【Banksy】バンクシーのアート作品特集

Banksy(バンクシー)とは「何か」。 そんな話題が多いですよね。 Banksy(バンクシー)の作品は実に様々です。 「自分の目に映ったものをちゃんと考えてごらん」、そんなメッセージが伝わってくる作品の世界観をご紹介します。

【Banksy】バンクシーのアート作品特集のイメージ

目次

  1. Banksy(バンクシー)が手掛けた作品は「落書き」から「絵画」へ
  2. Banksy(バンクシー)作品テーマは、イギリス人らしいユーモアにあふれた社会的風刺メッセージ
  3. イギリスを飛び出してメキシコで壁画作品を手掛けるBanksy(バンクシー)
  4. Banksy(バンクシー)の作品は街中の壁に描く落書き「グラフィティーアート」から「アンデパンダン」な前衛芸術家へ
  5. Banksy(バンクシー)のユーモアあふれるパフォーマンスで大英博物館収蔵作品となる
  6. Banksy(バンクシー)の無断展示パフォーマンスはアメリカでも行われた
  7. Banksy(バンクシー)、紛争地域で平和へのメッセージを込めた「グラフィティアート」を手掛ける
  8. ついにBanksy(バンクシー)がパレスチナに THE WALLED OFF HOTEL を開業させる
  9. ドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」ではBanksy(バンクシー)が監督も務める
  10. Banksy(バンクシー)プロデュース!期間限定のテーマパーク「ディズマランド」
  11. 日本でBanksy(バンクシー)作品を見ることはできるのか
  12. Banksy(バンクシー)作品を探しにグーグルマップを使って世界へ出かけよう!
  13. Banksy(バンクシー)作品を試しにGoogleearthで検索して自宅からストリートビューを実際に見てみよう!
  14. Banksy(バンクシー)作品をいつも見ていたい!そんなあなたにおすすめはステッカー
  15. Banksy(バンクシー)作品特集まとめ

Banksy(バンクシー)が手掛けた作品は「落書き」から「絵画」へ

出典: https://blogs.yahoo.co.jp

日本でも新聞記事として取り上げられたBanksy(バンクシー)によるアートパフォーマンス

有名美術館や国立博物館の歴史的な絵画や遺物の隣にBanksy(バンクシー)は自分で勝手に作品を展示。職員は数週間、Banksy(バンクシー)の作品が勝手に展示されていたことに気づかなかった。私たちの多くは、「落書き」であったグラフィックアートと芸術品である「絵画」、どちらの何を見ようとしている?そんなことをBanksy(バンクシー)から問いかけられたような出来事。

新聞に掲載された作品は、Soldier with Spray Can です。

アメリカのあるブルックリン美術館で無断展示されたBanksy(バンクシー)の作品です。

一部の人からは「芸術テロリスト」と呼ばれることもあるBanksy(バンクシー)。

その原点は「グラフィティアート」です。

出典: http://blog.ansco9.com

グラフィティアートのパイオニアKing Robboの作品に上書きしたBanksy(バンクシー)

自分の作品をアピールするために誰かの作品に上書きするのは「グラフィティアート」の特徴の一つ。

出典: https://www.widewalls.ch

Banksy(バンクシー)の上書きを利用してKing Robboが効果的に修正

Banksy(バンクシー)がKing Robboを敬い、多くの人にKing Robboを宣伝しているかのように修正した。

「グラフィティアート」は、芸術ではなく今でも「落書き」という側面を社会から強く認識されています。

建物や壁にスプレー缶やフェルトペンで描かれた多くの「グラフィティアート」は、清掃や他の作者による上書きで姿をとどめることがほとんどありません。

出典: http://www.europe-z.com

街の景観を守るため清掃員

清潔な街を保つために欠かせない清掃業




しかし、ここ最近、Banksy(バンクシー)の作品が描かれた壁や建物の一部は切り取られ、数億円の値が付き、売買されています。


世界のニュースを個性豊かなコメンテーターと司会者が紹介する「世界まる見えテレビ特捜部」でも、2016年10月31日「イメージと真逆ミステリー○○なのに××SP 」でBanksy(バンクシー)の「グラフィティーアート」の値打ちについて放送されました。


「落書き」を「絵画」に昇華させたBanksy(バンクシー)作品の魅力は何でしょうか?

Banksy(バンクシー)作品テーマは、イギリス人らしいユーモアにあふれた社会的風刺メッセージ

Banksy(バンクシー)が活動をはじめた1990年~1994年、作品はフルカラーでノンステンシル(型紙を使わないフリーハンド)な「グラフィティーアート」でした。

出典: http://hk.mensuno.asia

Banksy(バンクシー)90年代後半から2000年ごろにはステンシルを使った素早い作業で作品を描くスタイルを確立させる

このころから、イギリス人らしいユーモアと皮肉、そして社会風刺のメッセージ性の強いデザインや構図が出来上がった。

「よく見かける上手なグラフィティーアート」から、今、たくさんの人を惹きつけ影響を与える作品に変わり始めたのは「イギリス人らしいユーモアがシンプルに描かれていく」ように変わったからではないでしょうか。

出典: https://ameblo.jp

親密になるほどイギリス人は皮肉を含む自虐ネタや社会風刺ギャグで笑いを狙ってくる

ちょっと頭を使わないと日本人ではわからない皮肉や自虐ネタの話題をイギリス人から振られたら、それは親愛の印!

イギリスを飛び出してメキシコで壁画作品を手掛けるBanksy(バンクシー)

「なぜメキシコへ?」

という疑問が浮かびますが、理由は明確ではありません。


しかし、メキシコ・チアパス州のサパティスタ民族解放軍が占領している地域で描かれたこの壁画は、Banksy(バンクシー)らしいユーモアよりも、平和を願うメッセージを前面に出した作品です。

まだフルカラーのハンズフリー技法の名残が感じられる作品ですが、制作にはステンシルを利用して短期間で仕上げています。

出典: http://www.soychiapanecote.com

Banksy(バンクシー)がメキシコで手掛けた壮大な壁画

ステンシルを利用しています

出典: https://hiveminer.com

メキシコで手掛けた壮大な壁画

ステンシルを利用しています

出典: http://old.nvinoticias.com

ステンシルを使ったメキシコでのモノトーン作品

Banksy(バンクシー)がメキシコを選んだ理由について

1920~1930年代に白人主義の社会からメキシコ人らしい伝統的な文化を取り戻すメキシコ革命が起こりました。

この時、革命の思想や伝統文化について誰もが目で見てすぐわかる絵画でメッセージを伝えました。


多くのメキシコ人は字が読めなかったからです。


メキシコ革命と共に、絵画運動も盛んになるにつれ、誰もが自由に目にすることができる、大きな壁画を描くことが盛んに行われました。


Banksy(バンクシー)がメキシコで壁画を描いた2001年頃、「グラフィティーアート」から表現の幅を広げて芸術家として活動する転換期に思えます。

Banksy(バンクシー)がメキシコを選んだ理由は明らかではありませんが、「一目で伝わるメッセージ性のある絵」を求めていた、そんな気がしてなりません。

Banksy(バンクシー)の作品は街中の壁に描く落書き「グラフィティーアート」から「アンデパンダン」な前衛芸術家へ

出典: http://www.mrexhibition.net

エリザベス女王を故ダイアナ妃へ

裏のダーウィンはそのままだが、BANK(銀行)がBanksy(バンクシー)と書かれている。

Banksy(バンクシー)が手掛けた故ダイアナ妃の10ポンド紙幣は、毎年ロンドンで開催されるノッティングヒルカーニバルで、何者かによってばらまかれました。

その後、野外音楽フェスティバルとして歴史のあるレディングフェスティバルでは、わざわざラジオ局のテントが張られたすぐ近くでばらまかれたりもしました。

今は、故ダイアナ妃の10ポンド紙幣とポスターは、オークションやアートグッズ販売サイトで見ることができます。

出典: http://bristolsound.blog10.fc2.com

「グラフィティーアート」のスナップ集がBanksy(バンクシー)発案でウォールから販売された

Banksy(バンクシー)作品の正規販売を行うウォールでは、故ダイアナ妃の描かれた10ポンド紙幣と特性ポスターも100ポンドで販売した。

上書きされ、清掃で消される「グラフィティーアート」をスナップ写真に収めて本にしたBanksy(バンクシー)。



表現の「場」を壁や建物に限定せず、前衛芸術家として「表現の場」の限界を求めて歩み出したと言えるのではないか。

【アンデパンダン】 フランス語。英語のインディペンデントにあたり、自由なとか独立したとか無所属とかいう意味で、無審査の展覧会を意味する。1870年代から80年代に開かれた印象派展などがそのルーツ。日本では1949年の開かれた「読売アンデパンダン展」が、出品作品が芸術かゴミかという論争を巻き起こし、当時の人々の間にスキャンダラスな衝撃を与えたことで有名。

前衛芸術は、法や社会の常識やモラルに触れずに、誰も試みない方法で作品を生み出せた時に完成する。



Banksy(バンクシー)が「何か」特定されていないからこそ、私たちはBanksy(バンクシー)の新たな試みを観続けることができている。

そんな気がしてなりません。

Banksy(バンクシー)のユーモアあふれるパフォーマンスで大英博物館収蔵作品となる

人類にとって価値あるものが保存と研究され、展示によって一般の人に公開される場の「美術館」や「博物館」。


そこに、あらたな試みでBanksy(バンクシー)の作品が現れます。

出典: http://banksy.seesaa.net

「街外れに狩りにいく古代人」という作品をキャプション(説明文)と一緒に大英博物館常設展示室に勝手に飾る

勝手に作るだけではなく、人類にとって価値ある遺物や文化が収まっている博物館に勝手に展示するBanksy(バンクシー)。この「街外れに狩りにいく古代人」は3日間、職員に気づかれずに展示されていた。

「街外れに狩りにいく古代人」という作品は撤去されるも、その後、正式に大英博物館の収蔵品となりました。

Banksy(バンクシー)が個展で「街外れに狩りにいく古代人」を展示した時のキャプションに「大英博物館所蔵」と記載されました。


Banksy(バンクシー)の無断展示パフォーマンスはアメリカでも行われた

出典: http://calitreview.com

ニューヨーク近代美術館(MoMA)で無断展示された Discount Soup Can

キャンベル・スープの缶のシルクスクリーンで「大量生産」を表現したアンディ・ウォーホルのポップアートを連想させます。

シルクスクリーンとは版画の技法のひとつ。

版画の多くは銅板を用いますが、シルクスクリーンは透けるような薄い布を使います。

メッシュとも言いますが、絹のように薄くなめらかな布を使うことから「シルクスクリーン」と呼ばれます。

「シルクスクリーン」で使う塗料は、色を発色させる過程で紫外線に当てて露光させます。

ネガから現像する写真にも少し似ていますね。

ステンシルとスプレー缶で表現してきたBanksy(バンクシー)が、アーティストとしての新たな表現の幅を広げている様子がうかがえます。

出典: http://japan.digitaldj-network.com

メトロポリタン美術館で無断展示された You Have Beautiful Eyes

ガスマスクを付けていてもキャプションが付いているから何だかもっともらしい絵画に見えてしまう。

出典: http://www.bugunderglass.com

アメリカ自然史博物館で無断展示された With us Organists=With us Or against us

数ある昆虫標本の中にこれが一つあったら、美術作品が間違って展示されていると思ってしまうかも。

Banksy(バンクシー)、紛争地域で平和へのメッセージを込めた「グラフィティアート」を手掛ける

じんわりとしみ込むようなメッセージの作品を紛争地域で手掛けたBanksy(バンクシー)。

出典: https://twitter.com

紛争地域パレスチナの分離壁に描かれたささやかな祈りを感じる「グラフィティアート」

街角に描かれたBanksy(バンクシー)作品とは一味違う、ささやかなメッセージを感じますね。

出典: http://www.omg-ox.org

壁の向こうはヨルダン川ですが、Banksy(バンクシー)は壁に穴を空けたら安心して子供が遊べる平和があるとささやいているような作品

ついにBanksy(バンクシー)がパレスチナに THE WALLED OFF HOTEL を開業させる

出典: http://sniffingeurope.com

パレスチナのベツレヘムにある分離壁から5メートルの場所にホテルを開業

分離壁にBanksy(バンクシー)の手掛けた「グラフィティアート」を目的にした観光客でパレスチナに収益があったが、紛争が激しくなり壁に近づくことが難しくなった。そこで宿泊もできてBanksy(バンクシー)の作品や世界観も堪能できるホテルを開業させた。

出典: http://ilovegraffiti.de

客室には紛争地域をユーモラスに風刺したBanksy(バンクシー)らしい壁画が楽しめる

出典: http://kaigai-matome.net

Banksy(バンクシー)作品には欠かせないラットもフロントでお出迎え

ドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」ではBanksy(バンクシー)が監督も務める

出典: http://www.uplink.co.jp

Banksy(バンクシー)はついに映像も手掛けるようになる

Banksy(バンクシー)側からの目線が描かれている。Banksy(バンクシー)の人物像やアーティストとしての考えに興味がある方におすすめのドキュメンタリー映画。

Banksy(バンクシー)プロデュース!期間限定のテーマパーク「ディズマランド」

出典: http://www.huffingtonpost.jp

態度が悪くて陰気な案内係がお出迎え、悪夢のようなテーマパーク「ディズマランド」

2015年8月22日から9月27日までという短期間だけの開催にもかかわらず、観客が列をなす大盛況。イギリスのさびれたリゾート地ウェストンの海沿いに、Banksy(バンクシー)らしく短時間でこのテーマパークを出現させました。

見たことあるようなお城に耳付きの帽子で連想する「夢の国」とは真逆な、Banksy(バンクシー)のユーモアあふれるテーマパーク「ディズマランド」。

出典: http://www.streetartutopia.com

夢の国風の馬車と馬に乗っていたお姫様で故ダイアナ妃の事故の様子を表現

アトラクションやショーもありますが、Banksy(バンクシー)らしい、社会風刺で表現した作品が展示されていました。

日本でBanksy(バンクシー)作品を見ることはできるのか

残念ながら、日本では現在(2017年11月)Banksy(バンクシー)作品を見ることはできない。

しかし、東京お台場にあるGALLERY 21で開催された「2016年ワールドグラフィティアート展」でBanksy(バンクシー)作品が展示された。

出典: http://www.gallery21-daiba.com

ワールドグラフィティアート展が開催されたGALLERY 21

2017年ワールドグラフィティアート展ではLAを拠点に活躍するアーティスト作品の展示を行ったため、Banksy(バンクシー)の作品の展示はなかった。

「2016年ワールドグラフィティアート展」では、2013年10月、NYのセントラルパークでBanksy(バンクシー)が手掛けてサインまでした絵画を路上販売した様子が上映された。


映像では結局、7時間で3人しか購入しなかった。


見て私たちがいかに本物が「何か感じたり考えたりしていない」ことをBanksy(バンクシー)に見透かされたような気がしてならない。

Banksy(バンクシー)作品を探しにグーグルマップを使って世界へ出かけよう!

出典: https://www.komando.com

パソコンとインターネット環境があれば、各地にあるBanksy(バンクシー)作品を検索できる

出典: http://link-man.net

お金と時間に余裕のある人はスマートフォン片手にグーグルマップでBanksy(バンクシー)作品を実際に見に行ってみよう

そんな時はグーグルマップアプリがおすすめ

Banksy(バンクシー)作品を試しにGoogleearthで検索して自宅からストリートビューを実際に見てみよう!

グーグルマップにはない、ストリートビューがスマートフォンでも見られるから土地勘がなくても目的地探しがしやすくなること間違いなし。

出典: http://theartofbanksy.jp

Falling Shopper を検索してみよう!

26 Bruton Lane, Mayfair, London W1J イギリス

出典: http://theartofbanksy.jp

Liverpool Rat を検索してみよう!

58 Berry St Liverpool L1 9DU イギリス

Banksy(バンクシー)作品をいつも見ていたい!そんなあなたにおすすめはステッカー

出典: https://noizmoon.com

Banksy(バンクシー)作品を生かすも殺すもあなた次第、ステッカーで自分らしくBanksy(バンクシー)作品を楽しもう

出典: https://xenontenter.com

Banksy(バンクシー)作品のステッカーでおうちの壁紙もユーモアとシュールにできるかも?

Banksy(バンクシー)作品特集まとめ

Banksy(バンクシー)の作品は映画やテーマパーク、ホテルといった、映像や空間までも表現の場となっています。
イギリス国内にとどまらず、世界各地に行き、作品を作り続けています。
そんなBanksy(バンクシー)の原点は壁に描く「グラフィティアート」です。
短時間で量産できるステンシル型とスプレーで描く技法を使います。
Banksy(バンクシー)ならではのユニークな社会風刺は「グラフィティアート」から前衛芸術家としての幅を広げていきます。

メキシコ革の絵画運動を思わせる、壮大な壁画作品を手掛けたのを皮切りに、Banksy(バンクシー)の活動範囲は国境を越えます。

アートが盛んな地域以外に紛争地域の分離壁に、ステンシル型とスプレーで描く「グラフィティアート」を使って平和への祈りを表現しました。
その制作活動で残された作品は、紛争地域の観光収入につながるほどした。
その後、紛争地域で安全に安定した観光収入が得られるように、Banksy(バンクシー)の作品と世界観を楽しめるホテルを開業させます。

大英博物館や有名美術館で無断展示を行ったBanksy(バンクシー)は、「芸術テロリスト」とも言われましたが、その「場」にふさわしいユーモアと社会的なメッセージの表現を実験的に行った、そんな気がしてなりません。
ポップアートの収蔵が盛んなニューヨーク近代美術館ではシルクスクリーンを使った技法で作品を無断展示します。
シルクスクリーンは版画の技法のひとつです。
アンディ・ウォーホルの作品で大量生産を表現したシルクスクリーンの「キャンベルスープ缶」を連想させる作品を作り出しました。
メトロポリタン美術館ではガスマスクを付けた中世の衣装の女性が描かれていたにも関わらず、額縁とキャプションを付け展示することで無断展示を成功させています。

日本には2016年に東京のお台場で行われた「2016年ワールドグラフィティアート展」にBanksy(バンクシー)作品が出品されていました。
残念ながら日本の壁や建物にBanksy(バンクシー)の手掛けた作品は一つもありませんが、時間とお金に余裕がある人はスマートフォン片手にグーグルマップでストリートアートを楽しむ旅に出かけるのもいいですね。
グーグルマップだけでは、土地勘がつかめないときはグーグルアースを使うこともおすすめします。
実際にイギリスで大事に保管されているBanksy(バンクシー)の「グラフィティアート」の住所をグーグルマップに入力すれば地図が表示されます。
Banksy(バンクシー)の作品巡り観光マップもありますが、既に消された「グラフィティアート」の古い情報も記載されていることがあるので注意しましょう。


時間もお金もない、という方は、パソコンとインターネット環境があるなら、日本にいてもグーグルアースを使えばBanksy(バンクシー)の作品巡りも簡単です。
また、パソコンとインターネットを使ってBanksy(バンクシー)作品のステッカーを購入すれば、お部屋のインテリアとしても、小物のアクセントにもオシャレに使えます。
ステッカーの使い方はあなたの感性次第。
ただのステッカーになるかBanksy(バンクシー)の世界観を生かしたステッカーにするかは使い方次第です。
ステッカーで日本にいながらBanksy(バンクシー)の世界観を楽しんでみましょう。

オークションに良く参加する方はBanksy(バンクシー)が手掛けた故ダイアナ妃のポスターを探してみるのも乙です。
Banksy(バンクシー)が手掛けた故ダイアナ妃のポスターは数量限定品です。
故ダイアナ妃のポスターはレア作品なのでぜひ、探してみましょう。


アートグッズを扱うサイトではBanksy(バンクシー)作品がポスターとして販売されています。
Banksy(バンクシー)は有名になるにつれ、作品価値が上がってきていますが、ポスターであれば、気軽に手に入れることのできる値段で購入できます。
ポスターで作品を集めるのもおすすめです。

もっと「アート」や「作品特集」が気になるあなたにおすすめ!

現代を代表する写真家「トーマス・ルフ」とは?作品写真集まとめ | xtreeem[エクストリーム]
黒板アートの簡単な描き方&コツまとめ!卒業式・文化祭のアイディア集 | xtreeem[エクストリーム]

関連するまとめ記事

猫村 希苑
猫村 希苑

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ