”加水分解”ってなに?スニーカーの劣化と保管の方法

加水分解と呼ばれる現象を御存知でしょうか。加水分解はゴムや樹脂の劣化の一種で、スニーカーをはじめとするあらゆるモノや様々な状況下で発生します。なぜ加水分解は起こるのか、加水分解のメカニズムや加水分解を防ぐための上手なスニーカーの保管方法などについて解説します。

”加水分解”ってなに?スニーカーの劣化と保管の方法のイメージ

目次

  1. スニーカーを丸ごと蝕む!?“加水分解”とは
  2. 加水分解しやすいスニーカーの部位
  3. スニーカーの加水分解の原因
  4. スニーカーの加水分解の原因①スニーカーを履き過ぎている
  5. スニーカーの加水分解の原因②長期間保管している
  6. 加水分解の発生時期
  7. 加水分解するとスニーカーはどうなる?
  8. スニーカーの加水分解を防ぐには?
  9. スニーカーを長持ちさせるには?
  10. 加水分解したスニーカーは修理できるのか
  11. 加水分解しにくいスニーカー
  12. まとめ ~スニーカーを長く愛用するために~

スニーカーを丸ごと蝕む!?“加水分解”とは

スニーカーには必ずといっても良いほど「加水分解」と呼ばれる言葉が付いて回りますが、具体的にはどういった現象を指すのでしょうか。

加水分解(かすいぶんかい、hydrolysis)とは、反応物に水が反応し、分解生成物が得られる反応のことである。このとき水分子 (H2O) は、生成物の上で H(プロトン成分)と OH(水酸化物成分)とに分割して取り込まれる。

スニーカーはモデルによってはウレタンゴムやポリウレタン樹脂などといった加水分解に弱いパーツを使っているため、特に加水分解が起きやすいと言われています。

出典: http://www.izumikutumise.com

スニーカーの加水分解はソール、アッパーなどあらゆる部位で見られます。
若かりし日に購入したヴィンテージスニーカーを久しぶりに靴箱から取り出してみるとアッパーやソールがボロボロになっていた、といったケースでは、高確率でスニーカーが加水分解を起こしている可能性があります。

加水分解しやすいスニーカーの部位

スニーカーの加水分解はアッパー(甲被)、ベロ、履き口、ヒールなどあらゆる部位で発生します。
しかし、加水分解による劣化で圧倒的に多いのはソールです。
スニーカーのソールは恒常的に地面と設置しているので他の部位に比べて圧倒的に水分や湿気を含みやすい部位と言われています。
加水分解に限らず、ソールは摩擦により劣化もしやすいので最も修理依頼の多い箇所です。

スニーカーの加水分解の原因

加水分解が起きるのは安価なスニーカーだけではありません。
ナイキのジョーダンやニューバランスM1300などの高価なヴィンテージスニーカーでも同じく加水分解は発生することがあります。
なぜスニーカーの加水分解は起きるのでしょうか。
スニーカーにおける加水分解の原因は複数考えられます。

スニーカーの加水分解の原因①スニーカーを履き過ぎている

スニーカーの加水分解の原因のひとつに「湿気」というものがあります。
ただでさえスニーカーは構造上、内部に湿気がこもりやすく、湿度の高い環境でほぼ毎日のようにスニーカーを履き続けていれば加水分解が起きる確率は高くなります。

スニーカーの加水分解の原因②長期間保管している

特定の一足のスニーカーを履き過ぎるのも良くありませんが、全く履かずに長期間保管し続けるのもスニーカーの劣化を早めることに繋がります。
全く履かずに保管していても、保存状態が良くないと加水分解を起こしたりスニーカーのウレタン素材が劣化することもあります。

加水分解の発生時期

加水分解は早ければ、そのスニーカーが作られてから3年ほどで始まります。
スニーカーを履き始めた以上、いずれはどこかのタイミングで加水分解は必ず発生するので最終的に避けて通ることはできません。
しかし、うまく保管することで加水分解の発生時期を遅らせることができ、ひいては劣化を遅らせスニーカーの寿命を延ばすことも可能です。

加水分解するとスニーカーはどうなる?

スニーカーは加水分解するとアッパーのウレタン樹脂がひび割れたり、ソールがボロボロになったりします。
また、スニーカーの素材が湿気に弱いウレタン樹脂などの場合はソールが根こそぎ剥がれてしまうこともあります。

出典: http://www.kutu-syuri.com

加水分解を起こしたスニーカー

どれほど名高いヴィンテージスニーカーてあっても加水分解が進むと最終的にこうなります。
劣化が進行すればするほど、まるでスニーカー自体が毒に侵されているように生々しくなります。

sneakerhistoryさんの投稿
21827867 295728380911382 1467952738678603776 n

スニーカーの加水分解の瞬間をとらえたアートな1枚。

スニーカーの加水分解を防ぐには?

加水分解が既に始まってからでは手遅れです。
スニーカーファンの間では、長年保管していたヴィンテージスニーカーがある日突然加水分解を起こしてダメになったという事例もたくさんあります。
スニーカーの加水分解を未然に防ぐためには日頃のメンテナンスや保湿ケアといったものが必要不可欠になります。

スニーカーを長持ちさせるには?

せっかく手に入れたお気に入りのスニーカー。
できることなら長持ちさせて大事に履きたいものですよね。
ここでは、加水分解を未然に防止しスニーカーを長持ちさせるための具体策について解説します。

スニーカーを長持ちさせる方法①風通しの良い場所で保管する

カビが発生しやすい湿度の高い場所でスニーカーを保管するのはスニーカーの寿命を縮めることに繋がるのでおすすめしません。
できるだけ直射日光は避け、風通しの良い環境でスニーカーを保管するようにしましょう。

スニーカーを長持ちさせる方法②湿気を避ける

スニーカーを保管する上で、湿気は最も気を付けたいところです。
特に雨に濡れた場合は、アッパーに付着した水滴をウエスなどでしっかりと拭き取ったうえで、高温多湿になりやすい場所を避けて乾燥させるようにしましょう。
湿気を避けるだけでも最大で2年ほど加水分解の発生を遅らせることができます。

スニーカーを長持ちさせる方法③型崩れを防ぐためにシューキーパーを使う

出典: https://www.amazon.co.jp

シューキーパー

湿気の他にももう一点、スニーカーを保管する上で気を付けたいのが型崩れです。
スニーカーは長期間履かずに保管していると型崩れを起こします。
一度型崩れを起こしたスニーカーは、いざ履こうというときに履きづらかったり、アッパーの屈曲部が皺になったり樹脂がひび割れたりすることもあります。
型崩れの防止策として、1週間以上履かないスニーカーにはシューキーパーを使うのがおすすめです。

加水分解したスニーカーは修理できるのか

一度加水分解してしまったスニーカーはそのまま処分するしかないのでしょうか。
これについては、加水分解を起こしている部位にもよりますが修理は可能です。
スニーカーの修理はニューバランスのお客様相談室や、リペアサービスなどで行うことができます。
しかし、加水分解の場合は新品同様の状態まで完璧に修理することは困難なようです。
修理の価格帯ですが、ヴィンテージスニーカーの場合はソールの張り替えなら1万円は下らないようです。
スニーカーによっては修理するよりも新たに新品を購入する方が安上がりになる場合もあります。
ジョーダンなどのプレミア価値の高いヴィンテージモデルの場合、こまめに修理して履き続けているコアなスニーカーファンも多くいるようです。

【ニューバランス スニーカーの修理】

【ニューバランス修理】ソールリペアで蘇る!対象型番や料金、店舗を紹介! | xtreeem[エクストリーム]

加水分解しにくいスニーカー

スニーカーには加水分解しやすいものとそうでないものがあります。
これについては、スニーカーの素材に秘密が隠されています。
加水分解しやすい素材に「ウレタンゴム」があります。
ウレタンゴムのスニーカーの場合、どれだけ高価なヴィンテージスニーカーであってもいずれは加水分解は避けては通れない道です。
しかし、同じゴム素材でも「合成ゴム」を使用しているスニーカーの場合はウレタン樹脂のスニーカーに比べて圧倒的に加水分解しにくいと言われています。
具体的に、合成ゴムを使用しているスニーカーにはどんなものがあるのでしょうか。

加水分解しにくいスニーカー①アディダス スタンスミス

出典: http://www.abc-mart.net

カジュアルなコーデには欠かせない汎用性の高いアディダスのスタンスミス。
言わずと知れたアディダスの定番モデルです。
合成ゴムをしようしているため加水分解に耐性を持っています。

加水分解しにくいスニーカー②ナイキ エアフォース1

出典: http://www.abc-mart.net

バスケットボールの名作・エアフォース1。
長年多くのスニーカーファンに支持されているナイキの看板モデルです。

加水分解しにくいスニーカー③コンバース オールスター キャンバス

出典: http://www.abc-mart.net

もはや説明不要、1917年にバスケットボールシューズとして誕生し、今年で100周年をストリートスニーカーの永久定番モデル。
ベーシックラインからヴィンテージ、デッドストックなど数えきれないほどの名作揃いです。

加水分解しにくいスニーカー④VANS スリッポン

出典: https://www.amazon.co.jp

OLD SKOOL、ERA、SK8-HI、と並び不動の人気を誇るVANSのスリッポン。
シンプルで飽きのこないデザインなので幅広いコーデで履き回せる同ブランドの定番スニーカーです。

加水分解しにくいスニーカー⑤プーマ スエード

出典: http://www.mita-sneakers.co.jp

40年以上も世界中から愛され続けているプーマ スエード。
スタイリングしやすく、時代の変化に流されないクラシックな雰囲気が魅力の一足です。
カラーバリエーションも豊富です。

ウレタン樹脂に比べると、上記のような合成ゴムを使用しているスニーカーであれば確かに加水分解は起こりにくいです。
但し、これらのモデルであっても素材がゴムである以上は当然劣化はします。
いずれにせよ、スニーカーを長く愛用したいなら日々の手入れは必要不可欠です。


【XTREEEM スニーカー関連記事】

大人のスニーカーブランドTOP13 | xtreeem[エクストリーム]
靴の防水スプレーおすすめ最強ランキング16選。スニーカーや革靴の効果比較! | xtreeem[エクストリーム]
スーツに合うスニーカーを厳選!ビジネスカジュアル×運動靴の着こなし方 | xtreeem[エクストリーム]
防水×お洒落なスニーカーってあるの?おすすめシューズ11選【ゴアテックス】 | xtreeem[エクストリーム]

まとめ ~スニーカーを長く愛用するために~

加水分解を防ぐべくお気に入りのスニーカーをできるだけ長持ちさせるためには

・適度に履く
・保管は風通しの良い場所で
・湿気を避ける
・型崩れに気を付ける

この4つがあなたのスニーカーを長持ちさせるための重要なポイントになります。
加水分解に関してはこの他にも、上記で紹介したような、ウレタン樹脂ではなく湿気に強い合成ゴムを使用しているスニーカーを購入するという予防策もあります。
また、小まめにメンテナンスを行いながら愛用していても、スニーカーにもいつかは寿命がやってきます。
しかしながら、できる限りのメンテナンスを実践すれば大幅に長持ちさせることも可能です。
抜かりのない盤石なケアとまではいかずとも、なるべく日々のメンテナンスは欠かさないようにしましょう!

関連するまとめ記事

jimmy block2
jimmy block2

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ