18度の服装は?気温に適したコーデを選ぶ目安・ポイント

秋も深まり、冬のシーズンに近付くにつれて徐々に肌寒くなっていくこれからの季節。気温18度前後の日々が続いていますが、これからの季節はどんなファッションや服装が適しているのでしょうか。今回は気温18度を目安にしたコーデや服装について考察します。

18度の服装は?気温に適したコーデを選ぶ目安・ポイントのイメージ

目次

  1. 秋~春コーデの魅力
  2. 快適なだけじゃない!!気温18度~22度はおしゃれに最適な環境
  3. 気温18度の服装選びのポイント
  4. 気温18度の時におすすめの8つのメンズアイテム
  5. 気温18度を目安にしたメンズコーデ30選
  6. 気温18度を目安にした服装No.1
  7. 気温18度を目安にした服装No.2
  8. 気温18度を目安にした服装No.3
  9. 気温18度を目安にした服装No.4
  10. 気温18度を目安にした服装No.5
  11. 気温18度を目安にした服装No.6
  12. 気温18度を目安にした服装No.7
  13. 気温18度を目安にした服装No.8
  14. 気温18度を目安にした服装No.9
  15. 気温18度を目安にした服装No.10
  16. 気温18度を目安にした服装No.11
  17. 気温18度を目安にした服装No.12
  18. 気温18度を目安にした服装No.13
  19. 気温18度を目安にした服装No.14
  20. 気温18度を目安にした服装No.15
  21. 気温18度を目安にした服装No.16
  22. 気温18度を目安にした服装No.17
  23. 気温18度を目安にした服装No.18
  24. 気温18度を目安にした服装No.19
  25. 気温18度を目安にした服装No.20
  26. 気温18度を目安にした服装No.21
  27. 気温18度を目安にした服装No.22
  28. 気温18度を目安にした服装No.23
  29. 気温18度を目安にした服装No.24
  30. 気温18度を目安にした服装No.25
  31. 気温18度を目安にした服装No.26
  32. 気温18度を目安にした服装No.27
  33. 気温18度を目安にした服装No.28
  34. 気温18度を目安にした服装No.29
  35. 気温18度を目安にした服装No.30
  36. まとめ ~気温18度の服装は選択肢が豊富~

秋~春コーデの魅力

秋、冬、春の3シーズンのファッションのコーデは夏場に比べると個性を演出しやすい季節ともいわれています。
特にメンズコーデは、夏はTシャツや半袖シャツなど身に着けているアイテムが極端に少ないためコーデもワンパターンになってしまいがちです。
しかし、季節が変わって秋になり気温が下がってくると、長袖シャツやジャケット、ニット帽など身に着けるアイテムがだんだんと増えていきます。
気温が下がってくるにつれて服装の変化だけに留まらず、サンダルやスニーカーだけでなくブーツやドレスシューズなどを履く人も増え、少しずつ足元にも変化が表れるようになります。
周囲とコーデに差を付けたり服装面で個性を演出するにあたり、秋~春はもっとも最適なシーズンかもしれません。

快適なだけじゃない!!気温18度~22度はおしゃれに最適な環境

残暑も去る9月下旬頃になってくると、すっかりと秋の陽気となり日中でも気温20度を下回る日も出てきます。
このくらいの気温になってくると、ジャケット、パーカー、ブルゾン、カーディガンなど、それまではシャツ1枚だった道行く人たちの服装にも個性やバラつきなど変化が如実に出始めます。
18度~22度ぐらいの気温になると、上半身のアイテムひとつとっても半袖、長袖、七分丈、重ね着とコーデにおけるアイテムの選択の幅が一気に広がります。
気温18度というのは快適で過ごしやすいだけでなく、コーデで周囲と差を付けるのにも適した環境でもあります。

気温18度の服装選びのポイント

気温18度前後を目安にしたコーディネートをするにあたり、気を付けたいポイントがあります。
それは天気予報をチェックすることです。
天気予報では、天候の他にもその日の最高気温と最低気温もチェックすることができるので、服装面においてもアウターの有無などアイテム選びの目安にもなります。
特に初秋や初春は、日中と夜の気温の変化が激しい季節です。この季節は夕方から夜にかけて寒くなることを想定してコーデを工夫するのが得策です。
また、最高気温が18度なのか、最低気温が18度なのかでもアイテム選びは変わってきます。
最低気温が18度の場合、日中の気温は20度を超えることが想定されるので、アウターの下はTシャツや半袖にしてもいいかもしれません。
日々のコーディネートではつい日中の気温だけを想定しがちですが、日が短くなり寒暖差の激しくなる秋から春にかけては夕方以降の最低気温まで意識した服装を心掛けることが大切です。

気温18度の時におすすめの8つのメンズアイテム

何かと悩める気温18度のときの服装。
実際に気温18度前後のときのファッションにはどんなアイテムや服装が適しているのでしょうか。
参考までに、18度コーデでおすすめの8つのメンズアイテムを紹介します。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム①カーディガン

出典: http://zozo.jp

アウターだけでなくインナーとしても着回せるカーディガンは気温18度を目安にしたメンズコーデにおいても万能アイテムです。
春と秋、両方兼用することができるのでおすすめです。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム②パーカー

出典: https://www.amazon.co.jp

Tシャツ1枚だけでは寒いときにはマストアイテムとも言えるパーカー。
従来のスウェット生地のものからボタン付きのアウタータイプや、スタジャン風のデザインのものまでラインナップは豊富です。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム③ジャケット

出典: http://zozo.jp

レザー、ライダース、ミリタリー、テーラードなどカジュアルからフォーマルまで種類が豊富なジャケット。
最低気温が18度の場合、日中は20度を超えることが考えられるのでアウターは不要かもしれませんが、最高気温が18度の場合、夕方から夜にかけて冷え込むので必須のアイテムといえます。
18度コーデにおけるジャケット選びのコツとしては秋~春シーズンを通して兼用できそうなベーシックなデザインを選ぶのがポイントです。
18度コーデでは、アウターの有無はかなり重要なポイントになるのでジャケット選びはかなり重要です。
カラーバリエーションやデザインは豊富なので、他のアイテムとの相性やバランスを見ながらその日の服装に合ったものを選びましょう。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム④ブルゾン

出典: https://www.amazon.co.jp

パーカータイプや襟付き、人気のMA-1までブルゾンも選択肢は豊富。
秋や春向けの薄手の生地が多いので、他のアウターより比較的選びやすいのも特徴です。

【メンズ】ブルゾンおすすめコーデ&着こなし方まとめ【MA-1】 | xtreeem[エクストリーム]

気温18度の時におすすめのメンズアイテム⑤デニムシャツ

出典: http://zozo.jp

デニムジャケットは薄手の生地からアウター向けのものまで揃っているので気温に合わせて選びましょう。
気温の高いときには腰巻でコーデのアクセントにもなるのでおすすめです。
秋と春、それぞれ兼用できるのも嬉しいポイントです。
Tシャツ1枚での薄手の服装ではまだ少し寒い18度コーデにおいては重宝するアイテムのひとつです。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム⑥マウンテンパーカー

出典: http://wear.jp

マウンテンパーカーは基本的に秋冬向けのアイテムですが、春向けの薄手の生地もあるので18度コーデにはおすすめのメンズアイテムです。
防寒対策はもちろんのこと、撥水加工が施されていたりと機能性の面でも充実しています。
また、デザインも豊富なので肌寒い時期は特に活躍してくれます。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム⑦7分丈

出典: https://www.amazon.co.jp

Tシャツだけでは肌寒いというときには7分丈シャツが活躍します。
1枚着だけでなく、Tシャツとの重ね着もできるのでおすすめです。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム⑧ブーツ

出典: https://www.amazon.co.jp

スニーカーでは足元が冷えるというときにはブーツもおすすめです。
防寒対策にも。

気温18度の時におすすめのメンズアイテム⑨キャップ

出典: https://www.amazon.co.jp

キャップはコーデのアクセントとなる重要なアイテムです。
気温18度の環境下では服装面だけでなく、キャップの選択肢も豊富です。
ベースボールキャップ、ワークキャップ、ニット、ハンチングなど様々な種類のキャップがあるのでその日のコーデにあったものを選びましょう。

気温18度を目安にしたメンズコーデ30選

気温が変われば服装も変わるメンズコーデ。
特に、18度前後はもっともコーデにバリエーションが出る気温ともいわれています。
実際に気温18度を目安にしたメンズコーデにはどんなものがあるのか、一挙紹介していきます。

気温18度を目安にした服装No.1

出典: http://wear.jp

カーキのトレーナーにデニムと赤いコンバースを合わせたカジュアルコーデ。
色使いもよく、秋らしい季節感のあるメンズコーデです。
気温が15度を下回ってくるとジャケットやブルゾンなどのアウターは必須ですが、18度前後のときにはパーカーやトレーナーの1枚着でもちょうどいいかもしれません。

気温18度を目安にした服装No.2

出典: http://www.galknows.com

デニムジャケットにダークカラーのチノパンを合わせた季節感のある上品な秋コーデ。
インナーの白いロンTのサイズ感がほど良くアクセントになっているのもポイントです。

気温18度を目安にした服装No.3

出典: http://www.galknows.com

ネイビーブルゾン×ボーダーシャツ×グレーパンツに上品なトーンの白スニーカーを合わせた落ち着いたスタイリッシュなメンズコーデ。
春先にはおすすめの服装です。

気温18度を目安にした服装No.4

出典: http://www.galknows.com

黒のグラフィックロングTシャツにサルエルデニムを合わせたシンプルなコーデ。
足元はスニーカーでなくドレスシューズにすることで服装やコーデ全体を引き締めフォーマルな印象に。
「アウターを着用するには少し気温が高いかも?」というときにはこれぐらいの薄手のコーデがおすすめです。
春と秋、両方いけそうなのも嬉しいポイントです。

気温18度を目安にした服装No.5

出典: http://www.galknows.com

グレージャケット×白Tシャツ×インディゴデニム×フォーマルシューズのシックなビジネスカジュアルコーデ。
ビジネスカジュアルは、カジュアルな服装に飽きてきたという人にはおすすめのスタイルです。

スーツに合うスニーカーを厳選!ビジネスカジュアル×運動靴の着こなし方 | xtreeem[エクストリーム]

気温18度を目安にした服装No.6

出典: http://www.galknows.com

デニムジャケット×ブラックデニムのカジュアルコーデ。
デニムジャケットは万能なトレンドアイテムなので、気温18度前後で服装に迷ったときにはおすすめです。

気温18度を目安にした服装No.7

出典: http://menstyle1.com

襟付きブルゾン×ブルージーンズ×ブーツのベーシックなカジュアルコーデ。
ダークトーンで統一したコーデは春よりはどちらかというと秋向けの服装です。

気温18度を目安にした服装No.8

出典: http://menstyle1.com

ネイビージャケット×ライトブルーのデニムのシンプルかつカジュアルな春らしい服装。
足元には春っぽいカラーのスニーカーを選び、ほどよく抜け感のある印象に。

気温18度を目安にした服装No.9

出典: https://theidleman.com

シックなフォーマルコーデにベースボールキャップで服装にほど良いカジュアルテイストをプラス。
黒をベースにしたコーデにデニムジャケットが差し色になっているのが着こなしのポイントです。

気温18度を目安にした服装No.10

出典: https://theidleman.com

デニムジャケット×黒タートルネック×グレーデニム×VANS OLD SKOOL。
タイトかつアンクル丈のものを選ぶのがデニム選びのポイント。
ほどよく抜け感のある服装になります。

気温18度を目安にした服装No.11

出典: http://zozo.jp

グレーパーカー×白Tシャツ×ブルージーンズ×NIKEのスリッポンの春先にオススメのメンズコーデ。
パーカーはややオーバーサイズのものを選びメリハリのある服装に。

気温18度を目安にした服装No.12

出典: http://wear.jp

全体をダークトーンで統一したカジュアルなスポーツミックスコーデ。
カモフラキャップが絶妙な差し色になっているのもポイント。

気温18度を目安にした服装No.13

出典: http://zozo.jp

グレーパーカー×白Tシャツ×9分丈デニム×スニーカーの季節を問わず楽しめる服装です。

気温18度を目安にした服装No.14

出典: http://zozo.jp

MA-1のブルーブルゾン×カラーシャツ×黒パンツ×フォーマルシューズのトレンド感のある秋コーデ。

気温18度を目安にした服装No.15

出典: https://clubd.co.jp

こちらはテーラードジャケットとパーカーの重ね着。
秋や春先の気温18度前後には最適なコーデです。

気温18度を目安にした服装No.16

出典: https://clubd.co.jp

テーラードジャケットならグレーもおすすめです。

気温18度を目安にした服装No.17

出典: https://clubd.co.jp

黒を基調としたコーデ。
アウターはコーチジャケットでインナーはオレンジのシャツを差し色で使用。

気温18度を目安にした服装No.18

出典: https://www.danongonline.com.vn

カーキのネルシャツにボーダーカットソーを合わせたコーデ。
パンツの裾をロールアップすることでほど良く抜け感を演出。
スリッポンはボーダーシャツのラインと同色のネイビーを選び統一感のある印象に。

気温18度を目安にした服装No.19

出典: http://kurumani.com

迷彩柄のマウンテンパーカー×デニム×黒スニーカーのコーデ。
デニムはタイトなシルエットのものを選ぶとコーデ全体がより引き締まった印象になります。

気温18度を目安にした服装No.20

出典: http://kurumani.com

黒のMA-1ジャケットに赤いスニーカーを合わせたシンプルなカジュアルコーデ。
よりトレンド感を演出したいなら、やはりデニムはタイトなものを選択するのがベター。

気温18度を目安にした服装No.21

出典: http://www.jb-voice.co.jp

レザージャケットにワイドなシルエットのインディゴデニムを合わせたAラインコーデ。
足元はレースアップブーツを選び、コーディネート全体を引き締まった印象に。

気温18度を目安にした服装No.22

出典: https://www.pinterest.jp

黒カーディガン×スキニーデニムのサイズ感抜群の秋コーデ。
足元は上品で秋らしいキャメルカラーのブーツを選択。

気温18度を目安にした服装No.23

出典: https://www.pinterest.jp

ブラックのレザージャケット×スキニーデニムのカジュアルコーデ。
足元のライムグリーンのスニーカーがコーデのアクセントになっています。

気温18度を目安にした服装No.24

出典: http://kurumani.com

スタジャンとパーカーの重ね着。
トレンド間のあるタイトなシルエットでコーデ全体をうまくまとめています。
パーカー1枚ではまだ肌寒いというときにはコレ!!

気温18度を目安にした服装No.25

出典: https://otokomaeken.com

デニムジャケット×白シャツ×ブラックパンツ×グレーのレザースニーカー。
デニムジャケットに合わせるボトムスに迷ったときはブラックパンツで間違いなし!!

気温18度を目安にした服装No.26

出典: http://fashionsnap-freaks.net

ブルーの襟付きブルゾンに同系色のダーク系のカラーパンツとモカシンブーツを合わせた秋らしいコーデ。
ブーツは季節感のあるダークブラウンのスエード生地をセレクト。

気温18度を目安にした服装No.27

出典: http://fashionsnap-freaks.net

カーキのマウンテンパーカー×ロールアップデニム×ドレスシューズのコーデ。
無地のインナーシャツにネクタイを施しコーデのアクセントに。

気温18度を目安にした服装No.28

出典: http://fashionsnap-freaks.net

パーカー1枚着のシンプルなモノトーンコーデ。
動きやすくて快適なのでおすすめのスタイルです。

気温18度を目安にした服装No.29

出典: http://fashionsnap-freaks.net

MA-1ブルゾン×スウェットパーカー×黒スウェットパンツ×adidasスタンスミスのスポーツカジュアル。
黒のワックキャップでコーデにアクセントをプラス。

気温18度を目安にした服装No.30

出典: http://fashionsnap-freaks.net

ダブルタイプのライダージャケット×パーカーのトレンド感のあるレイヤードコーデ。
ボトムスにはタイトなシルエットのデニムを選択。
更にはパーカーとスニーカーのカラーを合わせて統一感を演出した上級者のコーデです。

まとめ ~気温18度の服装は選択肢が豊富~

『18度の服装は?気温に適したコーデを選ぶ目安・ポイント』はいかがだったでしょうか。


・天気予報では最高気温だけでなく、最低気温までチェックする
・最低気温18度と最高気温18度を想定した場合ではコーデや服装が異なる
・秋と春でそれぞれ色使いを意識する(秋はダークトーン、春は明るいトーンの色など使い分ける)


気温18度のコーデでは以上の3つのポイントが特に重要になります。
18度という気温は、半袖1枚では少し肌寒く厚手のインナーではまだ少し暑いかというところです。
秋~春のコーデでは実際にアイテム選びをしてみると、身につけられるアイテムは思いの外多いことに気付かされます。
だからこそ、ひとつひとつのアイテム選びに迷ってしまいますが、選択肢が多いからこそうまくアイテムを選べばコーデで差を付けることができます。
そういう意味では、気温18度というのは人によってはファッションを一番楽しめる環境かもしれませんね。

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

jimmy block2
jimmy block2

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ