リアルと別人格!「ネット弁慶」に共通する9つの特徴

ネット弁慶とはリアルの世界ではおとなしかったり、普通といった評価を受ける人たちが、ネットになると急に人格が変わり攻撃的になったり、偉そうに振舞ったりすることを指します。この記事ではそのようなネット弁慶の特徴を見ていきましょう

リアルと別人格!「ネット弁慶」に共通する9つの特徴のイメージ

目次

  1. 普段の人格と全く違う
  2. ネット弁慶は言葉遣いが汚い
  3. ネットでとにかく目立ちたがるのがネット弁慶
  4. リアルでは不遇
  5. ネット弁慶にはリアルの友達が少ない
  6. ネット弁慶は自分を強く見せようとする
  7. やたらと他人に厳しい
  8. ネット弁慶は自分を認めて欲しい
  9. やたらと正義感が強い
  10. ネット弁慶についてのまとめ

普段の人格と全く違う

出典: http://thinking-free.com

基本的な特徴の一つとして、普段の人格とは全く違う性格になるのが「ネット弁慶」と言われています。

語源は『内弁慶』からで、家では態度が大きいくせに外に出ると気の小さくなるのような者の例えで、それのインターネットバージョンがネット弁慶です。

ネット弁慶に明確な定義はないのですが、例えば普段の性格も弁慶的な気質である場合で、その性質がネットにも現れている場合にはネット弁慶とは呼ばれず、最近ではアスペ(アスペルガー症候群のこと)や糖質(統合失調症)と呼ばれるようです。

そういう風に呼んでいる人達もネット弁慶と呼ばれるのがまた不思議なところですが・・・

出典: http://xn--mckh7azam3d8fm7a9cfd6u.xyz

ちなみにメールでのやりとりではスムーズにいくのに、実際に会ってみるとうまく話ができなかったり、しゃべるのが苦手な男性のことを最近ではメール弁慶と呼びます。
あまりのギャップに女性は驚くようですね。男性の方は自分のメールと普段の言動をチェックしてみたほうがいいかもしれません。

ネット弁慶は言葉遣いが汚い

出典: http://vip.blomaga.jp

ネット弁慶は「死ね」「ガイジ」などの言葉をネット内では当たり前のように使うのが特徴です。

言葉遣いの汚さはネットの中でも名無しの掲示板や本名を使ってない場所で顕著になります。
一部のネット弁慶は固定ハンドルネームを使い、さらにごく一部のネット弁慶は本名を出しながらも汚い言葉遣いをします。

一方でこのような言葉遣いをするのはネットだけと割り切って、自分の作り上げた人格を演じている人もいるようです。
ある調査では日常とSNSでの人格が変わっていることを自覚している人が40パーセントにも上ったという結果もが出ています。

ネットでとにかく目立ちたがるのがネット弁慶

出典: http://terpee2.xsrv.jp

ネット弁慶にも様々なタイプが存在しますがネットで目立ちたがりの傾向が多いといえるでしょう。
ほとんどが名無しの中であえてハンドルネームで書き込むような書き込みを見たことがないでしょうか?
ネット上でのとある場所を完全に自分のものにしたいという意思が感じられ、批判されればそれに対して汚い言葉遣いで対応するのは日常茶飯事です。

リアルでは不遇

出典: http://sampleyy.hatenablog.com

ネット弁慶の人は自分の能力が発揮されていない環境や、単純に給料が低い、もしくは給料がないニート、学校が楽しくないといったリアルでの不満を抱えている人が陥りやすいです。
これはネットで憂さ晴らしをしているからと言われています。
現実と理想の違いのギャップを埋めるために、意識的に、現実逃避のようににネット弁慶を演じている人もいます。

ネット弁慶にはリアルの友達が少ない

出典: http://blog.goo.ne.jp

こちらはネットでのネット弁慶の特徴ではなく、リアルでのネット弁慶の特徴です。
ネット弁慶はよくも悪くも面白いのでネット内にはそれなりに人気がありますが、リアルとなると友達が少ないのが特徴です。
ネット弁慶の中でもそもそもリアルの友達がいなくてネットに来たというタイプと、ネットにはまりすぎてリアルの友達をおろそかにしてしまったというタイプがあります。
またネット弁慶は何かと理由をつけてオフ会などには参加しないことが多いです。

ネット弁慶は自分を強く見せようとする

出典: https://www.excite.co.jp

本当であれ嘘であれやたらと自分を強く見せます。
最も顕著な例が学歴です。東大卒を自称し他人をバカにしますが、一方で学生証や卒業証明書を見せてと言われても「特定されるのが嫌だから」とアップロードすることはありません。
もっともあえてバレバレの嘘をついて楽しんでいるネット弁慶も存在します。
またゲームであれば勝率の悪い時は「手を抜いていた」、また勝率がよかった時には「この成績を越えてから文句言え」と言うのです。

やたらと他人に厳しい

出典: http://xn--28jwcm8fkd.xyz

やたらと他人に厳しいのもネット弁慶の特徴です。
「甘えるな」という言葉をよく使う人はネット弁慶と言っていいでしょう。
一方でもう少し頑張れるのにすぐに諦めてしまう人のことを「ゆとり」という傾向があります。
実際問題「甘え」か「ゆとり」かはケースバイケースなのでネット弁慶かゆとりかは個人個人で判断するしかありませんが・・・。
また女性に対してリアルで会った場合は、面と向かってそんなことを言えないのに、ネット上では「ブスだな」など言う人も存在します。

ネット弁慶は自分を認めて欲しい

出典: http://blogos.com

自己承認欲求が高いのもネット弁慶の特徴です。
SNSで多数派とは違う風変わりな意見を言って、それが認められて拡散されるのがうれしいということや、面白いことを言って拡散されたりすると今度はそれが一つの生きがいとなっていきます。そしてそれの極端なものが炎上系の発言やブログ、動画となります。
反応があればうれしいのがネット弁慶です。

やたらと正義感が強い

出典: http://karapaia.com

ネット弁慶の一つのタイプとも言えるのが、まず正義感がすごく強いことがあげられます。
ネット上にある違法なものや、ちょっとマナーが悪いこと、そのコンテンツが動画にせよ文章にせよ吊るし挙げて叩きます。
そしてそれが自分にとって何の得にもならないことにも首をつっこんでいきます。
一方でリアルの世界では見てみぬ振りをするのも特徴と言えます。
ある意味そういう不満の捌け口がネットなのかもしれません。

ネット弁慶についてのまとめ

いかがだったでしょうか?
みなさんのネットでの振舞いを見直してみると、もしかしたら共感している部分があるかもしれません。
もちろんネットとリアルの世界をしっかり使い分けていれば問題ないかもしれませんが、もし無意識的にネット弁慶のようなことをしているのなら気をつけないと、リアルの世界でもついクセが出てしまうかもしれませんね。

関連するまとめ記事

関連するキーワード

浜村
浜村

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ