『ハンドスプリング』のやり方とコツ!練習法や連続で回転する方法などのイメージ

『ハンドスプリング』のやり方とコツ!練習法や連続で回転する方法など

ハンドスプリングのやり方や方法とコツを詳しく解説。ハンドスプリングの工程をGIF画像でわかりやすく説明します。連続ハンドスプリングやハンドスプリングスロー、跳び箱ハンドスプリングも夢じゃない!コツさえわかれば意外と簡単にできる!2017年08月20日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンドスプリングとは

ハンドスプリングとは前方倒立転回跳びといって、直立の姿勢から前方へと跳んで着手して転回する体操のこと。

見ればわかるがすごくカッコイイ。これができればモテモテ間違いなし。
今あなたもやって見たくてウズウズしていることだろう。
そこでハンドスプリングのコツを知るために、まずはその方法と講座を見てもらいたい。

ハンドスプリングのやり方講座

出典: https://ameblo.jp/runa-0918-act/entry-12226909332.html

ハンドスプリングを成功させるためにはやり方の講座を見て練習するのが一番だ。

闇雲に猿真似していても連続でのハンドスプリングは愚か一回転のハンドスプリングすらもできないだろう。
何より危ないのでしっかりと方法を学んでから実践しよう

はじめは、倒立とブリッジから

ハンドスプリングをやる前に、前提として倒立とブリッジが出来ていなければならない。
いきなりハンドスプリングの全行程をしていては危険だしうまくはいかない。

だからまずは倒立とブリッジ。これが出来なきゃ始まらない。

出典: http://www7b.biglobe.ne.jp/kuge-homepage/Touritu.html

倒立のお手本。
腕をしっかり伸ばす。
頭を前に出して地面を見ようとしないこと。

出典: https://giphy.com/gifs/uR11NSrytgJ20

倒立からのブリッジへ移行する。
重要なのは、しっかりと「倒立」→「ブリッジ」→「着地」の練習をして体と勢いの感覚を掴むことだ。

実践「ハンドスプリング」のコツ1

出典: https://giphy.com/gifs/qKFcbmQkHwWRi

コツ1は、地面を手で押すこと。
※この時肘をあまり曲げないようにする。曲げすぎると地面との高さに余裕が生まれずやりにくくなる。

実践「ハンドスプリング」のコツ2

出典: https://giphy.com/gifs/oBjhiDTj8NXy

軸足じゃない方の足を勢いよく振る。
そうすることで勢いがつく。

実践「ハンドスプリング」のコツ3

出典: https://giphy.com/gifs/MYV9xlANrFdVS

体を支える軸足を意識して回転後も伸ばしたままにする。
こうすることで回転後に立つことができる。

「連続ハンドスプリング」の方法

一回転のハンドスプリングが出来るようになれば、あとはそれを連続でやる練習をする。

出典: https://giphy.com/gifs/gP6cBVlNUVr9e

連続二回転ハンドスプリング

連続でハンドスプリングをする方法は、
足を伸ばし、開くこと。
一回転、二回転と、少しずつ回数を増やそう。
そうすることで連続してのハンドスプリングが可能となる。

ハンドスプリング参考動画

上で紹介したGIF画像は彼らのものだ。動画はすごくわかりやすく解説されているので、ぜひ視聴してもらいたい。

参考動画1

参考動画2

跳び箱を使った「跳び箱ハンドスプリング」

跳び箱を使ったハンドスプリングは当然、通常のハンドスプリングより体の位置が高くなり危険だ。しっかり注意をして練習をしよう。

「ハンドスプリングスロー」

映画少林サッカーを想起してしまうような技がサッカーにはある。
それがスローインの際にハンドスプリングを使って遠くにボールを飛ばす技「ハンドスプリングスロー」だ。

世界最高峰、白井健三選手の体操

ハンドスプリングは体操の基礎。
世界最高峰の体操もそれをもとに発展している。
素晴らしい体操の動画があったのでご紹介。

ちょっとやそっとの練習じゃあ、さすがにここまではいけませんね(笑)

ハンドスプリングをやる際の注意点

出典: http://www.touyoutaiki.jp/index.php?main_page=product_info&cPath=38_128_416_417&products_id=28934&zenid=4hhjq621e5en8u2hvjonlfnof2

最初はマットを敷いて始めると良い。
倒立してマットに倒れこむ。
倒立してブリッジに持っていき倒れこむ。
という風に段階を踏むことだ。

いきなり助走して勢いをつけてやると頭から地面に落ちた際、取り返しのつかない事故に繋がるのでそれはやめましょう。
注意点と安全に配慮した上で練習を重ねるべし。

まとめ

ハンドスプリングも跳び箱ハンドスプリングもスプリングスローも、どれもすごくカッコイイですよね。
さらに連続でハンドスプリングできたらどんな気分になるのでしょうか。
運動音痴の人でもできるのかしら?

日に少しずつ練習してハンドスプリングを自分のものにしよう。
皆さんも始める際は注意点を守って、怪我をしないように頑張ってください。

閲覧ありがとうございました。

関連するまとめ記事

toshinon
toshinon

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ