『沙織事件』18禁誕生のきっかけとなったアダルトゲームたち

『沙織事件』と言うものを知っていますか? この事件をきっかけに、今のアダルトゲーム業界では当たり前の18禁シールが出来ました。 今回はこの事件のきっかけになった、『177』、『沙織-美少女達の館-』や『ドラゴンシティX指定』『天使たちの午後』を紹介します。

『沙織事件』18禁誕生のきっかけとなったアダルトゲームたちのイメージ

目次

  1. 沙織事件とは一体?
  2. 177
  3. 何故この『177』が沙織事件に関わってくるのか?
  4. 沙織事件の全貌
  5. 沙織事件で警察の家宅捜査と、社長の逮捕。
  6. なぜ逮捕をされたのか?その理由
  7. 沙織事件の捜査対象なった『沙織』や『ドラゴンシティX指定』『天使たちの午後』とはどの様なゲームだったのか?
  8. 沙織事件がきっかけで生まれたソフ倫!
  9. 沙織事件までは、どんな規制があったのか?
  10. そもそも、ソフ倫とはどんなもの?
  11. 今も起きる、自主回収事情
  12. 沙織事件以外のアダルトゲームで起きた事件。
  13. 沙織事件後のアダルトゲーム業界
  14. アダルトゲーム業界が抱える問題
  15. それでもアダルトゲームが好き

沙織事件とは一体?

1991年(平成3年)に起きた事件で、コンピュータソフトウェア倫理機構の設立のきっかけになった事件だ。
アダルトゲーム『沙織-美少女達の館-』の発売元フェアリーテールが摘発され、アダルトゲームに嫌な意味で注目された。
この事件には、いくつもの要因が絡んでここまで大きくなっていった。
その内容を紹介します。

出典: https://en.m.wikipedia.org

177

177という数字。
この数字をタイトルに持つ、コンピューターゲームが存在した。
この177が深く沙織事件に関わっている。
それをこれから説明します。

177とは?

沙織事件を語る上で外せないのが、アダルトゲーム『177』である。
この177という数字は、刑法177条の強姦罪をモチーフにした成人向けコンピューターゲームです。
ゲームの内容としては、夜道を逃げる女性を追いかけ服を一枚ずつ脱がしアクションパートと、全て服を脱がし全裸にした後女性を絶頂させるパートに分かれている。
制限時間を過ぎたり、先に主人公が絶頂してしまうとゲームオーバー。
画面に刑法177条 強姦罪 準強姦罪と出てくる仕様だ。
だからタイトルが177なんですね。

ちなみに相手を先に絶頂させると、和姦となりハッピーエンドを迎えるという内容です。
しかも結婚まで行くのです。

現実世界で、そんな事はあり得ないです。

出典: https://www.google.co.jp

出典: http://aika.joo.lt

結婚式エンド

何故この『177』が沙織事件に関わってくるのか?

この177というゲームは、当初はそこまで有名でもない作品だったのです。
が、このソフトが国会議員によって177は有害ソフトだとして取り上げられて発売停止まで追い込まれてしまったのです。
もしかしたら、刑法177条を軽く扱った作品なので取り上げられたのかもしれませんね。

この事を受けて、PCゲーム自体にアダルトな性描写があり有害であるという風潮ができたようです。

沙織事件の全貌

沙織事件

この事件はある京都府の中学生の万引きを発端に始まる。
アダルトゲーム『沙織 -美少女達の館-』を万引きをしたのが、中学生の少年だった事が事件を大きくしていった。

1991年当時は、『有害コミック』に対して逆風が吹いていた事もありアダルトゲームを製作したフェアリーテールにも矛先が向いていった。

出典: http://www.irasutoya.com

出典: http://blog.goo.ne.jp

沙織事件で警察の家宅捜査と、社長の逮捕。

この万引きの件を引き金に販売元のフェアリーテールやX指定を持つキララ。
さらにはその親会社ジャストなどに家宅捜索が入った。
その結果ジャストの社長や、キララの社員などか猥褻図画販売目的所持で逮捕されてしまった。
『沙織』や『ドラゴンシティX指定』『天使たちの午後』などが対象となり、逮捕にまで至ったようだ。

出典: http://publicdomainq.net

なぜ逮捕をされたのか?その理由

出典: http://01.gatag.net

この当時のアダルトゲームは、今では考えられないが画像にモザイク処理が為されていない物が多くあったと言う。
今の時代、18禁ゲームの画像にモザイク処理が見つかったら回収沙汰になる。
そんな緩い規制の時代だったのかもしれないが、それこそが逮捕の理由になった様です。

画像にモザイク処理がされていても、当時はあるコマンドでモザイクが消える仕様もあった様だ。

沙織事件の捜査対象なった『沙織』や『ドラゴンシティX指定』『天使たちの午後』とはどの様なゲームだったのか?

『沙織-美少女達の館-』

出典: https://en.m.wikipedia.org

このゲーム『沙織-美少女達の館-』はPC98などに向け発売されたアダルトゲームソフトで、沙織が男達に拉致されてとある館連れて来られるとこから始まります。
このゲームの売りは、過激な性描写です。
これは禁忌的な意味で過激ですね。
近親相姦や女性同士の同性愛などあります。

更に今回の事件の対象となった部分、モザイク処理がない無修正だという事があります。
そこそこしっかりと性描写が画像になっているのに、モロに見えてるみたいです。

『沙織-美少女達の館-』は、沙織事件の後自主回収され現在ではプレミアがついているソフトのようです。

出典: http://blog.goo.ne.jp

『ドラゴンシティX指定』

出典: https://refuge.tokyo

『ドラゴンシティX指定』もPC98などに向け発売されたソフトです。
この『ドラゴンシティX指定』のX指定は、タイトルのようですがタイトルでは無いようです。
内容としては、男の欲望が満たす街ドラゴンシティに住む女性とあんなことやこんな事をする物語です。
ドラゴンシティの女性は、男を悦ばす事を教えられていて欲望を叶えてくれるのです。
その街で反乱が起き、主人公が平和を守るというストーリー。



ドラゴンシティX指定はアドベンチャーゲームです。
コマンドを選んで行くコマンド選択式アドベンチャーで、今の18禁ゲームでも王道のシステムですね。

やっぱりドラゴンシティX指定も、画像にモザイク処理は為されておらず無修正状態。
しかも年齢制限も特になかったとの事…ドラゴンシティX指定も恐ろしい作品です。

ドラゴンシティX指定はその存在を、製作会社でも消されてしまっているようだ。
会社の過去作品一覧にもドラゴンシティX指定の名前はない。

なお、このドラゴンシティX指定も自主回収されておりプレミアソフトの様です。

出典: https://refuge.tokyo

『天使たちの午後』

出典: http://www.8-bits.info

出典: https://refuge.tokyo

天使たちの午後はアドベンチャー形式のゲームで、数多くの作品が出てます。

その作品リストは以下の通りである。

天使たちの午後
天使たちの午後 番外編
天使たちの午後2美奈子
天使たちの午後2番外編
天使たちの午後3リボン
天使たちの午後3番外編
天使たちの午後4ゆう子
天使たちの午後5狙われた天使
天使たちの午後3番外編・反省版
天使たちの午後SpecialII
天使たちの午後6My Fair Teacher
天使たちの午後Collection
天使たちの午後 転校生
天使たちの午後Collection2
天使たちの微笑み
天使達の午後 SEASON2001

『天使たちの午後3番外編』『天使たちの午後4ゆう子』が捜査の対象になり、回収された作品です。
これも無修正の画像が問題となった。

しかし事件後もシリーズは続き、多くの作品を発売している。


この作品のすごいところは、別売りのジャストサウンドでキャラの音声が出ると言う事だ。
これはかなり革新的なものでした。

出典: https://refuge.tokyo

天使たちの午後 3 番外編

出典: https://refuge.tokyo

天使たちの午後 4

沙織事件がきっかけで生まれたソフ倫!

ソフ倫が誕生したきっかけは、沙織事件の怪我の功名。

沙織事件以降、パソコンゲームでの性描写のあるものに18禁シールが貼られる事になった。
これがレイティングの始まりです。
最初はソフ倫ではなく日本パーソナルコンピューターソフトウェア協会、通称パソ協と言うものだった。
その後、18禁ゲームの製作側が会合でコンピューターソフトウェア倫理機構が出来た。

出典: http://01.gatag.net

沙織事件までは、どんな規制があったのか?

出典: http://free-photos.gatag.net

この沙織事件以前は、規制らしい規制がなかった様だ。
そもそもモザイクが画像にかけられていなくても、発売できるほど緩かった。
なので製作者側の判断に任されていたので、どんな年齢でも今なら18禁の内容のソフトも購入できた様だ。
そもそも当時はコンピューターを個人で持っている人は限られ、年齢の低い少年などな購入するとは考えられていなかったので18禁と言う概念が薄かったのかもしれない。
今でこそパーソナルなコンピューターと言うくらい、個人個人でパソコンを持つ時代です。
18禁は、今の時代のために生まれたのかも知れないと思ってしまいます。

そもそも、ソフ倫とはどんなもの?

このソフ倫とは一般社団法人コンピューターソフトウェア倫理機構の略で、アダルトゲームのなどの規制やレイティングを行う団体です。
18禁の多くは、ソフ倫の審査をクリアして発売されている。
審査をクリアして販売されているものは、18禁シールが貼られているのを知っている人も多いとではないでしょうか?
この18禁シールが貼られているからこそ、安心してプレイ出来るんですね。


最近までは一般社団法人ではなく、ただのコンピューターソフトウェア倫理機構だったが2009年に一般社団法人コンピューターソフトウェア倫理機構になった。

出典: http://www.pref.tottori.lg.jp

今も起きる、自主回収事情

出典: http://publicdomainq.net

この沙織事件が起きて、ソフ倫が出来てからも自主回収騒動と言うものは起きている。
その大半は、モザイクを画像にかけ忘れて発売してしまうと言うものです。
画像へのモザイク処理忘れ、これは沙織事件と同じ様に思いますが今起きているのはハプニングです。
やはりモザイク処理を画像に行うのは、人間です。
疲れもしますしミスもします。

コレは18禁ゲーム開発者サイドとしては、とても大変な事です。
でもユーザーにとっては嬉しい事のようで、自主回収に応じず手元に残す人が多いようです。
実際に18禁ゲームの中古市場では、回収前の初回版が高値で取引されています。

これが原因で、ソフ倫から外れて他のレイティングを行うところに移るせ製作会社もありましたら。

この画像処理をコンピューターが自動で行いようになると、このようなミスも減るでしょう。

出典: http://publicdomainq.net

沙織事件以外のアダルトゲームで起きた事件。

アダルトゲームはその歴史も長くなってきて、その間に色々な事が起きました。
そのいくつかをここで紹介させていただきます。

出典: http://www.irasutoya.com

シナリオライターの失踪

この事件は、ある作品で起きたシナリオライターが失踪するというものです。
内容としてはこうです。
発売延期が続いていた作品があり、その後開発自体が止まってしまったという内容です。
コレは担当していたシナリオライターが、執筆が遅れたりさらには失踪してしまうと良いものです。
その後会社は倒産してしまうと言う、最悪の結末となってしまいました。


コレはシナリオライターの失踪は会社としてとても痛手で、倒産の原因の一部になったのではないでしょうか。
何より発売を楽しみにしていたファンが、とてもがっかりしたのではないでしょうか?

シナリオライターもプロとして仕事をしないのは、如何なものかと思ってしまいますね。

出典: http://publicdomainq.net

下級生2で起きた事件

出典: http://www.wikiwand.com

この事件は、下級生2が巻き起こした事件である。
内容としては、ゲーム開始時から幼馴染のヒロインに彼氏がいるといると言うあり得ない状況から始まる。
ちなみに彼氏は主人公以外です。
しかも、あろう事が初体験を済ませている設定だったのだ。

これに激怒したファンが、ゲームディスクを割ってメーカーに送りつけた。

アダルトゲームをプレイするフレイヤーの中には、処女である事に異常に固執する処女厨がいると言うことを周りに知らしめた事件だ。

出典: http://01.gatag.net

みずいろ フォーマット事件

出典: http://ichikiki.blog.fc2.com

この事件はとても、とても恐ろしい内容です。


これは、『みずいろ』というソフトの初回ロットに起きた不具合が巻き起こした事件です。
このみずいろをアンインストールすると、なんとHDDのデータも道づれに消えてしまうというものです。

こんな事が起きたら、とてもとても許せそうにないですね。

出典: http://free-illustrations.gatag.net

魔法少女アイ 参 ごらんのありさまだよ事件

出典: https://www.amazon.co.jp

この事件も、とても悲しくなる事件です。

その内容は、エロシーンが画像なしと言うものです。
全てないのではなく、一部あると言う感じです。

こんな事がもし自分の身に起きたらと思うと、ゾッとします。

このゲームのパッケージの裏面には皮肉なことに、ごらんのありさまだよと書かれていた。

出典: http://gahag.net

沙織事件後のアダルトゲーム業界

この沙織事件の当時はコンピューターの普及率もそんなに高くなく、アダルトゲームはそんなに世間に知られていませんでした。

ですがその後、パソコンの普及率とともにアダルトゲームも目覚ましい発展をみせて来ました。
コレは私の見解ですが、アダルトゲームがあったからパソコンは普及したのではないかと思っています。

アダルトゲームが原作になり、アニメ化をする作品も数多く見られ一定の市民権を得たのではないでしょうか?


アダルトゲーム業界が抱える問題

出典: http://publicdomainq.net

これまでは順調な成長をしていたアダルトゲーム業界。
ですが今現在では、ある問題を抱えている気がします。

それは、アダルトゲーム自体が売れなくなって来ていると言うことです。
ピーク時に比べると50%以下になっているかもしれません。

その要因としては、スマートフォンの普及にあるように思います。

スマートフォンが普及したので、パソコンを持つ若者が減っています。
パソコンがないと、アダルトゲームは出来ない。
すなわちアダルトゲームの売り上げが落ちるという、負のスパイラルに陥っているのではないでしょうか?


それでもアダルトゲームが好き

先程アダルトゲームの売り上げが落ちていると言う話をしました。

それでもアダルトゲーム自体が、無くなっていいと言うわけではありません。

その理由としては、一般向けの美少女ゲームの現状です。
アダルトゲーム以上に、一般向けのハードの美少女ゲームは数を減らしています。

これも色々な要因があるかと思いますが、やはり1番はスマートフォンの普及かと思います。
スマートフォンは持っているが、最新の据え置き型のハードは持っていないと言う人も増えています。

そうすると、ソフトの発売作品自体が減ります。
その中で美少女ゲームの比率的元々多くなかったのに、その数は更に少なくなります。
今では据え置き型の美少女ゲームは、ほぼ無くなってしまっています。

そして、ポータブルゲーム機では美少女ゲームの発売はチラホラあります。
ですが、そのほとんどがアニメやライトノベル原作のゲームかアダルトゲームのコンシューマ作品です。

なので、元々美少女ゲームが好きな私は一般ゲームに選択肢が見出せ無くなってしまいました。

ですがアダルトゲームは、ピーク時より少なくなったとはいえ月に何十本も発売されます。

その中でとても大好きな作品を見つけた時は、やっぱりアダルトゲームが好きだなと心から思いますね。

出典: http://publicdomainq.net

関連するまとめ記事

てげてげ
てげてげ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ