合コンで失敗した事例集!最低限これだけは押さえて挑もう。

よく飲み会を開くのは開いたが失敗に終わってしまい最後にきまずい空気を作っちゃったことってありますよね? また、合コンを自分で主催したり、初めて行く方に向けて、 本日は合コンで失敗した事例をまとめてみました。

合コンで失敗した事例集!最低限これだけは押さえて挑もう。のイメージ

目次

  1. 合コンでよくある失敗1 一人一人の話が長い。
  2. メンバーのほとんどが初対面
  3. お店がうるさい。狭い。料理が遅い。など
  4. 二次会の場所を考えていない。
  5. バランスが非常に悪い
  6. お会計時
  7. 相手にタイプが全くいなかった。
  8. 下ネタが多い。
  9. お酒の飲み過ぎ
  10. 身内を売らない
  11. 皆に好かれようとする。
  12. まとめると

合コンでよくある失敗1 一人一人の話が長い。

出典: https://nikkan-spa.jp

基本的に合コンをする際にはお店が2時間制で3:3~5:5くらいのケースが一般的です。
すると一人に長い時間をかけてしまうと他の人の話す時間が短くなったりします。
特によくあるケースが男性陣が無駄に話を長く引っ張ってしまうこと。

男性が主導権を握って話しを回していく際にどうでもいい武勇伝や自慢話など傍から見て、どうでもいい情報は本当に聞いてて苦痛の時間になってしまいます。

イメージとしては学生時代の校長先生の話と一緒の類に当たります。

かなり苦痛ですよね笑?

ぜひ合コンで失敗しないためにも一人一人の話す時間は意識して、盛り上げてください。

メンバーのほとんどが初対面

これは男性陣、女性陣ともに可能性があるのですが、初対面の人ばかりが集まると盛り上がりに欠けるケースがあります。

というのも盛り上げる際に初対面の方がいると気を使ってしまうことが多々あるからです。
いつもの身内での場合であればどこまで気を遣えばいいかわかりますし、友達の友達くらいであれば先に情報を聞いておくこともできます。

しかし、まったくの初対面の人達がそろってしまうとみんあ通常のパフォーマンスが出せずに終わってしまうことがあるので気をつけましょう。

もし初対面の人が多い場合は0次会などを開き、アイスブレイクをしておくことは有効です。

その際にはあらかじめ当日の流れや相手の情報、強みや弱みなどの情報を共有することが大事です。
合コンはあくまでチーム戦なので段取りと周りの人を傷つけない活動を行うことが大事です。

そのために集まる前には共通認識を持っていどみましょう。

お店がうるさい。狭い。料理が遅い。など

出典: https://anello-758.com

合コンのベースとしてお店選びは非常に重要です。
そもそも合コンの目的は初対面の男女が仲良くなるという目的が大前提です。

初対面なのでやはり相手のことを知るために色んな話しをしたり、緊張をほぐしたり、楽しい雰囲気を作ることが大事です。

そのためにはまず周りがうるさすぎない場所を選びましょう。
周りがうるさすぎると自分たちの会話に集中できません。
すると無駄なストレスが発生します。

また、会話に集中するためにも料理の提供やお酒の提供が遅くなってしまうとそちらに気を取られてしまうこともあります。

狭いというのも誰かがトイレに行くたびに全体の会話を遮ってしまったりということもあります。

皆が話しやすく、楽しい空間を提供できるお店を探しましょう!

二次会の場所を考えていない。

出典: https://es.7match.biz

一次会はとても盛り上がって、いい雰囲気になりました。
さてここから二次会のことを想定していないと盛り上がったいい雰囲気が崩れてしまいます。

よくあるケースとしては2次会のお店を予約しておらず、どこも満席になってしまっていたり、何件も歩かされてしまうケースです。
こうなると温まった空気もしらけてしまい、一気に失敗に向かいます。

ぜひ合コンを主催する、もしくは2次会まで考えているのであれば候補となるお店を数点ピックアップしておいてください。

おすすめとしてはダーツバーやカラオケ、ビリヤードなどはより仲良くなれるので楽しめます。

1点注意してほしいのが、路上のキャッチによっては騙されてぼったくられるので気をつけてください。

バランスが非常に悪い

出典: https://loveba.jp


合コンに来た相手が旦那持ちや妻子持ちの場合や、年が一回りも二回りも離れているような相手の場合だと話が合わなかったりしますね。

また当日、急遽かキャンセルが出た際に人数比が合わなくなってしまったときも失敗する場合があります。

人数が合わないと相手の中にタイプがいなかったり、気になる人がいても話ができなかったりして楽しめない可能性があります。

これは幹事の人の腕次第ですね。

もしそうなった場合には座る席の配置やゲームなどを多用して盛り上げて行きましょう。

お会計時

出典: https://my-closet.jp

さて、合コンの場が盛り上がり、最後に向かえるのがお会計です。
このお会計時に最初に女性に料金を伝えておかないと後々すごクレームが発生する可能性があります。

失敗する例としては、女性に想定していた料金よりもお金を高く払わせてしまったり、
男性陣からクレームが出て、その場でごたごたしてしまうことです。

一番ベストな対策方法としては、あらかじめ幹事がカードを切っておいて、異性の幹事と料金を相談することがベストでしょう。

さらに当日、コースなどでなければ二人で話し合って料金を決めることができればスムーズにお会計は突破できます。

相手にタイプが全くいなかった。

出典: https://woman.mynavi.jp

楽しみに合コンに向かったはいいものの全く相手の異性にタイプがいなかったときに、俯いたり、不機嫌そうになってしまう人が出たときは失敗するケースがあります。

合コンはある意味、運の要素もあるので最初はあまり期待せずに挑むことがベストです。

これに関してはお互いの幹事がしっかりと期待値調整をしつつ、
当日は仲良くできるメンバーで行うことが出来ればベストです。

もし相手がいない場合には次に繋げる動きを取りましょう。

下ネタが多い。

出典: https://nosh.media

これも相手の属性によって変わりますが、初対面で下ネタをメインで話す合コンは失敗する傾向が強いです。男女ともに男性からすると、女性の下ネタは下品なように聞こえてしまい、軽い女のように見られてしまいます。また、男性側の下ネタは普段から遊んでるやチャラい印象を持たれてしまったり、普通にどんびきされることもあるので気をつけましょう。

お酒の飲み過ぎ

出典: http://r.gnavi.co.jp

ついつい楽しくなりすぎて、飲み過ぎちゃうこともあるのが合コンです。
しかし、、、お酒の飲み過ぎで迷惑をかけちゃうことだけは避けましょう。

飲み過ぎると自制心が崩壊してしまい、下ネタが多くなったり、嫌なことが表情に出てしまったり、ストレートな発言をしてしまったりと何かと事故を起こしやすくなります。

また、一番最悪なのはその場でつぶれてしまったり、吐いてしまったりすると場が一気にしらけてしまうので飲み過ぎには気をつけましょう。

身内を売らない

これは合コンの中でもあるあるのネタですが、エピソードトークなどをしているときに遠まわしに身内のマイナスイメージにつながる発言をしてしまうことです。

例えば、好きな異性のタイプの話になった際に、「この子、イケメンしか興味ないから!」などと勝手にイケメン好きという設定をつけてしまったり、過去に浮気した話しなどを放り込んだり、必死で今彼氏を探していることを暴露しちゃったりする発言です。

自分的には面白いし、場も盛り上がることがあるとは思いますが、合コンの飲み会の後に怒られる、もしくは二度と呼ばれなくなるので意識して控えましょう。

皆に好かれようとする。

出典: https://style-knowledge.com

合コンでは皆に好かれようと頑張る人ほど皆に好かれないという法則があります。
そもそもみんなに好かれようとするとパワーが分散してしまうので、気になる人となかなか話すことができません。
すると他の人に取られてしまったり、時間をかけてアピールが出来なかったりします。

さらにみんなに好かれるために行動すると、共通認識でいい人止まりで終わってしまうことがあります。

するとどれだけ頑張ってもその先に行けないので、
気をつけましょう。

まとめると

合コンで失敗するケースを今まで見てきましたが、結論、場を盛り上げれて、身内を売らず、しっかりとスケジューリングされた合コンが一番成功する確率が高いです。

また、基本的には気遣いをしっかりできて会話を盛り上げれるような場を提供すれば失敗せずに良い合コンが開催できます。

関連するまとめ記事

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ