjoy/3_8.html

高級レストランでワインを注文する際は必ずソムリエが担当してくれてワインを注ぐ役や楽しみ方や知識を教えてくれます。その場合お客様はワインボトルに触れる必要はありません。

またワインについて分からない事があったらソムリエに聞いてみましょう。たまにワインの知識を披露して不必要にアピールする人がいますがそんなことする必要無いですし間違っていたら恥をかいてしまいます。

マナーや銘柄について分からなければソムリエに質問しても構わないので、プロから知識をどんどん教えてもらいましょう。

乾杯の仕方

出典: http://dressyouup.jp/post-1116/

乾杯の仕方について気を付けることは、フォーマルな席ではグラスを当てないという事です。ワイングラスは薄いガラスで出来ているので当てた瞬間に割れてしまう恐れがあるからです。そのため「乾杯」と言ってグラスを少し上げる程度で十分です。

カジュアルな席では普通にグラスを当てても大丈夫です。

口紅の注意点

出典: https://www.lifehacker.jp/2015/11/151122_lipstick_win.html

女性の場合ワインを飲んだ際にグラスに口紅が付いてしまう事があると思われます。グラスに口紅を付けるのはあまり良くないので食事の際はなるべく薄い口紅を付けるように心がけて下さい。

もし付いてしまったら指で拭いてナプキンの内側で落としましょう。

ワインを飲む時のマナー

一定の場所で飲む

@dogoehimeさんの投稿
20686431 262228430936570 7725599396074618880 n

ワインを飲む時のマナーは「一定の場所でワインを飲む」事です。海外ではごく一般的なマナーですが日本ではあまり浸透していません。この方がワインを飲み終わった後のグラスを綺麗に見せることが出来ます。

グラスは反時計回りに回す

出典: http://www.suntory.co.jp/wine/column/16.html

ワインを飲む直前にグラスを回すことがありますがこれはワインの香りを楽しむためです。ワインを飲む上で香りを楽しむことはとても重要です。普段の見慣れていない人は香りなんて嗅いでも分からないと思うかもしれませんが、慣れてくると違いが分かってきます。

グラスを回す際は時計回りと逆に回します。こうすることでワインがこぼれてしまった際に自分にかかる恐れを防いでくれます。

グラスの持つ場所は?

出典: http://wine-girls.hatenablog.com/entry/2016/01/05/032245

ワインを飲む際のグラスを持つ位置については色々なマナーがあります。

日本ではワイングラスの脚の部分を持つのがマナーとなっています。これはワインの色と香りを存分に楽しむためと言われています。実際にボトルの部分を持ってしまうとワインの温度が上がって風味が変わってしまう事があります。それを防ぐためです。

しかし海外では逆にボウルの部分を持つのがマナーとされています。そのため世界基準ではボウルの部分を持つのが正しいようです。映画でもワイングラスのボウルの部分を持っているシーンをよく見かけます。

ワインの注ぎ方などを動画で紹介

コルクの開け方紹介

まずはコルクの開け方を動画で紹介します。

注ぎ方紹介

ワインの注ぎ方を動画で紹介します。しっかちラベルを上にしてゆっくり注いでいます。

注がれ方紹介

注がれ方を動画で紹介します。最大の注意点はグラスを持たない事です。

スパークリングワインの動画

こちらではスパークリングワインのマナーについて動画で紹介しています。

ワインの注ぎ方やマナーについて:まとめ

@pepe39さんの投稿
20759474 1462120720500767 1738915834471907328 n

いかがでしたでしょうか。ワインの注ぎ方や注がれ方には知られざるマナーがあるので是非覚えてみて下さい。ただしカジュアルな席では必ずやらなければいけないというわけでもないのでマナーを強要することはトラブルの原因になるので気を付けましょう。

その他マナーの関連記事

【厄払いの服装】女性・男性の服装マナーとは?お祓いやご祈祷でも変わる? | xtreeem[エクストリーム]
マカオでカジノを遊ぶ!おすすめカジノホテルから予算や服装も。ルール&マナー | xtreeem[エクストリーム]
一番下は外す?スーツのボタンの正しい留め方【マナー/座る/2つ/3つ/数】 | xtreeem[エクストリーム]
スーツの袖の長さの鉄則!ジャケットとワイシャツの袖丈の基準は? | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

daisuke_dan
daisuke_dan

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ