オニダルマオコゼは人も殺す猛毒魚。刺された時の症状・処置についてのイメージ

オニダルマオコゼは人も殺す猛毒魚。刺された時の症状・処置について

オニダルマオコゼをご存知でしょうか?日本では奄美大島や沖縄に普通にいる魚なのですが、実は人をも殺す猛毒魚!シュノーケリングやスキューバダイビング中に誤ってオニダルマオコゼを踏んでしまうと・・・!今回はそんな危険な猛毒魚。オニダルマオコゼをまとめます!2017年10月10日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オニダルマオコゼってどんな魚?

出典: http://www.env.go.jp

オニダルマオコゼはその名の通り、鬼のように怖い顔にダルマのごとく大きな体をした魚です。

オニダルマオコゼはカサゴの仲間で、主にインド洋・太平洋西部の熱帯域に分布し、浅いところに生息しています。
体長は40cmほどまで成長しますので、大人の両手いっぱいくらいのサイズに!
大きいですね!

出典: http://www.nandemo-zukan.net

オニダルマオコゼを陸上に上げた画像。顔が怖すぎます!

オニダルマオコゼはその名の通り、とっても怖い顔をしています。
陸にあげた顔はまさに鬼ですね。

オニダルマオコゼは人をも殺すほどの猛毒魚!!

出典: http://karapaia.com

せびれの部分から棘と使って人をも殺す毒を打ち込む猛毒魚!

オニダルマオコゼが超有名になったのは、背びれの部分から超強力な毒を出す猛毒魚だから。
その毒はハブ毒の数十倍とも言われており、人が死んでしまうこともあるという恐ろしいもの。

もし見かけたら絶対に近づいてはいけません!

出典: http://karapaia.com

普段は隠れているこの棘から毒を出します。形状が注射器のようになっており、非常に硬い、凶悪な棘です。

画像は棘を出しているとき。
普段は背びれにしまってあり、攻撃するときにだけこの棘が出てきます。

画像を見ての通り、注射器の形状をしている上に、とても硬いんです。
靴などを履いていても貫通してしまいますので、被害者が出てしまっているのですね。

こちらの動画ではオニダルマオコゼの毒が出るシーンを観察しています。
オニダルマオコゼの毒はぴゅーっと噴射されます。

深く棘をさされ、こんな勢いで強力な毒をいれられたら、確かに死ぬかもしれませんね。

オニダルマオコゼはどんな風に隠れているの?

出典: http://bbs.kakaku.com

この画像の中にオニダルマオコゼが隠れていますが、見つけられますか?

オニダルマオコゼは擬態上手な魚。
砂にもぐったり、岩壁に擬態して魚をじっと待っています。

人間でも中々見つけられないほど擬態していますので、実はそばにいるかもしれないのです。

出典: https://kaisen-aquarium.com

こちらの画像ではオニダルマオコゼがいる場所が赤で囲ってあります。囲ってなかったら絶対見つけられませんよね。

オニダルマオコゼは擬態が上手すぎるので、オニダルマオコゼの毒被害に合う人が一定量い続けてしまいます。
こんなに上手に隠れた猛毒魚が身近にいるなんて、怖すぎますよね。

隠れた猛毒魚が普通に沖縄にいる恐怖!

出典: https://www.asoview.com

沖縄は海が綺麗なので、シュノーケリングやダイビングスポットとして最高!ですがその下には恐ろしい猛毒魚がいるかも!?

オニダルマオコゼは日本近海では小笠原諸島・奄美大島・沖縄周辺に生息。
冒頭でも書きましたが、浅い海の底などに住んでいますので、シュノーケリングなどを楽しんでいるときなどにグサっとやられてしまう人が多いのです。

最悪死に至るケースもある猛毒魚、オニダルマオコゼが上手に擬態しているかもしれないことを分かった上で遊ばなきゃいけませんね!

出典: http://www.okinawa-fishing.com

沖縄では潜水士さんが普通にオニダルマオコゼを捕獲してきてくれて、食べることができます。

沖縄で多く見かけるオニダルマオコゼは、沖縄で普通に食べることが出来るそうです。
価格も立派なオニダルマオコゼなので、多少お値段ははってしまいますが、食べる価値ありですよね!

調理方法も様々ありますので、沖縄に行った際は色々な料理を食べてみましょう!

オニダルマオコゼを素手で捕獲する猛者が現れる

なんと、youtubeには素手で捕獲する様子を映した動画がありました。
もちろん、超危険な捕獲方法であることは分かってやっているらしいのですが、好奇心旺盛すぎてこのような捕獲方法に・・・。

絶対真似はしないでくださいね!

オニダルマオコゼは網で捕獲しましょう

出典: https://www.geotour.jp

画像のような、普通に魚を捕まえるための網で大丈夫ですので、絶対網を使いましょう。

オニダルマオコゼは動かなすぎて苔が生えてしまうほど、じっとしている魚です。
ですので、見つけたら網を使えば捕獲は比較的容易。

動かないからといって手で捕獲は試さないでくださいね。

出典: http://ikimono-ikimono.cocolog-nifty.com

こちらはちびっ子オニダルマオコゼを網で捕獲した画像。もうすでに顔が鬼ですね。

捕獲しにいくと、オニダルマオコゼの擬態が素晴らしすぎて中々見つけられないことが分かるかと思います。
また、オニダルマオコゼは夜行性ですので、夜の方が多少捕獲しやすいみたいですね。

もし画像のようなミニオニダルマオコゼを捕獲した際は、リリースして育てましょう。

オニダルマオコゼにもし刺されてしまったら?

出典: http://po.nakamoto-plan.co.jp

オニダルマオコゼに刺された被害者の画像。晴れ上がり、局所が壊死したり、最悪死ぬケースまで!

オニダルマオコゼにもし刺されたときは、まずは刺された棘を抜きましょう!
そして刺された患部をすぐに真水で洗い流し、出来るだけ傷口から毒を搾り出します。

そして、45度以下の熱いお湯に刺された患部を30分~90本ほどつけます。
これは、毒のたんぱく質を熱によって分解し、痛みを和らげることも出来ます。

しかしこれで安心はもちろんしてはいけません。

出典: https://ja.wikipedia.org

素人が処置しようとしても無駄。すぐに病院にかけこみましょう!

適切な処置をした後、すぐに病院に向かいましょう!
毒を指された男性が数分後に意識を失ってしまうこともある、オニダルマオコゼの猛毒は素人判断していいものではありません。

処置をすれば多少は良くなっても、専門機関で見てもらうことが大切です!

オニダルマオコゼは超美味で価格も立派!

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

調理前の皮剥ぎ画像。オニダルマオコゼは皮を剝くととても綺麗な白色なのです。

先述しましたが、オニダルマオコゼは調理して食べることが出来ます。
いや、食べることが出来るどころか、食べると思わずうなってしまうほどに美味。

高級食材として沖縄では愛されています。

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

背中付近は料理したり刺身にすると美味らしいです!もちもちした触感。

まずは調理を全くせず、刺身で食べるのが王道!
ですが、殺してすぐに刺身にするのではなく、冷蔵庫で寝かすのが大事なのだとか。

しばらく寝かすと更に白くなり、より美味しくなるのだそうですよ!

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

オニダルマオコゼは美味しいので人気なのですが、獲るのも手作業ですので価格が高め!

オニダルマオコゼは潜水士さんが捕獲してきてくれて市場に入りますので価格が高め。
一匹5000円ほどの価格になるのだそうです。

また、ペット用となると更に価格は上がり、1匹数万円になってしまうことも!
サイズも大きいのと、猛毒を持っていること、捕獲に手間がかかることを思えば納得の価格なのかもしれません。

オニダルマオコゼの美味しい料理

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

オニダルマオコゼの料理は超美味。から揚げはぷるんぷるんで最高。

オニダルマオコゼは料理にすると美味すぎて「うほぉ~!」とうなってしまう人が続出するとか。
どんな調理をしても美味しいのですが、まずはそのまんま料理の代表、から揚げ。

から揚げは背中部分を使うのがオススメらしく、食べるとぷるんぷるんなのだそうですよ!
食べてみたいですね!

出典: http://katsuayu.com

オニダルマオコゼの蒸物。こちらも超美味だそうです。顔は怖いのですが。

から揚げの次の料理は姿を残したままの調理方法で蒸物に。
顔が怖すぎて食べ辛いですが、一度口にいれれば美味すぎて絶句。

顔をなくして調理も出来ると思うのですが、わざわざ顔を残して調理するあたりが、狙っているとしか思えませんね。(笑)

出典: http://blog.livedoor.jp

テレビで紹介された、オニダルマオコゼのちり鍋。オニダルマオコゼは鍋にして食べるイメージが強いかもしれませんね。

オニダルマオコゼを調理するとなれば、一番イメージしやすい料理は鍋ですよね?
猛毒を持った恐ろしいオニダルマオコゼも、切り刻んで料理してしまえば美味しそうなお魚にしか見えません♪(笑)

オニダルマオコゼは飼育出来るの?

出典: http://hcityaqua.exblog.jp

オニダルマオコゼは飼育する海水魚としても人気!危険ですので取り扱いには注意ですが!

オニダルマオコゼは飼育することが出来ます。
水族館などでも見かけられますので、飼育はそこまで難しくはないかもしれません。

飼育時の注意点としては、通常10cmくらいのサイズで販売しているオニダルマオコゼも、最終的には大きく育ちますので90cmほどの水槽を用意してあげる必要があります。

人口餌をあまり食べないそうなので活餌を使う必要があります。
ちょっとコストがかかりますが、飼育マニアはそんなことおかまいなしです!

オニダルマオコゼは隠れる場所があると落ち着きますので、飼育するのなら隠れられるようにブロックなどを複雑に組んであげることも大切。
飼育温度は23~28度くらいなので、比較的飼育しやすい海水魚ですね。

まとめ~刺されたらすぐに病院へ~

出典: http://higeazarashi.cocolog-nifty.com

なんだか怖可愛いオニダルマオコゼ。食べると美味しい、飼育も人気、顔もキャッチーと、毒さえなければ人気者ですね♪

今回のオニダルマオコゼまとめはいかがでしたでしょうか!

食べると美味しく、飼育も人気とはいえ、猛毒っぷりが怖すぎて人気をとりきれないオニダルマオコゼ。
でも、そんな猛毒を持っているスリルが、またマニアを駆り立てるのでしょうね!
価格が高くても食べてみたい、飼ってみたい魚です♪

普通に沖縄の浅い海に住んでいるということで、沖縄で遊ぶ際は本当に注意してくださいね!

関連するまとめ記事

杉野 貴信
杉野 貴信

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ