北朝鮮 核実験で「白頭山」に噴火の兆候⁉ 日本の火山や地震の影響は?

北朝鮮の白頭山で噴火の兆候が出ている?白頭山ってなに?活火山の近くで核実験をしているって本当?噴火したら日本の火山も影響がある?白頭山が噴火したら日本はどんな被害を受けるの?世界でも重大なダメージを受ける?今回は北朝鮮の白頭山についてまとめました。

北朝鮮 核実験で「白頭山」に噴火の兆候⁉ 日本の火山や地震の影響は?のイメージ

目次

  1. 北朝鮮の水爆実験
  2. 北朝鮮の核実験の歴史
  3. 北朝鮮の活火山『白頭山』と核実験はどのように影響し合っているのか
  4. 北朝鮮の活火山『白頭山』とは
  5. 1000年前にも噴火している活火山『白頭山』
  6. 活火山『白頭山』の噴火する確率は
  7. 活火山『白頭山』の噴火は北朝鮮にどのような被害をもたらすのか
  8. 活火山白頭山が噴火したら日本にどのような被害をもたらすか
  9. 活火山『白頭山』の噴火は世界にどのような被害をもたらすか
  10. 北朝鮮の活火山『白頭山』についてのまとめ

北朝鮮の水爆実験

出典: https://www.j-cast.com

金正恩、水爆開発を視察

2017年9月3日北朝鮮の北東部でマグニチュード5.6(メディアによっては6.1や6.3とも)の地震が起きたと韓国気象庁が発表しました。そしてその地震は自然に起きた地震ではなく人工的に起きた地震だと指摘されています。同日、北朝鮮のメディアである朝鮮中央テレビは6度目の核実験に成功したことを伝えました。これに伴い国際連合安全保障理事会は北朝鮮に対しての制裁を決定しました。

出典: https://xn--japan-9t2hu30gsg3fz4l.com

マグニチュードの大きさの影響

参考までに東日本大震災のマグニチュードは9でした。
マグニチュード6ともなるとかなり大きい規模の地震になります。特に核実験ということを考えると震源が『地表』になるので凄まじい揺れだと思います。
ちなみにマグニチュードは地震のエネルギーの大きさの単位で1上がると、エネルギーが約32倍になると言われています。

北朝鮮の核実験の歴史

出典: https://ameblo.jp

金正日

北朝鮮では現在に至るまで合計6回の核実験が行われています。
第一回目の2006年の実験では国際情勢の見方は「北朝鮮がヒロシマ・ナガサキほどではないが十分大きな核を手に入れた」というものでした。
第二回目の2009年の実験ではおよそナガサキでの大きさと同じレベルの核実験だったと言われています。

出典: https://matomezone.co

金正恩時代に入ってから核実験がより頻繁に行われることとなります。
三度目の2013年の核実験ではヒロシマに投下された原爆の3倍ほどのものだと推定されています。
四度目の2016年1月の核実験では水素爆弾の実験に成功したと伝えられました。
本当に水爆であれば6番目の水素爆弾保有国となります。
2016年9月にも1月の爆弾の2倍ほどの威力だと伝えられています。

北朝鮮の活火山『白頭山』と核実験はどのように影響し合っているのか

出典: https://allabout.co.jp

北朝鮮で行われる核実験は北朝鮮の北東部の豊渓里(プンゲリ)という場所の豊渓里核実験場で行われています。
この豊渓里という場所は強制収用所があり、そこに収容されている政治犯がここでの核実験に従事していると考えられています。
地図で見ると豊渓里の左上に白頭山が位置しています。

出典: http://www.museum.tohoku.ac.jp

そしてここで問題になってくるのが活火山『白頭山(はくとうさん、ペクトゥサン)』です。
この山は中国と北朝鮮の国境線を跨っているのですが、核実験場から120キロほどしか離れていません。
白頭山は活火山であり、「地表」で、もしくは地表に近い地下で核実験をしているわけですから影響をモロに受けることになります。つまり噴火の誘発です。

北朝鮮の活火山『白頭山』とは

出典: https://ameblo.jp

白頭山は標高2744mの中国と北朝鮮に跨る活火山です。
しかしここ最近では毎年3cmの山自体の膨張が確認されていて、マグマも3mm上昇、地下水の温度の上昇も確認されています。
そんな危なっかしい白頭山の近くに、大地震を引き起こしている核実験場があるのです。

出典: http://s.webry.info

この白頭山は歴史的に見ても朝鮮血統の民族の聖地になっています。
神話では朝鮮民族はこの白頭山から興り、後に平壌へ移住したということになっています。
また白頭山に登れば生まれ変わることができるとも言われています。
金正日はこの白頭山で生まれたということにもなっているので、北朝鮮の民族にとっていかに大事な場所かがわかります。

出典: http://blog.livedoor.jp

白頭山には「白頭山英雄青年第3号発電所」という発電所があります。
2002年に計画され2015年に完成された発電所です。
北朝鮮は電力供給が間に合わず、足りていなくて期待されていたのですが実際は欠陥だらけの、かなりやばいダムになっていて現在使われていません。

出典: http://yanbian-city.in

白頭山は中国側ではスキーの観光地として開発を進めています。
実際にすでに日本からのツアーがあります。
ちなみに案の定、中国と北朝鮮がここの領有権を主張し合っています。

1000年前にも噴火している活火山『白頭山』

出典: http://blog.livedoor.jp

白頭山は何度か噴火している活火山ですが、10世紀前半の白頭山の噴火は、過去2000年世界中を見ても最も大規模な噴火でした。
日本では東北地方でも火山灰が確認されていて、北極圏であるグリーンランドでさえ火山灰が降り注いだと言われています。
火山灰の影響で日本での農作物のほとんどがダメになったという記録もあります。

活火山『白頭山』の噴火する確率は

出典: http://www.kotatsukame.com

専門家の間ではたびたび白頭山の噴火の兆候について議論されていました。
現在でも白頭山付近ではしばしば地震が起きており、噴火の兆候が見られます。
活火山である白頭山が噴火する確率は2020年までには68パーセント、2034年までには99パーセントの確率で噴火すると言われています。

出典: http://www.bosai3.com

火山噴火の兆候について少し触れておきます。

兆候その1:地下水の温度上昇
兆候その2:火山ガスの量や成分の変化
兆候その3:地震、特に震源が浅くなっていくこと

などです。また噴火には周期というものがあり白頭山は100年とされています。
このような事項から判断しても噴火が近いのがわかっています。

活火山『白頭山』の噴火は北朝鮮にどのような被害をもたらすのか

噴火すれば北朝鮮の農業は壊滅する

出典: http://www.tokyo-np.co.jp

噴火したらまず浮かぶのが北朝鮮での農作物の被害でしょう。
そもそも食べ物が足りてない北朝鮮がこのような被害に晒されたら一般市民はほとんど飢え死にするのではないでしょうか。

さらに気になるのが核実験施設です。ここが被害にあって炉心溶解となってしまうと日本でもかなり苦しんでいるわけですから北朝鮮の技術力ではどうすることもできないのではないでしょうか?得意の人海戦術でなんとかするのでしょうか・・・。

出典: http://god634526.hatenablog.com

噴火や地震の規模にもよりますが、破局噴火のような大噴火であればマグマの影響でしばらくその地域に住むことはできません。
かといって北朝鮮に。そこの住人を受け入れることが出来るだけのキャパシティがあるとも思えません。

ではNGOのような団体は入国することができるのでしょうか?
答えは噴火してみないとわからないのです。

ただでさえ貧弱な北朝鮮

出典: http://cinemapost.net

結局北朝鮮にとって白頭山が噴火したら壊滅的ダメージを受けることになるでしょう。
そのためか北朝鮮は噴火の兆候を探るべく白頭山に関しては中国と手を結んでいます。

活火山白頭山が噴火したら日本にどのような被害をもたらすか

噴火は火山灰を呼ぶ

出典: https://socom.yokohama

もし白頭山が噴火したらまず最初に考えられるのが10世紀前半の記録でもわかるように火山灰の影響です。
白頭山からは1100キロ離れているところでも観測されたわけですから、その噴火と同レベルかそれ以上であればかなりのものになるでしょう。
噴火したら農作物の被害は甚大なものになります。おいしいお米も食べれなくなるかもしれません。また普段の生活にも支障を来たすことは間違いありません。
学校や仕事場に行くことは困難になるでしょう。掃除も大変だと思います。
また噴火に伴う地震の影響で日本でも火山の噴火が誘発されるかもしれません。
仮に2020年に噴火が起きたらオリンピックが中止になってしまうかもしれません。

噴火することで地震は起きる?

出典: http://tannkyuu.info

白頭山が噴火したら地震は起きるのでしょうか?
これは十分に考えられるレベルであることは間違いないでしょう。噴火したらすぐに地震が起きることも考えられますが、ただでさえ不安定な日本を形成するプレートが何年後かに大地震を引き起こしたケースが実際に存在します。

1702年の白頭山の噴火の翌年には日本では元禄地震が記録されています。元禄地震は推定マグニチュード8.5、推定最大震度が7という、東日本大震災レベルのものでした。
ただしこの頃は日本にある活火山が頻繁に噴火していたこともあり、確実に白頭山の噴火の影響とは言いきれません。
しかし近年でも日本海側で2004年に新潟中越地震が起きているわけですから、もしが白頭山噴火したらそれと連動する地震発生の可能性は十分あります。

結局噴火したら地震が起きるかどうかの前例はないのですが、十分警戒しておかなければいけないという結論になるでしょう。

活火山『白頭山』の噴火は世界にどのような被害をもたらすか

出典: http://shinhakken-blog.seesaa.net

やはり火山灰による大気汚染の被害が大きいでしょう。
朝鮮半島全域だけではなく、中国、日本は確実にその影響を受けます。
そうなると北朝鮮同様に、農作物の被害は避けられません。

出典: http://www.gett.co.jp

特に重大なのが中国の貿易が止まってしまう確率が高いことだと思います。
津波の影響で船が止まる、はたまた余震の影響で中国自体が止まってしまう。
そうなってくると世界中で被害を受けることになります。
今の世界経済において中国が大規模な危機に見舞われると、さらに世界の金融危機も免れないでしょう。

北朝鮮の活火山『白頭山』についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
北朝鮮に白頭山という火山があり、しかもそれがいつ噴火するかわからない状況にあることを知らなかった人も多いのではないでしょうか?
さらに北朝鮮がその付近で、核実験を行うという事は噴火を誘発しないとも限りません。

やはり地震大国日本ということで、この記事をきっかけとして、地震だけではなく北朝鮮の核実験の状況とか、噴火の火山灰の影響や対策まで認識してくれる人が増えてくれる事を期待します。

関連するまとめ記事

浜村
浜村

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ