ギフトにぴったり!人気のハンドクリームブランドランキングTOP17のイメージ

ギフトにぴったり!人気のハンドクリームブランドランキングTOP17

ミニギフトとして人気のハンドクリーム。同性異性問わず気軽に贈ることができるブランドハンドクリームは、ちょっとしたプレゼントとして定番です。そこで、今回はプチギフトやプレゼントに人気なハンドクリームのブランドを、定番のものから安いものまで17選をご紹介します!2017年11月13日更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ミニギフトに!ハンドクリームがプレゼントにおすすめな理由
  2. ハンドクリーム、プチギフトにも有り?
  3. ハンドクリームのギフトは女性限定?
  4. ハンドクリームのプレゼント、意味は大丈夫?
  5. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド1:ロクシタン
  6. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド2:ジルスチュアート
  7. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド3:イソップ
  8. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド4:ジュリーク
  9. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド5:サボン
  10. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド6:テラクオーレ
  11. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド7:TOCCA(トッカ)
  12. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド8:ローラ メルシエ
  13. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド9:アナスイ
  14. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド10:ポール&ジョー
  15. 【定番編】人気ハンドクリームのブランド11:ロリア
  16. 【高級編】人気ハンドクリームのブランド12:シャネル
  17. 【高級編】人気ハンドクリームのブランド13:ディオール
  18. 【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド14:ラッシュ
  19. 【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド15:ママバター
  20. 【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド16:リーフ&ボタニクス
  21. 【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド17:ハーバシン
  22. 【番外編】人気ハンドクリームのブランド:スチームクリーム
  23. ハンドクリームをギフトに選ぶ時の注意点
  24. おわりに

ミニギフトに!ハンドクリームがプレゼントにおすすめな理由

ミニギフトと言えば、多くの人が真っ先に思いつく定番はハンドクリームです。乾燥する季節には特に喜ばれますが、ブランド物のハンドクリームはもはや1年を通して定番プチギフトとなっています。

ブランドのハンドクリームはブランドとは言っても多くは1000円〜2000円程度、高級ブランドでも3000円台程度と比較的安く、女性同士のギフトにはもちろん、男性から女性への贈り物としても非常に人気です。特に男性から女性へのギフトとしては良い意味で無難、ハズレないのでオススメです。

また500円未満の小さくて安いハンドクリームは、結婚式のプチギフトにも人気が高まっています。そこで、今回はプレゼントとしてはもちろんプチギフトにも使える人気ハンドクリームのブランドを、気軽に贈れる安いブランドから少し張り切った高級ブランドまで、ランキングTOP17をご紹介します。

ハンドクリームのギフトは消えモノ、あっても困らない!

ハンドクリームがなぜプレゼントランキングに常に入る定番人気であるのかといえば、「日常的に使える」「消えモノ」であることが理由の1つでしょう。というのも、プレゼントには「重い」と言われるものがあり、例えば有名なのは恋人でない人からの手作り用品とか、高級なものが挙げられます。

ハンドクリームは上でも挙げたようにだいたい1500円程度で、物によっては500円〜3000円ほどと贈りやすい価格帯であり、また使用して消えるものであるので受け取りやすい品です。秋冬など乾燥する季節は多くの人が使用しますし、普段使用しなくても「あれば使う」人も多い品でもあります。

また自分ではなかなかブランドのハンドクリームは買わない、という人も少なくありません。なので自分では買わないちょっと良いコスメ、というのは嬉しいもの。以上のように、貰って困らない、というのはギフトとして非常に重要です。

ハンドクリーム、プチギフトにも有り?

意外と知らない?プチギフトの意味

プチギフト、誰でも一度は聞いたことありますよね。プチギフトの意味をご存知ですか?単語ごとの意味を考えれば、プチはフランス語で「小さい」「ちょっとした」という意味で、ギフトは贈り物という意味ですよね。つまり「ちょっとした贈り物」という意味になります。

しかし、プチギフトは「ちょっとした贈り物」ではあるものの、もう1つ意味があります。それは、結婚式や披露宴などのイベントで、ホスト側が来客に配る贈り物のことなのです。元々の意味と同じように、それは200〜500円の安いもの、あるいは安く見えるものが一般的です。

プチギフト=ちょっとした贈り物、とだけ思っていた人も少なくないのではないでしょうか。引き出物とは違うの?と思うかもしれませんが、引き出物とは別です。現在、ほとんどの結婚式では引き出物はテーブルの下に用意するため、見送りの際に何もないのが寂しいと始まったのがプチギフトだと言われています。

プチギフトとは新郎新婦様がゲストに手渡しで贈る小さなギフトです。ゲスト様に対する感謝の気持ちを伝えるアイテムであり “一人一人に話しながら渡す”というのがポイントで会話をはずませるアイテムでもあります。 また、一つの家族にひとつお渡しする引き出物とは違い、プチギフトは来てくださったゲスト全員にひとつずつ渡します。

今や結婚式のプチギフトは、90%以上の結婚式で用意されているそうです。プチギフトに選ばれるのはだいたいスイーツや調味料などの消えモノですが、小さくて安いハンドクリームなども人気です。

ただし、最近ではミニギフトと同じ意味でプチギフト、つまりそのまま「ちょっとした贈り物」という意味でその言葉を使っている広告なども多く、全てが結婚式のプチギフトを指しているわけではないので注意が必要です。

ハンドクリームのギフトは女性限定?

ハンドクリームのプレゼントといえば、やはり女性がメインでしょう。というのは、男性がハンドクリームを使っていないというわけではなく、一般的に女性ほどハンドクリームのブランドなどに拘らないからです。ハンドクリームをギフトとして発売しているブランドの多くが女性向けの広告戦略を立てていることもあって、基本的には女性向けのギフトと言えるでしょう。

もちろん、香りの好みやデザインが嫌いでなければ、あっても邪魔になるものではありません。なので、シンプルで使いやすいパッケージなら男性に渡しても問題はないでしょう。

しかし貰う側ではなくギフトをあげる側としては、男性もメインターゲットです。一番分かりやすいのはお土産やホワイトデーのお返し。数百円〜1500円程度の定番ハンドクリームは上記で言ったようにハズレないミニギフトになるでしょう。

男性から女性へのプレゼントは、異性だけあって親しい関係性でもないとなかなか難しいもの。定番には定番の理由があるというわけです。

ハンドクリームのプレゼント、意味は大丈夫?

人に贈るものとして、悪い意味を持つものがあります。有名なところでは櫛で、これは苦(く)死(し)を連想させるのでギフトとしてはタブー、などです。しかし櫛はその昔男性から女性に求婚の意味で贈られており、「死ぬまで添い遂げる」という意味であるとも言われます。

同じように、いろいろなプレゼントには意味が与えられています。ハンカチは「手切れ」を連想させるのでダメだとか、結婚祝いに割れ物(仲が壊れるを意味)もダメ、など。けれど実際にはハンカチはギフトのランキング上位であり、ペアのお皿やカップを結婚祝いに贈る人も少なくありません。

贈る花の花言葉と同じくらいの認識で大丈夫です。ただ、気にする人は気にするので、そういった贈り物の意味に詳しい人・気にする人に贈る場合は気をつけるのがベター。

そして今回ギフトとしてオススメするハンドクリームには何か意味があるのか、と思う人もいるかもしれません。結論から言うと、ハンドクリームには今のところ特に意味はありません。ギフトに迷った時に頼れるハンドクリームです。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド1:ロクシタン

出典: https://www.amazon.co.jp

プチギフトの定番中の定番、ロクシタン(L'OCCITANE)。女性同士でも男性から女性でも違和感なく贈れる、定番人気ブランドです。容量にもよりますが30mlで1400円程度。ロクシタンの代名詞ともいえるローズの香りや、香りものが苦手な人にもオススメのシアが人気です。

世界で3秒に1本売れていると言われ、世界的に有名なブランドです。プレゼントとしては非常に認知度が高く、「ちょっとしたプレゼントがしたいけどあまり詳しくない」人は、ロクシタンのハンドクリームを選んでおけば間違いない、と言えるくらいには定番でしょう。

男性から女性へのギフトとしても非常に定番であり、ギフトのランキングには必ず入ると言っても過言ではありません。ギフトに困った時にはロクシタンのハンドクリームで決まりです。

またロクシタンは空港や海外の免税店では安く買えるので、海外のお土産にも重宝されます。日本で人気のハンドクリームやコスメで、海外で安い商品を見つけた場合はちょっとした贈り物に購入しておくと良いかもしれません。

日本ではローズ、シア、チェリーブロッサム、ヴァーベナなどが人気ですが、限定版の香りもよく発売されたり、また日本ではない香りが海外で発売されていたりします。気になった方はチェックしてみてください。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド2:ジルスチュアート

出典: http://www.eshop.jillstuart-beauty.com

ハンドクリームといえばここも外せない、ジルスチュアート。コスメ全般を取り扱っていますが、ギフトとして認知度が高いのはやはりハンドクリームです。30mlで1300円程度で、ブランドハンドクリームとしては平均的あるいは良心的なお値段。ロクシタンに続き、ギフトのランキングには必ず入る有名どころです。

代表的なホワイトフローラルブーケのハンドクリームは、一般ウケする女の子らしい香りはギフトにはもってこいの定番人気商品です。ハンドクリームはもちろんリップバームやネイルカラーなどどれも宝石のような可愛らしい、いわゆる女子力の高いパッケージで、プレゼントに最適です!

出典: https://www.eshop.jillstuart-beauty.com

ジルスチュアートのハンドクリームはロクシタンと並んで人気が高く、パッケージデザインの女子力が高いのもあってロクシタン以上に女性同士のギフトに人気です。もちろん数が少ないだけで男性からのギフトならなお喜ばれることでしょう。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド3:イソップ

出典: http://onlinestore.barneys.co.jp

最近人気のイソップ(ARSOP)は、こだわりの原料を使い、最新技術と最高品質の製品を掲げるオーストラリア発のブランドです。高級ホテルのアメニティとしても知名度があります。

75mlで2700円程度と、一見高く見えますが容量を考えると他の定番ハンドクリームと同じくらいのお手頃価格です。サイズは75mlの他に120mlと500mlの大容量ポンプまであり、ギフトにはもちろん、ギフトで貰った人が気に入って自分で購入するようになることも多い様子。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド4:ジュリーク

出典: http://jurlique-japan.com

ジュリークはシンプルで高級感漂うパッケージが特徴のオーガニックコスメブランドです。ハンドクリームのギフトとしては少々リッチな印象で、40mlで約3500円です。

4種類ある香りは基本的にどれも上品で、特に華やかな甘い香りのローズはベストコスメを受賞しています。パッケージは分かりやすい可愛らしさはないものの上品で高級感があり、大人の女性へのギフトにオススメできます。

出典: http://jurlique-japan.com

【定番編】人気ハンドクリームのブランド5:サボン

出典: https://www.sabon.co.jp

プレゼントに定番のサボンは、オーストラリア発のブランドです。ハンドクリームの香りは全6種で、全て50mlで約1800円。シンプルながらもどこか可愛らしいパッケージが特徴です。

どちらかというと女性同士の贈り物によく用いられますが、もちろん男性から女性へのギフトにも◎ ハンドケアやボディケア用品のランキングでは必ず目にするブランドでもあります。

テクスチャはさらっとしていますがなめらかで保湿力が高く、爪までケアできます。またブランドハンドクリームとしては珍しいバニラやラベンダーバニラなど、ローズ系以外で甘い香りがあるのも特徴です。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド6:テラクオーレ

出典: http://terracuore.com

シンプルでおしゃれなパッケージのテラクオーレ。テラクオーレは原料にこだわったオーガニックコスメが特徴です。ギフトの一番人気はラベンダーのハンドクリーム、75mlで約1600円です。

アロマテラピーやハーブの長い歴史があるイタリア×日本の開発チームが「日本人の肌に合う」オーガニックコスメを提唱したブランドになります。ローズやカモミールなど自然ながらも高級感ある香りが特徴です。

出典: http://terracuore.com

【定番編】人気ハンドクリームのブランド7:TOCCA(トッカ)

出典: http://www.gpp-shop.com

ニューヨーク発のコスメブランド、TOCCA(トッカ)。ハンドクリームはクレオパトラの香りをはじめ珍しい香りが揃っており、60mlで約1600円と少し安めのお手頃価格です。

香りも良く、またココナッツオイルやシアバター、ホホバオイルなど保湿成分が多数配合され保湿力にも優れています。

出典: http://www.gpp-shop.com

クレオパトラの香り、ステラの香り、ジュリエッタの香り、ビアンカの香りと変わった名前になっており、名前だけではどんな香りか想像もつかないのも面白いところ。またパッケージ違いでそれぞれ2つずつあり、普通のチューブとメタルチューブ、またハンドローションと種類も豊富です。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド8:ローラ メルシエ

出典: http://www.shiseido.co.jp

ボディケア用品とメイクアップ用品で名高いローラ メルシエ(LAURA MERCIER)のハンドクリームは、アンバーバニラ、クレームブリュレ、フィグ、アーモンドココナッツミルクの甘い香りのラインナップ。50gで約1600円です。

コクのあるテクスチャとしっかりした香り、グレープシード配合で保湿力高いながらもベタベタしないのが特徴。甘い香りが好きな人からは非常に高評価のハンドクリームです。ハンドクリームから入ってボディバターや他のコスメにもハマってしまう人が多いブランドのようです。同ブランドラインナップの中でハンドクリームは比較的安いものの、高級感のあるパッケージなのでプレゼントとしての見栄えも◎

スイーツ系の甘い香りは好き嫌いがハッキリ分かれるので、ランキングにはなかなか食い込んできませんが、ローラメルシエのハンドクリームは実は男性からも人気があります。そのため、女性が男性へプレゼントする方も少なくありません。

ローズなどの女性らしい香りよりも、お菓子のような甘い香りが好きな男性も多く、甘い香りのラインナップ豊富なローラメルシエはそういった男性に好評です。同じ香りのボディバターや香水と合わせてオススメの甘いコスメブランドとなります。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド9:アナスイ

出典: http://www.annasui.com

コスメブランドとしてはもちろん、服や財布などでも有名なアナスイ。ハンドクリームは40g2000円で、高級感のある女の子らしい香りとアナスイらしい華やかなパッケージが特徴です。チューブからクリームを出すと花の形になるという可愛らしい仕掛けになっています。

ハンドクリームをハンカチやミラーと一緒にギフトとして贈る人が多く、そこからアナスイを好きになる人が多く、ギフトとしても自分用としても長年人気のあるブランドとなっています。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド10:ポール&ジョー

出典: http://www.paul-joe-beaute.com

ポール&ジョー(PAUL&JOE)はフランスのデザイナーによるファッションブランドであり、コスメブランド。ハンドクリームは40gで約1700円で、大人の女性らしい上品なデザインのパッケージが特徴です。

定番のハンドクリームNは柑橘系の香りで、期間限定の香りが販売されることも少なくありません。贈る人を選ばない香りと使いやすさが定番の理由です。

【定番編】人気ハンドクリームのブランド11:ロリア

出典: http://www.gpp-shop.com

ニューヨーク発、絵の具のようなチューブに可愛らしいパッケージが特徴のロリア(LoLLIA)のハンドクリーム。箱とチューブのパッケージが非常に女の子らしくて可愛く、持っているだけで女子力が上がりそうなデザインです。35gで2000円弱。

香りの種類も多く、それぞれパッケージ全く違うデザインで目でも楽しめるのでプレゼントにもってこいです。

【高級編】人気ハンドクリームのブランド12:シャネル

出典: https://www.chanel.com

誰もが知るレディースブランド、シャネル。コスメはもちろんファッションから宝飾品などココ・シャネルが築いた人気の高級ブランドです。発売と同時に話題になったシャネルのハンドクリームは前代未聞の卵型。ころんとした可愛らしいデザインと機能性が特徴です。50mlで約6000円。

自分の日常用に買うにはちょっとハードルが高いので、プレゼントで貰えば嬉しさ倍増です。女性同士や親子、男性から女性へ、ちょっとリッチなプレゼントにオススメ。

口コミを見ても非常に評価が高く、高級ブランドの名に恥じないハンドクリームであることが分かります。この卵型のハンドクリームは2017年10月に発売されたものの、既に完売しており今年はもう製造されないとのこと。来年以降の再販に期待したいところです。

【高級編】人気ハンドクリームのブランド13:ディオール

出典: https://www.amazon.co.jp

言わずと知れたフランス発のファッションデザイナー、クリスチャン・ディオールによる高級ブランドのハンドクリーム。コスメやスキンケア用品だけでなくファッション、フラグレンス製品を世に送り出しています。ハンドクリームは75mlで6,500円程度と他社と比較するとお高め。

ちょっとしたギフトとしては高級過ぎるかもしれませんが、誕生日など特別な日にはもちろん、親しい間柄の男性から女性へのギフトならリッチなプレゼントだと喜ばれることでしょう。

【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド14:ラッシュ

出典: https://jn.lush.com

色と香りのあるバス用品やボディケア用品が有名のラッシュ(LUSH)のハンドクリーム。ラッシュのハンドクリームは物によりますがだいたい100gで約1500円と、ブランドハンドクリームの中では比較的安い製品です。小さいパッケージなら500円台と安いものからあるので、そちらはプチギフトにも。

ラッシュのハンドクリームはいくつか種類があり、それぞれ全く違うテクスチャや香りが楽しめます。今やミニギフトとしての認知度も高く、バスボムやソープも合わせて男女問わずちょっとしたプレゼントにオススメです。

【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド15:ママバター

出典: https://www.amazon.co.jp

赤ちゃんや妊婦さんなど敏感肌へ使うことを前提に保湿を追求したナチュラルコスメブランド、ママバター。ママバターのハンドクリームはシアバターを20%配合し保湿力に優れています。40gで約900円と比較的安いハンドクリームとなっています。

またママバターのハンドクリームの香りは4種類あり、ブランドハンドクリームでは珍しく無香料があるのも特徴です。香りが苦手な方や小さいお子さんがいる方へのプチギフトに。男性から女性へのプチギフトでももちろんオッケー。あまり高いプレゼントを贈る間柄ではない場合、比較的安いハンドクリームはギフトとして重過ぎず最適です。

【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド16:リーフ&ボタニクス

出典: https://www.amazon.co.jp

バス用品やスキンケア用品を主に製造する日本の会社、松山油脂によるブランンド、リーフ&ボタニクスのハンドクリーム。全ての製品にエッセンシャルオイルが配合され、自然ないい香りと日常的な使いやすさが特徴です。ハンドクリームは65gで約1000円、結婚式のプチギフト用に20g約300円のミニサイズがあるのも嬉しいところ。

パッケージもおしゃれながらもシンプルなので、女性はもちろん男性でも使いやすいこと間違いなし。ハンドクリームのギフトは女性同士や男性から女性へが一般的ですが、女性から男性へも贈りやすいデザインです。

【プチプラ編】人気ハンドクリームのブランド17:ハーバシン

出典: https://www.amazon.co.jp

ドイツのブランドハーバシン(herbacin)。ハーバシンは、オーガニックのカモミールエキスをたっぷり使ったハンドクリームです。20gのミニ缶が約300円、75gのチューブが600円程度。女性でも男子でも抵抗なく使える香りで、ミニ缶は300円台と安いのでプチギフトにもオススメです。

ハンドクリームとしてはかなり安い部類ながらも、2004年には@cosmeのベストコスメ大賞 ボディケア部門 第3位を受賞した実力派。保湿力も高く、香りも万人受けする自然なカモミールの香りです。ちょっとしたギフトにはもちろん、自分用の日常使いとしても◎

お店によってはまだ在庫があるようですが、日本では先日販売終了してしまった模様。製造国のドイツでは、ドラッグストアやスーパーに大きいチューブでも200円程度で売っていますので、ドイツに旅行の際はぜひお試しください!そのままの意味でのプチギフトとして、ばら撒き用のお土産として、非常に優秀で人気ですよ!

【番外編】人気ハンドクリームのブランド:スチームクリーム

出典: http://www.steamcream.co.jp

デザイン缶で有名なスチームクリーム。ハンドクリームの用途でも使われているものの、ランキングとしてはボディクリーム枠なので番外編です。ハンドクリームとしてはもちろん、腕や足どころか顔や髪にまで使える、1つのクリームでスキンケアをまるっとカバーできるシンプルさと保湿力を兼ね備えた製品です。75gで1800円程度。

シンプルなスキンケアを謳い、面白さやハッピーを届けるという意味で、ディズニーとのコラボデザインをはじめ様々なデザイン缶が登場しています。正確にはハンドクリームではありませんが、ハンドクリームとしても使える非常に優秀かつ人気の一品です。デザインによってはプチプラそうに見えたり高級感があったりするので、場合や相手によって選ぶのが楽しくなります。

伸びがよく少量で潤うのでコストパフォーマンスが高く、値段以上に使えるのでむしろ安い印象です。

ハンドクリームをギフトに選ぶ時の注意点

ギフトのランキングで常に上位にあるハンドクリームですが、1つ注意しなければいけないことがあります。それはズバリ、香りです。そもそも香りモノが嫌いな人もいますし、定番人気の香りでもダメな人ダメです。なので、おすすめギフトのランキングやハンドクリームのランキングはあくまで目安として、贈る人を考えてギフトを選ぶのが大切です!

もちろんランキング上位や定番の商品はある程度一般受けするものなので、プチギフトなど不特定多数が対象の場合は仕方ありません。ですが、特定の誰かや少人数にあげるなら、ランキングよりも本人にできるだけ香りの好みをリサーチしたり、香りモノが苦手な人には無香料のものを選ぶなどの配慮を心がけると最良です。

ちなみに、お返しとして返す時は釣り合う価格帯のものにすることも大事。一口にハンドクリームといっても、上で挙げたように数百円の安いものから5000円を超える高級ハンドクリームまでピンキリなので、相手が気後れしない程度の物を選びましょう。

おわりに

ハンドクリームをギフトとして贈るのはもはや定番ですが、ハンドクリームのブランドは人気なものだけでもこれだけあります。中にはどう見ても女性にしか贈れないようなファンシーなパッケージのものもありますが、比較的安いハンドクリームはデザインもシンプルなので男性でも使いやすいです。

冬など乾燥している季節にも、そして水仕事をはじめ手を使う仕事をしている人にも指先の乾燥はつきものです。女性にはもちろん男性へのミニギフトはもちろん、プチギフトそのままの意味で「ちょっとした贈り物」をしてみてはいかがでしょうか。

ギフト定番人気やランキングはたくさんありますが、ハンドクリームをはじめコスメは、結局香りや使用感が合うか合わないかです。評判やランキングはあくまで参考として、まずは香りを確認したりテスターを使ってみることをオススメします!

関連するまとめ記事

よく読まれている記事

出海
出海

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ