街全体が天理教!?本部のある天理市について調べてわかったこと7つ

天理教の本部がどこにあるか知っていますか?実は天理教の本部がある都市は、その都市全体が天理教の本部のような状態に?!いったい天理教の本部はどこにあるのでしょうか。そして、その都市の内情とは?気になる天理教のあれこれをご紹介します。

街全体が天理教!?本部のある天理市について調べてわかったこと7つのイメージ

目次

  1. 本部はどこに?天理教とは
  2. 天理教の本部がある場所
  3. 天理市について調べてわかったこと①
  4. 天理市について調べてわかったこと②
  5. 天理市について調べてわかったこと③
  6. 天理市について調べてわかったこと④
  7. 天理市について調べてわかったこと⑤
  8. 天理市について調べてわかったこと⑥
  9. 天理市について調べてわかったこと⑦
  10. 天理市について調べてわかったこと 番外編
  11. 【まとめ】天理教本部のある都市とは

本部はどこに?天理教とは

出典: http://tabizine.jp

天理教ってどんな宗教?

天理教というのは、一神教といって、ただ一つの神様だけを信じている宗教なのだそうです。
八百万の神とは相反する考えなのかもしれませんね。
そして、天理教では「陽気ぐらし」という世界の実現を目指しているのだそう。
どんな世界を目指しているのかはわかりませんが、なかなか楽しそうな世界ですね。

天理教の本部がある場所

出典: https://www.youtube.com

天理教の本部は奈良県に

天理教の本部は奈良県にあります。
もともと天理教の本部は奈良県にあったわけではないようです。
奈良県に来るまでは関東のほうにあったようです。
奈良県に移ったのは、明治21年のことです。
このとき天理教は立教50周年でした。
記念の年ということもあって、奈良県へ移動したのかもしれませんね。

出典: http://n-morimoto.seesaa.net

奈良県へ移動

奈良県へ天理教本部の教会を移動したとき、すでに教祖はなくなっていたようです。
しかし、まだ時は明治。
宗教の教会本部を移動しようとしても、それはなかなか難しかったのではないでしょうか。
教会の移転となると、引っ越しも大変ですよね。
どのように教会を移動させたのでしょうか。
気になりますね。

天理市について調べてわかったこと①

天理教本部のある天理市は日本で唯一の都市だった

出典: http://illustcut.com

天理教本部のある都市

天理教本部のある都市は奈良県天理市にあります。
この都市、名前から気づく人もいることでしょう。
そう。
天理教から名前を取られた都市なのです。
日本全国の都市を探しても、宗教の名前から都市の名前が付けられたのは天理教の天理市だけなのです。
なかなか珍しい都市ですよね。

出典: https://www.jr-odekake.net

天理教の信者は反対していた?

しかしこの都市名。
天理教の信者は反対していたのだそう。
なぜでしょうか。
都市の名前が自分たちの宗教の名前が付くなんて名誉なことなのではないでしょうか。
それとも、天理市に住んでいない天理教信者のやっかみなのでしょうか。
なかなか宗教も難しいですね。

天理市について調べてわかったこと②

天理市は天理教の宗教都市だった!

出典: http://kokorosha.hatenablog.com

天理市は宗教都市

天理市に住んでいる人すべてが天理教の信者というわけではないようです。
けれど、やはり天理市には天理教関係者が多く住んでいます。
なぜなら、ここは宗教都市。
天理教関係の会社や建物が多いのです。
ですから、そこで勤務する人たちは天理教の関係者。
というわけで、結局天理市には天理教関係者が多く住んでいるようです。

出典: http://blog.livedoor.jp

一般の人も

もちろん、天理市には仏教信者の人も、キリスト教信者の人も住んでいます。
マンション契約のときに宗教の確認などありません。
しかし、やはり都市の中は普通の都市とは違う雰囲気。
天理教の法被を着た人たちが多くみられるのだそう。
それは、天理市ならではのことかもしれませんね。

天理市について調べてわかったこと③

天理教本部はもともと天理市になかった!

出典: https://www.photo-ac.com

天理教の建物

天理教の建物は間近にその建物を見た人なら誰しも驚くだろうというような、建物です。
なぜかというと、天理教の建物。
実に大きい建物なのです。
本部の神殿はなんと3157畳の広さのある建物なのです。
3157畳の建物と言われても、まったく想像がつきませんね。
さっぱりわかりませんよね。
とにかく大きな建物です。
建築好きの人も見学に訪れるという建物ですよ。
気になる人は、建物見学に訪れてもいいかもしれませんね。

出典: http://www.wanpug.com

天理教本部の建物の建設

天理教が奈良県へ移動したのが明治21年です。
ですから、最初に本部が奈良県に建てられたこのころではないでしょうか。
それから長い年月をかけて建物の増改築を繰り返してきたらしい天理教。
いつのまにこんなに大きい建物になったんでしょうね。

天理市について調べてわかったこと④

天理教ではお給料が出ない?

出典: https://itunes.apple.com

天理教で勤務する偉い人は本部員

宗教でも、企業でも勤務する人の中で地位というのは変わってきます。
天理教の場合も同じこと。
天理教の場合は、教会内で重要な立場にある人は本部員と呼ばれているのだそう。
本部員の人は、天理教に勤務していてお給料が出る、と思われているかもしれません。
しかし、本部員の人も本部員よりももっと偉い人もお給料は出ないのだそう。
天理教で勤務しているような人も勤務しているように見えているだけで、お給料は出ていないと言われています。
ですから、天理教の教会で本部員の立場にある人も、本部員でない人も、ほかの企業などに勤務していて、そこからお給料を得ているのそうですよ。本部員の人たちはなかなか大変ですね。

天理市について調べてわかったこと⑤

天理市本部でもしている天理教の月次祭ってなに?

出典: https://www.tenrikyo.fr

天理教の月次祭ってなに?

天理教には月次祭という神殿で行われるものがあるのだそうです。
月次祭というのは、月に1度神殿で行われるお祝いごとなのだそう。
月次祭は天理教の本部の神殿だけで行われるものではなく、全国どの天理教の教会の神殿でも行われているそうです。
さらに、月次祭の日にちは、毎月26日の9時から神殿で、と決まっています。
だから、月次祭は平日にあることもあるのですね。
天理教の信者の人は、企業で勤務している人もいます。
企業に勤務している人は、月次祭に強制参加ではないそう。
ただ、天理教に勤務している人は必ず神殿での月次祭には参加していると言われています。

出典: http://asuka-bunkyokai.org

月次祭では何するの?

本部の神殿だけではなく、天理教すべての教会の神殿で行われる月次祭。
いったいどんなことが行われているのでしょうか。
まず、神殿で祭文と言われているものが読み上げられるのです。
次にみかぐらうたというものを踊るのだそう。
天理教の踊りなのでしょうか。
みんなで踊ったあとは30分程度の神殿講和と呼ばれるお話があります。
それが終わったあとは、お食事会のようになるようですよ。
おつとめのようなものとは、ちょっと違うのかもしれませんね。
これが毎月26日に神殿で行われているのです。

天理市について調べてわかったこと⑥

天理教本部建物でのおつとめは誰でも参加ができる?!

出典: http://titibuseinen.seesaa.net

天理教教会であるおつとめ

天理教の教会では、おつとめが行われています。
このおつとめが行われている時間は、1日に2回。
天理教の本部でその時間が決められているのだそう。
基本的におつとめが行われる時間は、日の出と日の入りの時間を参考に決められているのだそうです。
このおつとめでは、みかぐらうたというものを、第一節から第三節まで唱えます。
これは、おつとめに参加している人全員で唱えるのだそうですよ。
このときに、拍子木ひょうしぎ、ちゃんぽん、太鼓、すりがねという楽器が鳴らされています。
そして、唱えたあとは手を振るのだそう。
これもきっとおつとめの作法があるのでしょうね。
さらに、このあとは朝夕でそれぞれお祈りのような感謝をささげるのだそう。
教会では、朝のおつとめの前には神殿の建物の周りを掃除しています。

出典: http://marutokuusa.com

誰でもおつとめに参加できる

実はこの教会のおつとめ。
天理教の信者でなくても誰でも参加できるのだそうです。
もしも天理教に興味がある人がいたら、このおつとめに参加してみてもいいのではないでしょうか。
しかし、天理教のおつとめ、朝は開始時間が早いのでおつとめの最中に教会内で居眠りしいたりしないようにしましょうね。

天理市について調べてわかったこと⑦

天理市の天理教本部建物には教祖が?!

出典: http://www.kisetsunootayori.com

教祖は中山みき

江戸時代に立教した天理教。
教祖は中山みき。
江戸時代の女性が教祖というのは、なかなか珍しいですよね。
この女性、憑依されたり、家族に反対されたりと、なかなか大変な教祖人生を送ったようですが、90歳という当時の人にしてはかなりの長生きをした教祖となります。

出典: http://www.rurubu.com

教祖は生きている?

天理教の中で教祖はまだ生きているとされているようです。
教祖は、天理教本部の中にある屋敷に今もいるのだそう。
今も教祖は生きていて、私たちを見守っていてくれている。
そういうスタンスなのかもしれませんね。

出典: http://shun-gate.com

教祖へ食事や服を

天理教の教祖はまだ生きている。
天理教の中ではそういうことになっているので、今も教祖へ食事や服を運んでいるのだそうです。

天理市について調べてわかったこと 番外編

天理市の天教本部建物にある神殿は見学可能?

出典: http://www.city-nogata.ed.jp

いつでもだれでも

天理教のおつとめは、だれでも参加することが可能と説明しました。
おつとめの参加と同じように天理教の建物の中は見学が可能だそうです。
いつ行ってもいいのだそうですよ。
天理教には、大事な祭典などもありますが、そのときに行っても歓迎されるのだそう。
まるでお寺のような感じですね。

出典: http://www.geocities.jp

案内してもらえることも

建物の見学はお願いすれば、天理教関係者の人に案内してもらうことも可能のようです。
天理教に興味のある人は、天理教関係者の人に説明してもらいながら案内してもらうといいかもしれませんね。
天理教内部のことを詳しく教えてもらえるかもしれませんよ。

出典: http://www.tokyo-camera.jp

撮影は?

割と自由で、天理教の信者でない人にもオープンな印象のある天理教。
しかし、撮影はダメと言われているようです。
やはり、宗教ですから隠したい部分もあるのかもしれませんね。
SNSなどに気軽に載せられても困るという考えもあるのかもしれません。
気になる人は、天理教の関係者の人に聞いてみるといいかもしれません。

【まとめ】天理教本部のある都市とは

いかがでしたか?
今回は天理教本部のある天理市についてご紹介しました。
本部で働いても給料が出ないという天理教。
その本部のある都市天理市は少し変わった都市のようでした。
気になる人はぜひ訪れてみてくださいね。

関連するまとめ記事

yuumi28
yuumi28

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ