世界の軍事力ランキング!北朝鮮は23位、そして日本の実力に中国が…

最新の軍事力ランキングによると、アメリカはダントツのトップの世界最強で、その軍事費はロシアと中国の合計の3倍に達します。また2位はロシア、3位は中国となり日本は…7位。軍事力ランキングで見る限り日本は中国の後塵を拝しています。

世界の軍事力ランキング!北朝鮮は23位、そして日本の実力に中国が…のイメージ

目次

  1. 世界の軍事力ランキングとは
  2. 日本は何位?世界の軍事力ランキング
  3. 中国の順位は?世界の軍事力ランキング
  4. 中国以外の日本周辺のアノ国は何位だった?
  5. まとめ

世界の軍事力ランキングとは

出典: https://www.globalfirepower.com

単に世界の軍事費をランキングしたものじゃない?

出典: https://www.globalfirepower.com

世界の軍事力ランキングとは、アメリカの軍事評価機関「グローバル・ファイヤーパワー」(Global Firepower GFP)によって算定された、世界の国別のランキングです。

軍事力ランキングと聞くと、軍事関係のプロフェッショナルを除き、単に「国別軍事予算を比較したもの」とか「国別の兵士数を比較したもの」…のようなイメージがあるかも知れませんが、実際にはもっと複雑な要素を考慮して指数化された数字を元にして決定されているようです。

具体的には、「国別の保有人口(Total Population)」、「兵力(Manpower Available)」、「空軍の戦力(Aircraft Strength)」、「海軍の戦力(Naval Aseets)」など、
全部で50もの項目で数値化されたデータを総合して世界の軍事力ランキングは決定されています。

世界で唯一の被爆国である「日本」国民としては、大変気になる「核兵器」ですが、これがどのように軍事力ランキングに反映されているかは公表されておらず不明です。
(ただし、50項目の中の1つとして考慮はされているとのことです。)

ちなみに、核兵器を保有しない非核保有国の国の中での軍事力ランキングでは、日本がトップという結果になっています。

日本の自衛隊は防衛のための専門的組織ですが、世界的にみれば、結構な"脅威"として韓国や北朝鮮、ロシア、中国の周辺国には見えているのかも知れないです。

出典: https://www.globalfirepower.com

出典: http://zaakai.cocolog-nifty.com

日本は何位?世界の軍事力ランキング

日本のランキングは過小評価されていると中国が警戒?

出典: http://tamenal.com

核兵器を保有しない「非核保有国」の国の中での軍事力ランキングでは、日本がトップという結果ですが、核兵器も考慮した世界の軍事力ランキングでは、日本の軍事力はどのあたりにランクされているのでしょうか?

(とくに軍事マニアでない、普通の日本人でも気にはなります…。)

結論から言えば、日本は「2017年の世界全体の軍事力ランキング」では7位にランクされています。

これが、高いのか?低いのか?は、よく分かりません…。

ネットの書き込みには、自衛隊は「海軍力」や「空軍力」だけで比較すれば、中国をも凌ぐ、という意見もあります。

その一方で、「陸軍力」だけで考えると、アジア諸国の中でも「中」ぐらいなのでは?というコメントも見られました。

ちなみに、軍事力ランキングの6位(日本の1つ上の順位)は「イギリス」で、ランキングの8位(日本の1つ下の順位)は「トルコ」でした。

中国の順位は?世界の軍事力ランキング

出典: http://news.searchina.net

軍事力ランキング3位でも中国は日本に勝てない?

日本のお隣りの国「中国」の軍事力ランキングは、世界の中ではどう評価されているのでしょうか?

中国は「世界全体の軍事力ランキング」では3位にランクされています。

ちなみに、「世界全体の軍事力ランキング」の2位はロシアで、1位はアメリカです。また4位は同じアジアの国インドでした。

ロシアと中国は、同じアジアの国ですが、両国の差は"ごく僅か"で中国がロシアを抜いて2位にランキングされるのは時間の問題とされています。

上の記事中で、日本の自衛隊は「海軍力」や「空軍力」だけで比較すれば中国をも凌ぐ、というネット上の書き込みを紹介しましたが、
軍事力ランキングを算定する際に中国は「兵力数」で大きなポイントを稼いでいるようです。

このことについて中国国内でも話題になっていて、

「兵士の数が多いだけで、他は取り柄がないみたいだ。」
「侮辱されている気がする。」

と今回の軍事力ランキングの決め方への批判が多く書き込まれています。

一方で、日本に対しては

「局地戦なら中国は日本に勝てない。」
「日本やドイツは楽に勝てる相手ではない。」

というコメントも多く見られました。

日本の自衛隊の実力は軍隊として、中国からは警戒されているようです。今の中国は、日本が戦争したら勝てる国なのかも知れません。

出典: http://www.businessinsider.com

中国以外の日本周辺のアノ国は何位だった?

北朝鮮、韓国、ロシア、アメリカの軍事力ランキング

出典: https://www.globalfirepower.com

出典: http://originalnews.nico

今回も世界の軍事力ランキング第一位は、ダントツでアメリカ合衆国でした。

逆に言えば、それだけ軍事費もかけていますので、もし2位にランキングされたら
アメリカの軍事評価機関「グローバル・ファイヤーパワー」(軍事力ランキングを作成した組織)は非難が集中して仕事が無くなってしまうかも知れませんね。

また軍事力ランキングで気になるのは、日本の周辺の国のランキングだと思います。

具体的には、北朝鮮や韓国、ロシアのランキングが気になります。

結論から言えば、

・北朝鮮は23位
・韓国は11位
・ロシアは2位

でした。

あの北朝鮮が23位というのは、普段の強い姿勢や暴れっぷりからすると少し低いのでは、という気もします(案外弱いのでしょうか?)。また、核兵器はポイントとして反映されているのか、疑問に感じます。

韓国は、ランキング7位まで上昇したことがありますが、最近は11位に留まっています。

ロシアは、堂々のアメリカに次ぐ2位ですが、中国に2位の座を明け渡すのは時間の問題と見られています。

出典: http://zaakai.cocolog-nifty.com

まとめ

出典: http://blog.livedoor.jp

日本人の素人でも分かりやすい軍事費に絞って見れば、軍事大国アメリカは約60兆円、中国が16兆円、サウジアラビアが5兆円、日本やロシアが4兆円となっています。

アメリカの60兆円は最強で、もはやバカげた金額にしか見えませんが、オイルマネー潤沢なサウジアラビアが5兆円なのには意外な気がしました。

やはり、これだけの国防費を、もし社会保障などに振り向けたらどんな世界になるのかな?と思ってしまいます。

軍事的歯止めが無くなって、テロや紛争が頻発する終末期のような世界になるのか、多くの国民が笑顔で暮らす世界になるのか…。

そろそろ本気で軍事費について考える必要があるのでは?


関連するまとめ記事

よく読まれている記事

NISHIJIMA
NISHIJIMA

人気の記事

人気のあるまとめランキング

関連する記事

新着一覧

最近公開されたまとめ